So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ペルソナ5 3話 [アニメ]

ペルソナ5 3話 感想

今回の話しはなんというか・・
シビアなのはもの凄く好きなんだけれど・・
痛うぎるパワハラがリアルすぎて・・
誰か~この変体教師、早く主人公なんとかしてくれ~~~!
体育の授業なら、あの程度の厳しさは当たり前だろうけれど、イチイチ彼女をいやらしい目でみたり、影で行なっていることを知ってしまうと、どうしても辛気臭い虐めに感じていたし方がない~(汗)
たとえもし、どんなに真っ当なこといってみせても、普段の行いが悪いと、いざってとき信用は得られない・
少なくとも私は信用しないかな~(苦笑)
そうして、こういう人間はじょじょに自滅していくものです・・
そう、今の政財界のセクハラ親父と同じように~~~!
そして、女の子は何時も泣きを見なきゃいけないのでしょうか・・
こういうとき、女って損というか、どうしようもなくて、悔しいやら悲しいやら・・
大事な人を守るために自分の身を何処まで省みずにできるか・・
難しいよね。
だったら、自分が彼女の代わりに~なんて、実際行動できる勇気があるかどうか難しくて・・
男みたいに力技でいければいいのに、非力な女には難しい・・・
こういうの、一部の男性は下品な言葉で笑い飛ばしちゃう人もいるみたいですけれど・・・
そういう人って、まさに、この変体教師と同じことやりかねない人間に非情に近い・・
だって、この男は自分の意見だけであり、被害者の女生徒の気持ちになんて、まったくよりそうおうとしない人間ですから・・
と、こういうの見て、ふと思い出してしまいます。
そして、その上で、この友達関係の雰囲気が微妙な理由は凄くわかった・・
そりゃ、あ~いう距離感しかとれなくなっちゃうよね・・
でも、他に方法がなかったのだろうか・・
と、一瞬思ってしまったけれど、あれだけ生徒に無関心な教師じゃ頼りにならないし、日本の警察では証拠がなきゃ動いてくれないだろうし・・~~
とか思うと、本当~~にやるせない~~
誰か熱血で彼女を助けてくれるキャラは一人もいないのか~~~!!
皆、暗い、希望も夢もすてさって絶望に縛りつけられすぎていないかい??
と、叫びたくてしょうがなくなってしまう~~!!
てか、主人公、もっと、スカっと、華麗に優雅に、大胆に~解決してくれないのか?
く~~~じれったい!!!!!
そして、いやだ~~~~~~~~!!
この、舌なめずりしていやらしく声を上ずらせて・・
もう、駄目・・・
この変体教師、絶対生理的に無理だ~~~~~~!!!
捌けるものなら捌いてやりたい!!!!!
本当、政財界のセクハラ男とまんま一緒じゃないですか
自分の方が権力があるからって、それをいいことに、絶対許せない~~~!
鳥肌がたっちゃいます!
そう、しゃべるニャンコが出てくるまでは・・
そう、あの化け猫ちゃんが、これまた可愛い黒猫の姿に・・・・
提案されたシビアな解決方法を他所に、頬ずりしたくなっちゃうんですけれど・・・♪
てか、人間後しゃべりながらも仕草だけは立派に猫すぎるところが又可愛い~~~!
とかいっている間に、事態は最悪なことに・・
そう、けれど私にとって一番最悪な事態だったのは・・
こんなことになっても、生徒はおろか先生誰一人すら彼女に手を出さず遠巻きにしようとしている姿を見て嫌悪感わいて仕方なかったです。
担任だとか、担任じゃないとか、こういうときは校長がとか・・
そんなの関係ないでしょう!
あなた方の生徒なんですよ、救急車運ばれる事態に何尻尾巻いて~根性なし~
と、引篭ろうとする教師達に思わずいってやりたくなりました・・
きっと、あの、傲慢な変体教師が怖いからとか、面倒ごとにまきこまれたくないとかわが身可愛いが故の自己保身行動なのでしょうが・・あまりにも酷すぎる(汗)
そして、あの男、変体教師はもっと酷くて・・
自分がしてきた行為に、何一つ反省を見せていなかったのです。
証拠がないとか、被害者は意識不明で回復のみこみがないからと開き直ってみせるとか~~
どれだけセクハラ政治家と同じすぎるんだ~~~~!!!!!
リアルすぎて痛すぎるぞ!!
そして、本当に思うよ。
私の人生は虐められた経験は数多くあったけれど、苛める側の経験だけは運よく一度もなかったかこと・
そのことを、大人になった今だからこそ感謝してしまいます・・♪
そりゃ~意見の食い違いとか、喧嘩による口論で相手を泣かせちゃったことは正直あるけれど・・
でもそれは、真剣に相手と向き合おうとしたけど、上手くいかなくって・・
優しい言葉だけじゃダメだし、悪いことしたのならちゃんと注意してあげないとお互いのためにも、自身のためにもならなかったしね・・・
それで上手くいく、いかない~てのはあるんですよ・・
人なので、全ての人間と和解できる~なんて、神様でもなければきっと無理・・(苦笑)
そんなことできるなら、世界各国にて完全平和が出来上がっています~~。
だからこそ、真剣に向き合い、ぶつかって、喧嘩して、理解しあって・・
そういう人間関係が大好きなのです
だから、人を貶めるなんてことはしたことないし、絶対にしたくない・・
そんなこと、きっと一度でもやってしまっていたら、胸はって生きていけなくなりそうだもの・・。
な~んて思っている間に、あの変体教師をどうにかする方法~てのを化け猫ちゃんから話しをきかされ~
なる程・・
夢の中の、パレス内の仕組みも、色々な方法とやらも凄く分かった!!
てか、もしかして、この化け猫ちゃんは、こういうことのために彼らを使えるやつ・・な~んて発言したのかな?
てか、緊迫の状況で~主人公は相変わらずの生真面目な所が何気に面白い~~(笑)
そして・・・主人公の、この諦めるな~ていうのは、定番の台詞?
そして、まさか~~と思ったら・・
なる程、こうして仲間が増やし・・
てか、奈々ちゃんの低音ボイスもいいね~~
てか、このこの衣装~凄いキャットウーマンみたいでカッコイイぞ!
そして、目覚めた彼女に押されぎみ~な変体教師の様が、少し気持ちよかったりして・・・(笑)
よしよし~
もっと激しくムチ打ってお仕置きしたれ~~(笑)
強い女の子はカッコイイぞ!!
て、力発動するためには・・
仮面を恥ずすしくみ?
て、この3人組みのアクションになると、なんだか、凄いアメコミ感が半端ないというか~~(笑)
そして・・・
化け猫こと、モルガナちゃん~~
本当、この世界にいるときは、まんましゃべる猫だね~
主人公のリュックから出てくるとか、まるでニャンコ先生みたいだ・・(笑)
そして~
腹をくくった女は本当に強いね。
主人公が熱血でもなきゃ、語るキャラじゃないので思ったよりも好みのタイプ~て奴とは違いましたが・・
その分、ヒロインの杏ちゃんは、凄く好きになったかも
今回の話しはどうなるかと冷や汗物でしたが、なんとか無事にいってよかった~て感じかな♪
さてはて、次回は何がおこるやら・・
て、所でしょうか・・♪

タグ:ペルソナ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

フルメタル・パニック! Invisible Victory 1~2話 [アニメ]

フルメタル・パニック! Invisible Victory 1~2話 感想

と~と~~始まりました~~~!
戻ってきました~~~!!!
前シリーズのラストは、どんな感じで終わっただろう?
BD BOXを改めて視聴し直してみようかな・・なんて思いつつ・・・♪
いざ視聴してみると、ロボットが微妙にSDっぽい~~(笑)
しかも、車とか思い切り~~という突っ込みをしつつ~(笑)
は~やっぱり懐かしいし、この作品大好きです♪
続き製作決定から、本当に長かった~待ったかいがありました♪
キャラデザは昔と変わった所も、ぱっと見なくて・・♪
キャラ同士のやりとりも和やかでいいですね♪
皆相変わらずでありながらも、それなりに時が流れていて~
そして、この会長~やはりタダ者ではなかった!
薄々感じつつも、ここまで悟っていたとは!
そして、千鳥との宗助・・
この二人の関係も、よくも悪くも変化し始める・・・。
今まであった、平凡じゃないけれど、その上で成り立っていた当たり前の幸せな時間・・
その幸せが失ってしまうかもしれないという気持ちから、なんだかこの二人の関係が急接近していきます
今までもそれとな~く、いい雰囲気~になりそうなところ、恋愛ごとに無神経な宗助が全てムードぶち壊していってましたからね~(笑)
ヒロイン千鳥の気持ちを、理解していられれば、もっと早くに二人の関係は、これくらいには進呈していたのかな・・・なんて思いつつ・・♪
でも、この二人の恋模様はこれぐらい不器用なぐらいの方がらしいかな・・なんて・・
けれど、二人のホノボノした雰囲気も、千鳥の部屋に入った瞬間壊されてしまいます。
目の前に再び現れた青年によって・・。
そう、彼女の中にある力・・
それを狙う組織の存在・・
それが、今まで以上に本気になって彼女を奪うことに力を入れ始め・・
そのことにより、彼女達の幸せが崩されていきます。
生残るため、組織のためとはいえ多くの命を奪ってきた宗助・・・
その事実を改めて聞かされてしまった千鳥、そして自身の中にある秘めた能力への葛藤・・
そして、これから戦いに巻き込まれることによって、いやおうなく感じさせられてしまうことにより・・・
血になれた宗助と、ただ平和な生活を送っていた彼女の、今までの行き方の違いが明るみにされていくのです。
そう、今までにも、何度もこんな戦闘はありました・・
それに、まきこまれたことも千鳥はあるけれど、今回は今までとは違い、彼が人の命を奪う所を目の辺りにしていくことになる・・・。
自分の近くでいる少年のそんな姿を見て、彼女は何を、どう感じたでしょう・・
そして、躊躇うことなく町を破壊し、市民を巻き込みながら仕掛けてくる敵のもう攻撃・・・
目の前で逃げ惑う人々・・
怪我をして呻く人・・
それら全てが自分の身を守るためのものだと、戸惑い恐怖を感じ始める千鳥・・
最初は、宗助の手助けをしようと自身も銃を持とうか・・なんていっていた彼女だけれど、その重みをまざまざと感じさせられてしまうのです。
そう、宗助が彼女が武器を持つことを強く否定した意味も・・・
当たり前の幸せが、どれだけ大切なものかと・・
改めて感じ、心の余裕を無くしていきます。
宗助には当たり前の世界でも彼女にとってはそうではない世界・・・
恐怖を感じるなと思う方がおかしいのです・・。
だからこそ、適とはいえ多くの命を奪われていく様を見て安堵してみせる宗助の横顔に違和感を感じながら見つめる千鳥・・・。
そんな彼に手を差し伸べられ千鳥の瞳が恐怖に震え・・
ミスリルの方も危機的状況に・・・
そして、勝てない戦に尻尾を巻いてにげようとする男・・・て、こういう場面では、一人は出てくるんですよね。
そして、そんな男に、今までの、ほんわかしたテレサとは違う、艦長としての威厳を見せてみせる姿が凛々しくて、凄くカッコよかった~と、感じると同時に、それだけ危機的状況におわれている・・・ということなんですよね・・。
お飾りなだけの艦長ではなかった~と、今回まざまざと見せ付けたというか・・♪
こういった状況は、一人でも浮ついた、裏切りを見せる人間がいれば、組織なんてものは内側からいっきに崩れてしまいますからね・・・。
そうして、そんな彼らに更に彼女の言葉・・・
自分は一度でも死を覚悟しろなんていっていない、生き延びなさい、これは命令です!
と、いってみせる彼女の姿が本当に艦長らしくて・・・♪
彼らも、何時までたっても揉めている時間はない・・と・・・
即座に一致団結~~してしまえるのもカッコイイ♪
そして、結局無事に危機的状況から脱出できたと思ったら・・
今度は・・もう、敵側も、宣言どおり容赦ないというか・・
今回は、今までのように、ギャグ&シリアス~ではなく、とことんシビアな展開になっていく模様です・・♪
EDの歌詞と音楽が今までとは歌詞も、音楽も一味、二味も違い、重々しい雰囲気になっていて・・
本当に、どんな展開になっていくのでしょう・・。
因みに、フルメタルパニックは、旦那が一番最初に無印のDVD手を出し、視聴している所を、面白そうだな~を私も首を突っ込むようになり~
そして旦那は更にコミックを購入するが、DVDの方は手放してしまい~、その変わりに私が無印のBD BOXを購入し~、二期を旦那から譲り受け、三期を更に自腹で中古で購入し、気がつけばコンプリしていた~
と、いう状況で・・・(笑)
そんな頃が懐かしい・・
そして・・おお、これもBOX販売か??
と、思ったら・・
BOX~という名の、超豪華版~でした・・・(笑)
本編1枚につき特典が5枚で価格が1万以上~て、もう、マニアさんにしか売る気ないでしょ~~(笑)
本当、最近の売り方は本編よりも特典がメイン~になりすぎでは?なんて思いつつ・・・・
サントラとかドラマCDを単体で販売する代わりに、BD&DVDにつけちゃえ~て感じなんでしょうね~~
いやはや~
自分はそういうの興味ないので、手が出せないというか・・・
本当に、今のアニメはそういう販売展開~になりつつあるようですね・・・
と、思わずにはいられない、今日この頃~~
さ~て、次回の展開はどんなでしょう~~
本当楽しみです♪

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ハイスクールDXD HERO 2(1) [アニメ]

ハイスクールDXD HERO 2(1)話 感想

はい、冒頭から、どこか聞き覚えのある懐かしげなBGMに演出~というか、お決まりの展開です~~
もう、意味なくハーレム状態が凄すぎます!
多分他の作品だったらありえないだろ~~~と、突っ込んじゃいたいところですが、この作品だと、ニヤニヤ度がたまらないのは・・・
それでも、主人公は、やるときはやってしまえる、イイ男だから・・・なんだろうと思います。
普段はただのスケベ坊主~ですけれどね、本当、バトルになるとキャラがイイ感じに変わります(笑)
そして、どうでもよいのですが、リアス部長~
すっかりクールなお姉さんっぷりが、どこえやら~~
キャラの演出でしょうか・・
可愛い度が少し増しすぎているというか、やや、ぶりっ子少女~な雰囲気がいなめないのは、原作を知らず、アニメオンリー故の感想でしょうか・・??
でも、キャラデザは、慣れると、これはこれで可愛いかな~とも思えますし・・。
言い方を変えれば、今までのクールな雰囲気とは違う、恋する少女っぽさが表現されているというか・・・・。
それでも、やはり微妙に、目とか唇とかの演出が男子向け~に、ほんの時折~見えちゃうのは、女視点だからでしょうか?微妙~~~にきになる(笑)?
そして、OP~~
今までのOPとは又違う雰囲気ですが、悪くはないです~~♪
カラオケで歌うとなると歌いにくそうだけど、以外と好みな部類かも・・♪
ただ、静止画像~になると、キャラデザの違いがよくわかるというか・・・(笑)
それぞれの作画さんの癖とかが出ちゃうのかな~なんて思いつつ・・♪
いや~~
今回の展開も熱かった!
そう、努力、友情、勝利~~て奴ですよね、まさに~~♪
しかも、技術ではなく、純粋な拳による力比べ~
とは・・
なんと、少年ジャンプ~なノリでしょう~
やはり、こういう熱い系は大好きです!
純粋な拳と拳とで理解しあう~て・・
何十年前のネタだ~なんて、自分で自分に突っ込みつつも・・・♪
本当、才能のない人間が強くなるのって、並大抵の努力じゃ叶わない・・・
そう、自分の持つ唯一ある自信をとことん磨き上げる・・
ただの原石も磨けばダイヤになる~て奴でしょうか・・
他のことはからきしだめでも、何か一つくらいは他人に譲れない何かを磨きぬけるのって、すごく素的だと思います
不器用だけど根性だけは座ってる~とか、不器用だけど人情だけは忘れないとか、口下手だけど手先が器用だとか・・♪
取り留めのない特技も磨けば自身の魅力になるんですよ。
そして、そこから視野を広げていかばいいのでは・・と、思わなくもにし、その磨きが視野を広げるきっかけにもなる・・
なんでも、その人のやる気や、ものの使い方次第でいくらでもよくなっていくんだろうと、私は思います
そう、そういった、努力の思いこそが人の心の強さなのであないかな・・と・・。
相手の方が一回りも二回りも強いけれど・・
そんな相手だからこそ、戦えるのが嬉しい・・なんて、やっぱ、一成も男だな~と、思います♪
そして、今まで戦ってきた強者は、皆彼を馬鹿にしていたけれど、今戦っている男は違う。
彼と同じタイプの人間だからこそ、通じ合あい、認めあえるのかな・・
男同士の世界って、女には理解できないことも多いけれど、こういう所は凄くカッコいいな~なんて、心底思います♪
今まで否定されていたものが肯定されることの喜びって半端がないです♪
私も経験あるし、どちらかといえば一成タイプなので、彼の気持ちは共感しやすい
だから、努力するのが好きなんです。
ダイエットだって、綺麗になるためなら出来る限りなんでもやるし、片っ端からチャレンジして、頑張って続けていきます!
だって、それが自身のためになるなら、喜ぶべきことだと思いますしね♪
綺麗になったね、て、いわれるのは、女として嬉しいことこの上ないです♪
苦手なものを苦手なままにせず、出来るかどうかためしにやってみる・・
そうして成長してみせた自分を回りに見せて驚かせたときの心地好さといったら・・・たまあない高揚感です・・(笑)
出来ることが一つでも増えると、自身の自信になりますからね♪
なんて思いつつ・・・♪
そんな熱い戦いの中、再びリアス部長~前回からのスイッチ姫扱いのリアス部長の胸のネタが・・
女性人達の応援の仕方が、とんでもないやり方なんですけれど・・・(笑)
そして・・
リアス部長の胸が揺れる度に思うのです・・・
どうでもいいが、胸大きすぎないか?
という突っ心の突っ込みをしつつ・・・
そして、そんな一成に男笑いするこの人が、本当にカッコイイ!
イケメンじゃないけれど、男らしいカッコよさ・・・?
そして、まだまだ成長途中の一成ではなく、成長しきった彼との究極の戦いを希望する・・・と、さっていく姿が・・そう、男気溢れてる~て感じ?無骨さ故のカッコよさ・・とでもいいますか・・♪
そして、一成の強さは、打たれてもうたれても立ち上がる心の強さ・・
それが彼の強さであり、それはそれでカッコイイ・・・♪
そして、リアス部長と一成の関係も・・・・
何時か、彼女を部長ではなくリアスと呼ぶときがくるのでしょうか・・・
なんて思いつつ・・
夜の営み~て奴ですか?
なんだか、スキンシップが、どんどんグレードアップしていっている模様です~
というか、この二人の関係って、何処までいってるのだろう~~
こんな大胆な行動してる割には、やはり最後までいってる?いってない?
なんてことも思いつつ・・・
うん、そして、どうでもいいのですが、リアス部長の体のラインの描き方は、やはり前作の方が好きかな~どうしても男受けする体つきになりすぎ?下半身がごつく感じるのはきのせい?
男性向けのラインに見えてしょうがない・・(汗)
にしても、本当~にリアスってば一成にラブラブですね・・
すっかり恋人モード?
本当に、女の子な顔をするようになりましたね~
て、京都旅行は次回からのネタですか~~
てっきり次回予告で京都にいこう~ていってたので、今回の話しかと思っていましたが~~
次回こそ、京都旅行が楽しみです~
京都の何処いくのでしょう~♪
そして、今回のED~
おもいっきり一成向けの内容の歌詞なのが、ちょっと笑ってしまいました(笑)
目移りしちゃう~とか、ホント馬鹿で嫌になっちゃうわ~とか・・・(笑)
惚れる、惚れない~の所だけ違いますが・・
これも女性側からの強がり~と思えば一成向けのメッセージ~?
なんて思いつつ・・・
さてさて~次回はどんな感じになるのやら・・♪



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ロストソング 1~2話 [アニメ]

ロストソング 1~2話

この作品は、最初、凄くスルーしていたんです。
そう、キャラデザが微妙だし好みのキャラいないし~なんて思っていたのですが・・
予想外にはまってしまったという・・・(笑)
はい、最近の深夜アニメは、十数年前のように深夜アニメ枠~みたいに、複数のアニメを一まとめにして放送~
という、昔懐かしの深夜放送~に変わりつつあるようで・・
土日の休日で眠るのが遅いので、よくTVのリモコンで番組表~を旦那がチェックしてギリギリ日付が変わる前に寝る~という習慣があり・・
その最、旦那が見つけちゃったんですよ!
新番組にて、鈴木このみのお名前が!
そう、新人歌手で、デビュー前から見守っていた、歌唱力バツグンの女の子~~
とっても努力家で、度胸があって、デビューしてからはどんどん綺麗になっていく様を見守りつつ、CDアルバムも何枚か購入させて頂いていたのですが・・
なぜかキャストに名前があって、????
まあ、よくわからないけれど、取りあえず見てみよう・・・
と、予約するだけいて視聴してみたら・・・・・
声優が本業じゃないのに、このみんの演技なかなかお上手なんです!
そこらの若手俳優やアイドルより全然上手い!
そして・・・
歌声が・・・
今までにない高音ボイスが凄く又新鮮で素的で・・・♪
歌って踊る映像を見て、思わずマクロスシリーズ~を、思い出してしまいましたが・・♪
公式サイトの静止画像では、可愛いな~と、思えていなかったキャラも、こうして、声と動きを重ね合わせると、なんとも愛らしく見えるのです♪
そう、キャラの動きで、その個性を上手に生かしている作品なのだと・・
そして、そして~~
今流行りのアイドル系アニメではなく・・
歌と戦争をテーマにした作品・・・
という所がツボに入りやすい天であり・・
本当にマクロス~~~と、思ってしまいそうになってしまいますが・・・(笑)
隣でみていた旦那も、小さな突込みを入れておりましたが・・(笑)
主人公の歌に秘められた力・・
塔に閉じ込められた天然ボケで可愛く、美しくも力のある姫君・・・
その姫の力を利用しようとする、いけすかない王子・・・
そして・・・
偶然姫を助けた、好青年だけど腕のたつ心優しき騎士・・
EDの映像から、もしかしたらこの二人はやがてロミジュリのような禁断の愛に・・・
な~んてことを想像してしまうと・・・
本当~~に、この好青年騎士殿が好きすぎてたまらないのです!
このあたりでいっきにドツボにはまってしまったかもしれません!
この二人の関係も凄い気になる~~~~と・・
そう、腕はたつのに人を傷つけるのが苦手とか・・・
戦争の道具にされている姫君を思う志とか・・
忍び込んできた刺客を、即座に見破り身を呈して姫を守る姿とか・・。
そして、彼女の身を守るためにを抱き寄せた体勢で、お礼と共に返される可愛い微笑みに頬をそめるとか・・・♪
もう、可愛すぎるのです!!
しゃべり方とか、七つの大罪ギルサンダーと凄い被るし~~♪
この二人にどうか幸せを~~~と、思ってやまないです。
だって、あんなに可愛くて心根の優しい姫君が、私利私欲に溺れる醜き心の王子の下にとついで行かなければならないなんて~~
勿体無い(笑)!
そして・・
戦火にまきこまれ身寄りを失った主人公リンのこれからの物語展開・・・
これから王都に向かう冒険~になるのでしょうか・・?
そして、そして・・・古来より伝わる精霊の歌とは・・?
宿のおばさんも~なんかあるな~と思っていたら、やはりこういうことだったか~~
さてはて、今後どんな展開になっていくことやら~て、感じです♪
それにしても~
今回のディスクの販売~~
全話収録の1BOX系販売~ですが~
値段が12話収録で税込みで4万円近く~てのは、どうなんだろ?
24話収録BDのリマスター版並のお値段です・・・(汗)
キャラソン、サントラ等のCD3枚組みと全話コメンタリー入り~と、オマケの量が豊富ですが、本編だけでいいや~て人間が手を出すのは、ちと厳しい・・・
完全にマニアさん向け趣向なお値段~な気がするかな?
なんだか、最近のプリキュア販売とよくにてきている見たいですね。
大量生産&販売が難しい分、商品を豪華にして小部数生産&販売で商売していこう~~という・・
そういう時代なのでしょうか・・
定価8000円で4話収録だった昔が少し懐かしいですね。
因みにナルトは4話収録で5千円。
ボルトは1クール以上で2万以下~と・・・
深夜アニメとゴールデンタイム放送のアニメの差~て奴でしょうか・・
そういえば、昔は深夜アニメよりもゴールデンタイム放送のばかりだったから・・
その辺りでお値段の差~てのが多分出てきてるんだろうけれどね~
アニメ業界って難しいんだね・・
きっと・・・。
てな感じで~~
待て、次回!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ BORUTO-ボルト- 54話 [アニメ]

ボルト 54話 サスケとボルト

はい、サスケが出てきたので、ボルト、久々の感想です~(笑)
本当に、この作品を見ていて凄く思うのです。
苦労を知らない子は、当たり前の日常を当たり前にしか受け取れないものなのでしょうか・・と・・
両親がいることの有り難味というものを、子どもながらに感じられないのか・・と・・・
母親のいうことをまったく聞かず、自分の父親を下種な言葉で卑下して、親にとって大切な思いでを平気で道端にすてる・・
物を、人を、人の心を大事に出来ない人間では立派な大人にはなれないのです・・
確かにボルトは親との思い出・・なんてものはないのかもしれない・・
けれど、それはきっと本人が覚えていないだけ・・
そう、物心つく前は、火影として忙しいナルトだって子どもに目をかけていたでしょうに・・
それを知らないし、知ろうとしない、感じ様としないだけなんですよね、ボルトって・・。
子どもの視野は確かに自分中心で狭いものではあるけれど・・
誰のおかげで温かいご飯を、食事を頂けているのか・・・
ナルトのような父親を見て誇りに思えないのか・・
ボルトを見ていると、そんな風に感じています。
親が仕事ほったらかしで家に入り浸って子どもの相手に必死になってくれるだけでは、子どもは生きていけないし・・
いくら子どもの相手をしていてくれても、回りから卑下されているようでは子供としてけしていい思いは出来ないし、良い環境ともとてもいえない・・。
親の忙しさを、この歳で全て理解しろなんていわない・・・
私だって、両親共働きで、仕事に必死のあまり食事は一人で食べるとか、お留守番~なんて、ざらじゃなかったですしね(笑)
一人でTV見て、本読んで・・と、少なくともご近所様からはいいつけをよく守るイイ子に見られていたようです・・。
親の代わりに近所のおばさんによく頭なでてもらっていた記憶が・・・(笑)
そんな中、こっそりみちゃったんですよね・・
経営がギリギリで夜遅くまで電卓叩いては頭を抱えている親の姿などを・・
そういう経験があるからこそ・・
せめて、母親であるヒナタの気持ちくらいは見つめてあげてもいいのにな・・・と、思ってしまうのです。
子どもに寂しい思いをさせているの理解していても、どうにも出来ない母親の辛さ・・
父親と子どもの思いに板ばさみだと思うでしょうし・・。
父親だって好きで家を放置しているわけではない。
里を守ること、それは家族を守ることにも繋がるのです。
平和な国を作る努力をするからこそ、そこにいる人が幸せになれる。
どれだけ家族のためだけに頑張っても、治安の悪い場所では限界がくることもある・・
そうならないために、ナルトは頑張っているのです。
両親を失い、兄に裏切られ傷つけられた経験のあるサスケには、そんなボルトを見て、どう思ったのか・・
言葉は静かだけれど、その瞳は少なからずとも怒りの感情を垣間見せているように私には見えました。
男の子は父親の背中をおいかけ、追い越そうとすることで成長出来るものでもあります
けれど、母親のいうことすら聞けないボルトに、それが出来るのでしょうか
地道な努力を嫌い彼に、それが出来るのでしょうか?
嫌なことも頑張れる気持ちがなければ父親をおいこすなんてことはとうてい無理な気がします
そんな簡単には、立派な大人になれれば苦労はしないかな~な~んて・・・。
けれど、親子の関係に必要以上に首を突っ込むなんてことはクールなサスケはしなくて・・
というよりも、それより大事な話しがあり、サスケにあいにいくのですからね・・。
おれにしても、仕事で睡眠を削ってボロボロになりながら仕事してるというのに、それに気付いてもらえないナルトの思いがなんとも切ないですね。
苦労知らず、何でも当たり前に簡単に手に入れることの出来てしまう時代・・
大切な物に気付かず見落としながら生きていくことはなんと悲しいことなのでしょう・・・
そして、サスケとナルトが再会します。
そうして、物語が核心を得た、あの話しの続きとなっていくのです。
そう、サスケ君、影でクールに活躍中~て、相変らず、彼のスマートな戦いっぷりに惚れ直してしまいます♪
やっぱ、カッコイイ~~♪
因みに、私はサスケは異性としてカッコイイな~とは思いますが、人としの理想となるのは、やはりナルトですね~
努力、根性、熱血~です。
勿論、サスケも、努力家ではありますが、やはり、努力と根性~という才能にいたってはナルトの方が秀でていますからね~
凡人だって、頑張ればいける所までいける~て、所に、凄く共感しております
そして、時代がどうなろうと忍びの本質は変わらない・・
そういってみせるサスケの言葉・・
それは、私達視点からいえば、人の本質である人情は変わらない・
てことなのかな・・・♪
皆が皆忘れてるわけじゃない・・
ちゃんと大事にしている人もいて・・
こういう時代だからこそ大事にしたいと思う人がいる・・
そんな風に思うと、少し嬉しく思えたりして・・・♪
そして、久々のウスラトンカチ~な台詞が懐かしいです・・・♪
そして、サスケとボルト・・
力の差は歴然としているのは目に余る程よくわかるけれど・・
子どもじみた言い訳を叫んでみせるボルトを見つめるサスケの目が少し優しいというか・・
うん、確かにこうし見てみると、子供の頃のナルトと今のボルトは似ているかも・・・(笑)
違うのは、恵まれた環境故に甘えている子どもと、苦境に負けない根性で頑張る子どもと・・・
の違いだけかな・・・。
そして、サスケの弟子入りをするために、螺旋魂の修行に入るのですが・・
く~
なんか悔しい~~
私だったら、ボルトの数十倍努力しなきゃたどり着けないだろうに・・・
才能だけで、こんな短期間でここまで出来てしまうなんて!
そして、人の話し聞き終わる前に投げ出しちゃう根性が又許せない~~~!
そんな簡単に諦めるなよ~~~!
そして、そして、もっとも許せないのが~~、ズルをすること~~!
そんなんだから、何時までもナルトに子ども扱いされるのですよ、それに気付けなきゃ~何時までたっても子ども扱いのままです!
そして、サスケはそれをあっさり見抜いたからこそ、あの台詞なんだろうな・・
同じ子どもでも、サクラの娘のサラダのしっかりしている様子といったら・・・(笑)
同世代からもカッコ悪い扱いされているようでは、大人から見れば、なお更子どもに見えちゃうでしょうに~
なんて思いつつ・・。
こういう、努力、友情~てことを知らない子は、一度くらい挫折を覚えて人生のお勉強~~てしておかないと・・・
いつかくる壁にぶつかったとき、とっても大変だと思います。
私は何処までいってもどれだけ頑張っても、凡人でしかないけれど・・・
努力することだけは諦めない!
挫折覚えながら、自分に出来ることと、限界を学んでいくのです!
そう、上司の命令や怒号にすぐ挫折したり、仕事が上手くいかないかずしんどいからとすぐに逃げちゃったり・・・
そんな人生は御免被りたいので!
なんて、ふと思ってしまう内容でした~~。
ある意味羨ましいですけれどね、ボルトみたいになんでも簡単に出来ちゃうの~
私にとってのボルトは、苦労せずなんでもそつなくこなしている旦那様~かもしれません(苦笑)
勿論、仕事で毎日夜中まで頑張ってくれてるし、私が想像する以上にお仕事鯛異変だろうし・・
今は苦労と努力の連発~でしょうけれど・・
子どもの頃は遊んでても勉強それなりに出来てた~ていうんですもの・・(笑)
私なんて、何においても、人の何倍も努力して何ぼのもの~だったのに・・
人一倍不器用ですからね~何するにしても・・(苦笑)
そんな感じで・・
さ~て、サスケの修行はどんな感じになるのやら・・
ボルトは地味な修行なんて~~て、いってるようですが・・・
基本が出来なきゃ応用なんて出来ないよ~~~
て、凄くいいたい!
てな感想です~
以上!

タグ:ボルト
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

銀河英雄伝説 die neue these 2話 [アニメ]

銀河英雄伝説 die neue these 2話 感想

はい、2話は旦那と一緒に見てみましたが~
OVAを見たことがあるという旦那からは、否定も肯定もなく、何故お前(私)がこの手の作品を見てるんだ?
という、小さな含み笑いによる視聴でした(笑)
旦那曰く、キャラデザの変更の感想については~
ラインハルトは直ぐわかったものの、ヤンについては、これ、もしかしてヤンか?
という突っ込みを頂ました(笑)
旦那の見解としては、ヤンはもっと素朴でこんな(にイケメンな)感じじゃない~と・・(笑)
そして、ラインハルトは、もっと上品な感じかな~と、いうご意見。
うむ、私も昔の作品~ケーブルでちらっと見たり、アマゾンで通販販売されているBD BOXの絵柄をチェックしてみましたが、旦那の意見に少なくとも納得です。
確かに、目元の雰囲気が少し違うのかな~ななんて思いつつ・・・。
更に私の「キャラデザ違うと、やっぱ全然違うの?」という問いかけに。
ん~全然違う~てことはないけど・・まあ、違うのは確かかな~?」
というご意見~本当に極端に否定も肯定もしない感想・・内容に対してもどっちでもなく~でも、なんだかんだで最後までちゃんとみた~てことは、まったく興味がないわけでも、つまらないわけでもない・・という感じの様です(笑)
まあ、拘る人は拘るけれど、受け入れる人は受け入れる~
そんな感じのようですし・・
それで良いのでは~と・・
だって、万人受けする作品なんてないですしね。
ジブリ作品でさえ、好みのジャンル代わりますい・・
因みに、うちの旦那は、好みの範囲外~だった場合は100㌫スルーしていますからね~、旦那的にはOKラインだった模様です(笑)
それにしても・・
ラインハルトとヤンは、本当に才能ありながらもその使い方や発想は面白い程に正反対というか、水と油というか・・(笑)
今回は、彼の方が一枚上手だったけれど・・
責め=防御というみたいですが・・・
それは相手よりも自分の方が戦力高いときにいえることなのかな・・
なんて、ふとガンダムWのあるキャラの台詞を思いつつ・・・。
何処までも、裏をかき、被害を最小限に抑えようとするヤン。
そして、仲間を見捨てられないという上司・・・。
こういう時、何を優先すべきか~というのは、本当に難しい所ですね。
仲間を信頼し、人情に任せて戦場をかけるという戦法ともいえぬ戦い方に天才とよべるラインハルトに何処まで通じるか・・
そして、そんな彼の動きを予測していくヤンの戦術により、何処まで不利な状況を巻き返すか・・・
最後まで経っていたものが勝利・・
か・・・
そして、それを実現してしまうヤン・・・♪
先の先の先を読んでしまう、その先見の明をお持ってる所とか・・・♪
けれど、そのヤン戦略に陥ってしまったことに早くも気付くラインハルト・・・♪
こういう攻防戦~見てるとひきつけられますね♪
指揮官の指導だけではなく、戦場での仲間の人権の取り方次第で勝敗はひっくり返る・・・
二人とも双方のやり方による、最後のかけひき~という奴なのかな。
うん、引き際を知っておくのも指導者としての才でしょうね。
運も才能のうちでもある・・・ともいいますしね♪
勝利後のヤンの仲間に向け手言ったさり気ない一言が凄くカッコよかった♪
後、負けて悔しい・・ではなく、もう少し勝ちたかったな・・・というラインハルトの台詞も、彼という人間を象徴しているようにも見えます・・・♪
そして、次回予告・・常勝の天才・・
て、今回の成果からすると・・
ヤンのこと?それとももっと他の・・・
な~んて思いつつ・・♪
いい感じの2話でした♪
そして、どうでもいいですが・・
この作品~
キャストさんが異様に豪華だったんですね(笑)
マモに、鈴だけでなく、三木眞一郎さんに、諏訪部君まで~~
と、ラインハルトと、ヤンのキャストと、物語の開設~してか見ていなかったので、今更公式サイトを見直してみて、少し驚いてみたり・・・(笑)
目だけでなく、耳にもいい保養になってしまいそうです(笑)
まあ、それだけが目的じゃないし、それだけの作品なら見続けたい~なんて思えないんですけれどね~(笑)
にしても、何気にきになるのが・・
最近のアニメ・・・
4話収録で1万円代って高いですね~~
と、旦那ともども思っているのですが・・(苦笑)
どういう事情で、アニメ業界はいつからこうなったんだろう~と・・
完全に、ディスく購入=オタク&マニア&生粋のファン向け~
思想が本当に強くなりつつある今日この頃です・・
旦那曰く「そもそも、一般人はディスクなんか買わないだろ」と、LD時代の人間の感想のようなのですが・・(苦笑)
コメンタリーとか、特典デイスクも、マモや鈴が出ている映像というのなら気にはなるものの・・
でも、お値段がね~~
全巻購入となると~カードキャプタさくら全70話のBOXが普通にが買えちゃうお値段ですが、どうなんだ~て、所です。
せめて値段あげるなら、1ディスク6話くらい入れておくべきでは・・と、思いつつ。
そうか、通常版~としてDVD1枚4話で7000円くらいとか・・
基本的には、BDはオタさんか、マニアさん系が購入されるのかな~なんて、私個人は思っているので・・・。
因みに、私は出来れば綺麗な画質が好きですが、旦那は殆ど画質に拘らず、今の作品は綺麗な画質で見たいけれど、昔の作品は昔の面影をそのまま残して楽しみたい・という感じらしく・・・
多分、こういう時、年齢の差を感じたり、元オタクと普通にアニメ好きの価値観の差なのかな~なんて思ってみたり・・・(笑)
でも、BDになるとディスク枚数少なくなるのには驚いていたり・・・(笑)
価値観の多少の違いが面白いですね♪
多少はオタだった頃の名残があるので、アニメやゲームに関する高額になるお買い物は、旦那の金意見を参考にしてみたり・・・(笑)
なんてこと思いつつ~
一言でいうなれば、話しは面白いのに、金額高くて、少し勿体無くない?
てか、高すぎて主婦には買えない~~!!
て、個人的な意見です、はい、私個人の感想ですよ~~(笑)
多分、OL時代だったら悩みつつも購入~は出来たのでしょうけれどね(笑)
お金なら、貯金しつつも、弄ぶ程度にはありましたからね~(笑)
最近は、本当~にどうしても、金額と収録時間を比例してしまい・・
多分、旦那の価値観が移っちゃったのかな~~なんてことも思いつつ・・・
映画もあるようですが・・
見に行けるかどうかは分からないけれど、その分、もしかしたら購入はしちゃうかも?
と、色々語っておりますが・・
何はともあれ、次回も楽しみです♪
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ ペルソナ5 2話 [アニメ]

ペルソナ 5 2話

はい、前回、イイ所で終わった続き~ですが・・
じょじょに盛り上がってきた~て、所でしょうか・・♪
そして、ようやく、この作品の傾向というか世界観、雰囲気が見えてきたような気がします♪
OPも悪くない感じです♪
うん、曲、歌の好きか嫌いかは別として(笑)、作品の雰囲気には凄くあっていて、クールでカッコよくてい雰囲気かと♪
やはり、OPは作品の物語を語るのに大事な所ですからね、世界観ににあった選曲~てのは大事かと♪
この作品のイメージで、なんでこんな曲を?
となると、作品のイメージも崩れちゃいますからね~(個人的印象ですが/笑)
カラオケで歌うかどうかは別として、耳にする分にはOKライン~♪
そして、この作品に感じるのは・・
一言でいうなれば、努力、友情、勝利~な熱血系とは間逆な感じですね~~と、改めて感じてみたりして・・(笑)
教師も生徒も、皆色んな意味でクールで冷たいというか、人の温もり~そういうのを語る作品ではないなと・・・(笑)
その分・・
今、パワハラやセクハラ問題のニュースが飛び交っているのですが、それとすご~~くリンクしていて、時折、なんともいえない、リアリティをかもし出しているといいますか・・・
主人公の力の謎・・・
破滅って、何故破滅になるんだろ?
という謎~~の部分も凄く気になるのですが・・
本当、問題定義ではないけれど、なんだか、マモが案じるこの男の子の身に起こったこととかも凄く気になりますし・・
生徒に怪我させたの先生は野放しにされつつ、暴行事件を起こしたかもしれないという生徒だけ腫れ物扱いか・・
う~~ん~~
こういう人間関係苦手ですね~
二次元の世界だからOKなんだけど、リアルにこういうのされるのは好感持てないし、苦手な雰囲気???
先生も、生徒よりも自分のことの方が可愛というより、保身的というか・・
ある意味今の時代をリアルに表現していなくもない雰囲気の作品だな~なんて思ってしまいました。
友達関係も妙にクール?
実際、パワハラ問題なんて簡単に相談できないかもしれないけれど・・
ぱっと見た感じ、当たり障り内関係性で成り立っているのかな・・・と・・
友達の表情暗いのに気付けない友達ってどうなんだろう?
と、素朴な疑問を感じてしまいます。
いえ、勿論友達だから何でも話せて、なんでも気付ける~てわけではないだろうけれど・・
この少女も自分のこておで手一杯~な感じです。
まあ、イケナイ関係~をお持ちのようだし?
キャラの背景が、まだまだ見えきれていない感じなので、どうなっていくのでしょうか~
とか思いつつ・・。
そして、特定の生徒に特別な感情を抱いている教師の目が、とっても、いやらしいことこの上なくて・・・。
しゃべり方も嫌だ~~
福田次官のセクハラニュースをものっすごい思いだしてしまいます・・!
そして、その願望が形となっているのが・・
この学園に入る前に踏み込んでしまった謎の空間・・
そこに閉じ込められている謎の生物・・
そう、1話のラストにシルエットだけ出されていたニャンコ~~
そして、可愛い謎の生物を化け猫扱いしてパニクル少年一人と、冷静に頭なでまわしては「柔らかい、生きている」と、冷静に分析する主人公(笑)
しまいには、ホッペを撫でられ頬染めて猫なでで声をあげる~化け猫ちゃん(笑)
この構図が面白すぎて笑っちゃいました(笑)
いや~私も一緒に触って撫で回してみたい~なんて思っている所に・・
そう、変体教師が登場です!
どうでもいいが、裸同然でマント羽織る姿が深層心理とか、どれだけ変な人なんでしょう・・と、心底思ってしまいます・・(笑)
本当、この教師の体罰・・女の子相手に腕を掴み身動き抑えて握り拳を力いっぱい振り下ろすって、どれだけ非道なんだろう・・
と・・・
そりゃ~軽い平手打ちされたくらいの経験は、教育的指導~ではありましたが・・
女の子の顔に傷つけちゃダメだよ~!
女の敵!!
そして、そんな教師に暴力をふるわれていたであろう少年へと向ける主人公の台詞・・・
言われっぱなしで終わらせない、奪われたものは自分達で取り返そう
の一言に彼は触発されて~~~~~!!
マモの低音ボイスが、カッコよすぎます!
こういう音声の演じ~て、私個人としては珍しく、また素敵です・・♪
そして、そして~この猫もどきちゃんまで力を発揮しちゃうのですが~~!
さっきから、マモ演じる彼の突っ込みと私の内心のリンクしまくりに笑いがとまらず・・・(笑)
そして、何処までもオチャメな男の子です。
こういう、オチャラケタキャラって、素のマモとにているというか・・
何気にはまり役かもしれない・・・なんて思いつつ・・♪
主人公と対照的で、いいバランスとれているようですね♪
にしても、彼らがさっていった後の、ニャンコの使えそうだな・・
の台詞も、少し気になりますし・・・。
主人公の過去~保護観察扱いされた理由、理解は出来たけれど、どうやって怪我させちゃったんだろう?
というか、出来事は理解できたけれど、そこにいたる流れはどんな感じっだったんだろ?
その辺りが微妙にわかりにくいし・・
例えば、とっさに飛び出ていって振りかざした拳が偶然とか、相手から襲いかかってきたとか・・
それとも、又、もっと別なものなのか・・
な~んて、気になる出来事が多すぎますね、この作品~。
にしても、助けて貰った女性の方も薄情ですよね、、お礼言えとはいわないけれど、あれは主人公、少し可哀想かな~
なんて思いつつ・・。
そして、ラストの新たな登場人物~~♪
このお声は保志さんだ~~と、テンション上がりつつ感想終わります~♪
こんごどんな感じで主人公達と絡んでくるんでしょうか・・
次回も出てくるのかな~
なんて思いつつ・・。


タグ:ペルソナ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

プリキュアコレクション プリキュア5&GOGO [漫画]

プリキュアコレクション プリキュア5&GOGO
NEC_4495.JPG
はい、プリキュア5のコミカライズ版~といえばよいのでしょうか~♪
たまたま、アマゾンで発見して、表紙の絵柄も原作であるアニメよりで可愛い~~~
しかも、ココ&のぞみのラブストーリーが豊富だ~てことで購入してみましたが・・
想像以上に大満足です♪
カラー絵と本編の絵とは、微妙に雰囲気違う感じですが、綺麗な絵だし、アニメと同じ話も漫画ならではの視点で、日常メインに描いてくれている~~てことで・・
本当に、ココとのぞみの恋模様~な話しが農耕で・・・
なる程、ラブメインや、あえて本編が終わったからこそ、こういった演出の仕方があるのか~~
なんてみながら思うと、なかなかに面白かったです♪
そう、そして、ココとのぞみ~
この二人が好き~て人にはかなりお勧めなのではないでしょうか・・♪
日常メイン~てことで、アクションシーンは粗完全に削除されちゃってる分、その辺りの要素をかなり詰め込んでくれているので・・♪
いや~
それにしても、まさか、子どもの頃に愛読していた、なかよし~で、こんな作品が連載されていたとは・・・(笑)
きんぎょ注意報ミラクルガールズセーラームーン等が懐かしいですね・・♪
最近の少女漫画は、はなゆめなかよしリボンちゃお~と、本来は年齢対象違うはずなのに、どれも、殆どが、まったく区別がつかないくらいに似通った絵柄になってきていることに、少し驚ろかされる今日この頃・・
ですが・・・。
いえ、私のイメージでは、ちゃおは小学生~それ以下~
リボン、なかよしは小学生から中学生~
はなゆめは中学~高校生~
という、勝ってなイメージがついちゃってるのですよ。
成人向け以外の漫画に年齢制限~てのはないとは思うのですが・・
多分、年齢を重ねると共に、描かれる主人公の年齢とも比例してくるので読む雑誌も変わっていくといいいますか・・
絵柄の雰囲気の好みとかも変わってきますし・・
それでも、未だに好きな作品ってのは、恋愛だけでなく運命を背負い戦う少女・・・みたいな・・♪
子どもの頃とは違う目線で楽しめる話しってのは本当にいいのですが・・♪
最近の少女漫画事情はどうなってるんだろ・・・
なんてふと、思いつつ・・(笑)
話しが脱線してしまいましたが・・・
プリキュアもそうなんですよね、女の子だって強いし、頑張って戦うんですよ~
と、基本的、そういう女の子達が凄く大好きです・・
そして、ココとのぞみの関係も~~
てことで、ココ&のぞみ好き~には無条件でお勧めの作品かと思います♪

タグ:プリキュア
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

彼氏彼女の事情 12~26話(最終回) [アニメ]

彼氏彼女の事情 13~最終回

本当に、この作品、おこる出来事が濃度が濃くて、どうなることやら~ですが・・
どうにかなってしまうものです(笑)
人間心通い合わせ、うち解けあうのって、ちょっとしたきっかけとかでもあり・・
ちゃんと話してみればヤな奴も凄くイイ奴だ~てことが分かってきたり・・。
突っ込んでみなきゃわからないことも沢山あって・・
本当、そういう些細なことが色々あって・・・
親子関係だって、普段近くにいすぎるからこそすれ違っていったり、父子家庭だからこそ一般の家庭には理解できな複雑な心境があったり・・
でも、そういうのを乗り越えるのもちょっとした壁でもあったり・・ね・・
そんな感じで、すれ違っていた親子も和解していき・・
今度はヒロインの雪野と有馬の関係に問題が出てくるのですが・・
それもちょっとしたすれ違い・・
久々に出あった彼氏のかっこよく様変わりした雰囲気に、意識しすぎて、言葉にしたくても照れくさくて口に出来ないという、複雑な乙女心・・
そういう些細な出来事だからこそ、すれ違いやすく、そして、大事にしなきゃいけないんですよね・・
特に有馬は家庭環境が複雑で、雪野への思いは誰よりも強い・・・
愛情を注いでもらうべき時期に注がれなかった子どもは、愛情表現の仕方がわからなくなる・・
だって、親から愛し方を教わっていないから・・
そして、誤った愛情表現を教われば、誤りを学習して間違った大人になっていってしまう・・
だから、有馬は雪野を通してはじめて人を愛し、愛される喜びを知っていく・・・
そういう気持ちの壁を乗り越えながら、二人の気持ちは以前よりも又深くなっていく・・
そう、有馬にとって雪野は絶対であり唯一の存在。
彼女さえいれば、自分はどうにかやっていける・・
そんな強い固執が彼の中に渦巻いていくのです。
親に愛されず、親族からも見捨てられ・・・
別に、彼に問題はなく、ただ、彼の親が問題だった・・
それ故に、どんなに誰よりも優秀であろうとも、本当の彼を受け入れてくれる人は何処にもない・・
イジメ、阻害、非難、差別、罵倒・・
そういう言葉がだけが、彼に向けられる親達からの言葉・・
そして、そんな彼を心より愛し守ろうとしてくれる義理の親にさえ、心開くのを恐れている有馬・・
向けられる言葉が嬉しいからこそ、惨めだったり、苦しい思いにかられてしまうのかもしれない・・・
だからこそ、有馬には雪野が必要なのだ・・
唯一対等に会話の出来る、裏表なく接してくれる彼女という光が・・
闇に囚われすぎた彼にはそんな彼女の笑顔と愛情が眩しくて・・・
膨らむ思いが溢れに溢れて、とうとう、二人は一線を越えてしまうのです。
身も心も一つになり、これで彼も本当の幸せを手に出来た・・
と、思いきや、彼の心の闇はそんな簡単に消えるでもなく・・
そんな思いに刈られ始めているときに、再び転校生がやってきます。
男なのに有馬ラブの、ちょっとしたトラウマ持ち?の青年が・・(笑)
この、彼という存在が又、引き起こしちゃうんだよね、有馬の地雷をタイミングを悪くふんでしまうと・・(汗)
そう、その地雷というのは・・
ヒロインの雪野の存在・・
彼は今までの家庭環境ゆえに、彼にとっての唯一の救いであり生きていけるただ一つの存在・・
そんな彼女が自分の手元から離れていくことえの恐怖、怒り、戸惑い、孤独・・・
そういう気持ちに、今の今まで幸せだった心が、再び闇に犯されていくのです。
別に雪野自身は、有馬以外の男なんて眼中にないのだけれど、彼女と価値観、思想を持つ唯一初めての人間。
惹かれるでもなく、好意を抱くでもなく、ただ単に気があうだけの関係・・
そういう相手がいるのって、自分にも相手にも都合がよくって、変に楽しくなっちゃうんですよね~不思議なことに・・(笑)
それだけのことが、有馬にとっては気がかりで仕方がない・・
自分には理解出来ないことが、あの二人には通じ合うものがあり、酷い疎外感を感じてしまうのです。
子供の頃、愛情を与えられなかったり、感情表現の不器用だった子供は、大人になると感情のコントロールが出来ずに執着度が半端なく強くなる~ていいますからね(笑)
そんな彼の気持ち、どんなに好きでも男と女。
どれだけ思いあっていても違う人種の生き物・・
しかも、家庭環境がまったく魔逆で、愛情にみち溢れら家族の中で育った彼女には彼の本当の心はわからない。
だからこそ、彼とは違う考えや思いを雪野は抱き始めます。
彼と出会えたことで変化し始めている自分。
今までは二人一緒にいることで影響を与えあうことが出来ていたけれど、今は二人心が繋がっているなら、二人はなれても大丈夫・・。
そう、それぞれの道を歩き始めてもいいのではないだろうか・・・
なんて感じ始め・・・文化祭が盲直ぐ始まる・・
と、いう所で終わりです。
後2話はおまけ~ストーリー的な感じになっていますが・・。
自分の脳裏に残る記憶よりは、中途半端なぶつ切りではなく、いい感じでまとめられていたかな~て感じでしょうか。
でも、原作は、ここから~が面白くなってくるんですよね♪
有馬の心の闇の原因である両親が出てくるのですが~~
この親が又なんとも凄い人間で・・・(汗)
ということで・・
これから文庫版コミックを探してみたいと思います♪

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

グランクレスト戦記 13話 [アニメ]

グランクレスト戦記 13話

とうとう、故郷に帰ってきましたか~~テオ君!
故郷を捨て逃げてきた・・
と、初期の頃にいっていたけれど、今回のプロローグの彼の複雑な表情を、今回の話しで改めて認識させて頂いた~て、感じでしょうか・・
そして・・
なんと、新OPです~~~~♪
うん、1クール目のOPは非情に躍動的で冒険物~な雰囲気ですが、2クール目は少しクールというか・・
シリアスな戦闘シーンをメインとした映像と、戦火の様子・・
これからの展開は、もっとシビア~な雰囲気なるのでしょうか・・♪
ちらほら~と、本編の映像を交えつつ~~
て、何、このCMの内容!
グランクレストがオンラインゲーム化!!
そして、PS4でも発売すると~~~!
ゲーム欲しいけど・・
PS4は持ってないのですよね・・・(苦笑)
早期予約でディードとパーンがついてくるとかなんとかいってますが・・・
PS4はマニアなゲームが多すぎて手が出せないのですよ~~
一つのゲームソフトのためだけにゲーム機を買うには・・
遊び道具にしてはお値段はりますからね~(汗)
PS3はBDプレイヤーとしても使っていたので、購入の価値あり~て感じでしたが・・(笑)
とか、いっている間に、本編が始まり・・
なんでしょ、混沌の闇~をあえて放置することで皆の心を無理やり一つに縛り上げる・・
そうしなければ心を一つに纏め上げられないなんて・・・
どう考えても異質な空間。
それに、誰も気付かない・・
いや、気付こうとしない・・
そう、普通に冷静に物事を見れていたのがテオ君だけであり、だからこそ彼は一人この島を後にした・・
偽りの平和には本当の安らぎなんて得られない・・
恐怖に心を支配されるって、本当に恐ろしいですね。
当たり前の精神を蝕まれ剥ぎ取られていく恐ろしさ・・
そう、皆を救ってくれると言ってみせるテオこそが、この島の人間にとっては脅威であるとみなされる・・・
苛められるのが嫌だから苛める側に移ることで自分の罪の意識を軽くする・・
それと似てるところがあるかもしれません。
そう、私が最も嫌悪感を感じるものです。
人を憎むにはエネルギー要りますから、諦めるのは誰にでも出来るし、一番簡単で楽な方法です。
だからこそ、支配という目に見えない暴力こそ、一番やっかいでならないものです。
く~~
村の人たちの気持ちは理解できても、受け入れがたいです。
自分達を支配することで幸せを手に入れることの人間がいるなど、許されるはずもないのに・・
その異質な現実から目を背ける者達は、悲しくも彼を拒絶するばかりで・・
ああ・・表情を隠し口を閉ざすテオの後姿が切なくて、悔しい・・
彼は正しい行いをしているはずなのに、なんだろ、この行き場のない思い・・
過去の回想シーン・・
彼のこんなにも面暗い表情を見るのはいたたまれないです。
そんな彼の気持ちを理解している・・なんて、傍にいる女はいってみせるけれど、本当に理解しているというのなら、そんな言葉は出ないし島を出ようとする彼をひきとめず、共に出ていったことでしょうに・・
本当に共感できるなら同じ行動を起こせるのでは・・と・・
そうして、テオと再会した彼女は再び彼を裏切ることになるのですが・・
誰か一人の命を犠牲にすることで自分達の命を救う・・
しまも、自分の親族を差し出すなんて・・
私だったらどんな気持ちだったろう・・
勿論、自分が死ぬのは嫌・・・
でも、自分の命を守るために誰かの命を犠牲にして、心の底から笑えることなんて、きっと出来ないだろうな・・
ず~と後ろめたい思いに囚われ生きていくなんて辛い・・
そんな風に思います・・。
そう、戦争を経験し、生き抜いてきた人たちであれば、きっと本当の意味での理解出来るし、語れるのでしょうけれど・・
友を失い自分だけが生残る・・
そんな悲しい記憶は、そう簡単には消せないだろうに・・
それが理解出来るからこそ、テオは勇気を振り絞ります。
彼は強いかもしれないけれど、それが無敵の強さじゃないし、人としての弱い面もあるのは事実・・
はっきりいって、村人の人間が弱すぎただけなのかな・・なんて思います。
抗うことを諦め、身を任せるほうが楽なのは事実・・・。
村を捨てていった彼を彼女は攻めるけれど、彼と共に立ち上がる勇気を持ちさえうれば彼は村に止まっていたかもしれないのにね・・
なんて思ってしまいます。
今回の話しは、なかなか~上手く言葉が出てきませんね。
感想かけば書くほど重々しい~言葉が沢山出てきます。
こういうお話凄く大好きだけれど、テオ君の心情によりそいすぎて、悲しすぎます!!
自分の家族を見殺しにした村人達・・
でも、そんな村人でも、人は人だから・・
だから、自分の身を省みず、一人立ち上がり守ろうとするテオ・・・
なんと勇敢で尊い志の青年なんだろう・・
自分だったら・・
正直、彼のような行動ができるかどうか自信ないですけどね、情けないことに・・(苦笑)
なんだかんだいってますが、私もそんな強い人間じゃないので・・(汗)
痛い思いは沢山してきたし、命奪われるかも・・なんて思うような危機感も抱きましたが、実際に目の前で人の命が自然死以外で奪われたり、本気命狙われそうになったことも経験ないので、断言は出来ない・・。
だって、まったくもって、経験してもいないのに断言なんて出来ないです。
自分なりの意見はいいますけれど・・。
こうなのかな~こうであって欲しい~みたいな・・。
だからこそ、悪魔で、私はテオ君のような存在に憧れ、そんな彼を眩しく思えるのです・・・
きっと、勇敢な父親ゆずりだったのでしょうね・・
男の子は父の背中を見て育つ・・
といいますし・・・
そして、支配に屈しても何も変わらない・・
所詮は口約束・・・
抗っても、約束しても結果が同じなら・・
それなら、まだ抗う方がいいかな・・
皆と一緒で・・ですが・・・(笑)
そうして、同じ出来事、悲劇を生み出すことで、ようやく人の心は動き始める。
あの悲劇を二度もおこしたくない・・
と・・
本当は、もっと早くに気付くべきだけれど、人はそこまで賢くないから・・
悲しいことに・・
そして、そんなテオ君の命が奪われるかもしれない~~~
て、時に、シルーカちゃんのナイスフォロー
この男はクールにピンチの時に助けてくれます♪
そして、どうにか皆の心を一つに~
したとはいえ、こちらは村人・・
戦力的にっも、人数的にも・・・
て、この使用人、本当に凄いです!
人間業じゃないです、あの手さばき!!
そして~~~
テオ君、剣じゃなく、斧で参戦!!
てのが、少しびっくりですが・・・(笑)
そして・・・
やはり、こうして悲劇というか、犠牲者が出てきてしまうんですよね。
けれど、テオの命とひきかえに命乞いをしてしまった彼女の贖罪・・
とでもいうべきなのかな・・
テオ君の苦しげな表情と「君には幸せになって欲しかったよ」の一言と共に、無音で背景にうつり、サブタイトル~
な終わり方が又センスがイイ!
EDの内容とも非情にリンクしていて良いといいますか・・・♪
次回はどこから、どんな風な出だしで作られるか~
気になります。
最近の深夜アニメは予告ないの増えたので先の展開が一切わからない~
寧ろ、予告あり~の深夜アニメの方が少ない気がします(苦笑)
もう、慣れっこになっちゃいましたがね・・
さてはて、そういうことなので、次回がより気になります♪
悲しい話しだったけれど、その分凄くよい内容だったかと・・・♪
話しも折り返し地点になってことで、物語の雰囲気も変わっていきそうですしね・・・♪

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | -