So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

レンタル落ち 彼氏彼女の事情  アニメDVD全巻セット購入~! [入手~グッズ&円盤]

はい~彼氏彼女の事情! 全7巻
NEC_4355.JPG
はなゆめにて連載されていた津田雅美先生による作品~
そう、此方も20年近く昔の作品なのですが~~
DVDセットも、普通の売り物だと、7000円
だがしか~し~レンタル落ちだと~3000円にもみたなかったので、迷いに迷いつつ購入~♪
そして・・
そして・・・レンタル落ちのケースはレンタル中~の表示がついていて不恰好なので、ケースの背ラベルを引っこ抜いて、中身のレンタルDVDは余り物のケースへと入れ変えつつ、収納スペースも考えBOXっぽく作ってみました~(笑)
ラベルつけて本物っぽくしておきたいので、カッターとテープでツギハギにして、入れ替えたケースのサイズにあわせて~
と、こういう作業凄い好きなのでやり始めるととまらないんですよね~
昔から工作は大好きなので(笑)
てな感じで、こんな雰囲気に・・(笑)
因みに全部で7巻にて、26話となります~~
そう~~この頃のアニメは、本当~に1枚のディスクに4話収録~が普通の時代・・なのが、本当~~に有り難いです!
今となってはお得感満載ですね♪
そしてそして~
そう、アニメの方はというと~
なんと~~エヴァンゲリオンでお馴染みのGAINAXによるアニメーション製作会社~~!!!
て、当時はどこの製作とか関係ないし、多分興味もなければ知りもしなかったのですが・・(笑)
旦那がおお、GAINAXか~と、つぶやきつつ、興味を示したので思わず、え?GAINAXのエヴァンゲリオンの?と、問い返していた私です(笑)
しかも、監督&脚本まで、エヴァンゲリオンの庵野秀明さんだったとは~~
旦那が妙に一人ではしゃいでおりました(笑)
そんなわけで、なぜか旦那まで興味を持ちつつ、早速1話だけを視聴しちゃいましたが~~♪
いや~やはり面白い!
基本的には少女漫画なのですが、本当~~に、主人公である雪野ちゃんが、相手役になるであろう有馬に好意を抱く所か、成績優秀、スポーツ万能、美少年で性格バツグン~と・・
見栄だけの優等生の彼女にとっては敵でありライバルであり、劣等感以外何者でもない~と・・
表面上は笑いながらも心の中では、思い切りの敵対心むき出し~な、起用すぎる二面性が、本当に笑えていたし方がない(笑)!
多分、こういうコミカルな作品お好きな方なら、男女関係なく見れる作品なのではないでしょうか・・♪
我が旦那は普通に爆笑しておりましたし・・(笑)
うん、最近のアニメでは、こんなにもデフォルメを崩して描ける人が漫画家にも、アニメ製作スタッフさんにもいらっしゃらないのでしょうね・・
綺麗な顔のままで~
と、それはそれで良いのですが・・
そのせいか、妙に寂しいというか、キャラに勢いがないというか・・
感情表現に粗し~くみえてしまうかな?
二次元に必要なのは、リアルでは表現できない二次元ならではの表現方法~そういうのがあってこそ、あ~二次元世界を更に彩ってくれる・・ような気がします♪
暁のヨナや、魔法使いの嫁などは、たまに、可愛らしくディフォルメしてくれているのが、妙に好きです♪
結構、投身を崩した絵を描くのって、デッサンの技術がかなり高度でないと描けないので・・
そういう絵の描ける、描けない~で、モロに、技術のあるなし~が出てきます(笑)
私は先生に凄いヘタだね・・と、凄いつっこまれました・・(笑)
元絵の特徴をちゃんと捉えなければ、ちゃんとデフォルメにならないので余計に・・(笑)
今の若い人は今だけが大事で、過去を知ろうとしない・・
だから、昔のような絵をかける人もいなければ、存在することも知らなくて・・・
本来、プロならば、見よう見まねで描けなければいけない~気がしなくもないのですがね・・
なんて、最近の深夜アニメ見て、ふと思ってしまったりもして・・(笑)
まあ、そんなことを感じさせるだけでなく・・
やはり、演出の出し方もエヴァンゲリオンな雰囲気だな~と、ふと思ってしまいました(笑)
タイトルの出し方とか、モノローグの文字の入れ方とか・・
背景を取り入れつつの間合い・・
更に、その背景の一部である信号のとり方とか・・
そういうえば、最近のアニメは背景を間合いや演出~として取り入れて描いている作品がないな~
よく見れば背景よりもキャラばっかしか書いていなくない?
とか・・
作画のコスト抑えて描くなら、1画面にて二つコマでそれぞれのキャラ入れて描けば、唇の動きとか、キャラの絵を描く手間を省かせたりとか・・・色々省略できたり楽できたり・・
クローズアップとかスクロールで演出でキャラの唇の動きごまかして~とか、色んな方法がある筈なのに・・
そういうやり方とか知らないのかな?
出来ないのかな?
なんて、ふと思ってしまうのです。
何でもかんでも隅から隅まで徹底的にやるよりも頭動かして、気合入れるところと、少しだけ力抜いても大丈夫な所と・・
製作時間等を考えて作ればいいのに・・というか、本来ならそうして作れるのがプロな気がします。
どんな仕事にもノルマがあって、そのノルマをこなすためには工夫が必要・・。
出来ないなら出来る工夫を考える・・。
そうやって仕事の能率ってのを上げるのが仕事な気がしなくもない
勿論、売り上げばかり考えて、ノルマの範囲が不可能な数値で労働問題になっていたりもしますが・・
アニメ業界って、悪魔で昔からそんな感じだったわけで・・
というか、アニメの仕事に入る前に、体力と技術を徹底的に磨いていればよかったのでは?
今の若い人は単純に体力がないとか?
それをせずに、この世界に入ったのが、そもそも違っていたのでは・・なんて思わずにはいられない私です。
なんでも、難しい、大変なことをするときって、土台が大事。
応用する前には基礎が出来なければ出来ないものであり・・。
後は、先輩や上司の意見をちゃんと聞くこと。
自分一人の、独りよがりな取り組みだけでは成長なんて出来ない
多少厳しいこといわれたからといって、直ぐヘコたれて仕事できなくなる様では社会に貢献なんて、出来ないし、むしろ社会人として問題ありだ~と、私は思うのです。
又、そういう形でしか仕事させていない会社も問題ありき~であり・・
今のアニメ業界は、売り上げだけしか考えずに、スタッフの育成をしていない・・
それが何より問題であり、仕事の能率に繋がっているのでは・・なんて思わなくもありません。
そうやって逃げてばかりでは、自分の仕事を自身で苦しめているにすぎない・・てこと、気付かなきゃいけない。
新人ならなお更、狭い自身の視野の中でだけ仕事をさせてはいけないのです。
先輩が、きちんと指導して初めて新人は成長してゆけるのです。
まあ、アニメ製作における儲けのシステムがややこしい・・
人手や中請け業者とか、多分色々な業者の繋がりがありすぎて・・
私達やサラリーマンの仕事での利益の得方とは、又色々と違い、厳しい世界ではあるのでしょうけれど・・
でも、それは今も昔も変わっていないことだろうし・・
今になって、昔できていたことが出来なくなってきている~という事実は事実であり・・。
それらは、やはりスタッフの技術でカバーするしかなく・・・
厳しい~と泣いてるなら、泣きながらでもどうにかするしかない~
てのが、プロだろうと思うし、頑張ってほしい!
て・・
昔のアニメ関連になると、どうしても、こういう語りが出ちゃいますが~~(笑)
まあ、今は今の時代、昔は昔の時代の良し悪しあるのは確かなので、ようは何でも頭と体を使って~ 良い所見つけて、そういう所だけまねしたり、伸ばしていったり
ていうのが何でも大事なのでは~と、思う次第です。
本当、ちょっと下工夫で変わることも仕事の能率~て、変化させることは出来ないのでしょうか?
色々、厳しい中・・
いや、厳しい現場だからこそ頑張ってほしい~と、切に思います♪
本当、良い作品は良い作品で、深夜アニメでもちゃんとあるのですから・・
暁のヨナ夏目友人帳いなりこんこん恋いろはたまこまーけっとサイコパスブラット  ブレットドッグデイズハイスクールDXD
そして、深夜アニメといえど、10年前の放送フルメタルパニック~など~
今だに色あせぬ大好きな深夜アニメたち・・
て、悪まで私の好みでしかありませんが・・♪
てか、まだ放送されて、3~4年くらいしかたっていないものばかりなのに、随分昔のアニメのように感じてしまうのは何故だろう・・アニメの放送量が多すぎるんだ~~(笑)
しかし、その短期間による~3~4年でアニメの質が落ちつつも・・
けれどそう、確かに面白いアニメはちゃんと存在しているのです・・・
もちろん今放送中のコードリアライズに、魔法使いの嫁・・
それから、少し前放送が終わった記憶に新しい最遊記RELOAD BLAST~とか・・♪
一度、本当に好きになったものは、余程のことがない限りなかなか色あせることはないのです。
というか、そんな簡単に色あせるくらいの作品なら、最初からお気に入りにはならないと思いますが・・・(笑)
地味に好きなのは、ぐぐれコックリさん月間少女野崎君はたらく魔王さま!
あたりは旦那と一緒ハマってる~というよりは、本当、たま~に見ると、やっぱ地味に面白いよね?
という感じで・・
とにかく、ストーリー構成は無難にまとまりつつも、何より~キャラ設定によるギャグセンスが半端なく面白い~~
と、力一杯いえる作品な所がナイス!
私はシリアスが基本ですが、本当にセンスのあるものならばギャグ物もいける口なので・・♪
というか、面白いなら何でもいいです。
あんまり露骨な下ネタは、慣れが必要ですが(笑)
なので~
此方の彼氏彼女の事情もギャグが好きで恋愛系も好きな人ならなお更ツボにはまりやすいかと・・
と、無理やりカレカノまとめ?で~
今回はこんな感じです!
少女漫画ならでは~の展開は、まだ、多分先の話で・・
というか、このアニメ作品~
問題なのが~~思いきりブツ切れアニメなのが本当に勿体無い~と、当時も凄く思っていた記憶があります~~(笑)
物凄くいいところでおわるので・・
分、漫画本と平行にしてみるなり、続きは漫画で~という割り切りで見られた方が良いかも・・?
漫画の雰囲気をかなり忠実に再現しているので、知りきれトンボ終わりな所以外は、多分全て完璧な仕上がりです
というか、私自身アニメ見たあと~
漫画の方で続き見たくてたまらなくなってしまうかもしれませんね(笑)
未だに、なんで、あんな中途半端な作りに~
ここから面白くなるのに・・と、本当思わずにはいられません・・
でも、面白いことには違いない作品なのですよね~
続き、作ってくれませんかね~
リメイクでも何でもいいので、出来る限りベテランスタッフさんの手で・・なんて、思ってしまいます♪

にしても、今期は気になる懐かしアニメというか・・
懐にゆとりがあると、ついつい、こういう昔の作品~に手を出してしまう・・。
1万とかだと手が出せないけれど、このお値段なら~てな感じで手を出してしまうのです~♪
レンタル落ち~てことは、もう、レンタルとしても見ることが出来ない~と、思うとなお更です♪

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

暁のヨナ OVA(ODA) 21~22巻 [アニメ]

暁のヨナ OVA(ODA) 21~22巻の感想です♪

はい、せっかく、素晴らしく面白い内容でしたので原作を振り返りつつオリジナルアニメの感想書かせて頂こうかと思います♪
最初は、番外編~のお話かと思いきや・・
番外編のシーンと、メインの話を上手くつなげつつ過去の話しに作ろう~という雰囲気の模様です~♪
そう、前半はヨナ一行の、何時もの一家団欒(笑)シーンから始まるのですが・・
この作者様~本当、読めば読むほどに好きになっていってたまりません♪
何気ないキャラのやりとりがなんとも可愛らしくていたし方がなく、その度に好感度というか、愛情が溢れてくるといいますか・・♪
人間らしいシーンが入るのっていいですね。
腹黒かったり、無邪気で天然だったり、喧嘩しあって、笑いあって・・
そういうシーンが入ると、妙なリアルというか、親近感が持ててしまうのです♪
なので、ヨナやハクは勿論ですが、キジャもシンアもジェバもユンに、そして、今回のお話メインのゼノ・・
そして、今回はちょい役の(笑)スォンも・・
皆大好きでなりません
勿論カップリングとしては、ヨナとハクが一押しですが、それぞれにキャラの個性が魅力的にひきたっていて素的です♪
そして、TVアニメでは、まったく意識のなかったヒロインヨナと、それを守るハク・・
そう、この二人の関係も、当初はただの主従関係であり・・
正確にいえば姫を一人の少女として思う従者と・・
他の青年に思いをよせる姫君・・
ようは、切ない片思いで、その距離感がとても好きだったんです。
だって、ヨナは王国の姫君・・
世の中を知るために旅立っていかなきゃいけないのに傍にいる従者に恋心抱いている暇なんてないですからね。
てか、基本的には、このこは自分以外のことには鈍感~てだけな気がしなくもないですが~まあ、典型的によくある、なわがままに育てられたお嬢様~て感じでしょうか・・(笑)
それだけ、彼女は城の中で何不自由なく、当たり前の贅沢を当たり前に阿多和えられてきた姫君・・
けれど、その環境が一辺して変化したことにより、当たり前の幸せや信じてきた思いが奪われ・・ 度に出ることにより世間を知っていくのです
綺麗ごとだけでは生きていけない世界、辛いことや苦しいこと、それらを、世間知らずな少女が、国を守るために学んでいきます・・
そう、旅の生活の中、色んな出来事を経験し、色んな人と出会い、一人の国の姫として成長していき・・
その旅の中で少しずつ従者であるハクへの思いも変化していくのです。
勿論、その変化には多くの事柄があり、苦楽をともにしてこそ・・て感じなのでしょうが・・
そう、この、繊細な恋心の変化が又凄く好きで・・。
もう、姫ではなく、何気ない出来事による、女の子の一瞬が本当に愛らしく・・
そんな、風景をふりかえりつつ~
オリジナルアニメは、そんな彼女を取り巻く四竜がお酒に酔いつぶれて~そこから過去の話しへ~となります・・。
しかし、これがなかなかに過酷な戦場であり・・
四竜の一人でありながら何の力もない・・
いや、己の傷を治すことが唯一の力であり・・
ともに戦えぬことの葛藤に苦悩する少年。
それが四竜の一人、ゼノであり・・
そう、彼が遠い昔共にしてきた、四竜と、王の絆の物語・・
傍にいることが当たり前だった四人の竜達・・
喧嘩したり、イガミあったり・・
けれど、そこに一人の王が存在することで、バラバラの彼らの心は一つにまとまる。
そう、絆っていうのは、仲が良いだけではないんですよね。
そして、最初は、漠然とした想像でしかなかったのですが・・
何故ゼノの異常なまでの回復能力を見て愕然とした王、そして、その後強気抱擁とともにたくした物の意味・・。
なんとなく、彼の境遇を悟り心を痛め、身を案じているのでは・・と・・
その予想は遠からず・・という感じだったのですが・・。
そう、彼は他の四竜達とはまったく違う能力を与えられたのです・・
そう、異常なまでの回復能力には、もう一つの秘めた力があり・・
それを恐れてのことでもあったのかもしれない・・と。
戦うことを好まない彼だからこそ戦場にてその力を発揮させたくなかった・・とか・・
色々想像させて頂くシーンではありました♪
それは、後、明確になっていくのですが・・
そう、ゼノは自分は傷つかづ、他の仲間ばかりが傷をおい自分だけが・・・そんな思いに悩み、駆られる毎日を送ります・・
私にも、その気持ち凄くわかります。
自分だけが・・
自分には何が出来るか・・
自分にしか出来ないこと・・そういうのを考えた結果、人は人、私は私なんだ・・・そんな結論に、長い時間かけて辿りついていたような気がします(笑)
そんな、同じ四竜でありながら、どんどん離されていくような孤独と不安を抱えている中・・
その不安に拍車がかかる事件が起こってしまいます。
そう、仲間を助けるため、仲間を庇って深手を負ったはずの彼の体・・
その異常なまでの自身の能力に嫌悪し・・
自分は何なのだと、敵の人間のいうように化け物なのか・・と・・
彼自身でも分かるゆえに、どんどん孤独と恐怖が増していってしまうのです。
そう、普通の人の心があるのならばごく自然な感情なのでしょう・・
そんな思いを抱きながらも時はたち・・
王も歳を重ね体を弱めていきます。
仲間達も歳相応の大人へと成長し・・
そう、ゼノ一人だけが何も変わらないままなのです・・
そこで彼は決断します。
王の代わりに、他の四竜のために城を守るために・・
どんなに歳を重ねても彼らは変わりなくゼノと接し、旅だっていく彼らを見守ると・・。
と、成るほど・・
彼らが遠く離れ離れにありながらも心一つに・・というアニメでの、あの展開は、こういう物語りの中でなりたったのか・・
と、アニメでは過去の彼らの生き様は当たり障りなくしか見れなかったので・・
このシーンを見て、よりいっそう、物語りを深く見ることが出来たような気がします
そして、やがてはその絆は絆だけを残し・・
そう、彼だけを残して消えて行きます・・
そう、人であるならば消して避けては行けない道です・。
その孤独を紛らわせようと、彼は戦いへと身を投じます。
そう、切なき絶叫をあげながら・・・。
そして、彼一人取り残され、長い、長い時を生きます。
本当、人間って生き物は限られた命だからこそ、今を頑張って生きたいと思えるもの
限られた時だからこそ、今が輝かしく感じられるもの・・。
そして、人は一人ではけして生きてはいけないし、生きてはいないのです。
そのことを何より忘れず心にとどめて人は生きねばなりません。
孤独ほど人の精神を病むものはないのでは・・と、思います。
そして、長い時の中、彼にも新しいで会いが・・
倒れていた彼を運び、献身的に面倒を見てくれる病気勝ちだけど、心優しい少女。
この少女と出会いに、彼はどれくらいぶりかに笑顔を取り戻すのです。
ずっと、人との会話したのも久しぶりで・・
そう、私の人生も同じです。
どんなに辛くても、幸せでも、誰かがいてくれた
怒鳴りながらの罵り声でも、優しくて暖かい声でも、どっちでも、ちゃんと私の名前を呼んでくれる人がいた・・。
だから、貴方とか、君とか、そういう語りかけは苦手です。
ここ2.3年の間に、ネット上での会話の流れは、ハンドルネームすらまったく呼ばなくなって・・
よそよそしくて、とても違和感を感じて仕方ない日もありました~(笑)
基本的に私と会話してくれる人は、リアルでも、ネット上でも、ちゃんと名前で読んでくれるひとばかりだったし・・
ネット上でも悩み相談されたり、したり~凄く親身にしてくれる人達ばかりでしたからね~なんだろ、あの当時が少し懐かしい気がします。そう、私の大好きな人情づきあい~て奴ですね(笑)
今はネット上でキャッチボールしてくれる人殆どいないので、声かけて下さる方は本当にありがたくて・・♪
その分リアルでのキャッチボールがかかせない状況です~♪
なんだかんだでおしゃべり大好き(笑)
そう、アニメトークの代わりに日常トークのオンパレード~
て、それはそれで楽しいのですが、やはり二次元トークしてるときが一番心熱くなれちゃいますからね~
なんて、語りつつ・・(笑)
本編の物語は暖かに静かに流れていきます♪
もう、このお子様二人は、とっても可愛いです。
初々しいカップルそのものとでもいいましょうか・・
いいですね、こういう和やかに笑いあうシーン・・
けれど、その幸せなときも永遠というわけにはいかない・・
彼女は残り幾ばくか分からない命で・・
それが分からない彼じゃない
そう、かなわない願いだと分かっていても願い、泣いて、叫んで、願わずにはいられないのが人の心・・
そうして、別れの時がくるのです。
ずっと、ずっと、彼女がさよならをいった後も、彼はその手を握り続けていたのでしょう・・
彼女の柔らかい皮膚の感触が冷たく、固く、骨となるまで・・
そして、彼は永遠の苦しみを抱え続けていく・・
そして、ふと頭が冷静になったとき思うのです。
命は失うばかりではなく、生まれてくる命も確かにあって・・
そして、そこに一縷の望みをかけます。
もう一度、出会えるかもしれない・・
赤く美しい髪の、四竜の長に・・
その時のために・・彼は生きる意味を見つけます
そう、彼がヨナに出会ったのは運命なのかもしれません。
赤く燃えるような髪を持つ、新たな四竜の長である彼女との旅・・
まだ、幼きときの四竜の新しい命との出会いの再会とともに・・
なんてことを思ってしまいます。
そう思うと、なんだろ、ヨナが四竜集めを始めるのも運命だったのだろうか・・
なんて・・
本当、想像以上に、この作品は奥行きが深まっていく作品です。
読めば読むほど、面白く、続きが気になって仕方のなくなっていく作品です♪
そして~このOVA~~作りが凄く丁重~
まさか、ED後にエピローグがちゃんとついているとは~~~!
本当、この、ほがらか~一家団欒~な感じのヨナ一行が好きすぎてたまりません!
作者さんの、このセンスが本当に好きすぎます!
そして、もう一つのお話は~番外編の一つのようですが・・
おお・・面白すぎる!
もう、自分の可愛いくて仕方ない姫様の一喜一憂に翻弄されまくってて、哀れにも面白い男になりさがりすぎてて、面白いくらいに、このシーン好きすぎます(笑)
そして、ナイスな突っ込み~読者のヨナへの突っ込みを見事に代弁してくださるリアル思考な男~とでもいいましょうか~!!
にしても、可愛そうなくらいに切ない片思い~~(笑)
ここまでくると哀れを通り越して、少し楽しいかも・・いえ、ヨナの行動に一喜一憂してる姿が、普段のクールなイメージを崩してくれるといいますか・・♪
当たり前のように傍にいると、その有り難味~てのに気付けなくって・・
そう、当の本人~可愛い姫は、従者の思いなんて気付きもしなくて・・(笑)
でも、そんな誰よりも近いけれど、少し距離間のある二人の関係がもどかしも大好きで・・♪
この頃のヨナにとってはハクは悪まで従者であり、信頼できる仲間であり・・
そして、失ってはならないかけがえのない人物でもある相手で・・
けれど、この時すでに、密かに男としても意識していたのでしょうか・・
彼女が求め、小指つなぎではなく「俺の全部くれてやるから、安心して眠れ」と、恋人つなぎで見つめられた瞬間~思わず頬をそめて、少女な表情~
そして、その後の照れ隠しに背中を向けちゃう彼女の可愛らしさがたまりませんでした♪
そんな感じのOVA~~
うん、すご~~く満足な内容でした♪
1話 30分で本つき~と思えば悪い買い物ではなかったかです♪
本当、購入して正解~でした♪
タグ:暁のヨナ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

暁のヨナ 草凪みずほ 16~24巻 限定版! やはり神作品です♪ [漫画]

はい、暁のヨナのコミックようやく見つけました~
NEC_4354.JPG
NEC_4351.JPG
流石に100円では売ってなかったのですが・・思い切って16~24巻まで購入しました~!
やはり面白いですね!!
無限のスパイラルは確かに知りきれトンボですが・・
新人のうちに、そこまで良策の漫画なんて、そうそう簡単に作れる物ではありません。
漫画家にとって、漫画という作品は自身の人生そのもの・・
経験を重ねた分だけ物語りに深みが出てくるし・・
作者の言いたいことがはっきりと明確に出てくる・・
それが年月による作者の成長です。
てか、新人でそんな深みのある作品がホイホイ作れるなら、漫画家のお仕事苦労しないし、世の中そんな甘くないですし♪
そう・・
私の作品に対する見方は・・・

表面的な物語過程だけではなく・・
キャラクターの何気ない台詞や心情・・
多分、普通の人には素通りしてしまうような、キャラの何気ない表現なんですよね
後、好きなジャンル幅がわくに当てはまらない所・・かも?
少年、少女、青年向けジャンル関係なく好きですし・・
恋愛物に、スポ根に、ギャグに、シリアスに~と・・
自分の好きな要素を上手く見つけだしてはまっていける口なのかもしれません。最初は嫌いでも、気がついたら好きになっていった~てのもありますし(笑)
本音いうと暁のヨナも最初は世間凄く受付られなかったんですよ(笑)
国の姫でありながら、世間知らずもいい所がついていけず・・
私の旦那は、そんなヨナの頼りない姿に共感を得ず、私一人でその後は視聴することになり・・
でも、回をおうとに、ちゃんと姫としての自覚に目覚めていく彼女を見ているうちに好きになっていったんですよね
まあ、そんな感じの暁のヨナですが・・
はっきりいって、新人の時と、デビューして何年目の作品とは一緒にしたり比較するのは、色々厳しい所があります(笑)
何年も年月が経てば多くの経験を得て変化していくのが当たり前。
それが人の成長というものです
更に、物語構成がいくら魅力的でも、キャラがダメなら全然面白くないし・・
反対に、何気ない物語でも、キャラがちゃんと出来上がっていると、面白く感じられる・・。
この両方が出来るのは長期連載の漫画が出来てなんぼ・・て、所だと思います。
まあ、そんな感じで・・
こんなに巻数いっていて、はなゆめ~は昔からあるメジャーな出版会社~なジャンルのコミックスなはずなのに、何故だ~~と、旦那と一緒に首をかしげておりました。
その時の夫婦の会話により一応~私なりの結論が出たといいますか・・(笑)

旦那「赤髪の白雪姫は、山のように在庫あるのにな~。似たような作品だろ?」
「確かに・・でも、正直にいえば、赤髪はアニメ1クール見た限り、続きが見たい~ていう衝動には、まったくいかなかったんだよね。なんとなくだけれど」
旦那「成るほど~じゃあ、ストーリーのある無しか?ちゃんと1つの作品が一つの物語として繋がっていくかどうか・・。そうでないかの違いとか。赤髪の方は結局、物語は城の中のままで、物語が大きく動く~てわけじゃないし、1話完結っぽかった?」
「なるほど・・それに、赤髪は、最初から二人とも好感度高かったけど、ヨナの方は心の心情とか恋愛過程とかもゼロからのスタートだったし・・そういう所も含めて、需要のありなし~なのかな?」

なんて会話しておりました。
はい、あくまで私達夫婦目線でですが・・(笑)
いえ、別に赤髪の白雪姫がどうこう~というわけではなく、個人的感想故の結論ですので、ご了承下さい!
アニメの演出の仕方とかも色々あるでしょうしね・・
多分、赤髪の方は、特に主人公、人生に苦労してるとか、そうう印象が殆どなかったので、特に共感できなかっただけ・・なんだろうと思います。
何故あの娘っ子に大の大人が威圧されているのか、感情移入するのに非情に困難した記憶が・・(笑)
多分、私は苦労人の主人公が好きなんです(笑)
苦労した分だけ主人公の成長が著しくて、そこに愛おしさを感じてしまうのです♪
と、まあ、そういうわけで・・(笑)
色々ふっきって、購入したコミックが・・
アニメDVDつきの限定版を購入(笑)!
はい、なかなかに奮発したお買い物でしたが・・
後悔はないですし、寧ろ購入して心よりよかった・・・と、心より思います♪
本当に・・
TVアニメの二期はまだか、まだか~~と、いくら待っても兆しが見えないので、こういう形になったのですが・・(笑)
店頭では中古が見あたらないので、仕方なくネット通販で集めていこうかと思います(笑)
多分、24巻以降からは新刊で購入させて頂くこと限定ですが・・♪
本当、こんなことなら、もっと早くにコミックに手を出しておけば~~と、思わずにはいられません♪
でも、まあ、後悔したってしょうがないですしね♪
それに、これからは数少ないお気に入りの新刊アニメが又増えたのですから・・
良しといたしましょう♪
本当に、暁のヨナのような本、もっと増えてほしいですね♪
ヨナのような、子供ながらの目線にて世界を見通していき・・
子供だから何も知らないわけじゃなく、子供なりの目線で、できることをしていく・・
という様は、ガンダムでお馴染みの主人公の成長物~と、とても類似していて本当に好き♪
本当、戦争とか、世界情勢とか・・
ヨナは鳥かごの中のお姫様だけでなく、立派に亡き王の代わりに、彼女なりの強い覚悟と視野にて、世の中を見て回る・。
そうして、自分で自分のことを阿呆のままではいたくない・・
そういっていた彼女は、誰よりも凛々しく、逞しく成長していきます。
誰かに甘え助られるだけの無知な姫ではなくなっていく・・その姿が、わが子を見守るような気持ちになるといいますか・・。
は本当、彼女を見ていると、人間生活環境により、良くも悪くも・・
弱くも強くも、簡単になれてしまうものだな・・と、改めて思いました

石原 ケイコさんによるストレンジ ドラゴン ~とか凄い好きで、あれも3巻で終わりなのを名残惜しく思っていたのですが・・・(笑)
新作の花嫁と祓魔の騎士 は、なんとなく私の趣味とは違っていたので・・
多分、キャラクターが少し子供っぽくて感情移入しにくい感じでしょうか?
というか、そもそも見た目がショタっぽいキャラはそれほど好きではないのですよ~
やはり歳相応の恋愛がみたいといいますか・・(笑)
そんな感じで・・
オリジナルアニメの感想は又、おいおい書かせて頂こうかと思います~♪
かなり胸がしめつけられるお話でした・・・♪
人って、やはり限られた命だからこそ貴重で・・。
いつか人は死にます・・・
死はとても怖いことだけれど・・
でも、自分一人取り残されて永遠にいきることの方が、きっと死ぬよりも苦しい生き方だろうな・・なんて思いました。
やはり、人間、健康に生きて、歳とって相応の年齢で他界していくのがベストですね♪
な~んて思わせて頂きました♪
やはり漫画って、年月たてばたつ程味のある作品が生み出される物ですね♪
まあ、中にはレディコミ系で、中身のない話しかかけなくなっていく女性作家さんもいらっしゃいますが・・
多分、恋愛メインでしか物語書いたことのない少女漫画な作家さんの場合、成長する所まで成長しちゃうと、そうなってしまうのかもしれませんが・・(笑)
やはり、政治にしろ、スポーツにしろ、歴史にしろ~何にしろ、物事に深く広く興味持てる物があるかないかにより、作風は変わっていくものなんだな~と・・
改めて思わせて頂いたりして・・ね・・♪

タグ:暁のヨナ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

少女革命ウテナ DVD 全巻セット [入手~グッズ&円盤]

はい、昔懐かしのアニメ~
少女革命ウテナ 全巻セットです!
NEC_4360.JPG
BOXはDVDもBDも高すぎて手がだせなくって・・
諦めて・・というよりは、スルーしていたのですが・・・(笑)
なんと~中古店にてバラがコンプリート状態で売られているのを旦那が発見~~!
全8巻で1万円~!
BOで購入すりょりかは全然お得~~
それでも1万は主婦にはなかなかの大金で・・
というか、ここの所欲しい物の発売物が沢山ありすぎて・・
色々予約しちゃいましたし・・(笑)
というか、気になるBD BOXが来月に集中しすぎなんですよね~
ゲームも久々に面白そうなのを発見しましたし~
と、だがしか~し~~
この間中古にて本やらDVDやら~の買取金額が結構なお値段でひきとって頂けたので、懐は比較的暖かい状態~~♪
と、いうことで、悩みに悩みつつ~購入です(笑)!
ネットで見ましたが、比較的お値段高めで売られていましたし、全巻コンプリ購入できるのは多分今だろう~という感じでしたし・・
これも運命~て奴ですね。
コードギアスのDVD BOXが一万~てのも微妙にひかれましたが、ここはスルーで(笑)
いや~本当~に悩みましたが
これが半額の金額なら迷わず購入していた所なのでしょうが・・(笑)
いや~本当、懐かしいです。
20年くらい前の作品になるでしょうかね~♪
全39話だったのですが・・
女の子で王子様に恋焦がれているけれど・・
だけど、王子様に憧れるだけの女の子ではいたくない・・
そして、世界を革命するための力と花嫁を求めて繰り広げられる戦いへと巻き込まれていく・・
というお話で・・
世界設定全てが斬新で面白く・・
又、演出が本当にシュールで独特すぎて・・
他には二つとない作品だろうな~と、今、こうして1話だけ見ただけですが、強く思います♪
というか、他の人には、きっと真似できないような作品?
そして、そして~特徴的なのはアニメだけではなく・・
OPと挿入歌も今でも忘れられません。
というか、基本的には今時の深夜アニメのOPってすぐに忘れちゃって、歌えなくなったりするのですが、昔のアニメは20年たっても普通に歌えちゃうんですよね・・(笑)
歌詞見なくても完璧に記憶されているものもあったり・・♪
旦那曰く「それは思いいれがあるからだろう。1クールじゃなく、1年そこら見続けていれば、主題歌聞く機会もそれだけ増えるだろうし・・」と、相変わらず的確な指摘を入れて下さいます♪
そんなこんなで~このアニメの歌~
特に挿入歌は荘厳というか、オーケストラというか、アニメソングの枠に入らない、これっぽっちもアニソン臭さのない歌が凄い
歌詞も又インパクトがあるといいますか・・
なかなかに独特な言い回しなのが色々凄いです・・!
作品自体もそうですが、感性が豊かで素晴らしいというか・・!
豊かな感性の塊~とでもいいますか・・
本当に凄いんですよね・・(笑)
アニメも戦う女の子~な雰囲気が、又カッコよくて・・♪
まだ1話しかみていませんが、大人になった今でも十分に楽しめる作品の一つです♪
多分、その個性が受け入れられるかどうか~によって、作品の良し悪し~てのは出てくる作品かとは思いますが・・
それだけ個性の強い・・それ故に素晴らしい作品のように思います♪
そして・・
出だしと終わり方~だけは凄く印象に残っている・・のですが・・
そうそう~~
後、色んな禁断の愛~な物語があったような気がします・・(笑)
兄弟でありながら・・とか、女同士なのに、この二人怪しい~とか・・
そう、直接的には描かれていなくても間接的に・・
なんとな~
時には大胆~に、怪しさも同時に感じていた作品・・
当時、アニメを見ていた友人の一人は、これ、ゴールデンタイムに放送していいのか~なんていっていた記憶が・・(笑)
そういう意味でも、凄いアニメだったかもしれません(笑)
今は何でも規制がかかって表現の自由が狭まっていてる時代ですが・・。
規制以上に大事なのは、人の心のあり方~ですよね。
アニメでも、ドラマでも、バラエティでも、視聴側の常識がしっかりしていれば、ある程度の物見ても大丈夫・・
ちゃんとした教育が出来ていなければ悪い方向に簡単に影響されるでしょうが・・
昔に比べて、ものの良し悪しの分かっていない大人、子供が確実に目だってきている・・
それは、親が回りに求めるばかりで自身で教育できていない今の時代を象徴しているようで・・・・
子供のあやし方も、スマホもたせるやり方しら知らなければ、学ぼうとさえしない・
子供の教育的指導、ちゃんと怒れない、怒り方が変わらない、危険な物、安全な物の区別の教え方等に~多少の厳しさの大切さを理解していない・・
最悪、何が正しくて間違っているのかとかさえ理解していない大人がいて(異常なまでのクレーマーさんとか、必要以上過保護な親とか)・・
そんな親が増えるから、物事を知らなすぎる子供が目立ってくる・・
そんな世代に入ってしまったが故の表現の規制ラッシュになっている気がします(苦笑)
キャラクターも、なかなか独特で・・
後、シリアスの合間のギャグもシュールだったり・・
登場キャラの演出に散らす~というよりはまわす~といいますか・・
あ~いう演出も他には絶対ないな~と、子供の頃も不思議な面白さを感じていたアニメだったかもしれません。
そして、今は昔懐かしの声優様達~~
本当、この頃の声優さん~て、声に特徴があっていいですよね。
あ、この声はあの人の声だ~と、名前までわからなくでも、声質だけで分かってしまう・・
そんな声優様方が沢山いらっしゃいました~そういう時代・・♪
後々~この作品の・・・というか、昔のアニメの素晴らしいのが・・
今時のアニメ~特に深夜アニメなんて1巻2話で7000円とか高額すぎるじゃないですか?
でも、この当時は・・
1巻で4~5話にて、5000~6000円~てな金額なんですよ~~♪
凄いお得感が半端ないです!!
当時は高くて手が出せなかったけれど・・
今こうして見ると・・全然高くないじゃん~~と、思わずにはいられません(笑)
BDでもリマスターでもないので、画質は多少落ちますが、物語が面白ければそれでOK~です!
といか、物語に没頭していけば、そのうち気にならなくなっていくレベルかと・・♪
本当に~
何時からアニメ業界って、こんな感じになってきたのでしょうか?
深夜アニメが以上に増えてきてから、何かが狂ってしまったような気がする?
ネットにてアニメを無断で違法配信しているような不貞輩の存在が理由・・?
アニメの質が落ちてしまったから?
アニメファンが熱しやすく飽きやすい人が増えたから?
バイト感覚で業界で働こうとする人が増え、プロ意識が低くなってきたから?
それ故に、技術のないスタッフが増えてきたから?
アニメの数が必要以上に多くなり競争率が増えたから?
物価が高くなってきたから?
昔は、きっと苦労するのも当たり前のようにされてきたのでしょうけれど、その辺りの感覚が変わってきたのでしょうか?
なんて色々考えつつ・・
本当~
昔のアニメだと50話で3~4万くらいで買えちゃうのに・・(笑)
深夜アニメとかだと、3万くらいだと2クール分しか入ってないんですよね~(笑)
まあ、購入される方が限定されるので致し方ないとは思いますが~
ゴールデンタイムのだと同じ7000円でも、1巻2話~な深夜アニメとは違い1巻で最低4話は入ってるので~
この差は、やはり、深夜アニメと幅広く支持されるゴールデンタイムアニメとの違いだろうな~なんて思いつつ・・
そう考えると、軽く倍くらいの差があるかないか~なぐらいの値段変わってくるのかな???
少なくとも同じ値段でも倍の話数入っていることになりますしね・・
色々、人件費とか、お給料とか儲けとか厳しくはあるのでしょうけれどね・・。
素人には職人の理由とか理屈ってのは、なかなか通らない・・
それは、多分、どの仕事でも同じなんだろうと思いますけれどね。
素人と玄人の認識は100㌫違うものだと思うのです。
それを、カバーするのがプロの仕事なのかな・・なんて思います。
私もいい訳したくても、お客様からすれば一つの会社なので、窓口と配達業者は管轄外で管理してる会社もまったくの別物~といってもお客様に理解してもらえるはずもなくって・・(笑)
それが多分普通で・・・・。
て、アニメ業界と一般の仕事を一緒くたにするな~とかイわれそうですが・・
それをいうなれば、元々アニメ業界って誰から見ても厳しい世界で理想や理屈だけでは生き抜いてはいけない、特殊な世界だとおもっているので・・
その世界に足を踏み入れるのならば、それなりの覚悟は必要なのでは・・なんて思うのです。
しんどい仕事と前持って理解しているなら、体力をつける。
画力をつける~などの努力が必要なのでは~
というのは、素人意見です。
実際、仕事の能率の良し悪し~て会社のネームバリューでも変わってくるようですし・・と、思ったのでした~
以上!
取りあえず~
ウテナ~まったり視聴させて頂きま~す♪
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ

夢幻スパイラル 草凪みずほ [漫画]

夢幻スパイラル  草凪みずほ
NEC_4350.JPG
はい、とうわけで~(笑)
魔法使いの嫁をTVで見るようになって、昔懐かしい主人公永長による冒険もの~な雰囲気の漫画が無償に読みたくなって・・
しかし、その手の漫画は殆ど、既に絶版なレトロ漫画ばかりで、それらを入手するの中古でも店頭で見つけて購入するのは非情に困難~
ならば、少し前にアニメ化されていつつ、ただ今も連載中の暁のヨナならば~と、中古で探したが、店頭での出回りが本当に少なすぎて・・(笑)
アニメもした後だし、普通なら沢山出回ってそうかな・・なんて、軽い気持ちでたのですが・・
これが、全然そろえられない・・(笑)
恐ろしい程中古での品揃えが、何処いっても薄いんです(笑)
いくらほしくても、前半と後半とか・・こんなバラバラ買いじゃちゃんと物語楽しんで読めない~
ということで、代わりに見つけ、購入したのがこの漫画です(笑)
10年以上前前の作品で、これを見つけられたのも偶然というか奇跡としかいいようがないのですが・・(笑)
おお、他にもこんな連載されてたんだ~これは私好みっぽいお話かかも・・
と、何気にヨナ以外の連載作品にてチェックしていたものが1冊100円で入手できるのはラッキーだ~
と、少しだけホクホク気分で2巻完結~の2冊をレジへと持っていったのです♪
そして、自宅でじっくり読んでみれば・・
想像以上に面白い!
少女漫画でありながら、少年漫画っぽいアクションシーンもあり・・
そして何より~
ヒロインがヒーローに媚びていない所がいいです(笑)!
あまりに恋愛1本すぎる女の子って、少しだけ苦手なんです。
小さな恋も少女にとっては冒険かもしれないけれど、人生恋愛ばかりじゃない・・
学生なら友達づきあいに学業に、家庭の事情に~と、今だからこそ取り組まなきゃいけないことがあるのに・・
と、思えてならないのです(笑)
恋愛一つで人生全て台無しになるわけでもないし・・
男の尻ばかりおいかけて、好かれたくて一生懸命も一本気すぎると物語がそれだけ~のお話になり、先読みが出来てしまって、少しだけ退屈になるか、すぐ飽きてしまうかのどちらか・・
個人的には簡単に飽きてしまうような作品にはあまり手を出したくないので・・(笑)
なので、主人公は恋に無自覚で無頓着で、他の生き方に一生懸命~なくらいの方が好きなんです♪
そう、今回の話は親から霊術師としての力を受け継がされた主人公、弥生と・・
その、彼女の強い霊力を我が物にしようと彼女の命を奪いに、目の前に現れた鬼の王子との物語・・
そう、恋愛からではない、このスタートラインが非情にツボなんです。
恋ってのはゼロからスタートして、色んな出来事があって、色んな物を育みながら芽生えさせるのがベスト
というか、それが私好みな物語展開♪
そして、ファンタジーというか、鬼や霊というアニメならでは~な要素が面白い!
そう、最初は命狙われ、狙い~な立場の筈なのに・・
癒されて仕方ないシーンが多いんですよね・・
何が面白いかって・・
猫・・
主人公弥生によって鬼は封じられてしまうんですが・・
その封じたときの姿が、可愛い黒猫~~(笑)
猫好きにとっては、癒されないはずがないです(笑)
それに、鬼とはいっても、なんだかんだで善人というか人が良いといいますか・・
弥生から力を奪おうとするものの返り討ちにあって猫姿に~~な展開が可愛くていたし方ないのです♪
だんだんオチャメさん?な雰囲気にもなっていくのが少し可愛くもありますし・・♪
そんなことを繰り返しているうちに、鬼も弥生へと情が移っていくんですよね。
弥生自身も最初は警戒していたけれど、なんだかんだで自分を助けてくれては、頼りになってしまう鬼の存在を受け入れ始めていきます。
そして、同時に彼女にとってその思いは何時しか、亡くなってしまった両親の代わりに、今度こそ守りたい・・という存在にもなっていく・・
そう、その理由ってのは、鬼である彼が人に向けた言葉
痛い言葉に慣れるはずがないだろ、俺にも覚えがある・・
と、霊術師としての彼女の力を胡散臭いと煙たがるご近所からの冷たい言葉に対して、彼女を庇った後の言葉・・
そう、この言葉が、私の心にも凄くストーンと落ちていったんです(笑)
親からの暴言、クラスメイト全員からの非道な虐め・・(笑)
殆どの詳細は覚えていたり、覚えていなかったりで、今だに心ひきずってる~とか、そういうわけじゃなけれど・・(笑)
まあ、そのおかげで今の逞しい私が存在している~といっても過言ではないですし、それはそれで有り難いのです、社会の荒波に耐えられるだけの根性は備えさせて頂けたというか、自分の限界までがんばれる人間であれたことには感謝です♪
まあ、同時に、人間一人で頑張りすぎるにも限界があることも学べましたしね♪
けれどもやはり、心無い言葉に慣れているはずでも、それは心がまったく痛まない・・といえば嘘になる
やはり、慣れていても傷つくところは傷ついていて・・
自身が傷ついていないフリをして虚勢をはっていただけなのかも・・なんて、ふと思ってしまったのです(笑)
あ~~まさか、漫画の台詞で自分の本心とこんな形で向き合わされるとは~なんて、思っていたませんでした・・(笑)
そう、時がたてば慣れにも体勢が出来るけれど・・
どんな言葉を、何を言われても平気~て訳じゃないのですよ。
昔は平気だった言葉も、今では平気に慣れた分、更に強く心無い言葉を言われたら、傷つかない・・・とはいえませんから(笑)
思わず、成るほどな~~と、思わせていただいた瞬間です♪
そして、更なる言葉
ダメだと思うときこそ這い上がって努力する!
と、主人公が過去にとび、過去の自分から言われた言葉に・・
これも又強く心に響いた言葉・・
私自身が、そうやって生きてきたからこそ、この主人公の心理描写や、生き方に共感できるというか・・
何気ない台詞が、本当に凄くイイ言葉をいってくれる作品だな・・そう思えるのです。
人間って非力で弱い生き物だけど、でも、だからこそ強く生きようとする彼女の心根に、徐々に鬼は心引かれていき・・
そして、やがていきついてしまった答に・・
好きになっちゃいけない人なんていない
それよりも出会えた事に感謝しなきゃ
と、これまた凄くイイ台詞をいってくれるんですよ~
他にも、
道に迷ったら一番辛い道を選びなさい・・
という台詞とかも・・
そう、辛いときだからこそ頑張る努力をする・・
そうしていれば、気がつけば悩みから抜け出せていて・・てことは少なくないのです♪
苦しいときに逃げてしまうから、ずっと苦しいままなんですよね・・。
まあ、時には逃げることも大事ですが、逃げることになれちゃうと何も出来ない人間になってしまいます
普段頑張っているからこそ、逃げ時を見つけてよいのだと私は思うし、普段頑張っているからこそ、上手な逃げ時ってんが見えてくるものなのでは・・と、思わなくもない・・。
そんなことを思いつつ\\
物語は、鬼が自身の立場を理解しつつも弥生とともにある事を拒みきれず、迎ええを拒み、彼女とともにあることを選ぶのですが・・
物語はまだまだ続くよ~という感じのハッピーED~・・
そう、個人的には、もっと続きが読んでみたい~と、思わせて頂いた作品です。
あれ?これで終わりなのか~色んな問題がまだ山積みなのが惜しい~~でも、面白い、だからこそ続きが気になる~そんな風に思わせる作りってのは、とっても大事な気がします♪
けして、作者の自己満足~なだけの本ではないな~なんて思わせて頂いた作品です。
やはり、アニメや漫画以外にも色々と興味持てる人でなかれば、こういう作風の作品って作れないのだろうな・・
なんて思いました(笑)
それと同時に、マツコの知らない世界がお好きなのか~
私も微妙にあの番組好きですよ~
本当、私の知らない世界~を、まさに教えてくれる作品で・・
なんてつぶやきつつ~(笑)
少女漫画だけれど、少年漫画より~で、なかなか楽しく、さりげに何かを感じさせてくれる作品でした
読めてよかったです。
こういう作風があるからこそ、暁のヨナ~
な作品が生まれたのだろううな・・と、思いました♪

タグ:草凪みずほ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

コードリアライズ 6話 [アニメ]

はい、コードリアライズ 6話の感想です!

はい~忘れられないイベントの一つ~
まあ、その理由はいろいろある、楽しい~会なのです・・(笑)
今回のルパンは、今まで以上にとっても生き生きしているというか、動き一つでキャラへの色づけがこんなにも強くなるとは・・
恐るべきアニメ映像~!
なんか、オチャメ度がゲームの時よりUPしてるイメージがするのかきのせいかしら・・♪
どんどん、原作のルパンのイメージを残しつつ、いい感じでデフォルメしてくれてます♪
そして、良心の痛まないところから盗んできた~て・・、結局、とんでもないところからとってきちゃうんですが・・・(笑)
カルディアはカルディアで、すっごく生き生きしています。
やはり、ゲームにはない動きがついてくるからかな・・
インピーに何かされたときは、こうする~といってシンプル~な蹴りによる護身術をルパンへと疲労するわけですが・・
あれ、確実に男性の急所狙い撃ち~の蹴りですよね(笑)
確かに、素人には一番シンプルで簡かつ大きなダメージを与えやすそうです(笑)
冷静沈着なカルディアならやってのけそうですね♪
そして、インピーのために、必死でお料理するカルディアちゃん~
ダメだよ、料理は片付けしてまでがお料理だからね~(笑)
そして、インピーの幼い頃のお話・・
てか、インピーの子供の頃が又可愛いです。
うん、どんな人でも夢に瞳を輝かせて語る男の子の瞳っていいですよね。
周りに何言われようが、ただ只管努力する姿は素的だと思います。
夢も希望も、全て諦めてしまってるより、ずっとキラキラしてると思うもの♪
そんなインピーの努力を知ってか知らずかルパン一味にも色々いわれ放題~ですけれどね~
でも、それがルパン一味のインピーの立ち居地であり、愛されキャラの一人とでもいいますか・・
何でも会いがあれば変わってくるんですよね。
呼び捨てにする、しない~
軽い喧嘩による殴りあいとか、小さなイジメとか・・
なんでも巻かんでも、あれダメ、これダメ~て、いいたがる人は多いけれど・・
結局は愛情があって、それがあ射てに伝わっているかどうかで全ては変化する・・
辛かったりするのだって 仲か良い物同士でのじゃれあいにもなるし・・
喧嘩だって、喧嘩する程仲がいい・・ともいいます。
呼び捨てだって、仲のいい人間なら、あえてちゃんやさんづけより、ずっと親しみがあっていいと思うし・・
なんでもかんでも一つだけの基準で決め手しまうのは、最近の人の悪い癖な気がするかな?
もっと視野を広げて、自分だけの狭い価値観で物事判断しないように生きていった方がいいと思う。
でないと、生きていくのが窮屈で仕方なくなっちゃいますよ(笑)
な~んて、朝の報道番組を見て思ったのでした~
幼稚園で子供が保育士さんに呼び捨てにされてるのがいや~とかいう母親がいたけど・・
肝心の子供は嫌がってないのだから、それは親の勝手な価値観でしかないと思うし・・
結局は本人同士がどう思ってるか・・が大事ですからね。
そういうめで物事見ていくのが凄く大事ですよ~
母親の意見が全てというわけでもありませんしね~
なんて思いつつ・・♪
物語は・・
ルパンがマジ切れしてる姿が・・やはり可愛いです!
そして、必死こいてかけつけてきたインピーを全力でスルーするルパン一行・・(笑)
こういう、何気ないやりとりも好きだわ~~
そして、すごい暑苦しい変人が登場~~(笑)
て、何かに特化した物をお持ちの語って、その手の毛色がありそうなきはしますけれどね・・
独特な雰囲気というか・・(笑)
そして、相変わらずですね、カルディアちゃん~
ちょっと、教えるとなんでも出来る頼りがいのある女の子です
砂に水がしみこむように、どんどん色んなものを吸収していきます・・。
そして、そして~
ルパンがいってた良心の痛まない所からの物の入手~のオチが・・
まあ、確かに、良心の痛まない所~といえばそうなのですが・・
色々と、刺すがルパン~
やることが何処まででも派手で大胆なお方です(笑)
そして、そして~
その結果、レースではなく、商品に目がくらんではインピー号を潰しに一斉攻撃をしていく様は・・
本当に、既にレースではなくなっております~~(笑)
そして、そして~ここです!
もう、エンジン、ガス等が被弾、破損していき~
そうここで、私が忘れられない、待ちに待ったこのシーンがやってくるのです!!
もう、原作プレイ時、おなか抱えて笑っちゃいましたよ~~!!
セットされた大砲の中に・・
なんと、玉ではなく人を装着・・(笑)
ありえない、絶対えりえない~だからこそ可笑しすぎるんですよ~!
アニメでは、彼の言い分も一言二言~突っ込まれなくあえなくカプセルの中に放り込まれ・・
それらを発進するのを流石に躊躇うカルディアちゃんをよそに、仲間の方は容赦なく、ポチっとな・・て・・・(笑)
そして、コケにされたことへの怒りのまま生身で敵船を制圧していく展開は、忘れられるはずもなく・・(笑)
オトメゲデあんなに爆笑したのは多分、ワンドオブフォーチュン以来だったのではないでしょうか・・
とか思いつつ・・・(笑)
この後も、アニメならではの面白展開というか、演出になっていきます・・
救援方法が・・ロープを巻きつけてそのままそら飛んで引っ張りあげるとか・・
相当怖いし、起こるところではないです~~(笑)
そして、緊迫状況の中・・
というか、もう、緊迫状況通り越して諦めモードのフランの

ご報告します~
完全にエンジンがオーバーヒートしました~~
つまり~墜落だね~~アハっ・・

な、力の抜けた笑いが、なんともいえず面白くて・・(笑)
そして、その結果は~~~~
と、なんとか無事~目的の物を入手して・・
カルディアの可愛い笑顔・・♪

一緒にいると楽しくなる
ともに夢をみたくなる
この先どんなことがあっても、私にとっては大切な夢・・

そう・・
何があっても・・
これからの展開が過酷になるが故に、この彼女の言葉が凄く物語ってくれているんですよね。
そして・・・
いきなり核心を得た展開に~~~!
と、なかなか気になる所で続く~という感じですか・・
このペースだと、上手い具合にラストのほうまで描いてくれるのかな?
て、所ですが・・
何ルートで終わらせてくれるのかな~~
なにはともあれ、今回も、とっても楽しい展開で大満足~でした♪



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

劇場版 はいからさんが通る 映画情報更新 [アニメ 映画]

劇場版 はいからさんが通る 遅まきながらの情報更新です(笑)!

2017年11月11日公開
http://haikarasan.net/

キャスト人等もチェックさせて頂きましたが・・
なかなかの豪華声優さんの模様~~
早見沙織、宮野真守に続いて~~
梶裕貴、中井和哉~と、なかなか素晴らしいチョイスだと思います(笑)
私達の年代を、ちゃ~んと意識してくれている感じがして有り難いですね♪
個人的には、ディスクの特典~そこまで豪華じゃなくていいので、宮野真守のコメンタリーや、インタビューとか入ってくれてるといいのにな~て所でしょうか・・♪
本当、キャラデザがあまりに原作とかけ離れてしまっているので・・・
当初の違和感は、未だにぬぐいきれませんが・・(笑)
原作絵がかなり繊細な絵なので、アニメに不向き~な作品ではあるのでうよね。
ヘタしたら劇画チックになりすぎるというか・・
特にファンでない旦那ですら絵が違いすぎる~と、突っ込んでましたものね(笑)
でも、まあ・・・ここはキャストさんの演技と監督&脚本家さんの腕にかけるしかない~て所かな♪
映画は上映されはするものの、旦那つれていくわけにもいかないですしね~(笑)
あ~でもみたい・・
だがしかし~アニ好き友はいても、この作品知ってる人いないし・・
何分主婦でお子さんいらっしゃる子なので、あまり遠出させるわけにもいかないし・・
とにかく、ディスク販売待ち~になるかな~?
流石に女の子に囲まれすぎの中に旦那つれていくのは可愛そうですものね・・
そこまで鬼畜な人間のつもりじゃないですし~(笑)
映画は基本誰かと一緒に見に行って感想語り合いたいので一人で見に行くのも気がひけるし・・(笑)
やはり、ディスク待ちか~と、葛藤中です(笑)
しかし、これを機に、この世代の作品を知らない若い子達にも大和和紀先生の作品を知って頂けたらいいのにな~とか思いつつ・・♪
内容、面白いことには違いないですからね♪
個人的には、あさきゆめみし~は更に上回り大好きな作品でもあります。
というか、この作者様は、資料等でちゃんと調べた上でその時代の作品を描いてくれているので・・
とても作りがしっかりとしていて、かつ、丁寧~で、非情に素晴らしい作品かな~
なんて思うのです♪

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

まもって守護月天 16~最終回 [アニメ]

はい、まもって守護月天~~とうとう後半に入っちゃいましたよ~
もう、長いようで短くも感じた2クールアニメ・・。
本当~~にホノボノと・・・心温まる作品で・・気がついたら夢中になっておりました♪
主人公が、本当に、ただひたすら皆純粋で可愛くて・・。
多分一緒にいるとすんごく迷惑だけれど、それでも憎めない・・そんな雰囲気の少女でしょうか・・♪
そう・・今まで恋愛に関して、まったくの無自覚だった守護月天であるシャオが、ようやく・・はじめて、周りのクラスメイトの力を借りて自分の気持ちに気付はじめるです。
そう、これが恋かどうかわ、まだまだ分からないけれど・・
でも、彼と一緒にいて楽しい、嬉しいと思えるのは彼がご主人様ではなく、太助だから・・
他の皆のことも大好きで大切な存在だけれど・・
彼女にとっては特別な存在なんだ・・と、これもまた無自覚に感じながらも・・
彼とともに過ごす時間は、ただ楽しいのではなく自分にとっての幸せなんだと、ようやく気付いていきます。
そうして、ご主人と精霊という立場をこえて、二人の心の距離がj急接近~していくお話・・♪
そう、初めてシャオが太助に頬をそめて女の子のように恥じらいを見せるお話でもあり・・
かなり恋愛要素度がUPしていく回です。
しかし、恋に生涯はつき物・・
そう、二人の心が近づけば近づく程に目の前につきつけられる現実が出てくるのです・・。
そう、二人は人と精霊・・
けして結ばれてはならない運命であること・・。
その現実にひきさかれ、うちのめされてしまう二人・・。
だからこそ、そんな二人を・・・普段は嫉妬したり三角、四角~と恋のライバル同士だった皆が見守らざるおえない状況になります。
でも、それが本当の親友なんだろうな・・なんて、ふと思わせてくれる暖かいシーンでもあり・・
だって、喧嘩する程中が良い~ていうし・・
イザって時に助けてくれる人こそ本当の心の友だ~て、私は思います
普段、よく一緒にいて楽しくっても、イザって時助になってくれない・・それはあくまでお友達であり、親友というにはまだまだ遠い存在かな~なんて思うのです。
何時も一緒にいなくても、肝心なときに助けてくれる人~
一緒にいる時間も大事だけれど、親友って呼べる枠は時間よりも心のつながりが全てな気がします
めったに会わなくて縁が切れてしまうなら、本当に、それだけの関係だと思います。
そう、この作品に登場するキャラクター達は本当に心温かく・・
ライバルで、普段は喧嘩ばかりでも、イザって時は本当に相手を思える・・
そういう優しさに溢れた作品とでもいいますか・・。
悪い人が一切いないんですよね(笑)
ライバルも、障害物も全て・・
別に相手のことが嫌いで邪魔してるわけじゃなく、好きな人のためにタダ只管頑張っているだけだったり・・
大事な人のことを思えばこそ辛い現実をつきつめてみたり・・
敵見方なし~いう作品ってのも、今となっては珍しいかも・・とか思いつつ・・(笑)
当時声を演じていた声優さんたちがコメンタリーにていいます。
この頃は人の心がとても温かかった・・と・・
そして、今の時代は優しさを忘れ殺伐としている・・と・・・
権力や利益優先で、大事な物がなくなってきている・・という言葉に凄く同感~~~~!!!
そうなんです、この作品って、当時の私達の生活そのものを表していて・・
優しさが当たり前に存在していたんですよ。
見知らぬおばちゃんやオジサンに悪いことしちゃダメだよ~て、怒られたり、気軽に挨拶されたり・・
一瞬びっくりはするものの、ゴメンなさい~スミマセン~なんて誤りつつ・・
荷物とかも、留守の時はお隣さんにお願いします~なんてことも、昔ではよくありましたが・・・(笑)
まあ、それだけ、他人との心壁~てのが必要以上になくて、とても安心した雰囲気の時代だったといいますか・・
今思えば、それがとても暖かいものでした♪
安心感がある~とでもいえばいいのでしょうか・・♪
そう、人同士の付き合い~て、何気にセキュリティになって安心なんですよ。
だって、顔なじみのない人間がいると目だって、それが既に防犯になります(笑)
それだけ近所づきあいが深い~てことになって・・
近所で何時何処で何してるか~とか、結構筒抜けになっちゃうのでヘタにお馬鹿なことも出来なかったですし・・(笑)
そういう意味でも人付き合いって、大事にしなければ~て、凄く思わせて頂つつ、育ったような気がします。
他人の目を気にすることで自分の行動に責任を持って行動できるようになったりとか・・
小さな頃から大人にかこまれ、大人との付き合いも多かったので、子供だけの視野に囚われず教育といいますか、多くを学ばせて頂いたような肝します。
まあ、子供のレベルの範囲~で、ですけれど・・(笑)
何をしちゃダメで悪いのか~てのを、見て教えられ、スパルタされつつ、お利口にしているときは小さなご褒美貰えたり・・・
今思うと、凄く懐かしいです。
とっても痛くて怖いときもあったけれど(笑)
おかげで根性鍛えられました(笑)
と、まあ、そんな感じで~
今では大人になったがゆえに、子供の頃には気付けなかった~~ご近所づきあいにおいての大変さ~てのも正直ありますが・・それも人付き合い~て奴ですしね、助、助られ~と・・
それを嫌って拒んでちゃ~人の輪の中に入っていけないし、多分、自分一人でどうしようもなく本当~に困った時に誰にも助けてもらえず孤独に生きていかなきゃいけなくなると、色々大変だろうし・・(笑)
そういう人同士の人情~みたいなものが、深く、今よりも、ずっと、ず~~~~と強い時代を生きてきたからこそ・・
だからこそ、私は今を生きていけていたのかもしれません♪
どんなに孤独で一人であっても、自分から死ぬ気で、死ぬほどの勇気を持って、閉じこもっていた殻を思い切って破って見せれば、優しい人達がいて・・
孤独だ・・なんてのは、自分のただの思いこみと視野の狭さ故だったんだな・・と・・。
そして、他人に対して優しさを見せることはけして恥ずかしいことではなく・・
それどころか、人の優しさは何よりかけがえもなく素的なことだった・・そういえる時代だった気がします♪
優しさをお節介だとか、面倒だとかいってくれる人はいなくて・・
本当に素晴らしくも暖かく、そして、それ故に厳しい人付き合いでした♪
優しいからこそ相手に厳しく出来る・・
厳しさは愛の裏返し・・そう、力一杯いえる時代でした・・♪
本当に人の愛を心より強く感じた時代でしたね・・
それを象徴してくれていることこの上ない作品でした!
本当に、アニメって、時代を語っているな~て、改めて感じてしまいます。
表面だけカッコイイアニメや漫画ばかり求め描く人って、結局は描いている人自身がそんな人だから・・・
別にそれが悪いってわけではありませんが、読み手としては、少し物足りないとでもいいましょうか・・♪
本当に、ここに出てくる登場キャラは・・
愛と友情に溢れたキャラ達ばかりで・・
心無い登場人物~てのは一切なくて・・
それは、けして熱血~というわけではないけれど、とても心が温かくなるのです♪
悪い人が誰もいない・・・て、ある意味凄い作品ですよね!
物語には主人公の邪魔をする悪役がいる~てのが定番なのに・・(笑)
そうして・・最後は、シャオの過去の全てを太助が知ることで・・
シャオの悲しみを知り・・
生き方を知り・・
運命を知り・・
その上で、シャオの運命を受け入れ・・
シャオも自身の運命を断ち切ろうと・・
そういう、互いが互いを思いあう気持ちが奇跡をおこし・・
そして・・・というED~~~
そう、なんだか最終回らしくなく、まだまだ物語は続くよ~~という雰囲気の終わり方で・・
だからっこそ、終わりが切なくならないような・・
もっと見続けていたいような・・
そんな風に思わせてくれる作品でした~♪
本当に頭を難しく使わず・・
幸せに、心和ませたいな~~~て、思われる方には是非にオススメです!
笑って、和んで~~
後半のシリアスシーンで、ちょっと泣いて、ハラハラドキドキさせて~~
恋に友情に~~を存分に楽しめる作品ではないでしょうか♪
本当に、気がついたら、どのキャラも好きになっていました♪
最初は恋のお邪魔無視~な登場キャラも、結局はシャオ達の恋を心配し・・
自分の幸せではなく、好きな人の幸せを思うあまりに、悲しい恋なんてやめるべきだ・・なんて訴えるシーンは、恋のライバル相手に、この子、こんなにイイ子だったのか~~
なんて思わせてくれる作品~~♪
なかなか今時のアニメでは出会えない作品です♪
昔ながらの魅力満載のエニメです!
これでTVアニメ版は終わってしまいましたが~~
オリジナルアニメがまだあります~~♪
そう、こちらのBD BOXはただ今予約中~~なのですが・・
来月発売なので楽しみです♪
タグ:守護月天
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コードリアライズ 5話 [アニメ]

コードリライズ5話

はい~
今回は私のお気に入りのキャラその2~フランのお話です♪
本当~に、このフランのお声は好きでたまりません♪
いえ、実際には中の人柿原徹也のキャラクターそのものが好きで・・
彼を演じるキャラが好き・・というより、彼を好きになったからこそ、彼が演じるキャラにも愛着が持てるようになった・・と、いっても過言ではないといいますか・・(笑)
そう、いまや声優という職業の方は山のようにいらっしゃる・・
似たよう同じ声に演技・・そこから何か特別を見つける・・・となると、演じる役者・・声優さんの個性そのもの~になっちゃうんですよね♪
そう、私の中では、声優は、俳優やアイドルと同じような感覚になっていて、好きキャラ=好き声優とか、声がよければビジュアルや内面はどうでもいい~みたいな感じには見れなくなってきちゃったんですよね♪
声だけでなく性格、ビジュアル~とか、後は顔は二の次で演技幅の広い人とか、職人~て感じでカッコイイかな~なんて思ったりもして・・♪
て、何の話だ~て感じですが・・(笑)
うん、人懐っこい性格と気さくな笑顔が凄く好きなのですよ~
なので、このフランを演じるに当たって、柿原徹夜というキャラが演じるには凄くピカ一~なキャラなのかもしれない・・なんて思った次第であります♪
心根の優しい雰囲気のフランと・・どこか無邪気な可愛さの残るようなカッキーの声質がとても似合っていて、すごくしっくりきて、このキャラを好きになった気がするのです。
そう、キャラがどんなに魅力的でも、やはり声質や演技の仕方一つでキャラの雰囲気変わってしまいます。キャラに魅力を吹き込むのは脚本と同時に声優さんの力もかかせませんからね~と、カッキートークはここまでにして、本編の内容にいきましょ~~(笑)
はい、冒頭の気になるシーンは、皆の足元で謎の物と、只ひたすら~可愛らし~く、ちょこちょこと、じゃれるシシィの動きが気になっていたのですが・・
よかった、ちゃんとオチ?がありました(笑)
そして、それと同じくらいに・・何処までも、本当に何処までもヒロインカルディアの無垢さが可愛くて仕方ありません。
人の努力・・ていうのを凄く純粋でまっすぐな瞳で見据えちゃってる所・・
こういうさりげない一言を残せる女の子って、本当に魅力的で素的だと思います
そして、まさかまさかのあの人が貴婦人姿で登場~~~
どうしても鎧姿のイメージがもの凄くインパクト強いですからね~~(笑)
そして、夜中、ある目的でこっそり抜け出すフラン・・そして、彼の背後に迫る危機にかけつけたのはなんとヒロイイン!
本当に、いつの間にかたくましくなって・・(笑)
けれど、未だにかなえられない彼女の想いは変わらなくて・・。
本当にどのシーン、全て美しく見えるのは、やはり彼女の心が綺麗だから・・でしょうか・・
ヒロインのビジュアルの美麗さもあるのでしょうが・・♪
ルパン一行という、よき人物との出会いにより彼女はどんどん魅力的で人としての心を芽生えさせていくのです♪
そして現れたレオンハルト~~
彼女の身を狙いながらも彼女を守るレオン英国騎士の姿を見て旦那が一言つぶやきます。

「彼女を狙っておきながらも悪人ではないのか?」

その一言への私の説明が

「ルパン三世のルパンと銭形幸みたなもの?」

といったら凄く納得してくれました(笑)
いや~多分間違ってない~とは思うのですが(笑)
旦那にも一番分かりやすくシンプルな説明としては、私個人は的確かな~と・・
泥棒を捕まえるための信念を貫き追いかける刑事ならぬ騎士と華麗に逃げる泥棒紳士~
とでもいいますか・・絵ずら的にはよく似ている~というより、私個人はリンクさせつつ見ているところがあります・・アニメ版ではなお更・・(笑)
そして、フランとカルディア、二人の行動を先回りしてしまうルパン一行~
相変わらずカッコイイ登場でございます♪
そして、記憶に残る、あのシーンへとなるのですね~♪
そして、そして頑張るインピーなかなかの操縦飛行です!
そして、そして、そして~~(笑)
墜落を前に、着地成功~?と、つぶやくヒロインは天然ボケ(笑)?
仲間も何気に失笑しております(笑)
しかし、ある意味凄い大物ならではの発言かもしれません~~(笑)
そして、女王と対峙するフラン~このシーンも凄く懐かしいシーン・・
見ている私の方も、この脅しは通じるのかどうか、ハラハラドキドキ~状態です!
うん、フランは基本的に善人君なので、人を騙すよりは説き伏せるほうがきっと得意な気がします・・。
そして、彼の最後の手段の結果は無事成功するのですが・・
その後の話・・
彼の明かされる過去・・
そう、誰だって願いや望み、願望があるわけで、それに夢中になるのは悪いことではない
そう、知らず、存ぜぬ、どちらにしろ悪用さえしなければ・・
そして、同時に悪用させなければ・
それが良くないものを作り出してしまった人の責任かもしれません。
そして、そのことに謝罪をのべるフラン。
ヒロインの毒は彼自身にとって無関係ではないのだと・・。
けれど、ヒロインはいいます。
自分が今ここでこうしているのは、貴方のおかげだと
どんなに辛い時を過ごしていたとしても、今ある時分が全てなのです。
今の自分を育て育んでくれた存在以外何にも変えがたいものはないのです。
その言葉を彼女の口から聴き、フランは答えます。
彼女の願いを自分が叶えてあげると・・
約束をする・・と・・
そして、その言葉に驚きながらもヒロインカルディアの心は、再び動きだします。
今すぐではなくても、遠い未来の願いへと・・
希望を見出していくのです。
そして・・
EDの後には~
そう~いいテンポで物語が進んでいきます~
とんとんと物語は進みますが、カルディアの繊細な心理描写というか、心の変化は比較的丁寧に描いてくれているので、少なくともおいてきぼり~感がないので・・
本当に、気持ちよ~く見れていいですね♪
キャラそれぞれの個性もちゃんと出してくれていますし・・
少なくとも私には魅力的にみせてくれています。
ゲームのイメージを損なうことなく、アニメならではの展開が、なかなかに面白くて・・♪
そして、確か、この後の展開は・・・
なんて思いだしつつ~
今回のお話はここまでです♪

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ワンドオブフォーチュン R2 ユリウス クリア感想 後編 [ゲーム]

ワンドオブフォーチュン R2 ユリウスルート~
さあ、個々ルートまであと少し~~
という所で、とうとう、戦争が起こってしまうのです。
燃え盛る炎が、家を木々を燃やし、ん気惑う人々に遅いかかります。
そう、ついこの間まで、何も知らず幸せそうにしていた人々の笑顔は恐怖の叫びへとなり・・
その脅威を目の当たりにした主人公達は一歩も動けず、呆然としてしまうのです。
けれど、何時までも足をすくませてはいられないと、目の前に迫る恐怖と戦いながらも、今、この場で出来ることをしようと動きはじめます。
けれど、どんなに頑張ろうとも、問題は次々に起こっていきます。
炎がただの火ではなく対処が出来ないことと、その理由に愕然とし・・・
迫ってくる、殺意をむき出しに刃を向けてくる兵士・・・
そして・・・仲間の悲鳴と参上に駆けつけるものの・・
自分達の無力さを痛感するのです。
それでも、そんな状態でも、どうにかその場を切りぬけますが、分からない仲間の安否にぬぐえない不安はどんどん大きくなっていく・・。
色んな悩みや思いが彼女らの心を駆け抜けます。
魔法は人の幸せのためにあると信じてきた・・けれど、それは人の使い方により恐ろしい武器なってしまうこと・・
夢と希望の間で彼らの心は引き裂かれていきます。
綺麗ごとでしかない夢には、現実の過酷さを打ち消すほどの力は、今の彼らにはなくて・・
ここから物語は一揆に、深く、重くなっていきます。
逃げ場のない現実・・
人の命と、魔法の有り方について・・
それ故に厳しい決断を迫られざるおえなくなって行きます。
そう、10代の彼らが背負うには重すぎる題材だったのです。
愛し慈しみ育ててきたものを手放す・・いや、奪われてしまうかもしれないという事実・
その理由も意味もわからないままに、彼らの心は行き場のない不安だけが押し寄せ、悩み、苦しませます・・。
自分達が築き作りあげてきたものが過ちだったのか、否か・・
そう、苦しみ悩みぬいたすえに・・
信じたくない現実と同時に、真実と向き合い、ぶつかり合い・・そして、彼らなりに知っていくのです・・。
本当、力ある物を手にするには、それだけの大きな責任ものってくる
私達でいうなれば、大統領や総理大臣という権力を持つのなら、その名に恥じぬ行動と、冷静沈着に行動できる正しき決断力
車をのるなら、人を殺せてしまう凶器にのっている、それを認識した上でルルーを守り走ること・・
それらが出来ぬのならば・・
自分の身に余る力ならば、手にしちゃいけないんです。
なんでも力というものは間違った方向に使っちゃいけない・・
そう、思えないってことは、それだけ物事を考えていない。それは、責任感も持てていない・・てことなんですよね・・。
このゲームの世界では、それが魔法であり・・
彼らはまだ未成年で歳若い・・
それでも、目の当たりにした現実と自分達の持ちえる力の偉大さに恐怖し、悩むんです・・。
そうして、それ故に、それぞれの道というか、決断にいたってしまい・・。
それが、彼らは彼らなりに真剣に悩んでいる証拠・・
真剣だからこそ和解しあえないこともあるし、衝突もする・・
それらには時間と様々な解決策を見出さねばならない
そう、この苦しみは・・成長の証・・。
真剣に悩みを抱え考えている人には成長はつきもの・・と、私は思いますから♪
それは時には難しいことかもしれないけれど、でも、そこまで難しいことでもなかったり・・
どちらにせよ、とても大事なこと・・
現に、彼女達は、少しづつだけど、成長している。
ユリウス達だけじゃない、この国にすんでいる沢山の人達の字あわせのために・・
そして、彼女の、そんな純真な心と涙は、硬くなに心をと財手いた少女の心を、ほんの少しだけ広げさせたりして・・
本当、やっぱ、真心~ての届くものなんだな~~と・・思った1シーンです♪
そして・・
戦争への思いも・・
自分達が戦争に巻き込まれて・・という事実だけでなく、実際に直接一人の友人がそれに関わってしまったこと・・
不本意とはいえ、人を殺してしまった事実・・
だからこそ、危険な魔法は扱いに注意すべきであり身に余るものは持つべきではないという意見と、危険だから取り上げればそれで全て解決するわけではないという意見・・
私自身もどちらが正しく間違いかなんてのはわかりません・・
出てしまった結果により、その時々の決断って、きっと人ならば変化してしまうもので、もしもあのとき・・なんて考えも結果を見てみなければわからないこともあります。
そう、実際経験したものでなければ分からない痛みというものは存在していて・・
でも、感情論と現実をない交ぜにしていいべき時でないというのも事実・・
そして、問題はそれだけじゃない・・。
住人達の有り方・・
当たり前の幸せを当たり前に感じすぎて、大事な物を忘れている・・
誰かの力によって平和に暮らせている現場に甘んじ、自分達では何もしようとしない・・
彼がいるから、自分達は何をしてもいい、彼ならなんでもしてくれるから自分達の望みを全てかなえるべきだと・・・
恩恵というものを忘れすぎている・・
そう、今の現代社会にもとてもいえることでしょうね。
便利が当たり前で、不便を何でも官でも面倒ごとにして・・
凄く問題な気がします。
自分達で何もせずに望みをかなえたい~なんてのは、きっと、世間を知らなすぎる。
今の日本の政府は当たり前のことをしてくれないから、こんな風に文句でちゃう(笑)。
私達がこうして声に出さなきゃ、私達にはそれしか出来ないですからね。
私達から巻き上げている税金だって遊びでなく私達のためだけにちゃんと使ってくれれば問題ないのです!
というかお金たりないから税金上げるのではなく、税金の無駄遣いをやめる!
無駄遣いする議員をやめさせる!
議員に無駄使いさせないようにシステムを返る!
働かないものには活動費というお小遣いあげず、真面目に働く物にだけ活動費を与えるというシステムを作るべき!真面目に働いてる人間の懐ばかり資金へって、ぐ~たら遊んでる人間の懐ばかり豊かになるのおかしすぎます~~!!
国民よりも自分達の生活のゆとりばかり優先~なんて、言語道断!
お金って、あるにこしたことはないけれど、必要以上には持たない方がいい・・なんて、少し思ってしまいました。
あんまりお金持ちすぎると、税金無駄使いする人達のように、人としてのモラルを忘れてしまいそうになりそうで怖いです
本当、国会議員を見ていると、そんなことを思ってしまいます。
周りの人間にちやほやされて、自分が誰よりも偉いんだ~と、自分の実力だけでそこにたっているのだと、勘違い議員さんが目立って悲しい(汗)
人は便利になれば、それなくして生きていけなくなってしまう生き物なのだろうか?
でも、なければないで別の生き方があり・・今の生き方に慣れ親しんでいる人には、その生き方や選択肢が思い浮かばないだけではないだろうか・・。
物がなくても工夫すれば代わりに出来ることや方法はあるわけだし・・
そういうのを模索するのも大事かな・・と、思う。
ユリウスの場合は、魔法が便利だから好きになったのではなく、素晴らしい魔法がたまたま便利なものだった・・てだけで・・・
彼にとって、魔法という存在は・・私達の住む世界では科学の進化・・と、いえるのかもしれません。
けれど、それを求めなくても生きていける人も実際いるわけで・・・
贅沢を求めるから不満が出てくる・・・
ただ、それだけなのかもしれない・・
と、思えたりもして・・・。
魔法はあるべきものではなく・・
魔法はあったら便利なもの・・であるべきだと、魔法に固執しない物に言われて・・
魔法を愛するユリウスとルルは、その言葉に愕然としてしまうのです。
そうして・・その苛立ちと・・
戦争という過酷な現場を乗り切る方法が、問題を後回しにしようとする国の長の言葉に、ユリウスはいつもの冷静さを完全に失ってしまうのです。
無理もない、いろんなことが起こりすぎたのです。
幼い頃から信じ、傍にあるものが完全に否定され・・
自分の思いは間違っていない・・でも、魔法を否定する人の言葉も事実・・
そのことがわからないユリウスではない・・
だからこそ、苦しい・・・
魔法を愛していたがゆえに、魔法の素晴らしい力を理解して欲しい・・
けれど、その方法と言葉が上手く見つからない・・
ただ子供のように泣き叫ぶだけでは誰の心にも届かない・・・分かっている・・
それが分かっているから、悔しくて、悲しくて・・
二人は過ちを犯してしまうのです。
別に何か問題をおこしたとかじゃなく、問題なのは二人の心のあり方というか・・
そう、別に愛情表現の一つとしてなら構わない・・
けれど、彼らは目の前の現実から逃げるために男女の一線をこえてしまう。
同じ痛み、同じ思いを抱える・・その傷をなめあうだけの、弱さの重ねあいは、何の解決にもならない・・
それを理解していても・・互いに求める心をとめられなかった・・・
というか、2にしてようやくそこまでの関係にいきついたか~~~~と、思わず思った萌えシーンです♪
無印も含めて・・まだまだ幼いゆえの必死でキラキラした彼らの恋愛ですが・・
ここでいっきに大人の階段上ってしまうんですよね~。
もう、最初プレイしたときは驚いたのなんなの~~
この二人がこんな関係になるとは思いもよらなくて・・(笑)
いや~2は本当に内容が農耕~~です!
そして~その後の感想は・・
後編2で~~(笑)
まさか、感想がこんなに長くなる予定ではなかったので・・(笑)

タグ:オトメゲ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム
前の10件 | -