So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

セーラームーンドロップス イベントプレイ状況♪ [ゲーム]

というわけで~
サーラームーンドロップス~ゲーセンイベントにて、ネプチューン R+制服はるか SRをゲッドNEC_3991.JPG
はい、もう属性的にSRがそろいつつあるので・・
あとはもう、キャラ集めモード~て感じになりつつありますが・・
その上で、自分にあったスキルキャラにて育成しつつ、いいチームを作っていきたいかな~と・・
というか、出来れば、SSRキャラもイベントにてゲッド~させてくれると嬉しいのですが・・(笑)
と、思いつつ・・(笑)
スキル強化に向けて、まったり頑張ります(笑)
タグ:アプリ SR
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

Fate/stay nigh Heaven's Feel 4巻 [漫画]

Fate/stay nigh Heaven's Feel 4巻ゲッド~♪
NEC_3941.JPG
本当、週刊ジャンプと違い、この手の漫画コミックって、ヘタすると年単位なペースでの発売も多く~ついつい新刊見過ごしてしまいそうになるのですが、無事ゲッドできて安心です♪
も~内容としては、どういえばいいのでしょう・・
セイバールートとも凛ルートとも全然違う・・
一言でいえば、ヒロインなサクラが凄い可愛い
そして、思い切り彼女を女の子として一喜一憂しまくる司郎が又可愛い(笑)!
そして、そして~~何より、凛が、とんでもなく可愛いのですよ!!
俗にいうツンデレ~とは、多分こういう子のことをいのかしら・・♪
凛ちゃんルートでは、あ~いう展開になりましたが、サクラルートでは、同じ時と場所でも、その後の展開が細かに違うのが又面白いといいますか・・♪
そして、司郎&凛による壁ドンシーン(笑)
基本的に、少女漫画な、露骨な壁ドンは好きじゃないのですが、こういうのは嫌いじゃない♪
凛の反応も以外にうぶだが、更に司郎の反応が拍車かけて初心でなんともいえないのです♪
うん、恥じらう所は恥らって、凛とする所は凛とする・・そんな彼女が凄く好き♪
そして、司郎をお気に入り扱いで、遊んじゃう所が又、クールな小悪魔っぽくて可愛いぞ~~♪
とか、軽く思った回でした(笑)
はい、核心を得た部分よりも、一番印象に残ってしまったシーンとでもいいますか・・
だって、フェイトの世界観って奥が深いので、真剣に語るの難しいんですもの(笑)
そうそう~
この回のライダーの扱い~というか、セイバーちゃんのライダーの扱い~
面白いくらいに一発簡単、圧倒的な力でフルボッコにしてしまう姿に、セイバー強すぎ!!と、思わず突っ込みを入れてしまいました(笑)
ちょっと、あまりにも圧倒的シーンすぎて、思わずギャグに見えてきそうでしたわ(笑)
うん、やっぱこの二人の関係は、恋愛~ていうよりも、主人と騎士~そういう雰囲気の方が好みかもしれません・・と、この本読んで、じょじょに思い始めている私です(笑)
元々は、凛とセイバー両方派~だったもので・・てか、今もそうなんですけど・・
だって、綺麗で女の子らしいけど、頭の機転に戦闘能力にも程よく長けている凛は私の理想の女性像だし・・
見た目の可憐さとは打って変わっての腕っ節の強さ、騎士として誇り高く凛々しい女性~てのも、純粋にカッコイイと思うし~
そっちも好みだから決められない~~(笑)
なんてボヤきつつ・・(笑)
今回の日記はここまで~~
なんとも、しまりのない終わり方ですが・・
私の感想は、かなり薄いものですが、本作はかなり詰まった内容となりますのでご安心を~~
でなきゃ、わざわざ新刊で購入したりしないのさ(笑)♪
タグ:Fate
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

アイドル伝説えり子 41~~51(最終)話 [アニメ]

はい、残りこのアニメも後10話で終わりを向かえますが・・・。
40話でえり子は、もう、立派なアイドル・・
順風満帆、これる所まで粗いきついてきちゃいました。
なので、今のアイドルとしての生活には何の不満もない・・
けれど、どこか胸にぽっかりあいた、えり子の気持ち・・
それは、知らぬ間に友達が少女ではなく一人の女性として成長し・・恋に、将来の夢に花をさかせている・・・
そう、自分にはアイドルとしての生活しかなかったのです。
過去、そして今後の未来も・・
今まで必死で芸能界を駆け抜けていったえり子・・
苦しいとき、悲しいとき、一番側で自分を支え見守っていてくれた彼女らは、どこか、それぞれの道を目指し、えり子とは遠い存在になっていく・・
そんな、ふとした思いにかられるのです。
そう、仕事ばかりで学園生活の思い出がない・・
学校行事に、友達との遊び・・
そんな寂しさに、ふと囚われ・・
そう、クラスメイトの友達作りでさえ・・
アイドルではない、普通の高校生としてのえり子の人生に、疑問を持ち始めるのです
そして、そこに出会った彼・・
彼女が密かに思いを寄せていた、憧れだったあの人・・・。
そこで彼との、つかの間の急速と、懐かしいトキメキを思い出します・・
そして、学生生活として寂しさの残った思い出を素的な思い出作りへと気持ちを切り替え頑張ることにしたのです。
クラスメイトなのに違う世界を生きてるから理解できないとか、そんな非難に負けず・・
芸能人としてのえり子ではなく、普通の中学生の女の子としてのえり子に・・
そうして、一つの山を乗り越えることで、えり子は又、一回り大きく成長していくのです。
そして、人として、アイドルとして、一回りも二周りも大きくなったからこそ気づくことがあるんです。
そう、彼女の存在は、スターとして大きすぎて、彼女の気持ちとファンの思いとの間に微妙なズレを感じていきます。 こんなに強く思ってくれているファンに、自分も同じ分の思い抱けない・・ 自分の中にあるえり子と、ファンの仲にあるえり子の存在の食い違い・・ そんな複雑な思いに新たに囚われ、彼女は、何時しか、本当の自分というもの、自分の歌がわからなくなっていきます。
そうして、自分を見つめ直す時間を作ろうと、姿をけしてしまいます。
けれど、そんな彼女に非難、中傷の言葉所か、皆の思いは更に強くトップスターえり子の存在を求めます。
ただただ好きで、彼女の姿を、歌を聴きたい・・ 会えなくてもいい・・ただ彼女を思うと胸が熱くなる・・・ そよかぜにのせて運んでくる何かに、多くの住人がある場所求め集まっていきます。
そう、最早社会現象とさえいえるほどに・・
こんなに沢山の人に愛される彼女は、本当に幸せ者で・・ 見てると、胸を熱くさせられてしまいます。 見えない絆や思い・・そういうものの象徴があるのだろう・・と。
そして、彼女は、そんな彼らの思いに答え姿を現します。
そう、彼女の中で答えはまだ見つからない・・・けれど、皆と同じ気持ちになれる・・ そんな思いを見つけることができた・
そうして、多くファンと心を一つにした、本当のえり子の歌声が響き・・・
彼女は本当の伝説を残していったのです。 人々の心に残る田村えり子という存在を・・

という形でラストです!
本当にこの作品を見ていると、人って、やはり心で通じ合わえるんだ・・
そして、血の滲む努力は報われる・・
そんな風に感じられた作品。
誰かのために泣いて笑って、悲しんで、幸せになって・・・
だからこそ、頑張り続ける・・
誰かを愛し愛されたい・・
そういった、本当に大切な物を感じさせてくれる、見ていて心揺さぶる、心地の良い作品です。
そして、愛情を持って見終われる作品・・。
というより、気がついたら、愛着がわいている・・そんな作品です。
1クールの深夜アニメではなかなかに作れない作風だろうと思います。
だからといって、深夜アニメがダメ~というわけではないのですが、やはり満たされ、長く愛していける作品~て、長期放送なんだな~と、思わずにいられない。
1クールアニメでは愛着持てるもの少ないし、グッズを購入しよう~て気持ちさえ、なかなかわいてこないのが現状ですからね~。
ついでいえば特典欲しさにBD BOXを購入したいか~といわれると余計にNO~~(笑)
勿論まったくないわけではないけれど・・・
気がつけば、次の新しいアニメが始まっちゃうので、そっちに気が回っていつの間にか・・まあ、いっか~みたいな感じに・・(笑)
中にはシリーズでお気に入り作品もあるのですが、近年の物では夏目友人帳くらいしかないです(笑)
後、ドッグデイズや、ハイスクールDXD,たまこマーケットサイコパス七つの大罪少年漫画の方ですよ、ライトノベルかよくわからない美少女物じゃない方(笑)!)~くらいかな~♪
個人的には、暁のヨナブラックブレットの二期とか凄くして欲しいな~とか思ってたりもするのですけれどね~~。
お気に入り作品に限って、二期決定~ての兆しが・・(苦笑)
なので、深夜にしろゴールデンタイムにしろ昔のアニメにしろ、やはり~キャラに深く愛着持てる作品が一番!て感じですね。
人情や、情熱のあるキャラクター!
私にとっては最大の武器であり、それが全ての基準になっちゃいます(笑)
自分と同じ目線で見れるキャラクター達・・それ以外の物は、多分興味持てないかと・・
そう、人の温もりや、人間臭さを、伝えてくれる、心を語れる作品を愛してやまない~~~

ということで、アイドル伝説えり子~~
ここに完結!
本当に、もう、全部見終わっちゃったのか~~と思うと、なんだか寂しいですね・・
それくらいに好きになっちゃいました♪
最高のアニメでして!!
現代に忘れさられた、大事な物を、彷彿としてくれる作品!
有難う、本当に有難う~といいたい作品♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ワンドオブフォーチュン R2 ラギ クリア感想 2&コンプリ後の追加要素 [ゲーム]

はい、ワンドオブフォーチュンR2 ラギ編プレイ日記その2
こっちはハッピーEDではなく、悲恋ED~と、ラギルートコンプリ後の追加要素等の感想も入れちゃおうかと思います♪
はい、まずは悲恋ED
此方は、EDに向けてまでの展開が・・
そう、恋人ではなく、悪まで心通い合わせた友人~そういう関係に見えてそうじゃない・・
お互い特別な存在だけれど、恋人同士の関係にまで、思い切った行動が出来ない・・・
そして、ハッピーEDは互いに思いを告げあうはずのシーンが、すれ違い・・今気持ちを伝えなければ・・
互いの気持ちを確かめあうチャンスを逃してしまい・・・
その結果、ラギの選んだ答えは・・
そう、父親と同じ末路・・
愛する人を守るために・・ 愛するがゆえに辛い選択する・・ そう、彼女を守りきる覚悟と勇気が、彼には持てなかっったから・・ 互いの気持ちは同じはずなのに、本当は、思いを告げあうことで幸せになれた筈なのに、タイミングが遅すぎたのです・・
あの時、ルルが思いを告げることさえ出来ていれば・・
でも、何度悔やんでも、過去は変えられない・・
どんなに好きだと、離れたくないと泣いて叫んでも、ラギの決心は固く・・
そして、ラギはドラゴンへと・・
というEDです~~~
おお~~
ラストの二人のやりとりがたまりません!
こう、愛し合うのに、傍にられない~~
なんでしょ、ロミジュリ展開~~
こういうシチュエーションも切なくて燃えるのですよね~~(笑)
基本的に生涯ありき~な話大好きなので!

ということで~~
ここからは、攻略特典の鑑賞の感想を・・・(笑)
はい、まずはCGコメント~~~!
はい、最初はまだまだ共通ルート~~ヒロインとシーンというよりは、ラギのカッコイイ男らしい映像と台詞~そして、ルルの無防備さに鋭い突っ込みを入れつつ~けんか腰モードが面白い。
でも、ルルのことは、ちゃんと女の子扱いしてるのよね~
余程、露出の激しいあのカッコ、彼には刺激が強すぎて目の毒な様子です(笑)
そして、最後にはいつものバカの台詞(笑)
でも、やっぱり、イザって時は頼りになるのですよ!
何があっても、どしっと座って見せる、男の余裕~て奴! 女の子が不安になってれば、ちゃんと安心させられる言葉と心の器を持っている・・それらラギのカッコよさです!
普段は、個性の強いほかキャラに振り回されてるけど、男としての意志とか強さはちゃんとあるんだよね♪
そして、VITA版での追加イラストによる、追加のCGコメントその1
はい、本人弱みを見せてカッコ悪い~なんていってますけど、男の子です!
いつかは自分の人生に悩み立ち向かうべき時がくる~~そういう時の苦しみや葛藤がカッコ悪い~なんて全然思いません!
寧ろ悩める男の子が好きです!
だって、思い切り悩んで、答えを見つけた後は、一回りカッコ良く成長できてますからね
そして、またまた、追加CGコメントその2
もう、本当にこの子は~~
見た目は西洋風だけど、中身は日本男子そのもの~ですね。
優しいけど武器用で、ルルちゃんを怒らせるのが得意と見える・・
でも、その後のフォローも彼なりにしてくれる所が・・
その方法が、男の子~て感じで、カッコ可愛いです♪
そして、とうとう二人の心が、ぐっと迫っていくシーンの引き金の所ですね♪
恋愛じゃない、好きあってるからの抱擁シーンではないけれど、胸に秘める、お互いへの思いは、とても複雑・・。
これが、愛とか、恋とか、まだわからなくて・・
傍にいたい、離れたくない・・そんな思いと、大事な人を守れる力が欲しい・・そんな二人の思い
そして、そんな葛藤を乗り越えた二人がいる~~
大事な人を守るために必要なのは力ではなく想い! それに気づけたラギは、立派に愛する人を守ってますとも♪
く~~彼女に向けていうラギの言葉は、どれもカッコイイですね!
そして再び追加シーンその3!
力があってもなくても、大事な物は、ルルを何がああっても命がけで守る! ラギにとって一生変わらないこと。
そして、力の使い道ってのは、やっぱ、大きければ大きい程に慎重になるべきなんですよね。
ネットでの炎上とか、政治家の暴言とか・・ 自分達が思ってる以上に人に影響するのだから、も少し頭使おうね!
てか、頭使う人は、も少し理知的な言葉を大事にするぞ~!
そんな力を使うときってのは、本当によく考えるものです。
ラギのようにね~~そして、少しくらいは、その影響力に恐怖し、責任を持つ心が大事!
それが持てないなら、力を使っちゃダメです!NG!間違い!
そして、間違いを正して人間頭良くのなるのです!

なんて思いつつ~
ニヤニヤがとまらなくも、そんなことを感じてしまったCGコメントです♪
いや~本当、当時のことをアルバム見て感想を語り合う~そんな雰囲気のコメントが凄く聞いていて楽しいです♪

さて~次は誰を攻略しましょうか・・・
と、また、まったりプレイになりそうですが・・・(笑)
タグ:オトメゲ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

セーラームーンドロップス ゲーセンイベント 告知!天王はるかをゲッドしよう! [ゲーム]

はい、ゲーセンイベントは、頑張ってキャラを強化すれば、なんとかゲッドできる~レベルなので・・
今回もプレイ予定!
相変わらず告知はあっても、何時から始まるかの表示されないのがこのゲーム~セーラームーンドロットプス~なのですが・・・(笑)
天応はるかゲッド目指して頑張ります!
NEC_3988.JPG
ぼちぼちSRキャラ集まってきたので、今度はSSRゲッドイベントとかないかな~~(笑)
そうか、マモちゃん、タキシード仮面、エンディミオンとかもイベントゲッドできるといいのに~~(笑)
だって、もう一つのイベントは難易度高くて入手こんなんなんですもの・・と、少し思った私です(笑)
タグ:アプリ SR
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

境界のrinne3 13~14話 [アニメ]

はい、境界のリンネ3期~ 13~14話
今回は珍しく続き物構成になります♪
ずっと、リンネの母親が気になって仕方なかったのですが~今回とうとう登場!
そして、2クール目突入と同時にOPも新しくなりました
はい、今回のOP~
なんでしょ、リンネのOPの歌と音楽はどれも無難に好きなのですが・・ 新規OPになる度、サクラとリンネの見つめあう姿が増えてきてるみたいで・・ この二人のCP好きとしては、妙にツボポイントUP中です!
そして、お待ちかね~リンネの母親の姿が~~
想像以上に美人さんです♪
そして、思う・・
何故にこんな美人さんが、鯖のような男と一緒になったのか~~
はい、確かに鯖は見た目だけはイイ男ですが、それ以外いい所なんて、一文無しだってのに~~
そう、母親が家を出て行った理由さえ、自分の責任だ~と理解すらしていないダメ男だってのに~~(笑)
なんでしょ、なんか、らんまの早乙女親子とにてますか、この二人・・(笑)
それはそうと~
今回登場した、現代っ子なお子ちゃま~
うん、本当、最近の子供は怖いくらいに遠慮がないです・・生霊相手にまでいうことズバズバと・・(笑)
そのくせ、しっかりしてるのは、昔ながらの子供というか・・
私の子供の頃と、ある意味似ているかもしれません(笑)
金銭的な部分が子供の癖に妙にリアルというか、シビア思考な所とか・・(笑)
にしても、子供のお金にまで目を輝かせてしまうリンネが、ちょっと、情け面白いです
500円で大金だ~と、泣いて喜んじゃうんですもの~
そして、子供のお小遣いを素直に受け取ろうとするビンボー高校生(笑)
そして、それに、ちゃんと、しっかり突っ込みいれてくれるサクラちゃん~(笑)
すっかり、ボケと突っ込みな夫婦漫才・・に見えてきちゃいますね♪
そして、映画館でよく見る、あのキャラクター?が、登場~(笑)
そして、そして~リンネの父親でありながら、鯖は鯖~~どれだけ女ったらしなダメダメ親父なんだと、リンネのために頑張るとかいっときながら、学校のお母さん口説きまくるダメ父親~~(笑)
そして、とうとう母子の再開~のはずが・・やはりギャグオチ・・(笑)
にしても、こんなに父子そっくりなリンネ見ても気づけない・・
記憶がとまってる~とかも、どういうことなのでしょう?とか思っていれば、これにもしっかりとしたオチが・・・(笑)
どこまで平気で息子を騙す親なんだ・・・(笑)
にしても、何気ないことですが、人間と、零体状態の違いをちゃんと明暗で表現してる所とか、以外に演出がちゃんと出来てるな~とか思いつつ・・(笑)
そして、旦那とお姑~いい関係~だと思っていたのは彼一人だけの思い込みだったのでは~と、思わずにはいられない。
だって、あのダメ親父ですよ~イイ所なんて顔だけでは・・(笑)
けれど、今回の鯖ちゃんは、少し違う?珍しく真面目に語る語る・・すんごい真面目に語っていたので、こんな男でもちゃんと心のソコから真面目に奥さん愛していたのか~。一応家族ある父親だったんだな~と、思った瞬間~
又しても、このお方は、誰かに口頭部殴れるのがオチなのね・・・
もう、そういうキャラなのね~♪
登場する度に一度は誰かに殴られるか蹴飛ばされてるかしてるきがします。愛すべきおばかキャラそのもの(笑)
そして、ここで真実が・・・
明かされるんだけど、どこまでダメ親父はとことんダメ親父で・・
母親の失踪の理由というかオチが又オチに落ちます・・・(笑)
でも、その事実を聞いて、自分は捨てられたんじゃない・・と嬉しいそうに笑むリンネが可愛い
そして、話は鯖と乙女の、乙女な出会いの話となり~♪
そして・・そこにも再びオチがあり、その事実が明らかになった時、思わず爆笑しちゃいました(笑)
はい、3期の中で一番面白い展開だったかも・・・♪
魂抜けて真っ白になる鯖に、リンネの複雑~な反応がなんともいえず・・(笑)
いや~乙女の年齢がね・・(笑)
死神ってある意味怖い~~~とか思いつつ・・(笑)
そして・・高校生が小学生に頭ナデナデ~なシーンが妙に好きです♪
そして・・最後に、やはりオチがあってED~~
このEDも、リンネ&サクラなシーンが一杯でイイです~♪
ラストのドレスUPしたサクラに蝶ネクタイ姿のリンネと二人腕組んでる姿とかなお更萌え~を感じつつ・・♪
さあ、次週は再び短編集~に戻ります~。
それにしても、らんまにお馴染みのキャストさんが、又もや増えてくる~とは、これは、私ら世代への狙い?受けなのでしょうか~とか思いつつ・・♪
待て、次回(笑)
タグ:リンネ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

Rewrite IgnisMemoria  ガチャゲッド&ガチャ告知 [ゲーム]

はい、Rewrite 期間限定ピックUPガチャ~~
実は密かに今まで何度かガチャを引いていましたが・・なかなか5つ☆ゲッド出来ずに、しょげていた(笑)のですが・・
まあ、今回も出てこないだろう・・と思ってひいてみたら、予想外にもちゃんの5つ☆ゲゥドです!
その花火夜空に描く恋心5つ☆の篝ちゃんゲッド(笑)
NEC_3981.JPG
そして、もう10連ガチャにて一度ならず、あれ?又もや5つ☆ゲッド???と、びっくりの連続出現~(笑)!!
たま~~にミラクルが起こります(笑)
多分、過去のイベントガチャの物かと思われますが・・
これで、篝ちゃんは5つ☆にて完全装備です!
NEC_3980.JPG
後はガチャを引きながら、頑張って強化素材集めて、5つ☆を強化していく予定です!
はい、次回の期間限定ピックUPガチャは~7月18日から開始されるようです♪
NEC_3985.JPG

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

Re:CREATORS(レクリエイターズ)14話 [アニメ]

はい、2クール目スタートのRe:CREATORS14話
したがって・・
新OPです!
てか、1クール目のOPより、なんとなくこっちの方が好きかもしれません(笑)?
そして~~新しいロボット~~てか、新キャラが又ゾクゾクと出てくる模様です!
はい、確実に又盛り上がってきてます~
そして、本当~突拍子もないプロジェクトが動き出しはじめたみたいですが・・
TVのSP放送とか、二次元創作イベントとか、内容がある意味リアルで、面白い感じになってきたかもしれません(笑)
ようやく、この世界観に入ってこれたのかな~という所でしょうか(笑)。
いや~国家の姉ちゃんの権力誇示具合が面白いですし(笑)
どんな風に国家権力の~コネをどんな風に使うんだろ・・とか思いつつ・・(笑)
そして、それには、それぞれのプロ同士力あわせなきゃいけないのですが、プロ同士~それぞれの力酷使というか誇示しあい始めてるというか、プロのプライドぶつけあっております・・♪
うん、わからなくもないです。
私も物語の構成~て、拘っちゃいますので(笑)
にしても、こういう雰囲気~なのかな?リアルなアニメ製作の現場?
ちゃんとした物語を作るのは大事だけど、製作期間とかも、きっと難しくて・・
やはり、意見の違いで、こんな風に言い合ったりするのでしょうか・・と、思ったり。
そして、仕事だから色んな感情がある。
負けたくない、それ故にダメな自分が嫌になったりもして・・ その上で、そんな自分を認めて頑張るしかないんですよね。
辛くて、不外ないけど・・・でも、そこに見出すものを見つけるのが人生!
そう、人が集まれば集まるだけ、色んな考えや意見が出てきて・・ でも、時折、それらをぶつけあいながら・・理解していくもの・・。
そんな彼らに感化される主人公なのですが・・・
うん、本当にお遊びで参加は出来ないのよ~世界の命運がかかってるのだから・・と、大人と同じ意見、&目線で見ていたのですが・・
なんでしょう、結局はOKサインが出たのですが・・いったい、どんな案を出したのでしょうか~~~
と、気になりつつ・・・(笑)
新キャラが登場します~~
し、しかも・・か・・可愛い・・なかなか私好みの女子じゃないですか~~♪
なんだろ、こういう、現場の一部を見せてくれるっぽい雰囲気のEDも悪くないかも・・・
てな感じで終わりです!
今回は主人公頑張っておりましたよ~~♪
タグ:RE
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ワンドオブフォーチュン R2 ラギ クリア感想  [ゲーム]

ということで~~(笑)
攻略キャラ3人目は、本命その2ラギ君です!
はい、本命その1は後半に残しておこうか~てな感じで~(笑)
さて、一つのセーブポイント~プロローグの途中から開始します~~♪
はい、今回もラギとピラールの共通ルートを選択しつつ、パートナーにラギを選択して、いざ、レッツGO~~(笑)
てなことで、ラギをつれて探索にいきましたが~~
く~~やっぱ、この二人好きですね。
なんといいますか、同等?対等な立場だからこその会話が、いかにも、少年、少女~な感じで凄くイイです
真面目にヒロイン、ルルの力になりたくても、魔法属性の持てないラギ。
そのことでルルに迷惑かけてないか心配しちゃうあたりとか・・
頬そめて、ぶっきらぼうに言ってみせる所とか、歳相応でいいよね~~と、思いつつ・・・♪
うん、ビラールより、表情に出て分かりやすいくせに、いってることと.態度が違うというか・・いかにも、女の子なれしていない男の子~て感じが可愛いです
ルルを完全に女の子意識して、寝巻き姿に顔赤らめてたり~て所がね~♪
そして、普段は扱いも大雑把なんだけど、でもちゃんと女の子~として大切にしてるし、見た目よりもずっと器が大きく男らしい
そう、普段、すぐ怒ったりするけれど、本当に大事な時程、まとを得た言葉をくれる。

変に自分で不安要素を作るより、でかい問題に出会ったときは、どしっと構えて開き直る

と、過去の世界に飛ばされ、右も左もわからず、一人不安がってるヒロインに向ける言葉には、本当、これ以上に最適な言葉はないでしょう♪
本当、彼の言うとおり~うじうじ悩んでたって仕方ないし、開き直ると、案外怖くなかったりもする~♪
全てにおいて、そんな風に対処出来ればいいのにな~と、思っているうちに・・みるみるうちに、ヒロインの不安顔を消し、笑顔にさせちゃうなんて、体はちっちゃいけど、十分男らしくてカッコイイ♪
そして、いい雰囲気になりそう~と、思っていたら、流石ルルちゃん~~
何時ものラギ相手限定のドジっ子ぶりを披露して、ラギに怒れせうというオチ・・・(笑)
いや~このチビドラゴン姿のラギも、その声も可愛いので大好きなんですけれどね(笑)
そして、おじいちゃん&おばあちゃんっ子♪ こういう子に悪い子はいません!
のびのびとした中で、厳しくも優しく育てられた~て感じが、ふとした仕草や態度で出てきて
キモチいいです、ラギみたいな男の子。 素直に、邪魔だとか、馬鹿だとか、嫌味なく、嘘つけないし、つかない所とかも
そして、ルルはルルで、とっても情の深く心根の優しい少女
人だけでなく、草花にも愛情注げる心優しい子。
けれど、ラギには、その気を使いすぎる彼女の優しさが、少し心配な様子・・
今後のシナリオの展開で、何か尾をひいてきそうかな?
相変わらず、男女の意識のない天然ボケというかお子様なヒロインに、見た目より大人なラギがてんぱる姿~に酷く癒されるホノボノなストーリーですが・・(笑)
本当、ラギもルルと同じくらい情の深いキャラです。
ただ、ルルよりも、その愛情表現ってのは大人な素振り・・なんですけれどね。
構うだけが友情じゃない・・ 静かに見守るのも思いやり・・て奴です♪
でも、その分?ちょっとした、ナニゲないことで怒ったりする所が、少年と大人のアンバランスさで、又魅力的な所なんですけれどね♪
そう、それは、まさに、彼が人と龍の子・・ハーフドラゴンとしての存在そのものを象徴しているようで・・
物語は進み、今のラギの状態が、ある人から明かされるのですが・・
そう、人としても、ドラゴンとしでもなく、半端な状態の今の彼のある理由・
そして、その事実を知ったラギの怒りと苦しみ・・
この体質を直すために、自分の体を研究材料として、実験台にされていた長き時間・・
その理由が幼き日の唯一の人物だったとは・・・。
そう・・ここで、彼は、同胞である水の龍により、力を解き放つことが出来たのです・・
しかし・・
今後、彼は選択せねばならなくなります。 人と龍のどちらか・・
そして、人にはない、巨大な力の恐ろしさを・・
その、見えない力の違和感に、お互い気まずくなるけれど・・
けれど、まだこの時は、無邪気なルルとラギ。
現代の未来へ変えるために必死で頑張りながらも、じゃれあう姿は、年頃の妹の言動にハラハラする兄~な図のように、思わず見えてくる(笑)
なんだかんだいって、ラギは女の子なルルに弱いから、拗ねたり、怒ったり、おねだりされちゃうと、根をあげちゃう~そう、まだ、この時は好いた惚れた~て感じではないのだけれど・・
けれど、やっぱラギにとっては特別な女の子~には違いないんだよね♪
そう、ラギがドラゴンとしての意識に目覚める分だけ互いに戸惑い・・・それでも、傍を離れることなく日々をすごす・・
互いにそれぞれの思いを感じあっているうちに・・
当たり前だった日常をふと思い出したときに、気づくんですよね。
お互いの存在が特別だった・・・てこと・・
当たり前のように傍にいてくれたことが、どれほど幸せだったことか・・と・・
そんな二人のやりとりが・・・
特に、普段、そういう言葉は照れくさくて、口にすることのないラギが頬をそめ、そっぽを向いて口にする・・
それにドキドキする乙女なルルちゃん~~
ん~~こういう、恥じらい~て、見ててくすぐったくっていいですね♪
変な口説き文句より、ずっと、胸がキュンキュンしちゃいます(笑)
ルル一人で今の時代に掲げられている問題や異変・・
一人で悩んでいるときだって
「俺達には見えない悩みだからって一人で抱え込むな、俺らはお前の傍にいる」
とか
「これだから、お前を一人に出来ないだよ、心配かけさせやがって」
な~んてことも、イザってときは、照れることなく、いってくれます・・
というより、ラギのルルへの気持ちが成長していってる証なのかもしれません。
等のルルは、そんなラギの男心に気づかず、純真無垢に感謝の気持ち~といった感じですが・・
個々ルートに入りかけると、二人のきょりは、一揆に縮んでいきます。
そう、ドラゴンの力を制御できるようになったラギは・・
それを確かめるために、そっとルルを抱きしめます。
その時初めて、男と女だ・・てことに互いに意識しあうんですよね。
今まではルルに触れるたびに、チビドラゴンに変身していたラギ・・
だから、ラギからの抱擁はルルにとって初めて・・・
そして、ラギにとっても、ルルという温もりをしっかりと感じられたのもこれが初めて・・

「お前って、こんなに小さかったんだな・・。無駄に柔らかくて、細くて、頼りない・・これって、お前が女だからか?」
な~~んてことを、耳元でささやくんですもの。
流石のルルも頬を染めて、頷くしかなくって・・
こんなに二人の距離が縮んだのは初めてです!
というより、無印の時のハッピーEDな結ばれ方よりも、ずっと、男と女・・な雰囲気がします。
だって、ラギはこれで一人前の男になれた証を手に入れた。
男としては、喜ばしいけれど、女であるルルとしては・・遠く離ればなれになってしまう寂しさに、震える心を、そっとしまわなくてはいけなくって・・。
そして、ここからの選択肢により、EDが悲恋物とハッピーED物との二通りになるわけなのですが~~~!!
やはり、ハッピーEDいくためには、女の子をアピールせねば~ですね(笑)
でも、少し困る、こんな風にラギに抱きしめられたの初めてだから

と、そんな可愛い顔で頬そめていわれたら~男冥利につきるというもの~(笑)
もう、ルルの可愛い姿に、反対にラギも顔真っ赤にして、あれやこれやいってう姿が本当可愛い!
でも、ボソっと・・

誰でも良かっあわけじゃないから・・

と、つぶやいてくれる所なんかね!!!
でも、その男らしさも、ルルの不安には気づけても、その本音までには行き着かない~~ やはり、ここが男と女の違い~なのでしょうね
そして、とうとう始まってしまいます、戦争という名の試練が!
そう・・戦場は悲惨な状況に・・・
ビラールルートでは、見れなかった、燃え盛る家々・・
そう、その惨事の理由は少なからず、彼にも責任があり・・・
その事実に打ちひしがれながらも、彼は男らしくも、きっちりと責任をとり、その根源を解決しちゃうのですが・・
その時の発言、立ち居振る舞いが、今までの彼とは見違えるように男らしく・・・
私個人としては惚れ直しちゃうくらいのカッコよさでした♪
そう、ルルとしては、ドラゴンの力にどんどん開花され、驚異的な人ではない力に恐怖と同時に、彼という存在が遠のいていく・・そんな不安に駆られてしまう、乙女心なのですが・・・!
そして、ことなき終えた今・・
改めて感じるのです。
強気力は誤った使い方をしてはならない・・と・・・ 強い力を持つものは、その力をふるうとき、絶対的な責任を負わなければならい。
言葉の発言もそう・・
芸能界・・
大物の政治家・・
多くの人に影響をもたらす人達には、そういった責任があり、それを全うしなければいけない。
最近は、政財界だけでなく、芸能人の不祥事が目立つ世の中。
自分がいったい、どんな目で見られているか・・そういう、人の目を気にするのも又、とても大事なこと。
その責任は、時には重くて、重すぎて立ち止まってしまうことがあるかもしれない。
ドラゴンとして生きるか、人として生きるか・・
どちらを選ぶにせよ、ラギは、その重責ゆえにどちらか一つを得ると同時に、どちらか一つを失うことになる。
愛する人の傍にいたい。
でも、この体にはドラゴンとしての血が流れており、成体のドラゴンとして目覚めるのが、ずっと彼の望みであった・・。
物凄くラギは悩みます。
どちらも大切だから・・
大切ゆえに、考えるのをやめ、逃げ出したい思いにかられる。 でも、逃げたって何の解決にもならないこと、彼は知っている・・。 そう、彼は愚かな人間ではないのです。 だからこそ苦しみます。
愚かな政治家は、力を持っていても、その力を酷使することに何のためらいもありません。
それは、愚かにも、自身の立場と力の大きさを理解していないから、悩むことがないのですよね。
人間立ち止まることは、よくないことのように見えるけれど、足をとめて、物事をよく考えて行動することは、何も考えなしに、後先考えずに行動するものよりも、ずっと利口な生き方だと思います。
人の心があれば悩むのも当然。 人の心がなく悩まなければ苦しまない。
自分達のことしか考えなければ悩む必要はないのですから・・
そう、他人に影響のないことなら、イクラでも突っ走ればいいのです。
その結果どうなろうと、自分の行動に、自身で責任取ればいいだけの話ですから。
でも、他者を巻き込むときは、よくよく考えて行動するべきなのです。
自分を愛し、大切に思ってくれる人がいる・・
そう、最近ニュースで多い、いじめによる自殺者の話。
命をたつものは、それで楽になれても、残された親はどれだけ悲しみ、苦しむのか・・ そういう気持ちを、ほんの少し、欠片の端でもいいから思って欲しい。
そして、大事なことほど、秘密にされる、相談されないことの方が、ずっと辛いということを・・・。
大切な人を守りたい、そう思うのは皆同じ。
苦しみも悩みも分かち合って頑張って生きて生きたい・・
そう思いあうのが、真実の愛なんじゃないかな・・と思います。
本当に他者のことを考えれば、自殺する前にセーブできちゃうんですよ。
他者を思う心の余裕がないのは、それだけ撃たれ弱さを少なくとも秘めてしまっているから。
まあ、愛の形にも色々あるけれど、一番いいのは傷つけあわない・・片方にだけ負担をかけない方法では・・と思います。
けれど、二人の未来は、それだけでは乗り越えられなくなっていきます。
ラギの心の葛藤・・
ルルを思えば思う程に、自信の中にあるドラゴンとしての力は、ルルという存在に影響を受ける。
そう、人の力というのは、思いによって大きくもなり、小さくもなり、そして変化する・・
愛ゆえの憎しみ、慈しみ、そして悲しみ・・
その感情が色んな形で力になってしまう。
良くも、悪くも・・
だから、力の使い道は誤ってはいけない・・ 心の使い道を見定めそびれてはいけない・・
そして、ルルの心は、迷いから逃げるのではなく、立ち向かうことをラギに伝える
そう、人は、時代は変わっていくもの・・。
未来が遠く感じるのは、今という時間のわくから動こうとしない証拠。
けれど、逃げていても意味がない。それに立ち向かって初めて人は大人への階段を上る。
何時までも子供でいたいなんて、ピーターパン・シンドロームなままではいられないのです。 社会を生きるというのは、そういうもの
何時までも、ピーターパンのままでは、社会に出ても、けして大人とはいえないのです。
そんあものは、見た目は大人頭脳は子供~な社会貢献に役にたてない悪い例です。
勿論、いい意味での、見た目は大人~頭脳は子供~というものもありますけれどね。
大人になっても、純真な夢を抱ける~そういう気持ちは大事。でも、どのみち、大人としての自覚持ててなきゃ意味はないのですけれどね。
そして、事件は起きます。
そう、この世で一番大事で愛しいものを傷つけられた事態に、ラギの怒りが爆発寸前にまで膨れ上がります。
そう、一番恐れていた、力の暴走・・・
押さえきれない怒りの矛先が、人一人の命を奪ってしまうかもしれない・・
けれど、そんなことになれば、後悔しても悔やみきれない。
人を傷つけ、命を奪った行為は一生消えないのです
そうして・・
傷つき眠り続けるルルに、ラギは涙します。
今まで涙を見せるようなこと、一度だってなかったラギが・・。
自分の中のドラゴンとう存在が二人の生涯であると。
自分のせいで世界で一番大切な者失うかもしれないという恐怖。
そして、自分の中にある、気づかないふりをしていた、彼女への思い・・。
そんな彼の静かな慟哭に、ようやく傷がいえ始め、自由がきくようになった体で彼に答えます。
どんなに傷ついていもいい、自分が欲しいのは優しい鳥かご中じゃない、焼けどしてしまいそうに熱い貴方の心だと・・・
そして・・・
そこまでは、凄くいい雰囲気で、凄く素的~なラブシーンでしたが・・
その後のオチがラギとルルっぽくって、すっごく可愛かったです(笑)
けれど、表面上は、ルルに対して、そんな態度のラギですが・・
彼にとって一番大事な物・・それはルルで間違いなく・・
彼女の見えない所で、彼女の夢を応援し、支えてくれる・・
そういう男らしいところがあるから、ラギが大好きなんです♪
自分に力があるから~と、奢るのではなく、力がないから、自分に出来ることを~
て・・
ラギは気づいていない。
その思いだけで十分にルルにとっては力になることなのに~~と、思ってしまいました♪
そして、ルルとラギが未来に返る前の・・
切なくも苦しい時間・・
本当に今回の移植において追加イラストが、物凄くいいシーンで加算されており、最高~~に良いです!
おかげで前回よりもラブシーンが、、やや増えております(笑)
後、ラギの葛藤する表情が・・ 絵師様の絵が更にグレードUPして美しくなっているので、余計に素的に1シーン、1シーン盛り上げてくれます
というか、何気にラギの男前度がUPしてる絵なので余計に~~♪
そして、ここで、本命の攻略キャラ、ユリウスの登場~
もう、普段は鈍いくらなのに、一番大事なときにはちゃんと察してくれる子なんですよね。
ルルの中にある押し込めてしまった素直な気持ち・・
モヤモヤと、言いたくても相手を思うが故いえないもどかしいルルの気持ちを、何気ない言葉で、スッキリさせてくれて・・
以外と、女心わかってないようで分かっているヤツです・・(笑)
彼曰く、大事な友人であるルルがルルらしくいられないのが悲しい・・ だから、無理に言葉を押し込めて一生後悔して苦しむよりも、ほんの勇気を出すことで何時ものルルであってくれるほうがいい・・と・・。
そう、世の中、どうにもならないことって結構あります。 でも、小さな一歩で変化が怒ることも沢山あって・・
少なくとも私は、そのつみかさねで今まで生きてきました。
まあ、どんなにあがいても、どうしようもないこともありましたが・・でも、それは、やってみなきゃわからない。
何もしないで後悔するよりも、やれるだけのことをしてだめだった~て方が、気持ちいいことは確か~~
でないと、あの時、ああしておけば~~てな思いにかられます♪
なので、私の人生、成功もあれば失敗も沢山あるけど・・でも、尾をひく後悔~てのはないですね♪
沢山失敗したけど、やっておいて良かった~~てなことばかりです♪
勿論、その時々では落ち込んだり、後悔したりもしましたが、今、こうして振り返ってみると、悪いことも、良いことも、全て経験出来て良かったな~と・・・
だからこそ、今の私があるのだと、強く実感しています♪
そうして・・
それはラギにもいえること・・・。
どんなに父親が憎くとも、父と母の二人がいなければ、今のラギは存在しなくて・・・
それは、まぎれもなく両親の愛情のあかし・・。
そう、親はどんな親であっても親・・・ その人がいなければ自分は生まれていないか、まったくの別人になっていたかもしれないんです・・
そう思うと・・
命・・
家族・・・
人同士の繋がりって、大切であり、見えない縁で繋がっているのかもしれない・・
そんな風に思えます。
一つのでごとが大きく運命をかえることだってあります・・。
そんなことを思いながら、ルルは久々のミルス学園で目を覚まします。
そう、今まで苦楽を供にしてきた、友人との別れ・・
彼は、自分の心ではなく、祖国への愛を選んだのです。
そして、そんな彼の行動を見守り、信じ続けるといって見せる・・・男同士の友情!
言葉少なに、彼らの友の心を理解し、そして信じあえる思いが凄くカッコ良く伝わってきてドキドキします!
そう、女には割って入れない世界!
ルルには彼らの言葉は理解できない・・
けど、何かを得るために何かを捨て、さっていくのだ・・それだけ理解するだけで、今の彼女には十分。
だって、ルル自身も、選択しなければいけない時なんですから!
そう・・これこそ、青春~て奴ですよね♪
大人になりきれていない、少女ゆえの彼女の素直な思いと行動。
相手を思うあまり口に出来なかった思いを、ルルはラギへと告白します。
自分のために犠牲になんてなって欲しくない・・。
心が繋がっていると感じたのは自分だけじゃない・・。
どんなに傷ついてもいいから、自分の気持ちを大事にしたい・・と・・
そう、ルルのことが好きだからこそ、距離をとろうしていたラギには痛い言葉・・
彼女がその言葉を口にするまでのラギの押さえられない、彼女への思いと葛藤に揺れる「それいじょう俺を苦しめないでくれ」そう、口をついて出て行きそうな・・戸惑いの声が・・
もう、たまらなくドキドキさせらえちゃいました!
こういう瞬間、凄い好きです。
お互い好きあってるのに、相手を思いあうが故の葛藤と戸惑いに揺れる男と、決意をした女は強く男よりもヘタしたら強く深い愛情~~
もう、恋物語には不可欠な、盛り上がりのシーンです!
やはり、恋には生涯がなきゃ盛り上がらないですね!!!
そして、その結果に、ルルの満面の笑顔がいうことなし~~です!!
そして、ラギ決断の時!
親子の対面にて、全てが明かされます。
そう、愛というのは、必ずしも傍で見守るだけが形ではない。 愛するが故に互いを傷つけてしまうかもしれない・・・
そんな事実を、ラギの母親は、弱い体で、でも、誰よりも尊い志で貫いたのです。
自分を傷つける輩を守るために・・
なかなか、中途半端な慈愛の心では、到底出来ないことですよ。
そして、ラギも同じく、中途半端でない決断を・・・心に決めたのです。
父親とは間逆の、愛する人と生きる道を・・・
やはり、子は親から与えられたものを乗り越え、成長するものなんだな~て思います。
低い壁も、高い山も乗り越え、それを繰り返し、ふと気づいたときに、あれ?自分、何時のまにこな所まで歩いてこれたんだろう・・・て・・(笑)
本当の成長って、本人じゃなかなか気づけなくって、ふとした時に理解出来るんですよね。
今まで難しかったことに、がむしゃらになって頑張っているうちに、気がつけば簡単に出来るようになり、皆にも認めてくくれるようになって・・・
人生って、そういうもの・・
簡単に歩める道なんて、つまらないし、得るものはけして濃くはないと思う♪
幸せを感じられる大きさも・・♪
そう・・
ラギとルル・・・
今の二人が得られた、今、その瞬間がそのとき・・♪
愛するものを傷つけられた時の憎しみと苦しみ・・同時に感じた恐怖・・それらを乗り越え、手に入れました。
未来の嫁と、旦那様と、義の父親・・(笑)
中むつまじい姿・・

死ぬほど悩んで出した結果なら胸をはってろ・・

て、まさにその通りですね。
悩んだ分だけ人は大人になるし、賢くなれる・・
そう・・
ラギは死ぬほど悩んでルルと生きる決意を・・彼女を幸せにする決意をする。
そして、そんな彼に必ず幸せになれ、なくなった母親が命がけで産んだ人生を、力一杯いきろ・・と・・
も~~素的すぎる言葉ですね、こういう言葉大好きです!!!
そして、ルルは誓ったのです。
必ず幸せになってみせると・・
天国の御祖母ちゃんと、どこか遠くで見守ってくれるであろう、ラギの父親・・
そして、自分達を見守り愛してくれる全ての人達へ~~~
そして、ED!
本当、このED凄くいいです。
綺麗な物だけじゃ生きていけない・・ それでも、貴方が傍にいれば、きっと遠い未来へ羽ばたいていける・・
そして、ラギの一言で~~ED

ルル供にあれることが、自分の幸せだ・・て・・♪

もう、最後の最後までルルに向かって愛してる~~て言わないんだもの・・
でも、そういう台詞は軽々しくいうものじゃなく、めったに言わない台詞だからこそ、深く感じられるのですよね♪
そして、エピローグ~~
これがもう~ニヤニヤがとまりませんでした!
ルルは勿論、ラギの成長した姿と・・
その台詞です・・・
ヘタな好きや愛してる~な言葉より、ず~~~~~~と胸に響く!
そう、こういうさりげない口説き文句が大好きなの!
そして、普段は、絶対にルルのこと褒めたりしないラギが照れくさそうにいった台詞とかがたまりませんね♪
そして、最後の、本当の本当の愛の告白!
体は大きくなってけど、本当にラギはラギのまんまです♪
というか、昼間から宿に直行~~て、長い間離れてた分、みっちり二人で愛を確かめあう~て・・
抱き合いだけじゃなないよね~きっと・・(笑)
宿にとまるくらいだし、二人ともそこそこ大人になったわけだし~~な~んてことを想像しつつ~~
素的なED有難うございました~~
次は、頑張って悲恋EDクリアめざします~~
そして、コンプリ後の追加特典も満喫しないと~~♪

ではでは~
次は、そのあたりの感想をUP予定~~
タグ:オトメゲ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

最遊記RELOAD BLAST 1話 [アニメ]

きゃ~~~~
始まりましたよ~~
最遊記RELOAD BLASTの1話!!!!
ヤバイです・・
相当にヤバイです・・
テンションが~~~(笑)
てな感じなので、多少、お見苦しい所あるかもしればせんが、しばしのお付き合いを~
いや~懐かしい!
なんてったって、一番古いので、20年前に連載されていたのが、一度連載が終わり、数年たってから、最新シリーズが始動され~の繰り返しで、何時の間にやら、この漫画も見ることなくなっていったのですが・・
やっぱり、今見ても面白い・・♪
というより、若かりしあの頃が懐かしくってしょうがない~~て雰囲気ですね♪
はい、題名からして、そう、あの西遊記の女子向けのイケメンキャラに変換した作品~て感じですが・・(笑)
今はもう、男しか出てこない作品って、楽しめなくなってきたのですが・・
やっぱ、この作品は私にとっては思いでの作品であり、特別~なのでしょうね・・♪
想像以上にニヤニヤがとまらないのですよ、どうしましょ~てくらいに・・(笑)
こんなに深夜アニメでテンション高くなったの何年ぶりでしょうか(笑)
もう、冒頭からのカッコイイ登場シーンによる、ぱっと見、正義の見方参上~といった風貌ですがたまらなくイイ・・!
本人達いわく、きっと、本当に道中邪魔だったから、悪事を働く妖怪を張り倒しただけなんだろうな~~とか思いつつ~いや、そこが又好き♪
変に正義のヒーローぶらずに、正しいことやってのける彼らが、なんともいえない、彼らの魅力です!
も~ザコキャラを、どんどんぶっ飛ばしていく所なんかは、気分がスカ~~と、しますね。
遠慮も容赦も、加減もなく、圧倒的な強さを見せ付ける~
やっぱ、強い男ってカッコイイ!!
て、OP~~~まさかのグランロデオが歌とか、女子心をつきまくっております(笑)!
そして~~スポンサー提供~~せ・・声優さんが・・
三蔵役の関俊彦さんがお読みになられている・・・♪
渋声がたまらなくしびれます!!
そして・・CMも最遊記のオンパレードでテンションMAXになりつつ、本編へ~(笑)村人をカッコ良く助けた後は、カッコ悪く、飲まず食わずに精魂つきて倒れこむ三蔵一行~~(笑)
も~~長度で服もどろんこだし、神々しさがかけまくってますよ!
村人にも影で突っ込まれてますよ(笑)
せっかくのイケメン顔が台無し~てね~~(笑)
と・・この作品の好きな所は、アクションもですが、キャラ同士のやり取りが、やっぱ、和気藹々として面白いんですよね。
食いっけのあるチビっこで可愛い悟空
ガサツで見た目ヤンキーな沙悟浄
皆のまとめ役~というか、3人の父親役~な、穏やかな八戒~~(笑)
そう、そういう、個性的なキャラの印象が強すぎて・・
私が最後に見たお話はどんな感じだったろう・・
てか、過去作品、BDのBOX化してくれないのかな~~な~んて思いつつ・・♪
はい、もう、本編の俊彦さんの声が、とてつもなく渋いのです・・素的すぎるくらいに・・♪
やっぱ、低音ボイスは最強ですね!
にしても、何をどう語ればよいのでしょう~
この作品の、ノリと突っ込みと、センスのいいギャグとテンポがたまらなく好きなのですが♪
世話になった村が妖怪に襲われたときのやりとりや仕草がね・・・
ドアを軽く蹴飛ばすだけのつもりが、軽くぶっ壊して、あれ?という登場シーンとかも、彼ららしくて、凄く好きです♪
安眠妨害だ~とか、ほざきながら、軽い運動がてらにその他大勢の妖怪達を蹴散らしていく爽快感!
そして、そんな彼らの圧倒的な姿にびびりながら~~
指さししては、彼らの通り名~を叫ぶ・・
なんだろ、こういうシーンは、よくある、時代劇のお決まりシーンに凄くにている・・?
うん、なんか、こういう演出の作品って、今となっては凄い懐かしいですね~~♪
そういう所も、とても好きです♪
そして、娘を人質に囚われても、一向に慌てるわけでもなく
ありきたりすぎるパターンで飽き飽き&面倒くさいモードな三蔵一行(笑)
でも、なんだかんだいいつつ、見捨てず助けちゃうのが彼らのやり方~♪
そう、最後の三蔵の言葉が良かった・・
急激に進化していく近年・・
得るものと同時に、無くしていくものも沢山で・・
だけど、それでも、無くならない大事な物もちゃんとどこかに存在する
なんだかんだいって、家族や仲間同士の愛情や絆ってのは、ある所にはあるものなんだと・・・
どんなに煙たがり、村の人達から嫌われている娘でも、やっぱり村の人にとっては仲間は仲間・・
最後の最後には見捨てられず・・
人同士の温もりは完全には消えることはないのだろうな・・
そんなことを、ふと思ったラストです♪
そして、ついでのゴミ掃除~とかいいながら、逃げた少数の妖怪達も、ちゃ~~んと後始末していってくれたりね~~(笑)
て、そうそう~~
八戒の台詞!
ワンパターンも月と追えば、それが僕たちですよ
と、元読者側の心理を、さらっと代弁してくれつつ~~
敵らしき人物の登場とともにED~~~!!
は~~~
本当に面白かったです!
物語の展開を事細かに話せ~ていうと、難しい作品なんですけれどね(笑)
いや~だって、この作品の面白さって直感が物をいう~というか、言葉で上手く表現するの難しいですわ(笑)
一言でいなれば、昔ながらの作品特有の空気がいいな~て感じでしょうか♪ お決まりのパターンも貫き通せばカッコイイし、面白い~て・・
そう、時代劇も、お決まりのノリや展開~てあるじゃないですか、あ~~いう面白さ~ていうのでしょうか・・(笑)
何はともあれ~この作品は、折角なので1クールといわず、2クールぐらいしてほしいものです♪
本当に、イイ作品をアニメ化してくれて、有難う~~~~感謝感激~て感じでしょうか・・♪
は~~
石田さんに、関さんに、保志さん~~ベテラン声優再集結~な最高に素的アニメ~バンザイ(笑)
以上です(笑)

タグ:最遊記
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | -