So-net無料ブログ作成
検索選択

アニメ Re:CREATORS(レクリエイターズ) 2話 [アニメ]

Re:CREATORS(レクリエイターズ) 2話の感想いきます♪

おお、OP~そういや1話にOPはなかったんだっけ・・(笑)
うん、悪くない雰囲気です♪
月?地球?に乾いた土?の映像が・・
何か意味があるのでしょうか・・?

ふむふむ・・
出てくるキャラクターは、本だけではなく、色んな平面次元(笑)から主人公の世界に繋がっている~て感じなの表現でいいのかな・・(笑)
て、色々分かりやすく説明してくれるのだけれど・・
具体的に言葉にすると難しいですね・・
かなり噛み砕いた感じの説明というより感想になりますが(笑)
主人公の住む世界は、彼女らを誕生させた・・
生み出す世界、それが創造主~てことでいいんだよね。
食べながら説明されると何いってるのか~~いや、可愛いのだけれど♪
ようは、主人公達の世界には二次元ではない3次元ならではの膨大な量のエネルギーがあり、それが二次元の世界の彼らに影響を与えた~かもしれない~と~~
てか、私らからすれば、主人公の世界も既に二次元なんですがね・・(笑)
あんまり具体的に書きすぎず~説明しちゃうとこんな所かな?
あまり、そっち系の作品は詳しくないので専門的?なことは突っ込まれても凄い困るので・・(笑)
そんな私ですが、違和感のない範囲の丁重な説明なせいか、スンナリと世界観に入っていけます♪
多分私がいうより、実際見て頂ければ、ああ、なる程~そういうことか~という内容ではないかと(笑)
そういう、特殊な世界ながら、何気にリアルなノリと突っ込みを入れる彼女が好きです♪
全部二次元の世界だから、なんでもあり~ていうんでなく、何気ない、そんなのありえるの?とか、私達の気持ちを、キャラがさりげなく代弁してくれる~そういう演出、、個人的には、よりよく物語りに入りやすくするためには重要オイントかな。
物語にメリハリもあっていいし。
シリアスばかりだと息がつまるけど、ちょっとしたシーンで生き抜きさせてくれたりとか・・
そういうのも、作り手のセンスが非情に伺えます
そして、そんな彼女が可愛い!!!!
クールに見えて、本当、ちょっとした表情が、クールなすまし顔とのギャップがあっていいですよね♪
二次元の人物なのに、創造主であり、人間をこ馬鹿にしたり・・
結構、怒りっぽくって、周り気にせず喧嘩ふってっちゃう所とかも・・(笑)
そうこうしている間に、どんどん二次元のキャラ~増えて~て、いえ、私からすれば、主人公も二次元なんですが~~(笑)
まあ、取りあえず、アニメや本の中から続々とキャラが登場してきた~と・・
うむ、自分達の世界を助けてもらう為に・・
いえ、その世界を作った現況をつきとめるために彼らは動き始めた~と・・
本当に、創造主と、彼女達の世界は偶然繋がってしまったのか?
あの軍服の少女が繋げたのでは?
と、ふと思ってしまいますが・・
彼女達には知ることも出来ないことで・・
意見の食い違いで二人の少女が衝突し、場所も構わずバトルが始まります・・(笑)
それを見て焦る主人公・・
そして、そんなキャラ達を見て面白がる私・・(笑)
いえ、だって、キャラの行動が、正直に面白いんだもの♪
そして、ヒロイン達の言葉が妙にリアルです。
正義で力を示すためにはきれいごとでは通せない覚悟が必要。 力はどんな理由でふるおうと、力は力 相手を傷つけてしまうもの。 それを怖がって戦いに勝利することなどありえない・・
これ、何気にもっとも~な意見ですよね♪
そして~~
そんな彼女達の間に割って入ってきました~~
スズケンキャラ(笑)登場!!
しかもラスボスキャラとして登場ですかい!!!
そして、主人公はどこまでもキャラに詳しい~~
そうとうアニメ、本がお好きな子なので・・・今更だけど(笑)
多分、眼鏡外した方が可愛いんと思うんだけどな~コンタクトにしないのかしら・・と、ふと思ってしまう(笑)

てな感じですが・・
この作品、物語は凄く面白いけれど、文章にするのはいささか難しいかも・・・
説明してるほうがややこしくなりそう~というのもあるけれど、こういう世界観の表現って難しいね・・(笑)
説明文というか台詞がいささか大目なんですし~(笑)

そんな感じで、まて、次週~~
次は、又私好みの子が出てきてきてくれそう~~♪

にしても、この作品、色んな意味で面白いです。

騎士
魔法少女
賢者
ラスボス~と~
まだ登場してこないけれど・・
色んなジャンルのキャラが出てくるので、偏りがなくて、新しい面白さかもしれません♪


タグ:RE
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: