So-net無料ブログ作成

銀魂. 326話 兄弟 [アニメ]

はい~銀魂感想です!

今回は題名のごとく兄弟~神楽と~兄弟喧嘩~~のお話しです♪
いや~もの凄い命がけの喧嘩ですけどね・・。
そして、兄は人の心をすてたゆえの凶悪であり非道な故の悪魔のような強さ・・
いつの間にか、こんなにも強くなっていたのですね。
でも、銀さんは諦めません。
まったく違う、闇と光であるように見えて、同じ思いを、心の痛みを経験していた。
ただ、その後の行き方が違ったんですね。
孤独を生き抜こうといた男と、新しく大切な物達と再び生きることを誓った男と・・。
銀さんも、一つ間違えれば、まったく彼と同じ人生を歩んでいたかもしれない。
そして、全て、すっからかんの空っぽ~になっちゃった後は・・
得るだけなんですよね。
人生どん底まで落ちれば、後はあ這い上がるだけ
それ以上最悪になることはなく、良いことがおきる以外ないんです!!
人間根性、ど根性!
侍魂のある人間が少なからずともいるからこそ、この世は存在しているし、いなくなれば、私達はこうして生きてはいないでしょう。
自分より強い人間なんて沢山います。
だからこそ、その沢山に立ち向かう勇気と努力を人間忘れちゃいけないんです!
諦めたらそこで終わりだよ!
て、いいたい、夢も希望も忘れてしまった人達に・・。
勿論、努力だけで全て手に入れられるわけではないけれど・・
なんの努力もしなければ、手に入れられる可能性すら自分ですててしまう・・・
私はそんなの嫌なので、出来る出来ない関係なく、まずはやってみて、それからのことは、それから考える~~
そういう生き方で何度も壁を乗り越えてきたので、銀さんの気持ちすご~くわかるし、共感できちゃうんですよね・・。
そして・・
馬鹿兄貴が闇の心に、とうとういくところまでいっちゃいました!
というか、いっちゃってる目が怖いんですが(笑)!!
その力は逃げるため・・
大事な人を傷つけるのは誰だって心は痛い・・
だから人の心を捨てることで、相手を傷つけられる力に囚われてしまった・・
人を傷つけるのをおそれる人より、傷つけることを恐れないほうが、他人を傷つけるのは簡単ですからね。
そう、簡単に他人を傷つけられるのは人の心をもてない人~だと思います。
そして、そんな選択を選んでしまう彼にも、ちゃんと見守っている奴らもいる・・
それは、根っこから腐りきってしまったわけじゃないし、根っこの部分を信じ、知ってくれている奴らがいるから・・!
そして、新八訓もう神楽も頑張ってます!
もう、過去の回想シーンの、新八と神楽のやりとりや言葉が胸に響いてなけてきそうになります!
よもや銀魂で貰い泣きさせられるとは!

沢山のものを守って、なくして・・ それでも、がむしゃらに頑張って・・ 強くなるとか前に進めているかななんて、本気で頑張っている本人達にはわからない・・。 ただ頑張るって気持ちと言葉しかなくて・・・

神楽ちゃんの幼い頃・・
なにもしらず、ただ無邪気笑いながら元気になって、又家族一緒に・・といってみせる・・
そんな存在って凄く大切。
心癒される人が、きっと沢山いるんですよね。
いつも傍にいて、バラバラになってしまう家族を、繋ぎとめてくれる存在・.。
馬鹿でもいい、マヌケでもいい、楽しいときっも、苦しいときも、ただ傍にいてくれる、そんな大切人達と・・

そう、母親との約束、一つは叶えられなかったけれど、もう一つは叶えられたんですよね。
神楽ちゃんは見つけたのです。
もう一つの家族を・・

そうして馬鹿な兄妹は・・♪
やっぱ、友も家族も、喧嘩しあってこそ本当に理解しあえるんだな・・・て、凄く思う。
喧嘩しあうこと恐れてたら本当の友達になんてなれないよ。
古臭いけれど、殴りあって友情を深める~そんな青春マンガやアニメが昔はよくあったし・・
やっぱり、そういうのは、今でも大事です。
でないと、人同士の付き合い方の加減のわからない、それゆえに簡単に他人を傷つけたり、いざってときに勇気をふるったり、他人を思いやれない心の人間になっていまいます。
そんなの私はすごく悲しいな~とおもいます。
そして、神楽ちゃんは妹だけれど・・
やっぱ、小さくっても女・・・
女は男に力では適わないけれど、精神的な面は女の方が度胸据わってたりもするしね・・(笑)
そして、なによりも、家族を一つにする存在だから、一番包容力あるのかもしれない・・・
不器用な馬鹿と兄貴よりも・・
そんな風に思った今回のお話でした。

次週も楽しみです~♪

タグ:銀魂
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ