So-net無料ブログ作成
検索選択

アニメ 夏目友人帳6 3話 [アニメ]

というわけで夏目友人帳6の3話の感想です!

そして~久々の登場キャラ~柴田君です!
はい、素直に、こういうタイプ~私もこういうタイプは夏目と同じで、ちょい苦手かな?
悪い子じゃないけれど、どうしてもソリが合わないな~て子、一人くらいでてきますよね~(笑)
まあ、はっきり物言わない人よりは分かりやすくていいのですけど(笑)
にしても、どうどうと夏目と田沼をヒョロヒョロ扱いしてるな~発言は、相変わらずというか・・
いかがですぞ~せめて細っこいな~とか言い方が~(笑)
と、一瞬思ってたら、ヒョロっこ扱いされた夏目と田沼が、面白いくらいに二人声をハモらせて互いに互いのことをフォローしあう姿が可愛くて面白い
そして、そんな柴田から、妖怪のでる屋敷につれていかれるんだけれど・・・
そこで夏目は、あるものを見てしまうのですが・・
それにしても、こうして1話、1話みると夏目、本当、回を追うごとに、人とのふれあい方を学んでるんだな~と、しみじみ感じてしまう。
相手を思うあまり隠し事しちゃう事ってあるけれど、それは、時には正直に話すよりも酷なことにもなる。
そう、仲が良ければよい程に!!
やっぱ、打ち明けてくれる方が、心を許してくれてるんだ・・・て感じがしていいですよね。
この後、妖怪対峙~の際、田沼が、夏目に微笑みかけながらいっていた言葉でもあるのですが・・♪
そして、この柴田も・・口や行動は乱暴だけど夏目のこと真剣に心配するイイ奴・・ちょこっとだけ好感度上がったかな~な~んて・・♪
てか、男3人~ちゃんと料理できるんだね、私の偏見かもしれないけれど、今時の高校生の男子でちゃんと料理できるなんて珍しい?偉いです!
そして、いいな~凄く楽しそ~~♪
その雰囲気を変えるように出た、食事時の怖~い階段話し・・・
夏目~~普段妖怪みてるのに、怯えすぎなところg可愛いです
いえ、知ってるからこそ怖いのかも。
そして、夏目の、屋敷でのことの告白後の柴田の怯えっぷりも半端なさすぎて・・(笑)
男3人で怯えて抱き合った後の廊下の歩き方~~おぬしらは乙女か~~て、突っ込みましたが・・以外と、こういうの男より女の方が強い~とか言われるけんだっけ・・・(笑)?
私は、オバケ屋敷とかは怖がるわりには好きなんですよね(笑)
そして、その後、田沼と夏目の会話が又イイ・・・♪
友情~っていいね~と、思わされちゃいます、本当に・・♪
そして、妖怪が現れたときも・・
柴田がすつごく必死で、その度見せる夏目の呆けた顔も可愛いです♪
そんな柴田の一言も、重く優しい言葉・・
もしかしたら、妖怪よりも怖いのは人かもしれない・・ 夏目一人で、そういう思いを背負っていること・・
そんな夏目に、自分にもっと出来ることがあれば・・という田沼へのさりげない言葉
そんな風に思ってくれる奴がいるだけで十分違うと思うぞ・・・て・・♪
うん、やっぱ、実は、もの凄くイイ奴だな~~柴田!!
そうです、一人よりは二人の方が重圧も二人でわけあえて、少しは楽になれるものです♪
そして、そんな柴田の気持ちが、夏目にも凄く嬉しくて・・
今までは一方通行だった思いも・・
シリーズ・・そして、回をおうごとに、どんどん共有していきます。
自分だけじゃない、相手も同じ気持ちで・・
そんな、些細だけど、とても大事なことを、信頼できる友人と大切な気持ちを育んでいき・・
その幸せを、しっかりかみ締めていく。
トラブルがあるたびに、本当の友情ってのは深く芽生えていくのかもしれない・・・♪
夏目は消して友達の数は多いほうではないけれど、その分、心の友と呼べる間がらえ、しっかり築いていくタイプ・・。
私は、そういう関係凄く好きです
上辺だけじゃなく、心から許せる、少人数だけど、心より大切な友・・
そして、手土産の内容に、思わずボロを出すニャンコ先生に、二人は~~と、とても楽しいオチでした(笑)
そして・・
とうとう私の最愛の(笑)名取が次週登場~~~~♪
しかも、しかも~~今までずっといえなくてもいえなかった事実を~~とうとう、夏目は告白できるのでしょうか!
又次週!
タグ:夏目友人帳

進撃の巨人2 3話 [アニメ]

というわけで・・
進撃の巨人2の3話になりますが・・
前回からの続き・・・
家族の生存がわからず、青ざめる少年。そんな彼にかける言葉なんてないよね。
本人の気持ちにならなければ、家族を失ったかもしれない痛みに届けられる声は難しいでしょう・・
そして、その代わりにこの現場の異変を誰よりも早く察知し、危機感を覚えるのも、チームの大事な勤め。
こんな状態で、少年にとっては任務所ではないだろうと人はいうかもしれない・・
けれど、そんな彼に向かって仲間はいいます。
今がどんな時か理解しているのか・・ 自分達の行動が直接人の命を奪うか救うかに繋がっていると・・ 家族を心配するなら、なお更お前がしっかり動くべきだと・・
もっともな言葉です。
そう・・
彼は兵士であることを選びここにいるのです。
そこに私情をいれちゃいけない・・。
だって、プライベートとを私情をはさめば、仕事になりませんから。
命を扱うような立場ならなお更です。
公私混合は多くの命に関わります! 他人に迷惑をかける所ではありません。
多分、それは彼自身と、この場にいるチームの命にもいえることです・・。
何が起こるかわからない・・
これ以上情報が得られないならば、早くに次の行動にとるべきです!
それらは、私達の生き方・・・職務にも繋がります。
勿論、生死に関わる以外のお仕事では直接命のやりとり~というわけではありませんが・・!
会社やお客様とか、プライベートを優先させることで迷惑をかけてしまうこと・・
そして、責任をとらなきゃいけないこと・・
そういうのを消して忘れないで欲しいです。
何をするにも、最初は何だって辛いんです。 その辛さを乗り越えなきゃ、自分の望んだ生き方なんて、決して手に入れられることはないでしょうから・・。
そう・・なんでも最初は苦労するのが人生当たり前だった時代は何時だったのか・・・
と、最近のニュース見ると思ってしまいますね。
勿論、苦労して、頑張られてる方も沢山いらっしゃるんですけどね♪
皆が皆~というわけではないのですけれど・・
二次元のキャラだって、こんなに必死で頑張ってるんだから、3次元の私達が泣き言いってちゃ~~ダメだと思うし!
と、感じた所で本編の感想に戻りましょ~~。
なにやら、巨人の様子が凄い気になるんですよね・・
凄く静かなんです・・
寧ろ静かすぎる・・・
そう、あれだけ多くの家屋を破壊されているのだから、それが巨人の仕業とすれば、もっと大群で押し寄せてきてもいいはずなのに・・
それ所か、彼らのいるべき場所に近づけば近づく程に彼らの痕跡がなくなっていく・・
もしかして、此方側の動きを読んでの行動か??
凄く奇妙で怖いです。
兵士達の表情も緊迫しています。
そして、ふとみつけたのです、月明かりに浮かぶ、謎の建物を・・・。
一方、エレン達の方はというと・・
もしかしたら、エレンの存在が、巨人があけた穴も埋まるかもしれない
けれど、そうするためには・・多分、必要な謎解きがきっとあって・・
エレンに全てがかかります。
可能かどうか・・
いや、可能かどうかではなく、やらなきゃいけない・・
あの悲劇を繰り返さないために・・
やらなきゃ多くの人が犠牲になる!
そのことを思いエレンは酷いプレッシャーと、責任感にて戦いながらも応えます。
そう、父親が残した地下の秘密に全てがかかっていると、託された鍵を握り・・・。
そして、リヴァィ達の元にかけこんでくる、民の絶望の表情が怖いくらいの色濃さです(汗)
そりゃ、生きるか死ぬか~の恐怖の中逃げ込んできたのであたりまえでしょう!
そんな彼らを、見捨てようとした男へのリヴァィの台詞が又カッコイイんです。
住みかを失った人の顔をよく見れるな。あれがお前達が切り捨てようとした奴らの顔だ。お前達の勝手で多くの人間が死ぬんだ・・
と・・
普段クールだけど、けして冷徹な男ではないのです。
任務に厳しいだけなんですよね。
そして・・
教徒が隠している謎とはなんなのだろう・・
話せない・・とかいってるけれど、結局は自身の保身にしかすぎない・・と、今の所は思えて仕方ないです。
だって、何も話さず、多くの人の命を奪おうとしたんだもの・・。
そして・・
新しい鍵が二人の少女の・・多分、家系とやらに関することに・・かかってるんでしょうね。
そして・・その少女たちも危機的状況にあります!!
いえ、危機的~というより、最悪の状態に~~~~~!!
リヴァィ達のかけつけが間に合うのでしょうか?
そして、、彼女が抱える鍵っていったい何なのでしょ?
旦那は原作読んでるので知ってるけどいわない~~とかいってくれますが・・(笑)

毎回続きが気になります♪


タグ:進撃

境界のrinne3 3話 [アニメ]

境界のrinne3 3話~

はい、冒頭からなんというか、死神の仕事って、魂をかる以外、我々の世界でいう、ガール&ボーイスカウト、ボランティア~と、やってること変わらないというか~いえ、そこが又面白いんですけどね(笑)
そして、リンネ大好きな乙女男子が再登場~~嫌いじゃないよ、この子(笑)
そして、他キャラも続々と出現?
相変わらず~六道家はドタバタしていて楽しいです♪
て、まさか鯖人が~と、思ってましたが、残念、そういうオチではなかったのですね~~(笑)
そして、今回はチェーンソーみたくな変な釜が・・・(笑)
はい、サクラ以外、リンネ含めてここに登場してくるキャラは殆どオバカか、憎めない腹黒キャラばかりですね~~(笑)
リンネの場合、お金に目がくらんだ場合のみがオバカさんになるというか・・
他キャラは四六時中がオバカさん~(笑)
取り付かれたの助けて欲しい~~とかいう一般人キャラの方が以外とまとも(笑)?
そして、変なオバカ犬登場~~(笑)
て・・この回想中の・・犬・・?
犬とうか、キツネというか、微妙だけど可愛いキャラデザの動物だな・・(笑)
動きもラブリすぎる~~
てか、大きくなった捨て犬が・・・
まるで、このでかさは、銀魂のサダハル波じゃ~~~(笑)
てな感じで・・
なんだろ、凄いさっぱりした内容だった・・
オチもなければ山もなし~な3部構成(笑)
まあ、こういう回のお話も悪くないでしょ~。

おお、次回は新キャラ登場です!
そして、DE後のサクラちゃんが、本当何度見ても可愛いです♪
タグ:リンネ

夏目友人帳 6 2話 [アニメ]

は、夏目友人帳6 2話
相変わらずOP映像が本当に美しいです♪
今にも春の香りが届きそうな程・・♪
そして本編・・
今回の話も、暖かくて、ちょっぴり切なそうな感じ・・♪
妖怪との出来事は勿論ですが・・
本当に、夏目の心の成長と変化が深く見てとれた回です
なんだか、何時もの仲良し三人組のやり取りに和まされつつ~~
酔っ払いのニャンコ先生に、何時もの妖怪に賑やかな雰囲気に~♪
そして・・
夏目の何気ない台詞・・
今回の妖怪は悪い物ではなく、寧ろ悪い物を浄化していく・・
そんな彼らの美しい軌跡をみて、夏目は思うのです・・

話しだけでこんなに喜んでくれるなら見せてやりたかたった・・

そんなことを思った自分に、ふと気がつくんです。

時分はもう一人ではなくなったんだ・・ 一緒にみたいとか、喜ばせたいとか・・ きっと、これが・・

その言葉の先はきっと・・♪
少しづつ、人間との距離感を縮めていたけれど、ようやく気がついた~ていうより、感じられるようになったのか・・
自分は一人ではない、大切な人がいる・・てことに・・
今までは、緊迫した状態のときばかりに、ふと大切な人のことを思い出し、心配ばかりしていたけれど、なんでもない時に、幸せを改めて感じられるようになったならば・・
きっと、大丈夫・・
本当に夏目は幸せになれたんだね、本当によかったね・・
そんな風に、わが子をいとおしむ・・そんな感じで、ついつい見守っちゃいます♪
そして、妖怪に教わられるとつい条件反射~で殴ってしまったり・・(笑)
小さく身を丸めていた幼少時代では考えられな程に元気になったものです♪
そして、出会った妖怪も又、酷く優しい雰囲気なのがたまらなく、語る言葉やしぐさに、こちらまでもが、心が潤わされていきそうになる。
そして、その妖怪が探している愛弟子の妖怪・・
私だけでなく、夏目自信も、その弟子に時分を重ねたのだね。
酷く傷つき、やせ細った妖怪と、昔の同じように傷つきボロボロだった夏目・・
そして、自分が成長して、いつかこの、暖かな家を出て行くことがあるのだろうかと・・
夏目も歳相応になれば、この家を出て誰かの家に婿養子にいぐかもしれないし・・・
なんてことを、私までもが考えてしまいました。
離れがたい程に、夏目にとっては、この藤原家の家が本当に大切になっていたのだね・・と・・♪
時分の居場所や帰ることの出来る場所があるだけで、本当に幸せなものです♪
妖怪も、人も関係なく、誰かのために一生懸命になれる夏目。
会いたくても会えない優しい絆で結ばれた師弟関係二胸をうたれ・・
ようやく二人が出会える・・
封印の向こう側に・・
その、封印をとくための大きな花の絵は、本当に美しくて・・・♪
帰りたい場所があるのに帰れない・・
供にありたいのに共いられない・・
ならば、傍にいられるだけでいい・・
会えたことだけで嬉しい・・
供に帰れる場所を探しにいこう・・
どんな場所でもいい、きっと、この妖怪二人は供にあれれば、何時どこでも、美しき場所になるのかもしれない・・
何時か見つかる、きっとそんな場所・・

といった感じで、本当に今回は前回よりも更に感動できるお話でした。
夏目が、どんどん、普通の少年に・・
どんどん愛らしく、優しく、普通の少年へと成長していきます・・♪
世の中、こんな心優しき子で溢れていれば、きっそ、イジメなんてものもなくなるんだろうな・・
な~んてことを思ってしまいました。
本当、夏目は神作品だ~~~♪
そして、次週は、懐かしのキャラが登場~~~!

タグ:夏目友人帳

アニメ Re:CREATORS(レクリエイターズ) 2話 [アニメ]

Re:CREATORS(レクリエイターズ) 2話の感想いきます♪

おお、OP~そういや1話にOPはなかったんだっけ・・(笑)
うん、悪くない雰囲気です♪
月?地球?に乾いた土?の映像が・・
何か意味があるのでしょうか・・?

ふむふむ・・
出てくるキャラクターは、本だけではなく、色んな平面次元(笑)から主人公の世界に繋がっている~て感じなの表現でいいのかな・・(笑)
て、色々分かりやすく説明してくれるのだけれど・・
具体的に言葉にすると難しいですね・・
かなり噛み砕いた感じの説明というより感想になりますが(笑)
主人公の住む世界は、彼女らを誕生させた・・
生み出す世界、それが創造主~てことでいいんだよね。
食べながら説明されると何いってるのか~~いや、可愛いのだけれど♪
ようは、主人公達の世界には二次元ではない3次元ならではの膨大な量のエネルギーがあり、それが二次元の世界の彼らに影響を与えた~かもしれない~と~~
てか、私らからすれば、主人公の世界も既に二次元なんですがね・・(笑)
あんまり具体的に書きすぎず~説明しちゃうとこんな所かな?
あまり、そっち系の作品は詳しくないので専門的?なことは突っ込まれても凄い困るので・・(笑)
そんな私ですが、違和感のない範囲の丁重な説明なせいか、スンナリと世界観に入っていけます♪
多分私がいうより、実際見て頂ければ、ああ、なる程~そういうことか~という内容ではないかと(笑)
そういう、特殊な世界ながら、何気にリアルなノリと突っ込みを入れる彼女が好きです♪
全部二次元の世界だから、なんでもあり~ていうんでなく、何気ない、そんなのありえるの?とか、私達の気持ちを、キャラがさりげなく代弁してくれる~そういう演出、、個人的には、よりよく物語りに入りやすくするためには重要オイントかな。
物語にメリハリもあっていいし。
シリアスばかりだと息がつまるけど、ちょっとしたシーンで生き抜きさせてくれたりとか・・
そういうのも、作り手のセンスが非情に伺えます
そして、そんな彼女が可愛い!!!!
クールに見えて、本当、ちょっとした表情が、クールなすまし顔とのギャップがあっていいですよね♪
二次元の人物なのに、創造主であり、人間をこ馬鹿にしたり・・
結構、怒りっぽくって、周り気にせず喧嘩ふってっちゃう所とかも・・(笑)
そうこうしている間に、どんどん二次元のキャラ~増えて~て、いえ、私からすれば、主人公も二次元なんですが~~(笑)
まあ、取りあえず、アニメや本の中から続々とキャラが登場してきた~と・・
うむ、自分達の世界を助けてもらう為に・・
いえ、その世界を作った現況をつきとめるために彼らは動き始めた~と・・
本当に、創造主と、彼女達の世界は偶然繋がってしまったのか?
あの軍服の少女が繋げたのでは?
と、ふと思ってしまいますが・・
彼女達には知ることも出来ないことで・・
意見の食い違いで二人の少女が衝突し、場所も構わずバトルが始まります・・(笑)
それを見て焦る主人公・・
そして、そんなキャラ達を見て面白がる私・・(笑)
いえ、だって、キャラの行動が、正直に面白いんだもの♪
そして、ヒロイン達の言葉が妙にリアルです。
正義で力を示すためにはきれいごとでは通せない覚悟が必要。 力はどんな理由でふるおうと、力は力 相手を傷つけてしまうもの。 それを怖がって戦いに勝利することなどありえない・・
これ、何気にもっとも~な意見ですよね♪
そして~~
そんな彼女達の間に割って入ってきました~~
スズケンキャラ(笑)登場!!
しかもラスボスキャラとして登場ですかい!!!
そして、主人公はどこまでもキャラに詳しい~~
そうとうアニメ、本がお好きな子なので・・・今更だけど(笑)
多分、眼鏡外した方が可愛いんと思うんだけどな~コンタクトにしないのかしら・・と、ふと思ってしまう(笑)

てな感じですが・・
この作品、物語は凄く面白いけれど、文章にするのはいささか難しいかも・・・
説明してるほうがややこしくなりそう~というのもあるけれど、こういう世界観の表現って難しいね・・(笑)
説明文というか台詞がいささか大目なんですし~(笑)

そんな感じで、まて、次週~~
次は、又私好みの子が出てきてきてくれそう~~♪

にしても、この作品、色んな意味で面白いです。

騎士
魔法少女
賢者
ラスボス~と~
まだ登場してこないけれど・・
色んなジャンルのキャラが出てくるので、偏りがなくて、新しい面白さかもしれません♪


タグ:RE

進撃の巨人2 2話 [アニメ]

はい、進撃の巨人2の2話ですが~~
1話のラストでとんでもない展開は本当に凄かった!
旦那と供にその恐怖に言葉を無くしてしまうくらいに・・
深夜アニメならではの作品かと本当に思います!
それほどスタッフさんの腕と気合が、表現力へと怖いくらいに伝わった素晴らしい出来栄え
ホラーじゃないのに・・
そんじょそこらのホラーより怖い1話でした・・(笑)
やはり、夜寝る前に進撃を見るのは危険です!
そして・・壁の謎に一つの案が・・
巨人によって、巨人に守られていた事実とは!!!
そして、1話の結果により、皆が動きだします。
人類滅亡よりも重要な問題とは!!
そして、サシャの過去・・
囚われた籠の中、孤独で生きて最後をとげるか・・
他人との関わりを受け入れ、多くの恩恵を受けることで救い、救われ生きていくか・・
どちらが幸せなのか・・
彼女は、前者を選んでいたけれど、私は、どんなに大変でも後者でありたい。
人は人を傷つけるけれど、同時に優しさで包み込んでくれる存在でもある。
ちゃんと助けてくれる人だって世の中にはいるし、そういう人達と関わり生きていけつのが、私にとっては幸せです♪
私だって彼女と同じように臆病者です。
でも、臆病者だからこそ、臆病者でいたくない・・そんな葛藤が私の中にはあるのかな?
そして・・
彼女の故郷のあり様は・・
ダメです・・巨人が人を・・・
怖すぎて言葉が出てこないのです!
あれみてパニくるなって方が絶対無理でしょう!
そして、そんな・・こんなときだからこそ、とるにたらないことの幸福がどれだけに有難いか・・
彼女の頭の中によみがえります。
そして、無我夢中で、小さなの少女のために、彼女は己の中の恐怖と戦います。
思い出した記憶の、言葉に、後押しされるように・・
生きていくために・・・ 自分は自分のままでもいい・・
そうして、必死で戦い抜いた後の彼女の目の前に・・・!
彼女の瞳に希望の光が宿ります。
そして、向けられた言葉により・・
臆病者だと否定されていた彼女の勇気を称えるその言葉は、彼女にとって、かけがえのない言葉になったことでしょう。
言葉に出来ない彼女の感動に、こっちまで言葉を無くして見入ってしまいました。
そして、もう一方の方の仲間の方は・・
破損した家屋に、絶望しながらも家族を探しますが、そこで見つけたのは・・・
やせほせた身動きのとれない巨人・・
そう、新ではいません、多分生きています。
やせ干せているだけで・・
そう、その手足でこの巨体をどうやって動かし、ここまでやってきたのか・・・
と、いうことは・・・
と、もの凄く気になる所での続きです~~
進撃は、相変わらず気になる所できってくれます~~
私個人としては、更にでかい巨人が運んできたのでは~~と、思うのですが~~どうなんでしょう?
そして、次回は真実の手がかりを~~??
タグ:進撃

境界のrinne3 2話 [アニメ]

はい、境界のrinne3 2話~
今回は30分にて原作2話分~て感じみたいですね~♪
うん、なんか、こ~~くだらないけど(笑)笑えるお話~がリンネらしくって好きですね(笑)
中身がなくても面白い~てのは、センスがないと絶対に書けないので、さすが高橋先生!
ギャグって、実は頭がよくないと面白い物書けないんですよ~♪
新キャラはいつから出てきてくれるのかな~とか思いつつOPを視聴して~♪
おお~相変わらずリンネ可愛い!桜ちゃんも可愛い!この二人早くカップルになればいいのにな~(笑)♪
今回はその上サブキャラの先輩も結構好みのルツクスとボイスかも・・など、どうでもいい感想をつぶやきつつ~(笑)
あいも変わらず、視聴者の心の突っ込みを代弁してくれるメインキャラ達が面白くて好きです(笑)
そこ可笑しいだろ~て疑問をスルーしてくれないのが、ベテラン作者な高橋さんならでは~の作りなのかな♪
そして、肩にのる六文ちゃんの寝ボケ顔が可愛い
私もこんな子欲しいです!
そして・・・
あいも変わらず、桜に見ついで貰ってる(笑うときの1匹と一人は・・
まるで神々しき神と、それに拝む民~のような図式になっております(笑)
桜様様~ですね(笑)
そして、イクラをルビーのような輝きとか、卵サンド一つで天にも昇るテンションなリンネが・・やはり可愛い♪
そうこうしている間に~~
この作品のオチが~後半で予測がついちゃったけお、そのオチの下らなさが下らなさ過ぎて・・・(笑)
陸上部の先輩と後輩の絆~というかなんというか・・
似たもの同士だったね、まったくも~~(笑)

そして、Bパートでは~~♪
これもオチは下らなかったけど(笑)、だからこそリンネらしいかな~な~んて~~(笑)
基本、下さらないの好きじゃないけど、リンネはセンスの良い下らなさが凄く好き(笑)
キャラもいいよね、ビンボーで苦労してるリンネ・・苦労してるゆえにキャラにいい味を出させて・・
何考えてるかわからない、どこまでもクールな桜ちゃんに・・と・・
そんな二人を引っ掻き回すキャラ達~~と~
てなことで~はい、今回の事件は・・
アホですか~という六文ちゃんの突っ込みと、桜ちゃんの表情による突っ込みがナイスでありました(笑)
うん、もっと深い理由があったのかな~て思ってたけど・・(笑)
そして、桜ちゃん~相変わらず、リンネに関すること以外では、ちっとも怒らない娘っこです(笑)
そして、どこまでも六道のビンボー事情をどこまでも理解する少女・・・(笑)
そして~一件落着~ラブラブED~~と~~(笑)
どうでもよいが、毎回赤字続きのリンネ~以外と死神道具って高い物ばっかり??
儲かったことって一度もなかったような??あれ、あったかな?ビンボーくじひいてばっかりのイメージが・・(笑)
そして~次週は又、オールキャラでドタバタ~な感じな模様です♪
タグ:リンネ

マクロス7 懐かしアニメを語りながら最近の深夜アニメも語る(笑)? [アニメ]

はい~最近は深夜アニメが豊富になりすぎて・・
気がついたら、辺りかハズレか~蓋をあけてみないとわからない~な、くじびきアニメが豊富な今日この頃・・(笑)

なんだか、昔の作品がもの凄く懐かしくなって仕方がない~という衝動が、たま~に出てきちゃうので、ちょこっとだけ語っちゃいたいと思います尾♪
深夜アニメは深夜アニメで一部の物は凄く大好きなんですよ♪
名前の知れた監督さんかどうか、連載場所はどこか~
絵、雰囲気、キャラクターが100㌫自分好みかどうか~
等いった感じにより良い作品に出会えるように絞込み選びで選抜しています・・(笑)

そんな深夜アニメとは別に・・・
監督さんがどうこう関係なく・・
そう、まだ当時はロボットアニメに興味の持てなかった私が、声優さん目当てで夢中になっていたロボットアニメ・・

そう、1900年代の時の作品・・

を語らせていた代ちゃいます~~
それが、マクロス7です!
昔の人からすれば口ぱくがあっていないとか、絵がどうとか、CGアニメーションになれ親しんでる今時のアニメっ子さんはいうけれど・・
個人的には、最近の深夜アニメの方がキャラの感情表現等が粗しい作品が少なくないのも事実(笑)
今のアニメ業界は、労働時間等~の規制もあり、昔のような勢いのある作品って、少なくなってしまった気がします。
そう、マクロス7という作品のような・・・情熱の塊~~みたいな作品は・・。
なんでだろうな??という疑問を旦那と話しちゃったのですが・・

私「この作品はスタッフが心から楽しんで作られた作品なんだよ」
旦那「楽しいだけの自己満足じゃ、客を心から喜ばせられないから、それはどうかと思うよ」
私「そうじゃないの、作業は本当に大変で、皆プロとしての意識があって・・・がむしゃらで、必死で皆が心一つにっして夢中になって作業していった・・・。当時のことは頭が真っ白で記憶にない~そんな作業の仕方だったらしいよ」
旦那「それは、勢いがあったんだろうな~。それは、時代のなせる業だな。昔は仕事に没頭するあまり、過労死なんてのもあったけど、今ではそういうわけにもいかないからな・・」

てな感じで話していたんです。
そうです、当時は勢いがあったから、枠にはまらない作品と、キャラクター達が生まれて・・
同じスタッフさんでも、7の主人公・・
バサラのような、型破りで破天荒だけど、心が熱く勢いのあるキャラは、今は作れない・・・
昔の情熱だからこそ作れたんだ~と、監督さんか、どなたかがおっしゃられていたんですよね(笑)
そう・・
この作品のキャラは皆元気で前向きで・・
敵キャラも憎める奴が一人もいなくて・・
何より主人公の心の熱さは青臭いくらいで・・・
そこが又凄くいい!
戦争なんてくださらない、自分の歌で皆の心を一つにしてやる・・ そういって、敵も味方も、本当に関係なく、自分の歌への挑戦、人を感動させる歌を皆に伝えたい・・その一身だけで戦闘機にのり、戦場に飛び出していく男・・・
私は、その無鉄砲さがたまらなく好きでもあり、ある意味憧れや、懐かしさを感じてしまうんです。
そう、今の時代に忘れさられた、情熱~てものの塊が存在しているアニメ~~といっても過言ではないかと思います。
クールでカッコイイ男も好きですが、不器用なくらいに真っ直ぐな男はなお更に大好きです♪
何に考えてるかわかんない人より全然いいし(笑)
一緒にいてて楽しくなりそうなんだもの。
独特の感性ゆえに衝突も多くはあるでしょうけれど、仲間を簡単に見捨てたりしない情のある男でもありますし♪
自分勝手に見えて、決して薄情でも、冷たい男でもない♪
ヒロロインも元気で明るく、ちょっと幼く世間知らずな所もありますが・・・
主人公と供に成長していきます。
少女から大人へ・・恋というものを知っていきます。
そして、最初は誰にも認めてもらえなかったバサラ達の歌は、話が進んでいくうちに序所に人々に受け入れられ、多きな存在へと成長していきます。
最後には、本当に生きて返ってこれるかどうかわからない戦地へと向かうことになり・・
序所に冒険物の作品へと規模が大きな作品へとなっていきます。

そうして、1年間~という長い期間があったからこそ、色んなことが出来、キャラクターの細かな変化や裏設定~
そして勢い!
そんな作品が大好きでたまらない私ですが、時代の流れは時代の流れ・・
それはとめられないんですよね・・
それならそれで、今の時代ゆえの表現方法で、昔ながらの大事な部分も忘れない・・
そんな作品に出会えたらな~と、思います。
でも、本音は、昔ながらの作品が多分一番根強く好きでいられるんでしょうけれど(笑)
絆や友情による、キャラの生長が丁寧に0から描かれるような・・
懐かしさに・・
心温まる・・
心熱くさせる・・
センスの良いギャグやドタバタ・・シリアスのバランス
王道の少年向けアニメ
命を掛けた戦い
泣かせる!

夏目友人帳、いなりこんこん恋いろは、たまこまーけっと ドッグデイズ サイコパス、ハイスクールDXD、ブラック・ブレット フルメタルパニック、桜蘭高校ホスト部 バディコンプレックス フェイト ステイナイト アンリミテッド、フェイト ゼロ、鋼鉄城のカバネリ エンジェルビーツ、クラナド 暁のヨナ
お気に入りの深夜アニメは12年間の間に十数本見てきたたことになりますが・・・
計算すると、1年に1~2本お気に入り作品作ってる~て感じでしょうか(笑)?

それでも上記のように今でもお気に入りの深夜アニメもあるのも確かです♪
たとえもう、マニアック作品で過去の作品扱いされようとも・・記憶に残るアニメって、これくらいしかないんだもの~~(笑)

少しづつ、とゴールデンタイムと深夜枠アニメの両方を楽しませて頂こうかな~と思います♪


アニメ ちょびっツ 13~24話 [アニメ]

ということで、アニメ ちょびっツ 13~最終話までの感想です!

流石少女漫画家でありながらリアル思考な作家~CLAMP作品~てだけあって、奥の深い話しでした♪
人とパソコン・・
本来は命あるものと命のない消耗品・・
主人公が学習させればさせる程、PCである筈のちぃは、本当~~に可愛くなっていくんですよね・・
最初はちぃしかいえなかったのが、沢山の言葉、ちょっとカタコトっぽい雰囲気で小首傾げられれば、主人公の秀樹でなくても、相手がPCだとわかっていても、キュンとしたくなっちゃいます!
それくらい本当に可愛いくなっていくんです
バイトと予備校でヘトヘトで帰ってくれば、お帰り~と、嬉しそうなちぃのお出迎え。
お金落として困っていれば、ちぃも一緒に悩み、自分もバイトして、秀樹を助けたいとか・・
料理まで覚えていったり・・
そんなちぃを見る度、秀樹は本気で悩み始めていきます。
最初は家電製品であり、恋なんて、理解できない・・そう思っていたはずなのに・・
自分が思っていたよりも、PC絡みで色んな過去を経験してしまった人達の問題に対面し、話を聞き、何時しか自分も同じような立場にあることに気づいていってしまう。
PCは人間と同じようにはなれない。
PCは人に出来てPCに出来ないものがあり、又、人も同じく人には出来て人には出来ないものがある・・
命の寿命もそうだし、子供を作ることもそう・・
そして、心があるかないか・・
そう、普通のPCなら心はないはずなのだけれど・・。
秀樹にとって、ちぃは小さな支えになっていて・・
でも、彼は気づかない。
ちぃの変化に・・
その一方で、ちぃの存在理由と誰によって作られたか・・
その事実に、とある出来事がきっかけで、ぐんと狭まっていきます。
とある出来事がきっかけで知ってしまいます。
今までとは違う、不可思議な、ちぃの行動、異常な状態・・
誰に、何のために作られたのか・・
そして、ちぃの過去・・
それを知った上で、秀樹は最後に選らばなくてはいけない結末・・

といった感じで、基本は、何も知らないPCのちぃがトラブルおこしながらも秀樹から社会を教わり、学習し成長していく・・
ドタバタでホットな雰囲気の中・・
無垢で愛くるしいちぃちゃんの成長と、マスターだけど、(良い意味で)マスターらしからぬ主人公の秀樹の葛藤・・。
出会い、悩み、悲しみとか・・
楽しく、微笑ましい中にも、ちゃんとメッセージを組み込んでくれている、とっても良い作品でした♪
本当、ブログにもUPしこばとと、ヒロインの雰囲気は似通っている所大いかも♪
誰かを想う、純真無垢な所とか・・
周りを振り回しちゃうところとか・・♪
謎もあり、癒しもあり、ホンワカ楽しみつつ、ときにはハラハラさせられたり~
てな感じでお楽しみいただけるかと。
冒険物が好き~という方にはタイプではないけもしれませんが、繊細な心の動き~そういうのを求めてる方にはお勧めの作品かと想われます
タグ:CLAMP

夏目友人帳6 1話 [アニメ]

ということで~
夏目6期の1話がとうとうやってきました!
今期の最大の目玉作品(笑)
本命中の本命~~
よし、気合入れて感想いきます♪

まずはOP~~
もの凄い綺麗です!
今の季節に合わせているのか、まい散る花びらに物憂げな夏目や、戯れるレイコさん~風になびくスカートに髪、優しげな雰囲気というか、とってもとにかく絵の着色等に透明感があって、凄く素的
今までのシリーズの中で個人的に一番お気に入りの雰囲気のOPかもしれません。
躍動的だった雰囲気が夏目の成長を画いているというか・・
何気なく、歌詞と映像が、しっとり合わさっているというか・・
他人は他人、自分は自分は自分であればいい。 辛いことも全部乗り越えれば、きっと、今まで気づけなかったものに気づけるよ~
そんな感じのOPでしょうか♪
そして~本編の内容の方ですが~
相変わらず、ニャンコ先生の我侭に巻き込まれ、それに、生真面目に応える夏目がもの凄く可愛いです♪
そして、なんだろ、今までの夏目より、ちょこっと表情がイタズラっぽくって、子供らしい表情に見えるのですが・・それはそれで可愛い感じがしていいかも?
そして、目の前に現れた妖怪に対して警戒しながらも、結局は人がいい夏目~これも相変わらず(笑)
そして・・
久々に見た夏目の子供姿が・・か・・可愛いすぎます!
成長した夏目は本当に大人びた表情しますからね~ちっちゃくって、目がくりくりで・・・声もとっても可愛くって・・・♪
しかも、ニャンコ先生をタヌキのオバケ扱いするし・・(笑)
いや、お饅頭体系に、短い手足がはえたような体で、しかも、人語しゃべるからね~(笑)
それに対してのニャンコ先生の悶絶する姿と、説得力のない力説にも又又笑わせちゃいます♪
声を演じる和彦さんの声が又ね~~♪
普段の渋声からは想像できないオチャメボイス!!!
あ~個人的に、夏目の預け場所~名取さんの所でもいいんだけどね・・
それはそれで面白そうだし・・・(笑)
てな感じで、冒頭からテンション上り気味でスミマセン(笑)
キャラが皆可愛いんですもの。
それぞれの関係性とかも含めて・・
仲間とか、友達とか・・♪
偶然そんなニャンコ先生達を見つけた、何気ない田沼の言葉・・
なんでしょ・・今回のお話の展開がいい意味で先読みできるというか・・
すごく、ほっこりした雰囲気の第一話~になりそうな予感♪
そして、そんな優しい仲間とのやり取りに、さりげない夏目の言葉にはっとさせられる・・
子供の頃、本当に辛い思いをして生活していたんだな・・と・・
お祭りで友達と遊びにいったり、花畑で遊んだり・・
当たり前の幸せも、彼にとっては、手を伸ばしたくても伸ばせない世界・・
まだまだ幼い時期だったっていうのに、本当に切ない子供時代です。
沢山の友達作って、親に怒られたり褒められたり、構ってもらうこともなく・・
でも、そのおかげで、今、そんな複雑な環境を受け入れてくれる優しい仲間や、新しい家族が出来て・・
今の夏目は凄く幸せで素的です♪
辛いことを乗り越えた後の幸せは、この上なく至福の幸せになるものです♪
そして・・皆して料理する、和気藹々~とした雰囲気が、和んでて皆可愛いすぎる!!
たまねぎに目がしみて、涙する~とか、不器用ながら一生懸命皮むきする夏目とか・・♪
そして、悪い妖怪は、人の心の闇に巣くおうとする・・。
子供の頃の夏目ならなお更・・
けれど、そんな心の闇を取り払ってくれるのも、人の心・・・
信じる心の人の心・・
そうして、その後、安心しきった夏目のお腹から、可愛いお腹の虫の音~(笑)
それを必死にやせ我慢する夏目の表情の可愛いこと~♪
どんな目にあっても、人を嫌いになれなかった夏目・・
だから、本音は凄く可愛い。
笑うことが出来ないわけじゃない、笑える環境がなかっただけで・・
そう、期待する度に、裏切られていく度に、そういうことに諦めぐせがついてしまっていた・・
当たり前の幸せを、当たり前に受け取ることに・・
でも、今はそれに怯える必要はない
優しい人達が傍にいてくれるから・・。
そして、妖怪は問います

過去と未来どちらが良いかと・・

私だったら・・
一時期は独身の頃に戻りたいな~て、思っていたときもあったけれど・・
最近は、そんな風には思わないかな・・
色々面倒で大変なこともあるけど・・
今の、限られた中での、当たり前のおだやか~な時間が、幸せ~だから
そして、あっとED~~
やはり、EDは毎回しっとり~~と~♪

さあ、次週も楽しみです♪
タグ:夏目友人帳