So-net無料ブログ作成
検索選択

Re:CREATORS(レクリエイターズ)11話 [アニメ]

というわけで~レクリエイターズ11話です!
はい、そういえば、前回~この二人が負傷したんでしたっけ~とか思いつつ・・(笑)
にしても、彼女らの存在は極秘なのか??
黙ってれば普通の人間と変わらないしバレても問題なさそうに思う私は軽率なのかな???
微妙な所でリアルになりそびれてる作品なので、妙にリアルに考えようとしてしまう私の脳みそです(笑)
そして、ラスボスの力~あの時奪われちゃったのか~~
と、今気づいてみたり・・・。
締め切りもね~~なんだろ、こういう所の会話は私の友人等が経験してるので、変な所でリアリティが出てくる作品(笑)
因みに私は何でも時間に追われるとか嫌いなので~
子供の頃から、何でも、締め切りは勿論、宿題、仕事の仕上がり、待ち合わせ時間等色々~凄い守るタプですね~(笑)
色々と不器用な分、その当たりの決まりごとは絶対破らないよう事件厳守!が私のモットー!特に他人に迷惑かけるような場所はあの更~~(笑)
と・・・それはそうとして・・この世界で命を落としてしまったら、物語での彼女の存在ってどうなってしまうんだろう
創造主が書き換えれば生き返るのか?とか思いつつ・・。
はい、私も物語は好きですよ。
でなきゃ、アニメや漫画、ゲーム見たりプレイしませんし。
でも、真実味のある、奥深い話限定限定で好きです♪
なので、本当、この作品~何度見ても、作られた者と、作った者が一緒の世界にいる~て感覚、慣れる様でなれないです・・・(笑)
だって、自分の住んでる世界で起こりえる事柄として、想像出来ないんですもの(笑)
とか思いつつ、この子~買い物にいくのはいいけど、パイロットスーツで買出しにいってきたんか~~と、突っ込みも忘れずに~(笑)
そして、マジメに語る気あるのか、食いながら、あの時のことを振り返り語る姿は彼らしいというか(笑)
しかし、同時に、主人公のウジウジっぷりにイライラする彼の気持ちは密かにわかります(笑)
そう、ぐじぐじ悩んでもしょうがないんです。
そう、悩むなら後ろ向きではなく、前向きに悩むべきです!
私も、そういう子供の頃の経験があり、それじゃどうにかできることも出来ないんだ・・と知ったからこそ、今みたいに考えられるようになったんですよね。
悩んで仕方ないことは悩まない。 悩んで解決できることには全力で悩み、前に進む!!
そう、悩むのって、前に進むためにあるものだと私は思います!
そう、なんだかんだいって、自分の人生左右するのって、自分の考えと行動です。
周りがどうこうは、まず、やるべきことをやってから
そうして、自分にしか出気ない事やものを見つけるのが人生で大事なんです。
自分は主人公じゃないから無理だと諦めてるのは、気づいていないだけ。
人と違う何かって、別に特別なことばかりじゃない
当たり前のことが当たり前にできることこそ、難しいことだってある。
例えば、他人への思いやりだって、他の人では気づけないことに気づける、これも立派な貴方にしか出来ないこと
仕事への熱意だって、他の人に負けないくらいに夢中になったり・・
そう、努力だって、突き詰めれば立派な、自身の魅力になります。
出来て当たり前のことではなく、他の人だったらここで諦めてしまう所を諦めずに頑張ったり・・
苦手を克服できたり・・・とか・・
知識を広めたり・・・
誰とでも仲良く出来たり、仲良くさせたりとか・・
色々ると思うんですよね。
そして、出来ることと同じに、人生には、どんなに頑張っても適うこと、適わないことってのは確かにあるんですよ。
例えば社長になる~とか、会社立ち上げる~とか、国家試験受けるとか・・これは努力だけでなく、才能とか、向き不向きもあるし・・
けれど、大小関係なく、目的があってこそ、人が動けるのは事実です。
反対にいえば、目標がないと動きにく・・
そう、だからこそ、夢や目標が大事なんです。
目標があれば視野を広げることも出来るし、広げようとすることが出来る。
視野の狭いままでは自分の目標にまで到達できないから・・
そうして、頑張ることで出来ることが沢山増えていく・・。
社長になれなくても、会社の利益に貢献できるように頑張れたりとか・・
社長になれなくても係長とか部長になったりとか・・
勿論、それらは努力なくして、簡単に出来るわけでもない、けれど、そんな自身の未来を選び作りあげることの価値は多いにあるのです。

そして、彼は主人公へといいます

自分達は世界を救うことしかできない けれど、それは救うべき人がいるからこそ存在意義がある

という言葉に凄く納得!
もう、さっきから主人公は鬱っぽいことば~~かりいっているので、何かビシ~~といいたい気分ですが、この言葉凄い気持ちいいですね!
そう、なんだかんだいって、人にはそれぞれの役割があって、いちゃいけない存在~てのはないんですよね。
野生の動物だってそう~~弱肉強食があるからこそ、自然の摂理が成り立っているのであり、どちらかが失っていいなんてことはないのです。
あ、因みに、人間同士の強い物は生き、弱い者は死ぬ~というのは、まったくの間違いです。
人間には知恵があり、心があります。
おこすべき行動は生存本能ではなく、心の通い合わせです。
野生の動物は、死ぬか生きるか~の生活の中で生きていて・・だから生まれた瞬間から二本足で経つことが出来る。
でも、人間には、そんな生まれたばかりで命を狙われる~なんてことのない、安全な場所だから、その必要もなく、人の助けによって生まれる唯一の生き物です。
まあ、そういう違いも認識して頂き~
そう、今回とにかく、一番言いたいのは自分で自分の役割は何にあてはまるのか~~てのを考えるのが大事なのです!!
本をよんだり、テレビを見るだけなら小学生でも出来る!
ようは、そこで何を感じ、どうしていくか~て奴です!
そんなことを思っている間に、ようやく主人公が前向きになってくれました!
そして、真実を勇気を持って告白します。
て、ただのクラスメイトではなく~
それなのに、彼女を死においやったのか~~~!!
という感じですが・・・
同じ物を見て、同じように感じられる友達がいない・・か・・
まあ、そういう時期って、誰にでもあるものです(笑)
でも、同じ物を見て違うように感じられる相手というのも貴重な存在でもあると思うし・・。
にしても、この主人公、想像以上に引っ込み君タイプだな~~(笑)
自分がオタだったときは、も少し、テンション高めで活動的というか、勢いが凄いあった記憶が~(笑)
想像以上に綺麗所や、可愛らしい人や、カッコイイ人とか相手には、ちょっぴりだけ緊張してみたりね~~
あ、でも、男の人相手に、二人きり~~てのはなかったけど・・・(笑)
流石漫画~ちょっと、恋愛っぽい雰囲気?
でも、彼女への嫉妬心ゆえに友達とまりになってしまい~
うん、友人の才能に羨望の眼差しは覚えても嫉妬したりとかは経験ないからね~~(笑)
普通に、おお凄い、羨ましい、頑張れ~~みたいな・・・♪
いや~だって、誰か妬んでも気持ちよくなんかないですもの♪
祝福して、喜んでもらう方がいいです~~
そりゃ、素直に嫉妬心がまったくない~とはいいませんけれどね。
それこそ、人それぞれの役割や能力~て奴で、自分には自分のスタイル~てものがあったし~~。
そして、主人公である彼は、大事な友達を見捨てたのです。
そう、私が一番苦手なタイプが主人公に~~と、思わずなんども口から毀れてしまう・(汗)
努力、友情、勝利からはかけ離れすぎてる~~~~!
どんなに古いといわれようと、好きな物は好きなんだもの。
私自身が、そういうキャラなのでいたし方ない(笑)
多分、いまいち、どっぷりハマれないのは、ここ~なんだろうね~
ヒロイン達の方が、余程主人公気質でカッコイイ・・
そう、アニメのキャラは自分が求める理想形体~とでもいいますかね~
でも、面白くないわけではなく、そこそこ面白いことには違いないのです。
最後まで見る価値はあります(笑)
ヒロインが主人公だったら、バリバリにはまってたかもしれませんが・・(笑)
まあ、好みはそれぞれある~てことで・・
昭和時代な少年ジャンプが好きな私ならではの意見です・・(笑)
まだ、全て完全に明かされたわけではないので~~とにかく続きが気になるので~待て次回!

タグ:RE
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

進撃の巨人2 10話 [アニメ]

進撃の巨人2~6話です!
はい、展開が読めない、七転八倒
誰が誰を信じ、何を、どう行動するか~
良い意味で、悩みのつきないアニメです(笑)
そして、思いの他、恋話じゃないけど、色恋沙汰なネタが忘れた頃に出てくる作品~。
うん、こういうネタも、たまに入りつつ、場を和ませてくれるのも丁度いいし、彼らも、ただ狂人ではないのかな~とか、思えてしまうのが不思議です(笑)
にしても~エレン~相変わらず考えているようで、かなり無鉄砲で無茶なお子さんです(笑)
だからこそ、相反する彼らの思考は対極で・・人として当たり前の部分がかけているように見えちゃうんですよね。
人を殺しても何も感じることがないのですから、明らかに普通じゃないですもの。 普通の人間なら、エレンのように後悔し、苦悩するのが人の心というもの
そして・・
彼女の幼き頃の過去を見て、凄く思った。
どんなに辛く苦しい環境でも、自分を信じてくれる場所の方が寧ろ幸せなのかもしれない・・
どんなに暖かいご飯を食べ、暖かいベッドで練れたとしても、簡単に、自分の身可愛さで他人の命を奪うような人間にかこまれたら・・
いざという時の裏切りの衝撃は半端なく、正直怖いですよね。
信じていない人間に何をされたって平気です。
でも、心から、信じる者からの裏切りの方が私にとっては一番心がなえてしまいます。
だからといって、人を信じることをやめたり、係わり合いを経とうとは思いません。 大事な人がいてこそ、人は人として生きられると思うので
だって、人が心動かされるのって、大切な人がいるからこそであり、その人のために悩み、苦しみ、そして喜び、幸せを感じ・・人として当たり前の心が育てられるのだと思います。
人りでいるのは楽だけど、人と関われたからこそ感じられる幸せは、一人ではけして味わえませんから
人は、嘘だけでいき続けてはいけません。
ほんの一握りでいい、本当の自分に気づき、愛してくれる人がいてくれる・・
それが人の生きる自由な気がします・・
時間や場所に縛られても、自分の心さえ自由であれば、なんとか生きていける。
けれど、人は何時でもどこでも正直に生きているわけではない。
時には生きていくために、何かに目をつぶることもある。
誰かを傷つけないための嘘、誰かの命を守るための嘘、自分の身を守るための嘘・・
でも、それは、日々本音で生きていけるからこそ・・ 自分に素直である部分があるからこそ価値があるもの・・
毎日が嘘の塊では、嘘は真実に摩り替えられ、人間、どこかでおかしくなっていっちゃいます。
何が本当で嘘なのかわからなくなっては本末転倒です!
人間、そこまで強くはありませんからね~。
そして、彼女は選ぶのです。
今まで嘘をつき続けてきた彼女の、初めての本音。 それは大好きな人を求める、人としての当たり前の心を何より優先したのです
そう、その結論が、とんでもない形で行動を示すのです!
はい、まさか、あんな連れ去り方するとは~!!!!
という所で、まて次回~です!

タグ:進撃
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

夏目友人帳 6 10話 [アニメ]

ということで~夏目友人帳 6 10話は、我が愛しの名取さん再登場です♪
にしても、夏目ってば、確かに他人のこと、つつみ隠さず素直に話すぎな所が可愛いです~そして、ニャンコ先生の突っ込みに素直に反応してしまう所が余計に・・(笑)
そして、名取さんみたく若い男の一人暮らし~なんて、確かにそんな物かもしれませんけど(笑)
そんな名取の元へと、おつかいにいく夏目のリュックから頭だけ出してる状態のニャンコ先生が可愛いのですが♪
そして、前作以上に、背景ピンクにキラキラの薔薇の花しょって、目だってしょうがない名取さんですね~~~(笑)
夏目でなくても、噴出しますわ(爆笑)
はい、男の友達一人もいない発言への夏目の突っ込みもナイス!
やはり、この手のイケメンは、同性と親しくなりにくい~というか、妖怪退治~なんてものしてるから、孤立しやすいのかな・・。
こういうタイプは、親睦深くなって、初めて相手の魅力が分かる~て、ことも多いですしね♪
デリケートに心閉ざしてしまってるがゆえに、せっかくの魅力が半減してしまう
見た目真面目だけど、話して仲良くなってみると、凄くイイ奴じゃん~~というパターン♪
まあ、そううこともあるので、人間見た目だけで判断しすぎはよくない~て感じでしょうか。
それでも、身だしなみは大事です。
用紙でいう見た目ではなく・・
そう、見た目は悪魔で70%であり、100%ではないんですよね。
そう・・夏目のように。
見た目大人しくて、とっつきにくそうだけど、そうじゃない・・
それは、自ら壁を作っているだけであり・・
夏目自身もそれを学んでいtぅてます。
本当、シリーズごと多くの人と関わり、傷つきながらも大切な物を見つけていく度に強くなっていきてるので、本当、その当たり、痛感させられます♪
妖怪や術のことを深く知れば、できることが、恐れるだけじゃなく、もっと増えるかもしれない。
の言葉に同感!
そう、知らないから怖い・・ 知ることで、出来ることが増え、怖いものが少しづつ減っていく・・・てのは事実です。
人付き合いだって、したことがないから怖いだけ・・
経験をすれば、怖くはなくなります。
色んな人と触れ合い、色んな人付き合いを学ぶ・・
それが人の幸せな生き方のように思います
そう、夏目のように、赤の他人の家でありながらも、感傷にひたれる、優しき心のような・・・。
そして、同じく、心根の優しい名取・・・
妖怪には容赦ないし、敵とみなす相手にも加減はしない人だけど・・
けして人情がないわけじゃない。
寧ろ、夏目以上に優しさを持ち合わせていたりもして・・。
それを知っているからこそ、そんな彼を気遣い話すことを拒む夏目。
それが彼の優しさだけれど、本当に大事に思う相手ならば、返って話してもらえないことの方が不安になってしまうことも少なくない。
相手のことを思えば思う程、相手の心の変化には敏感になってしまうものですから。
そう、好きだからこそすれ違ってしまったり、好きだからこそ、嫌いになってしまったり・・
人の心って単純な用で、複雑で・・
そして、自分とは違う価値観のある人がいたとしても・・
やるべきことを、ちゃんと見つけられれば、何も怖がる必要ないんですよね。
そんな事気にするの忘れるくらい、必死になれれば、本当に幸せです♪
誰かのために、何かのために頑張れるの、少なくとも私は好きです♪
そして、そんな夏目に、名取はどこまでも優しい・・。
不安がる子供にいいきかせるように、大丈夫、大丈夫だから・・と・・
何度も繰り返し、夏目の意思をどこまでも尊重しようとする・・。
そんな名取の優しさに、夏目は・・・
という所で、待て、次週~ですね♪
次回からは、この二人の関係も進展するのでしょうか・・
自分の秘密を相手に打ち明けるのって、本当~に勇気のいることだけれど、その恐怖を乗り越えると、又一歩新しい絆を生み出すことも出来ますからね~♪
友情の絆は、深ければ深い程に幸せですよ♪
喧嘩したまま、何年もあっていない友に久々に再会してみたら、変なわだかまりもなく、変わらず馬鹿やれたり・・・(笑)
お互い結婚生活に専念するあまり、普段連絡とれない相手に、今頃どうしてるかな~と、数ヶ月ぶりに連絡したら、喜んでお茶しよう~
みたいな会話できたりすると・・
やっぱ、友達は友達でも親友~て、呼べる人は凄く素的だな~て思う♪
気を使わずに会話できる相手がいてくれるのって、本当に幸せだな~と、思う。
友達関係って、色んな作り方あるだろうけれど、やっぱり、私個人としては、数よりも質を優先したいかな♪
でも、何はともあれ、少なくてもいいから、お友達はいてくれた方がいいです。
心の支えだったり、楽しみを共有できたり、意見交換しあったり・・
友達の親睦の深さによって会話も変化するけれど・・・
複数のうちの一人ぐらいは本音だったり、内面のトークできる人いた方が私個人は幸せです。
だって、いくら一番側に旦那がいてくれても、男女じゃ共有できないことも多いですしね(笑)
そんなことを、改めて思わされました。
夏目はけして友と呼べる人多くはないけれど、特別な人がそれぞれにいますからね♪
同じ妖怪が見える友人・・
当たり前の日常の幸せを与えてくれる友人・・・と・・。
そう、数は関係ない、少しでも、心を共有できる友が作れるかどうか・・です。
因みに私の中で、その友達に家族を入れるのは、少し違うかな~とも思いますけどね。
親は親、どんなに仲が良くても、教える人間、教わる人間であり、全てにおいて同じ目線であってはいけないのです。
親が知らない世界を子が教え、子が知らない世界を親が教え・・供に学んで成長していく。
それが親子関係であり、何時しか親が見ていた世界を子供も同じ目線で見れる歳になり・・
そしていつしか、親を超えて巣立っていく・・・。
それが理想的な家族関係・・・
というか、独立心の高い大人になるために大事なもの・・・といえばいいのでしょうか・・。
勿論、家族仲いいのは素的ですが、その仲のよさ形を間違えると、いざってとき、自分で自分のこと出来る大人であれるかどうか・・
その当たりに差が出てきますからね。
親子だから出来る関係性と、友達だから出来る関係性・・てのは、そういう意味で区切りつけた方がイイかな~と思う。
そう、夏目のように・・
藤原夫妻のことを慕っているけど彼らは育ての親であり、消して友達ではない。
同じ友達でも西村と北本は平凡だけで幸せな日常を築ける大事な親友・・
名取と田沼では妖怪絡みで心分かち合える親友・・
そういう、役割分担~てのはきっとあるし、大事だと思う。
話を聞いてくれる人、聞かせてくれる人、喧嘩できたり、怒ってくれたり、甘えられたり、甘えてもらったり~とか、友達にも色々いるんですよね(笑)
そして、そんな人同士の関係性を理解した上で、他人の痛みを理解し思いやれる心を持ち、自分自身の意思もちゃんと持ち、怖がりながらでも行動に移せる強さを持っている♪
これだけできれば、もう、何もいらない気がしてしまう気がします。
後は、もう、経験でどこまでも氏やを広げて成長していき~~
なんて、思ってしまいました♪
そんな感じで、待て次回!



タグ:夏目友人帳
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

Re:CREATORS(レクリエイターズ)10話 [アニメ]

Re:CREATORS10話です!
はい、騎士姫が、カッコ良くも、最悪のタイミングで登場!
そして、主人公は合いも変わらず何も出来ない状態・・(笑)
そう、やはり、私の求める主人公は、出来ないながらに自分のやるべきことを見つけられる、強い心の人間・・なんですよね。
主人公以外の皆はカッコ良くて好き~なんですけどね~肝心の主人公に、熱血がない~~(笑)
で、このまんま、皆の死等を見守るだけかな~と思っていましたが・・・
彼は彼なりに戦おうとします。
なので、ちょこっとだけ、好感度UP(笑)
そう、何の力もないけれど、だからといって、何も出来ないはずがないのです。 力のないことを認めつつ・・ その上で、行動する。 そう、出来る、出来ないは心のあり方でもあるのですから。
現実だろうと、物語だろうと、関係ない。
そう、心揺さぶり起こすのは、物語なのです。
二次元に生きているキャラクター
私達が住んでいる次元・・・
物質的な係わり合いはけしてないし、違うものではあるけれど、でも・・
実際に物語を見て感動するし、自らが経験したことに涙するのも、両方人の心・・なんですよね。
大事な物を守りたい、だから戦う・・
けれど、結局に三次元の人間にとって、二次元の世界が娯楽であるのも確か・・。
実際にないものであり、そこで死を描かれたとしても、それは物語の中の話・・。
そこは、忘れちゃいけない。
現実は現実、物語は物語。
魔法の力は二次元だけのもので現実にはない。 二次元の世界で人は死んでも作者の手によって簡単に生き返ることも可能だが、三次元、私達の人生はやり直しがないし、命を落とせばそれで終わり・・ そこだけは、けして忘れてはいけないし、ごっちゃにしちゃいけない。
そういうことを考えながら・・
経験しながら学びます。
経験したことがある、したことがない・・
知っている世界、知らない世界・・
国内、国外・・と・・
同じ次元の中でも、それだけのことで、外の世界として区分している人もいるし、そうは考えない人もいる。
その違いを学ぶ・・
そう、人は色んな考えを持ち、だからこそすれ違いや誤解が生まれる・・ だから人は対話することが出来る。 そう、野生の動物のように、本能だけで生きている生物とは違い、彼らにしか出来ないこと・・。
そして、ピンチを救いにセレジアが登場しますが~~~
ああ・・ここにもフラグキャラか??
でも、そこに、ラスボス、ユウウヤも黙ってない、カッコ良く戦います!
そして、巨大ロボのパイロットの類も登場して頑張りますよ!
そして、そして~創造主の手によって~セレジアがパワーUPです!
こういう形での心の集め方~てのが、今時~て感じですね。
信じるとか、信念とかではなく・・
皆から支持され、共感される重いが新たな力を生み出す・・か・・・
熱血系の雰囲気とは一味違うけど、まあ、こういう力の得方も悪くないのかな?
と、思ったけれど、やはり、人気投票のみ~な、ミーハーな思いだけでは、強い力を得るには限界がある~
て、感じでしょうか。
やはり、周りではなく、自身が心の底から強く願うかどうかが一番大事かな~と思います。 勿論、周りの支えあってでもあるけれど、それに甘えていては、元も子もないですしね。
と、個人的に、この展開は、そんな風に感じてしまいました・・。
もっと、違う意味があるのかもしれませんが・・
まあ、そうは問屋が卸さない~て感じで・・
次回を待て!

タグ:RE
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

境界のrinne3 10話 [アニメ]

はい、境界のrinne3 10話~~
相変わらずなサバトさん~~(笑)
お金がないからと、着払い分を息子にせがんだ上、宅配業者を追い払うとは・・・今更ながら、なんて、とんでも自由人(笑)
そして、一言いうなれば、悪の組織にのっとられるも何も、悪の組織はお主だろ~~とか思いつつ・・(笑)
はい、彼からすれば、どんな正当な理由であれ、お金とる行為は全て犯罪になっちゃうのね~(笑)
その傍らで、サクラが持ってきたスルメを貴重品と喜ぶリンネが可愛い♪
高校生で好きなんて渋い~と思ってたら、デカ盛カップ焼きそばで同じくらいに喜ぶとは・・
本当、食に困ってるのだね~
でも、どんな食べ物でも感謝して頂けるのはあり難いことですね
高校生ながらの、この苦労、大人になると、きっと役にたつ(笑)
とかいってる間に・・・
今回の1つ目のオチは珍しく?レンゲでした(笑)
2つ目もレンゲと騙しカンパニーというか、サバトの親父の言動につられるレンゲ~とみせかけて・・・
恋に、お金に、自分の願望に素直に、除き玉にふりまわされるレンゲ・・・(笑)
そして、登場する度に、誰かに蹴られるか、殴られる、哀れとは、ちっとも思わないけれど、哀れなサバト・・(笑)
そして、二度にわたり、ふて寝のレンゲ<~(笑)
て、今回は珍しく2作品で終わり~♪
はい、今回も無難なドタバタ劇~~~
やっぱ、少しでもいいので、恋話関連のお話が好きかな♪
カインとレンゲのカップルも結構好きです♪
とか思いつつ~
短い感想でしたが~
待て、次回!

タグ:リンネ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

境界のrinne3 9話 [アニメ]

境界のrinne3 9話~~~リンネの父サバトが墓参りだと????
あの人情のかけらもない、金の亡者のサバトが~~~と、思っていたら、多分、なんかたくらんでいるっぽい・・(笑)
それはそうと、この金ピカの缶詰と、このありあない形のお墓はいったい・・・(笑)
何ゆえ??
謎すぎます(笑)
と・・思っていたら・・
やはり、サバト~~色々やらかしてくれましたのね~~(笑)
そして、そんなサバトに向けてのタマコさんのやることが理解不能すぎる・・(笑)
と、思っていれば~~
何故かリンネとサバトが仲良く大掃除状態?
これは、わざとか・・わざとそうさせるためにしくんだことなのか~~??
相変わらず見た目に似合わず・・とでもいいましょうか・・(笑)
というか、やはり、金に糸目がない所は、二人にすぎているよね~と、つくづく思います(笑)
にしても~無くなった父親の転生姿が・・・
だから墓があの特殊な形なのですか!
いずれ猟師に釣られて食べられてしまう運命になりはしないのか~~と、思いつつ、一つ目のお話は終わり

次は、十文字と桜とリンネのラブコメ話の模様~
おお、ようやくその手のネタ話になりましたか~~♪
相変わらず、どこまでも十文字の心を、まったく理解できていない恋に鈍い桜ちゃん・・(笑)
哀れすぎる十文字~~でも、可愛そうとは思えないのは、彼の普段の行いからか・・・?
いえ、多分、私がリンネ&桜派~だからでしょう~(笑)
うん、十文字も凄い大好きなんですよ~リンネの次に・・(笑)
そして、本マグロの御創りが死ぬほど上手そうです、食べたい♪
て、リンネ~この子は本当に食べ物への恨みは半端ないね~~
まあ、貧乏人には食べ物大事にしますからね。
大事なことです、好き嫌いいう分だけ、美味しい~と思える物の数がへってる状態ですからね。
世の中には食べたくても食べれない子供だっているのですから、食事は贅沢言わず、ちゃんと感謝いいて食べなきゃ~ダメですよ♪
食べれるだけでも十分幸せなことなんですからね。
あることが当たり前ではなく、当たり前のことにこそ、感謝が大事です!
そんな気持ちがピークすぎて、鬼の形相状態なリンネ~~面白すぎる(笑)
そして、謎の物体へと、ドタバタの追いかけっこが繰り広げられます~♪
はい、最後の霊のオチが・・・(笑)
そして、なんだかんだで、何時もご馳走を食べそびれているリンネも今回は無事に本マグロゲッド~~~
何時もは、こういう高級な食べ物は泣きながら食べてるのに、今回はモクモクと食べるのだね~リンネ~(笑)
てな感じでこのお話は、おしまい~~

はい、次のお話~~!
又もや死神のボランティア活動~~
そして、クロちゃんも人ならぬ猫の子??
リンネよりも目の前の大金過ぎる金額に目がくらんで主を見捨てようとするとは・・・(笑)
てか、それに気づいたらしいリンネもリンネでやってること原黒い・・
所詮、お金が絡むと人はこうなってしまうのか~~~とか思いつつ。
うん、大金はいらないね。
慎ましやかに生活できるだけのお金で十分幸せ~
何でも、持ちすぎるとよくないです
何でも感でも、便利になりすぎるのも良くないと思うし・・・
てか、ここに登場する死神系列のお子供は全員意地汚いですが~~でも、憎めないのは、高橋キャラだからなのでしょうね~(笑)
金目の物に目がくらんで、皆での奪い合いの小競り合い~~(笑)
うん、こういう、シンプルなドタバタ~な雰囲気は、らんまを思い出してなんか楽しいですね~♪

てな感じで、結構、今回のお話は好きな感じな物ばかりだったかな♪

では、又次回~♪
タグ:リンネ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

進撃の巨人2 9話 [アニメ]

というわけで、進撃の巨人2の9話です!
冒頭から、何か気になる?という、匂わせる隊長の発言を他所に、ミカサたちはエレンを追ってはげしく馬を走らせ・・・
そして、エレン達はというと・・
巨人だらけです!
大小、性格も様々に・・・!
そして・・エレンは今の現状を考えます。
そう、感情にまかせず、冷静に色々考えられるようになったのは、少し成長した?
それとも、それだけ危機的状況~~て奴でもあるのでしょうが・・。
本当、話が進み謎があかされると同時に、やはり謎が生まれていく物語で、見ていてあきない作品です。
そして・・・
ライナが、何を思ってか自分の本音をどんどん明かすように、しゃべる、しゃべる、空気を読めない子供のように・・・(笑)
いったい、何が起こっているのか・・と、思っていたら~~~~~~
そういう理由で可笑しくなってしまっている模様・・・
もう・・・この巨人男二人は、本当に人としての心が、完全に掛けてしまっていて怖いです。
本当に、あの時のエレンの言葉、気の毒だと思うのなら、そんな冷静に顔色掛けずいえるはずもない。
そして、その返答にブチ切れるエレン。
その気持ちは凄くわかるが、だからといって、殺されたから殺して、殺したから殺され~は、憎しみの連鎖しか生まない。
勿論きれいごとだけで通るなら戦争なんて起こらないでしょうけれどね・・。
けれど、それでも、もっと努力する方向は他にある筈でしょう
人を恨み陥れることに努力するのはどうかと思うのです。
そんなことしても、誰も浮かばれないし、救われない。
人を憎めば穴二つと、いいます。
誰かを憎んで、仕返しすれb、それは再び自分に帰ってきます。
一つのお墓が二つの墓の穴になってしまいます。
それよりも、もっと要なこと・・巨人の謎を突き詰めることの方が大事です。
本当の敵は、目の前の二人なのか、それとも・・・
ユミルは、どれだけ、何を知っているのか・・
何を恐れているのか・・
まったく先が見えません~~~
今回は、深い謎が大すぎて語れませんでした~(笑)!!
でも、凄い面白かったです♪

そして、次回は、どんな戦いが繰り広げられる中・・
ユミルの過去が・・・!

待て次回!
タグ:進撃
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

アイドル伝説えり子 15~~18話 [アニメ]

アイドル伝説えり子 15~~18話
本当に、この作品は、若かりし頃、青春の時の自分を思い出させてくれれますね~
どんな苦境にも負けず、ただ只管何かを目指して頑張っていた頃・・
そう、えりこちゃんは、私が経験してきた事よりも、芸能界という生活の中、ずっと、ずっと大変なことを経験していますけどね(笑)
眠ったままの母親が目覚めたと思ったら、次は・・
と、一つ上手くいけば、又新しく悲しい出来事があおこり・・
そして、又その現実と必死に向き合って頑張る・・。
そのくりかえしです、この作品は・・。
自分を信じてくれる仲間がいるから・・ 自分の歌を、一人でも聞いてくれる人がいる・・
その現実を知り、まのあたりにしていくことで、幼い、ただの少女は、やがてプロのアイドルとして目覚めていくのです、少しづつ・・
自分とは違い華々しいステージで活躍するライバルを見て・・
ただ、自分の歌を一人でもいい、届けたい・・・そんな思いを育てながら、必死に頑張っていくのです。
一つつまづいては、一つの山を乗り越え成長していく・・
そんな、仕事の合間にも、ちゃんと普通の女の子としての一面も描かれているからこそ、彼女の苦悩を、より、一層ひきたたてくれるような気がします。
仕事のオフが増えた分、時間の合間に親友との久々の再会に元気を貰ったり・・
それをエナルギーに、地味で目立たない仕事を、着実に頑張っていく姿・・
プロなら当たり前だけれど、その自覚のない彼女には、その努力も並大抵ではなくて・・
でも、昔の芸能人なら、こういう苦労って当たり前にあったんだろうな・・
今だと、ぽっと出て、ポンっと売れてしまう若手アイドルや俳優さんが、問題起こしたり~な事が、酷く目に余るけれど・・(苦笑)
私は苦労知らずな人より、苦労を知って頑張る人が好きです。
そういう人でも、問題起こしちゃう人は起こしちゃうんですけれどね。
今は、そういうのに敏感な時代、ちゃんと意識を持つべきだよ~
そう、スキャンダルを起こしたアイドルとしての世間の目はやはり厳しいものです・・
少なくとも私はその一人。
人間の内面に魅力があってこそ、光り輝くものだと私は思うから・・
自分が思ったよりも、誰の心にも自分の歌を届けられない・・
そう、えり子の場合はいわれのないスキャンダルですが、世間の目には、真実がどうとか知りません。清純はアイドルとして信じ応援してくれるようになったファンも、今では見向きもしてくれない現実・・
自分の歌が何なのか再び悩み始めていきます
そう、えりこ子は、。どんなに苦しくても、どんなに小さいステージでもいい・・
歌いたい・・
そんな思いを強く抱くようになる・・
そんなとき、えりこは、再び活力を貰います。
そう、一人の謎の男によって・・
歌にのせるのは熱いハート・・・ 自分の心を伝えることが歌そのものなのだと、再び初心に戻り、もう一度新たな気持ちで歌い始めます。
そうして、そんな彼女の献身的な努力が認められり、久々の全国ネットの仕事・・
けれど、御厚意で貰った仕事に再び窮地がやってくるのです。
そう、外部からの攻撃ではなく、彼女自身との戦いに・・
人間、苦手な物を克服するっていうのは、なかなか生半端な気持ちではできません。
出来ないからといって、彼女は簡単に諦めるのではなく、挑戦し、たったの10日間でマスターしてみせるのです。
そう、彼女一人ではなく、彼女を支えてくれた友人がいる・・
そして、仕事をご行為で回してくれた社長のフォローも・・♪
彼女の一生懸命さは、視聴者の私にまで強く伝わってきます♪
最初は冷ややかな目で見る観客の視線に、思わず負けるな、頑張れ!と、声援をあげたくなる程に・・♪
そして、そんな彼女を見守る仲間達のフォローもあり、何時しか観客は彼女の努力を認め声援へと変わっていきのです。
こういうの見ると、やはり、人間頑張らなきゃ得られるものはない。 努力すれば何でも得られるわけではないけれど、努力してみなきゃ、得られるものも得られないままになる。
彼女は、努力し、それを見守ってくれる人がいる。
そして、その見守る人達の思いも、実際に目の合えで頑張る彼女をみて周囲に伝わっていく・・
真の努力っていうのは、やっぱり報われるものじゃないかな・・て、私は思います。
努力しても失敗することもあるだろうけれど、それも人生だと思いますしね♪

はい、今日はここまで~♪
回を進むごとに、本当に面白くなっていきます、この作品♪
やはり、努力、友情、勝利~です♪
がんばれ、えり子!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

夏目友人帳 6 9話 [アニメ]

はい、夏目友人帳6 9話~♪
なんでしょ、このアニメ、OP見てるだけで凄くいやされます
そして、合いも変わらず仲良しこよしの夏目4人組を見てるだけでも楽しいというか微笑ましい気持ちになりますね♪
特に約一名のテンションが、何時でもどこでもかわらないね~(笑)
クラスに一人は、こういう子いると楽しそうです♪
そして、今回は4つある筈の、3つしか見えない、祠のお面。
そして、影に潜むニャンコ先生に茶を噴出す夏目~~(笑)
相変わらずリュックの中に忍び込まれても気づかない夏目って、案外オニブさん・・(笑)
そして~川から流れてくる、いかにも怪しい人影・・
多分、あの様子だと探し物があるんだろうな・・と、思っていたら・・
ニャンコ先生が新しい変身を!!
て、これが、そう見えるのか~~~~
田沼じゃなくても、噴出しちゃいますよ(笑)!
でも、可愛いからいっかな・・とか思いつつ(笑)
そして、急に姿を現したお面~
どう考えても、川の船の女性の探し物のために歩きまわってるようにしかみえないのですが・・・(笑)
そして、その影響が更に室内にも・・・・!
そう・・・今の夏目は妖怪が怖いわけじゃない・・
分からないから怖い・・
て、人のごく自然な心理ですよね。
そして反対に、相手がどんな人間でも、その人となりがわかってしまえば全然怖くない。
そう、どんなクレーマーだって、こういう人だ~~だから、こういう行動とるのだ~て、認識してしまえば全然怖くなくなるのが不思議です。
だって、相手の先の行動が読めれば先手打てるというもの!
最近の若い人で、そういう人に怯えるのは、そういう人物に対しての免疫力もなければ、相手のことが理解出来ないから・・
ただ、それだけのことなんですよね。
まあ、理解するには、時間と、本人の意識の持ちようの変化が至極大事になるので、なかなか難しいのですけれどね。
個人的には一方的に無茶苦茶なこというクレーマーさんより、筋の通った怒りモードのお得意様~の方が余程怖いですけどね(笑)
そして・・
妖怪が見えない2人へと、夏目のフォローをさりげなくする田沼の存在に~思わず、いいチームワークだな~とか思いつつ・・。
互いに同じ物を分かち合う形もあれば、互いにないものを補いあうのが仲間~て奴だと思う♪
そして、田沼が、この伝説を聞いたとき、ロマンチックだな~といったのは、本当の伝説の意味を無意識に理解していたのだろうか・・と、思ったりして・・・(笑)
一人きりになっても、ただ一人の山神様を思い、慕う姿・・
怖いどころか、とても心優しき、たった一人きり、残されお面・・
そして、それを知った時の山神の一言と涙「まだ、いてくれたのか・・」と・・
言葉にしなくても、目に見えない所であっても、誰か自分をの事を思ってくれる人がいてくれる幸福・・
今回は本当、夏目の笑顔が沢山見れる回で、本当に見てて、ほっこりさせて頂ました♪
本当に、この子が幸せになる度、こっちにまで、その幸せが伝染しちゃいそうです♪
どうせ伝染するならば、悪いことよりも良いことを伝わって広がってくれるといいのにな・・♪ 痛みや苦しみの分だけ、幸せが訪れるように・・そんな風に思ってしまいます。
そして、次回は、名取さんが動くようです!
誰かに否定されても怖くなくなった・・・
そんな風に思える程に夏目は成長した・・
それは、幸せな居場所を見つけられた証拠。
そう、人間、どんな怖いことがあっても、ちゃんと変える場所があれば大丈夫なんですよ。
だから、人は一人ではなく、誰かとともにある方が良いのです。
悪いことばかりじゃない、嬉しいことも沢山あるし、一人では味わえない幸せを与えてくれます
なんて思いつつ・・♪

ではでは~
又次回~~♪
タグ:夏目友人帳
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

Re:CREATORS(レクリエイターズ)9話 [アニメ]

はい、前回~アルタイルとの死闘ゆえ~に~まみかは、てっきりあのまま・・と思っていましたが、取りあえずは、命とりとめていた模様~~!
そして~生き絶え絶えながらも、メッセージを残そうと必死です。
はい、瀕死の状態なのでいたし方ないのだろうけれど、よりによって何を考えているか分からない黒い女子高生服のマガネに最後の言葉を残すとは・・・!!
そう、それをきっかけに、怪しい雰囲気の流れによっていきそうです・・
そうマガネの悪戯という悪意心にによって・・
てか、皆、訳の分からん女のいうこと素直に聞きすぎなのですよ~~
マガネが笑ってしまうのもいたし方ないくらい・・!
それゆえに、あおきえい、らしい雰囲気になってきそうな感じ
そう、フェイトゼロのように、フラグ高い系の展開になっていくのでしょうか・・!
騙されたもの同士の殺し合いになってきそうなんですけど・・・。
それはそうと、頭で考えてることはともかく、マガネの人の心理をついてくる言葉は、本当、全て的をえすぎているのですよね~。
なんだろ、登場キャラの中では一番頭良さそう・・というか、洞察力が高い目といいますか・・
これだけ物事わかってるなら、もっと良い方向に持っていけば~~と、少なからず思ってしまいました。
いや、だって、本当に、彼女のいう通りだな~て、心底思いますもの。
そして、饒舌にしゃべるしゃべる~主人公に考える間を与えているように見えて、与えず、追い込んで~
もう、これでもか~というくらい口達者なのですが・・・
彼女がしゃべれば、しゃべる程にわからなくなっていく・・
そう、目的は何・・?
主人公達、仲間同士で相打ち・・?
主人公の闇をひきずり出し心を壊していくことか・・?
と、思っている所に~~スズケン~~~~~!
ラスボス、凄いイイところに登場!!
やっぱ、この兄ちゃん、カッコイイ!!
そして、主人公の本音・・
ゴメン、私には、どう考え直そうとしても、彼の気持ちには同意できないです。
どんなに自分自身が非道な目にあいそれにより誰かを憎んだとしても・・
羨ましいとねたんだとしても・・
私は、その相手の死を望んだりはできません。
勿論、大事な誰かを奪われた・・という場合は、どんな感情を生み出すかはわかりませんが・・
少なくとも、自分自身のみの被害だけで、そこまで人に対しての不の感情を生み出すことは、今までもこれからもないと思います
多少の、気に入る、気にいらない、原がたつ、たたない~とかは勿論ありますけど・・まあ、それは心ある生き物ですからいたし方ない・・(苦笑)
でも、基本的に、自分自身が他人にこの世からいなくなって欲しい・・なんて言葉、言われたくないし、それを他人に対して言いたくも思いたくもないのですよ・・。
自分がされてイヤなことは相手にはしない、それが私のモットーです。
そうやって、ずっと生きてきました。
他人を攻めるくらいなら自分を責める方がずつと楽だったし(笑)
他人に対しての不の感情って、処理の行き場がない。
でも、自分に対しての不の感情なら、自身が努力し、変化し、乗り越えることで、無くすことができます♪
自分一人で処理できる物なら、自分一人で処理できるほうがずっとイイ♪
きれいごとだろうが、なんだろうが、それが私の信念!
喧嘩すべき時は喧嘩して、我慢できる時は我慢する・・♪
人の生き方って、そういう色々な心の変化や形があって、なりたってる気がします♪
そして、そういうのを大事にしながら、これからも生きていきたいです・・♪
人だから人らしく、大事な物は大事にして・・
そんなことを思っている間に、マガネと魔王の戦いが白熱しています!
主人公がメテオラに、事実を受け止め、そして生きていくのが貴方の人生であり、戦いだ・・と、さとされる中・・
これで主人公は、自分で立ち上がる覚悟を身につけたのかな??
とか思いつつ・・・
はい、イイタイミングで、よそう通り騎士姫の登場~~
という所で続きです♪

タグ:RE
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ