So-net無料ブログ作成

KEY JACK デッドロック 1巻 潮見知佳 [漫画]

はい~
昔からひいきにさせて頂いている漫画家様のお一人~
潮見知佳先生の新刊
KEY JACK デッドロック 1巻
です~~♪
NEC_4363.JPG
本当~にこの作家様は・・
デビューしたての時からごひいきさせて頂いている作家様で・・
特にお気に入りなのが

CANON
獣たちの夜
KEY JACK

の、3作品~その一つが・・KEY JACK!
此方ににいたっては新装版新刊にて買い直ししちゃうくらいにはハマっております~♪
そう、最近は少女向けの少女漫画~な連載が多くて、購入させて頂く機械が何時の尾間にか少なくっていたのですが・・
昔懐かしの作品が新章として戻ってきた~て、感じでしょうか♪
内容は・・

お金さえもらえればどんな相手でも、どんな依頼でも引き受け必ずなし遂げる!
特殊な能力で、どんな鍵でも開けて狙った獲物を持ち去っていく・・
KEY JACK  という通り名を持つ男、御厨 秋。
今回の依頼の相手は、過去に因縁のある女からのもので・・・

という内容です♪
じっくり読ませて頂きましたが以外な彼の過去というか、因縁といいますか・・。
こんなにボロボロになっている秋を見たのは初めてなので、ある意味驚きの内容となっています。
けれど、物語の流れは、いつもどおり、基本1話完結系のお話になっており・・
相変わらず、大金以外には目もくれない、人の命なんて二の次・・なんて、仲間内には立ち居振舞っていますが・・
なんだかんだで、根っこは優しいんです♪
作者様が悪人を書くつもりで、気がついたら出来上がっていた~というキャラクター
確かにその言動は、はたから見れば悪徳商売~にも見えちゃいますが・・(笑)
ガラ悪く見えて、実はそこまで冷徹じゃない~~な部分に、妙に惹かれて止まないキャラクターでもあります♪
内容としては・・
色濃い系の話は殆ど出てこず・・(笑)
基本的には、少年、青年向け~な雰囲気の作品といっても良いでしょうか?
多分、恋愛重視~な女の子向きな作品ではないです。
メインキャラも大人ばかりですし・・。
いや~でも、秋も大人の男なので、行きずりの女性との関係~な展開なお話も、少し見たい気はしますが・・♪
恋愛と大人の関係ってのは、これくらいの年代になると違いますしね。
独り身でお遊び程度に~とか、昔はよくあったみたいですし・・(笑)
そんな感じで、娯楽作品としてみるのには最適かと思います♪
キャラ同士のやり取りとか、何気に笑わせてくれますし・・♪
特に、黙ってりゃ凄うでのイケメンハッーカーだけど、蓋を開けてみりゃ秋に心酔するオカマさん~
神に仕える身なのにダイヤや光物に目がない強欲な美人シスターなど・・
他の、メインキャラも個性豊かで・・
シリアスでもなければ、ギャグでもない・・
クールにカッコ良く依頼をこなしていくお話・・
の、中に時折混ぜられる、彼の生い立ちとか・・
話によっては人情っぽい内容もあって・・
以外と子供相手には非道になれないんですよね。
大人には容赦しませんが(笑)
とにかく、口も目つきも悪いけど根っからの悪人ではない・・
そんな主人公の華麗なる活躍~を楽しむ漫画~とでもいいましょうか♪
これ以上、内容の面白い部分とかを具体的に説明すると難しいですね~
理屈なしに直感的に面白い~て感じでいる作品の一つですので・・(笑)
キャラを魅力的~と感じられるかどうか~て所がポイントでしょうか♪
勿論、あくまでこちらは新章なので、前作の新装版と・・
KEY JACK TEENAGE EDITION
の二つを見てから読まれるのがお勧め~です♪

因みに、獣達の夜CANONは、物語として、徹底的に楽しみたい~という方に凄くお勧め♪
それぞれの運命を背負い生きていく少女達の姿がとにかくカッコイイ作品です♪
このKEY JACKという作品とは、また異なった作品で・・
ヴァンパイアや、獣・・
守りたい、ともにありたいと思うべき相手と戦いあわなければいけない定めになったり・・と・・
直接的に恋とか愛・・なんて表現はないですが・・
もっと、心同士の繋がりにより男女の心を描きながら、定めに立ち向かうヒロイン・・・
シンプルに苦楽の時を共に過ごしていれば・・ていう展開とでもいいましょうか♪
そんな姿が、本当に素的に描かれている作品なのでこちらも又お勧め作品です~~♪
なんだかんだで、この作者様の作品は少女漫画系よりも少年向け~な傾向の作品の方が個人的には好きですね♪
勿論少女漫画な雰囲気をお求めなら・・

ゆららの月
ゆりかズム
らせつの花

などがありますが・・
多分、私の趣向としては・・
男女ともに、この方の描くキャラは・・
独立した、大人のキャラ・・
そういう、カッコ良さを求めているので・・
少女漫画よりは少年漫画よりな雰囲気の作品が、俄然好き~な気がします(笑)

それにしても~~
この表紙~
秋がウィンクしてる絵なんてはじめてみました~~(笑)
何、札束に目がくらんで喜んでるとか・・?
なんて思いつつ・・
この作品にしては可愛らしい雰囲気な表紙な気がします~♪
そうか・・
この男も、こんな優しい顔するのか・・・(笑)
少し、新鮮だ・・とか思いつつ・・♪

又、新刊で購入出来る作品が増えて、少し嬉しいです♪

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

暁のヨナの人気~ 11~12巻を新品で購入して改めて気付いた(笑) [漫画]

はい~
暁のヨナ~11~12巻のコミック
NEC_4362.JPG
中古で見当たらないので、とうとう新品で購入~して、気がつきました!
そう、本の印刷時には初版と再版というものが存在しており・・
初版はその名のとおり、本当の初発行~時に印刷された本のこと・・
そして、再版とは、そえ以降~
在庫が切れるなり、追加販売する際に印刷される物のことなのですが・・
そう・・

暁のヨナ・・・

巻数が進む程にその、再版の数が増えていってるんですよ(笑)
11巻購入ときは・・
2年の間に13回も!
12巻の時には、なんと19回も~~!
再版されているのです!
て、一度の印刷にて何部だけ印刷されているかは存じ上げませんが・・(笑)
暁のヨナの人気は~この数値が物語っているような気がします♪
これって、それだけこの本が売れている~ってことですよね♪
売れない物をわざわざ再版して売らないでしょうし~~♪
そういえば、中古では、殆ど見かけることがない分、新品での取り扱いでは、どんなに小さな本屋さんでも、大きな書店でも必ず1巻~粗揃えて置いてあるのは、そういう理由だったのか・・と、思います。
やはり、一度購入して読み出すと、続きが気になって手放せなくなるファンが多い~てことなのでしょうね♪
アニメから入った私ですが・・
本当、ただの少女漫画の枠にはまらない作りは読んでいて飽きません♪
友情、努力、成長・・
そして、淡い恋話・・
と、戦争、国家・・♪
時々入る可愛らしいデェフォルメされたギャグシーンに・・・・・
ホノボノなシーン、ドキドキのシーン、ハラハラなシーン・・・と、 本当、バランスよく作られていて良いです♪
後、冒険物~ということで、色んな人との出会いにより、色んな物語展開があり・・ その出会いによって、ヨナは成長していくのですよね。
もう、本当、世間を何もしらず箱庭で育ってきただけのか弱いお姫さんの姿はどこえやら~~ 大の男を人睨みで威圧させては、泥だらけになりながらもハクとの修行に必死になって・・
弓の腕も、いつの間にかピカ一になっていくし・・・
熊をしとめてくるわ~なんていいだすようにもなっていきますしね~~ ♪
逞しい女の子大好き♪
そして、周りの人間関係のあり方にも微妙に変化が・・
はたからみれば、相変わらずに見えても、ヨナのハクへの思いはどんどん深まっていって、彼の前でだけは女の子になってしまう・・
それを感じてか感じていないのか、ハクもどんどん大胆になっていくし・・・(笑)
いや~ヨナ曰くハク熊だわ・・なんて、同じ布団の中で一緒にいるとき、頬を染めていっているシーンがありましたが・・ いや、これは熊ではなく、羊を狙う狼というべきでは~なんて・・(笑)
でも、 小柄なヨナにしては体格のでかいハクへの、見え隠れする野獣っぷりは、そんな風に見えてしまうのかも・・ (笑)
にしても~ハク君はよく我慢しております!
好きな女の子と同じ布団の中で、ただ眠るだけ~とか、並大抵の精神ではありませんが・・
この二人が一線を越えてしまう・・なんてこと、あるのでしょうか?
というか、恋人同士になったらどんな感じなんでしょう?
でも、二人のこの微妙な距離感も好きだし・・
でも、ハクの片思いに決着つけてあげたいきもするし・・ 想像したいけれど、出来るような、出来ないような~~♪
なんでしょ~二つの思いが入り乱れております(笑)
というか、ハクがヨナの気持ち知ってしまったら、どんな反応するんでしょう・・
一瞬何が起こったかわからないような表情で固まって・・ 熱でもあるのか~とか、空耳か~~とか・・
何にせよ、長い片思い人生、ハクにヨナの気持ちを納得させるのは難しそうですが・・(笑)
しかし、くっつこうが、くっつくまいが、あの二人の関係・・
守られているだけの女の子ではない・・
カッコイイ女・・
そんな風に、思い、思われ~な根っこ部分の関係性は変わらずにいて欲しいかな~なんて思いつつ・・
なんにせよ、本当、可愛い二人です♪
旅の仲間も、そんなヨナの心の変化・・ 又は二人の近づいていく心の距離感に何気に気付いていたり・・ やはり、身近にいる人って、見てくれてるんですよね♪ そういうの、本人にとってはバレちゃうのは恥ずかしいことですが、そこを複雑ながらにも見守っている彼らの存在がね・・色々と有り難いものです・・そんな風に、自分達を見守ってくれる存在ってて、とても大事で有り難いし、貴重な存在だと私は本当に思います
スォンと、ヨナ、ハクの恋模様もはたから見れば複雑でたまらないでしょうし・・
なんせ、初恋の相手に家族を奪われ、悲しみにくれる女の子を見つめる少年の、行き場のない思い・・
なかなか、簡単にどうにかなるものではないでしょう。 元々信じていない人間に裏切られるよりも、信じている人間に裏切られる方が、苦しみも怒りも半端ないでしょう・・。
そう、そんなスォンとの今後の対峙もどんな風になっていくか・・
彼の同行とかも凄く気になる所ですしね・・
国の情勢もどのように動いていくかも・・
強い国にしスォンの望みがかなえたとき、ヨナ、ハクとの関係はどんな形になっていくのか・・
まだまだ、先が非情に気になることこの上ない展開ですね♪ キャラの心情も、世界情勢も含めて・・ 続きが気になる暁のヨナです♪
本当~草凪みずほさん~
新人さんだとばかり思っていましたが・・
私が暁のヨナを知ったときには既にデビュー10年以上たたれているんですものね・・
そりゃ~質の良い作品をお作りになられるはずです!
ほんとう・・
基本的に雑誌ではなくコミック派~でしたし、タイミング的に、当時はヴァンパイア騎士の方に熱中していた記憶が・・(笑)
後、夏目友人帳とか・・・(笑)
て、今でもどう作品への愛は継続中~~ですけどね♪
雑誌のはなゆめも、もう、最近では少コミと、ぱっと見変わらなくなってきてるので・・
多分、それだけ若い新人さんであふれ出してきてる~てことなのでしょうかね~??
まあ、なんにせよ、はなゆめ作品の中では、上記の3作品がお気に入りです・・♪
出来れば、もっと早く暁のヨナに出会っていれば~なんて、思わずつぶやいていちゃいますが・・
今のアニメ&漫画業界の雰囲気だからこそ、目にとまることが出来たのかもしれません♪
でも、まあ、好きになる~のに、時間なんて関係ありまあせんし、これからは、愛読本の一つにさせて頂きます♪
本当、こんなにハマれる作品は貴重です♪
どうしても、昔ながら~な作家様とか、元作家様の作品で今では絶版になっちゃってたりとか・・(笑)
やはり、今時スタイルよりも、昔ながらに地に足をつけた雰囲気の作品が好きでならないのです♪
なので、今時の作品でありながらも暁のヨナ~な作品に出会えて、本当、感謝感激~てね♪
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

暁のヨナ 草凪みずほ 16~24巻 限定版! やはり神作品です♪ [漫画]

はい、暁のヨナのコミックようやく見つけました~
NEC_4354.JPG
NEC_4351.JPG
流石に100円では売ってなかったのですが・・思い切って16~24巻まで購入しました~!
やはり面白いですね!!
無限のスパイラルは確かに知りきれトンボですが・・
新人のうちに、そこまで良策の漫画なんて、そうそう簡単に作れる物ではありません。
漫画家にとって、漫画という作品は自身の人生そのもの・・
経験を重ねた分だけ物語りに深みが出てくるし・・
作者の言いたいことがはっきりと明確に出てくる・・
それが年月による作者の成長です。
てか、新人でそんな深みのある作品がホイホイ作れるなら、漫画家のお仕事苦労しないし、世の中そんな甘くないですし♪
そう・・
私の作品に対する見方は・・・

表面的な物語過程だけではなく・・
キャラクターの何気ない台詞や心情・・
多分、普通の人には素通りしてしまうような、キャラの何気ない表現なんですよね
後、好きなジャンル幅がわくに当てはまらない所・・かも?
少年、少女、青年向けジャンル関係なく好きですし・・
恋愛物に、スポ根に、ギャグに、シリアスに~と・・
自分の好きな要素を上手く見つけだしてはまっていける口なのかもしれません。最初は嫌いでも、気がついたら好きになっていった~てのもありますし(笑)
本音いうと暁のヨナも最初は世間凄く受付られなかったんですよ(笑)
国の姫でありながら、世間知らずもいい所がついていけず・・
私の旦那は、そんなヨナの頼りない姿に共感を得ず、私一人でその後は視聴することになり・・
でも、回をおうとに、ちゃんと姫としての自覚に目覚めていく彼女を見ているうちに好きになっていったんですよね
まあ、そんな感じの暁のヨナですが・・
はっきりいって、新人の時と、デビューして何年目の作品とは一緒にしたり比較するのは、色々厳しい所があります(笑)
何年も年月が経てば多くの経験を得て変化していくのが当たり前。
それが人の成長というものです
更に、物語構成がいくら魅力的でも、キャラがダメなら全然面白くないし・・
反対に、何気ない物語でも、キャラがちゃんと出来上がっていると、面白く感じられる・・。
この両方が出来るのは長期連載の漫画が出来てなんぼ・・て、所だと思います。
まあ、そんな感じで・・
こんなに巻数いっていて、はなゆめ~は昔からあるメジャーな出版会社~なジャンルのコミックスなはずなのに、何故だ~~と、旦那と一緒に首をかしげておりました。
その時の夫婦の会話により一応~私なりの結論が出たといいますか・・(笑)

旦那「赤髪の白雪姫は、山のように在庫あるのにな~。似たような作品だろ?」
「確かに・・でも、正直にいえば、赤髪はアニメ1クール見た限り、続きが見たい~ていう衝動には、まったくいかなかったんだよね。なんとなくだけれど」
旦那「成るほど~じゃあ、ストーリーのある無しか?ちゃんと1つの作品が一つの物語として繋がっていくかどうか・・。そうでないかの違いとか。赤髪の方は結局、物語は城の中のままで、物語が大きく動く~てわけじゃないし、1話完結っぽかった?」
「なるほど・・それに、赤髪は、最初から二人とも好感度高かったけど、ヨナの方は心の心情とか恋愛過程とかもゼロからのスタートだったし・・そういう所も含めて、需要のありなし~なのかな?」

なんて会話しておりました。
はい、あくまで私達夫婦目線でですが・・(笑)
いえ、別に赤髪の白雪姫がどうこう~というわけではなく、個人的感想故の結論ですので、ご了承下さい!
アニメの演出の仕方とかも色々あるでしょうしね・・
多分、赤髪の方は、特に主人公、人生に苦労してるとか、そうう印象が殆どなかったので、特に共感できなかっただけ・・なんだろうと思います。
何故あの娘っ子に大の大人が威圧されているのか、感情移入するのに非情に困難した記憶が・・(笑)
多分、私は苦労人の主人公が好きなんです(笑)
苦労した分だけ主人公の成長が著しくて、そこに愛おしさを感じてしまうのです♪
と、まあ、そういうわけで・・(笑)
色々ふっきって、購入したコミックが・・
アニメDVDつきの限定版を購入(笑)!
はい、なかなかに奮発したお買い物でしたが・・
後悔はないですし、寧ろ購入して心よりよかった・・・と、心より思います♪
本当に・・
TVアニメの二期はまだか、まだか~~と、いくら待っても兆しが見えないので、こういう形になったのですが・・(笑)
店頭では中古が見あたらないので、仕方なくネット通販で集めていこうかと思います(笑)
多分、24巻以降からは新刊で購入させて頂くこと限定ですが・・♪
本当、こんなことなら、もっと早くにコミックに手を出しておけば~~と、思わずにはいられません♪
でも、まあ、後悔したってしょうがないですしね♪
それに、これからは数少ないお気に入りの新刊アニメが又増えたのですから・・
良しといたしましょう♪
本当に、暁のヨナのような本、もっと増えてほしいですね♪
ヨナのような、子供ながらの目線にて世界を見通していき・・
子供だから何も知らないわけじゃなく、子供なりの目線で、できることをしていく・・
という様は、ガンダムでお馴染みの主人公の成長物~と、とても類似していて本当に好き♪
本当、戦争とか、世界情勢とか・・
ヨナは鳥かごの中のお姫様だけでなく、立派に亡き王の代わりに、彼女なりの強い覚悟と視野にて、世の中を見て回る・。
そうして、自分で自分のことを阿呆のままではいたくない・・
そういっていた彼女は、誰よりも凛々しく、逞しく成長していきます。
誰かに甘え助られるだけの無知な姫ではなくなっていく・・その姿が、わが子を見守るような気持ちになるといいますか・・。
は本当、彼女を見ていると、人間生活環境により、良くも悪くも・・
弱くも強くも、簡単になれてしまうものだな・・と、改めて思いました
因みに~(笑)
石原 ケイコさんによる作品は魔逆で・・
ストレンジ ドラゴン ~は凄くおきに新作のですが、新連載の花嫁と祓魔の騎士 は、なんとなくキャラクターが少し子供っぽくて感情移入しにくくて・・
新作の花読めよりは、ストレイジの方が好きだったりもするのですが・・・(笑)
まあ、そもそも見た目がショタキャラという地点で同じ目線で物語に入りにくいのかもしれません~
やはり歳相応の恋愛というか、物語がみたいといいますか・・(笑)
そんな感じで・・
オリジナルアニメの感想は又、おいおい書かせて頂こうかと思います~♪
かなり胸がしめつけられるお話でした・・・♪
人って、やはり限られた命だからこそ貴重で・・。
いつか人は死にます・・・
死はとても怖いことだけれど・・
でも、自分一人取り残されて永遠にいきることの方が、きっと死ぬよりも苦しい生き方だろうな・・なんて思いました。
やはり、人間、健康に生きて、歳とって相応の年齢で他界していくのがベストですね♪
な~んて思わせて頂きました♪
やはり漫画って、年月たてばたつ程味のある作品が生み出される物ですね♪
まあ、中にはレディコミ系で、中身のない話しかかけなくなっていく女性作家さんもいらっしゃいますが・・
多分、恋愛メインでしか物語書いたことのない少女漫画な作家さんの場合、成長する所まで成長しちゃうと、そうなってしまうのかな?とか思いつつ・・(笑)
やはり、政治にしろ、スポーツにしろ、歴史にしろ~何にしろ、物事に深く広く興味持てる物があるかないかにより、作風は変わっていくものなんだな~と・・
改めて思わせて頂いたりして・・ね・・♪

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

夢幻スパイラル 草凪みずほ [漫画]

夢幻スパイラル  草凪みずほ
NEC_4350.JPG
はい、とうわけで~(笑)
魔法使いの嫁をTVで見るようになって、昔懐かしい主人公永長による冒険もの~な雰囲気の漫画が無償に読みたくなって・・
しかし、その手の漫画は殆ど、既に絶版なレトロ漫画ばかりで、それらを入手するの中古でも店頭で見つけて購入するのは非情に困難~
ならば、少し前にアニメ化されていつつ、ただ今も連載中の暁のヨナならば~と、中古で探したが、店頭での出回りが本当に少なすぎて・・(笑)
アニメもした後だし、普通なら沢山出回ってそうかな・・なんて、軽い気持ちでたのですが・・
これが、全然そろえられない・・(笑)
恐ろしい程中古での品揃えが、何処いっても薄いんです(笑)
いくらほしくても、前半と後半とか・・こんなバラバラ買いじゃちゃんと物語楽しんで読めない~
ということで、代わりに見つけ、購入したのがこの漫画です(笑)
10年以上前前の作品で、これを見つけられたのも偶然というか奇跡としかいいようがないのですが・・(笑)
おお、他にもこんな連載されてたんだ~これは私好みっぽいお話かかも・・
と、何気にヨナ以外の連載作品にてチェックしていたものが1冊100円で入手できるのはラッキーだ~
と、少しだけホクホク気分で2巻完結~の2冊をレジへと持っていったのです♪
そして、自宅でじっくり読んでみれば・・
想像以上に面白い!
少女漫画でありながら、少年漫画っぽいアクションシーンもあり・・
そして何より~
ヒロインがヒーローに媚びていない所がいいです(笑)!
あまりに恋愛1本すぎる女の子って、少しだけ苦手なんです。
小さな恋も少女にとっては冒険かもしれないけれど、人生恋愛ばかりじゃない・・
学生なら友達づきあいに学業に、家庭の事情に~と、今だからこそ取り組まなきゃいけないことがあるのに・・
と、思えてならないのです(笑)
恋愛一つで人生全て台無しになるわけでもないし・・
男の尻ばかりおいかけて、好かれたくて一生懸命も一本気すぎると物語がそれだけ~のお話になり、先読みが出来てしまって、少しだけ退屈になるか、すぐ飽きてしまうかのどちらか・・
個人的には簡単に飽きてしまうような作品にはあまり手を出したくないので・・(笑)
なので、主人公は恋に無自覚で無頓着で、他の生き方に一生懸命~なくらいの方が好きなんです♪
そう、今回の話は親から霊術師としての力を受け継がされた主人公、弥生と・・
その、彼女の強い霊力を我が物にしようと彼女の命を奪いに、目の前に現れた鬼の王子との物語・・
そう、恋愛からではない、このスタートラインが非情にツボなんです。
恋ってのはゼロからスタートして、色んな出来事があって、色んな物を育みながら芽生えさせるのがベスト
というか、それが私好みな物語展開♪
そして、ファンタジーというか、鬼や霊というアニメならでは~な要素が面白い!
そう、最初は命狙われ、狙い~な立場の筈なのに・・
癒されて仕方ないシーンが多いんですよね・・
何が面白いかって・・
猫・・
主人公弥生によって鬼は封じられてしまうんですが・・
その封じたときの姿が、可愛い黒猫~~(笑)
猫好きにとっては、癒されないはずがないです(笑)
それに、鬼とはいっても、なんだかんだで善人というか人が良いといいますか・・
弥生から力を奪おうとするものの返り討ちにあって猫姿に~~な展開が可愛くていたし方ないのです♪
だんだんオチャメさん?な雰囲気にもなっていくのが少し可愛くもありますし・・♪
そんなことを繰り返しているうちに、鬼も弥生へと情が移っていくんですよね。
弥生自身も最初は警戒していたけれど、なんだかんだで自分を助けてくれては、頼りになってしまう鬼の存在を受け入れ始めていきます。
そして、同時に彼女にとってその思いは何時しか、亡くなってしまった両親の代わりに、今度こそ守りたい・・という存在にもなっていく・・
そう、その理由ってのは、鬼である彼が人に向けた言葉
痛い言葉に慣れるはずがないだろ、俺にも覚えがある・・
と、霊術師としての彼女の力を胡散臭いと煙たがるご近所からの冷たい言葉に対して、彼女を庇った後の言葉・・
そう、この言葉が、私の心にも凄くストーンと落ちていったんです(笑)
親からの暴言、クラスメイト全員からの非道な虐め・・(笑)
殆どの詳細は覚えていたり、覚えていなかったりで、今だに心ひきずってる~とか、そういうわけじゃなけれど・・(笑)
まあ、そのおかげで今の逞しい私が存在している~といっても過言ではないですし、それはそれで有り難いのです、社会の荒波に耐えられるだけの根性は備えさせて頂けたというか、自分の限界までがんばれる人間であれたことには感謝です♪
まあ、同時に、人間一人で頑張りすぎるにも限界があることも学べましたしね♪
けれどもやはり、心無い言葉に慣れているはずでも、それは心がまったく痛まない・・といえば嘘になる
やはり、慣れていても傷つくところは傷ついていて・・
自身が傷ついていないフリをして虚勢をはっていただけなのかも・・なんて、ふと思ってしまったのです(笑)
あ~~まさか、漫画の台詞で自分の本心とこんな形で向き合わされるとは~なんて、思っていたませんでした・・(笑)
そう、時がたてば慣れにも体勢が出来るけれど・・
どんな言葉を、何を言われても平気~て訳じゃないのですよ。
昔は平気だった言葉も、今では平気に慣れた分、更に強く心無い言葉を言われたら、傷つかない・・・とはいえませんから(笑)
思わず、成るほどな~~と、思わせていただいた瞬間です♪
そして、更なる言葉
ダメだと思うときこそ這い上がって努力する!
と、主人公が過去にとび、過去の自分から言われた言葉に・・
これも又強く心に響いた言葉・・
私自身が、そうやって生きてきたからこそ、この主人公の心理描写や、生き方に共感できるというか・・
何気ない台詞が、本当に凄くイイ言葉をいってくれる作品だな・・そう思えるのです。
人間って非力で弱い生き物だけど、でも、だからこそ強く生きようとする彼女の心根に、徐々に鬼は心引かれていき・・
そして、やがていきついてしまった答に・・
好きになっちゃいけない人なんていない
それよりも出会えた事に感謝しなきゃ
と、これまた凄くイイ台詞をいってくれるんですよ~
他にも、
道に迷ったら一番辛い道を選びなさい・・
という台詞とかも・・
そう、辛いときだからこそ頑張る努力をする・・
そうしていれば、気がつけば悩みから抜け出せていて・・てことは少なくないのです♪
苦しいときに逃げてしまうから、ずっと苦しいままなんですよね・・。
まあ、時には逃げることも大事ですが、逃げることになれちゃうと何も出来ない人間になってしまいます
普段頑張っているからこそ、逃げ時を見つけてよいのだと私は思うし、普段頑張っているからこそ、上手な逃げ時ってんが見えてくるものなのでは・・と、思わなくもない・・。
そんなことを思いつつ\\
物語は、鬼が自身の立場を理解しつつも弥生とともにある事を拒みきれず、迎ええを拒み、彼女とともにあることを選ぶのですが・・
物語はまだまだ続くよ~という感じのハッピーED~・・
そう、個人的には、もっと続きが読んでみたい~と、思わせて頂いた作品です。
あれ?これで終わりなのか~色んな問題がまだ山積みなのが惜しい~~でも、面白い、だからこそ続きが気になる~そんな風に思わせる作りってのは、とっても大事な気がします♪
けして、作者の自己満足~なだけの本ではないな~なんて思わせて頂いた作品です。
やはり、アニメや漫画以外にも色々と興味持てる人でなかれば、こういう作風の作品って作れないのだろうな・・
なんて思いました(笑)
それと同時に、マツコの知らない世界がお好きなのか~
私も微妙にあの番組好きですよ~
本当、私の知らない世界~を、まさに教えてくれる作品で・・
なんてつぶやきつつ~(笑)
少女漫画だけれど、少年漫画より~で、なかなか楽しく、さりげに何かを感じさせてくれる作品でした
読めてよかったです。
こういう作風があるからこそ、暁のヨナ~
な作品が生まれたのだろううな・・と、思いました♪

タグ:草凪みずほ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

満月をさがして 種村 有菜 [漫画]

はい、またまた~~怪盗ジャンヌでお馴染みの~種村 有菜先生の文庫漫画満月をさがしてです♪
NEC_4353.JPG
なんでしょう・・
1作品購入してしまうと、あ~この作家さん懐かしいな~てな感じで中古にて購入しちゃう衝動が・・
丁度読みたかったり買いたい本がないと余計に出てしまいまう・・・(笑)
しかも、めったに店頭にはみかけない珍しいものだと余計に・・(笑)
そう、この作品は当時は、そこまで興味もなければ、そんなに内容印象なかった筈なのに・・
大人になってから読んだ方が実は面白かったのかも・・と、思えた作品です。
多分、若い頃はどうしても恋愛色が強い物を重視に読んでいて、女の子なトキメキ~を楽しみに漫画を読んでいたんだろうと・・・思います、多分ですが(笑)
それが、今回の作品は、どちらかといえば芸能活動や、命をメインとした色合いが濃くて・・
多分、子供の私には何か物足りなかったんでしょうね~
少女漫画なのにラブや恋話シーンが少なめで・・(笑)
かつ、全3巻構成なのですが、1巻の中盤でなぜか中だるみしそうになって・・
1巻の後半急に再び面白くなり、いっき読みした~て感じでしょうか・・。
そう、この作品のテーマである生と死についての展開へと、ぐっと近づいていってから・・だろうと思います。

大好きな歌を歌いたい
大切で特別な男の子のために・・
別れ際にいえなかった思いを歌を通せば、いつかどこかにいる貴方に伝えられるかもしれない・・

と・・
けれど、彼女の体はそこまで健康的ではなく・・
周囲の人達からは頑なに拒まれます。
手術をすれば助かる命・・
でも手術をすれば声帯は失われ二度と歌えなくなる・・
彼女は、そのことを頑なに拒みます
片思いの男の子との約束をはたすために・・
けれど、そこで奇跡が起こるのです。
彼女の目の前に現れたという死神二人・・
彼女の命は寿命が近づいている、だからその魂を回収にきた・・と・・
そうして、彼女の命はここで終わるはずだったのですが・・
まだ歌手になれていない、限られた時でもいい、一度でいいからオーディションに参加したい・・
その思いに、未練残されるくらいならいう通りにしてやろう・・と、死神はひと時だけ力を貸してくれます。
そう、ほんのささやかな時間・・のはずだったのですが・・
彼女の歌は想像以上に彼らの心を揺さぶり・・

というような感じの前ぶりです♪
そう、この作品いまいちはまれないな~と思っていたのは、主人公がけして美少女ではなく、チビマメめ~な女の子・・だったからかもしれません(笑)
それが、死神の力を得て歳を重ねた可憐な歌姫へと変身した姿をみて・・
おお~理想の美少女~~という所で、まず1つめのツボポイントとなった感じです・・(笑)
それから、芸能世界での競争にて、ライバルと戦い、ぶつかり、勝利し、友情を深めて~
その傍らに出てくるのが死神の過去の話だったり・・
主人公の思い人の存在・・
そこから生まれるもう一つの新しい恋物語
そう、この、ある意味三角関係~という形になるのですが・・
これが又、後半においての展開が凄く面白くて・・
やはり、人間時を生きていれば色んな出来事があり、そして変化していく・・
ずっと、思い人への強いしがらみが・・
綺麗な思い出へと変わっていく・・
忘れちゃいけない、思い続けなきゃいけない・・
彼のためにも・・
なんて、ただ一人の人だけを思い続けていく女性も世の中にはいるのだろうと思います。
亡くなった旦那さんや恋人、酷く一方的に傷つけ分かれてしまった恋人・・
でも、残された物は、まだ生きているのです
どんなに心強く、それを求めても時間はとまらず流れていくのです
人の心の中に永遠にいき続けるものはあっても、一生変わらない思いなんてない
優しさや強さだって時とともにその形や表現の仕方は変わっていくものです
なんてことを、さり気に語りかけてくれる作品でもあったような気がします。
そして、命をかけてでも貫き通したい思いや願い・・
人が生きる上でのエネルギー源って、そういう強い思いなんですよね。
それが憎しみだったり、愛情だったり、形はいろいろだけれど・・
その強い思いがあってこそ、人は生きているんだ・・と、実感できるのかもしれません。
そう・・
生きるものには生きている世界があり・・
死んだものとともにあることは出来ない・・
それが人の生死であり、人生の始まりと終わり・・とでもいえばよいのでしょうか・・
なので、最後、ハッピーEDではありますが、どこか切ない感じを抱きつつ・・
又、それ以上に、人の成長~というものを感じさせてくる・・そんな作品なのかもしれません。
結構、読めば読むほど味が出てくる物語というか、冒頭から、もの凄く面白い~という感じではなく、読んでいくうちに、ああ~作者さんの言いたいことってこういうことなんだね・・・
てな感じに、何かを伝えてくれる作品であることは、確かだと思います。
基本的には、あくまで少女漫画なので、そこまで重苦しい雰囲気に描かれていることはないのですが・・(笑)
そう、少女漫画ならではに、ソフトに、暖かく、分かりやすく伝えてくれます
少なくとも主人公達の心のあり方は、とても自然でリアルな描写になっているかと思います。
まだ少女という年齢で、夢を諦め生きることを選ぶのか、夢のために命を全うするのか・・
そういう選択における、命の尊さ・・
そして、周りにいる人間の温もり・・
そういったものを煌びやかで、どこか温かみのある物語り構成にて、上手に伝えてくれているような気がします。
若い人達は簡単に死を求めてしまう人がいるようですが・・
きっと、そういう人達は夢や希望、人の温もりや優しさに気付けない人達・・
そう、ギリギリの所で踏みとどまれるだけの何かに気付けず、自分の殻に閉じこもったまま抜け出せなくなってしまった人達・・。
人生って、本当に色んなことがあります
泣いて、苦しくて、消えてしまいたくなるときもあるでしょう・・
けれど、それでも人は生きていかなければならないのです
寿命というものがくるまで・・
それが、人がこの世に生れ落ちた瞬間から背負わされる責務なのかもしれません。
なんて思ってしまいます。
人生長いです。
後、10年、2年生きていれば幸せが見つかっていたかもしれない。
かくいう私も、人としての当たり前の幸せを感じ、見つけるまでに20年近くの時をかけてしまいました(笑)
そこにいきつくまでに、何度かの挫折もありましたが・・
ああ、あの時、人生諦めなくて良かったと、今、本当に心から思います
だって、さよならした友人も、今傍にいてくれる友人も・・
そして、旦那さん・・♪
今まで生きてこなければ、この、幸せを与えてくれる人達にめぐり合えなかった・・・て、ことですもの♪
過去の苦労も今では、今、ここにいる私を形作ってくれた物意外の何物でもない
あの苦しみがなければ他人にたいして優しさを抱けなかったかもしれない・・
厳しい世界で生きていたからこそ、強さを与えてもらえなかったかも・・
そして、その有り難味を感じられなかったかもしれない・・
人生に簡単に挫折して諦めるばかりの人生だったかもしれない・・
人の温もりをこんなにも暖かく感じることはなかったかもしれない・・
そんな思いで溢れてしまうから・・
そりゃ~人生嫌だったり、面倒なことも数多いけれど(笑)
それでも、生きていられることに、私は感謝します♪
そして、そういう自分でありたいと思うし・・
少しでも命の尊さを・・
自身を・・
そして家族を愛するが故に、命の大切さを感じてくれる若者が、もっと増えてくれるといいのにな・・と思います。
夢をかなえることは苦しいけれど、それに負けずにに頑張れば必ず得られるものはある筈だし・・
夢を抱いていきられれば、人間なんとか生きていけるのではないだろうか・・と、思います。
かくいう私も、漫画家になる~なんて夢を抱き、家を飛び出したけれど・・
でも、そこで新しい・・というか、本当の私の人生の始まり~みたいなもの見つけられましたしね。
それがきっかけで、私にも返る場所が見つかったというか・・
苦痛でしかなかった場所が、思ったよりも居心地の良いものに変化もしていたり・・
結構、良い驚きも沢山頂けたような気がします♪
やっぱ、人生生きてみないと分からないこと沢山ですよ♪
て、こんな偉そうなこといえる程、私の人生もまだまだこれから、学んでいかなきゃいけないことが沢山かとは思いますが・・・
なので・・
どうか、死を自ら思う人に言いたい・・
諦めないで~~
そして、心を強く育てることを忘れずに生きてほしい・・
なんて思った作品でした♪

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

紳士同盟 種村有菜 [漫画]

はい、怪盗ジャンヌ原作者~
種村有菜先生の作品の一つ紳士同盟文庫漫画本です♪
NEC_4303.JPG
子供の頃読んでいた少女漫画の一つなのですが・・・
大人になって目を通してみると、また違う目線で楽しめるような気がします♪
子供の頃よりももっと、物語の本筋・・恋愛だけでなく家族愛や友情・・そんな部分にも目が通されて、又違った面白さを見つけてしまった感じです♪
そう、古本屋におかれているのを見て~懐かしさにかられて購入した~だけのつもりでしたが・・
文庫だから巻数少なくてスペースとらなくて良いですし・・
1~2巻を1冊100円にて購入なら安いかな~取りあえず購入~という感じでしたが・・
残り5巻~なかなか中古で出会えず~忘れそうになる頃に~250円で販売しているのを見てようやく全巻揃えました~~て感じです(笑)!
二巻以降からが物語に面白みが増していくような感じです。
恋愛以外の物語が展開されていくようになるのですよね♪
はい、・・私的な解釈として、この物語は現代のシンデレラ版~て感じのお話でしょうか
王子様に憧れる健気で心強きヒロイン・・
でも、現代版は・・
義理の親ではなく実の親との角質・・
その分育ての両親はとても優しく、それ故にヒロインはづ湖か負い目を見ているような・・
実の両親との角質を引きずったまま、そんな弱い自分にめをそむけていきていた・・という設定で・・幸せな日々でありながらも、心の中に柵を抱きながら生きている。
そう、強さと弱さをかねそろえたヒロインなのです。
完璧じゃないからこそ、共感持ちやすいヒロインとでもいいましょうか・・。
その強さは弱さを隠す為に頑張っている、彼女なりの必死な努力・・
本人が思うよりも彼女は強いのですが・・
その強さを持ってるからこそ、人よりも傷を背負いやすい・・
逃げずに立ち向かってしまう。
自身のことには逃げ腰でも、友達や家族のことになると、自分を犠牲にしてでも頑張ってしまう・・
そんな不器用な少女・・。
そして、そんな彼女が思いをよせる王子様にはある秘密があり・・
それゆえに、色んな複雑な恋模様が繰り広げられていきます。
ヒロインんだけでなく、実の両親の過去話など・・
そして、身近な友達の恋も又複雑であり・・
色んな形の愛情が複雑に絡み合っていきます。
父親との関係、片思いに、友情に・・と・・
沢山色んなことに対し、悩み苦しみ泣いて・・
一つ勇気を振り絞ることで解決したと思ったら、又一歩進んだ悩みが生まれて・・
それでも、結局彼女は頑張って生きていくんです。
ときには友に支えられ・・
ときには恋人に支えられ・・
ときには家族の愛に気付くことができて・・
そう、色んな物に支えられては、傷つけられ、痛みと優しさとともに強さを得ていく・・
そして、最後にはハッピーEDを~という形で物語は終わるのです・・♪
誰かのために嘘をついて身をひいたり・・
そのことで返って相手を傷つけたり、そんな自分を叱責したり、気付かされたり・・
彼女は彼女なりに必死に頑張るけれど、その行動はけして間違いでもなく正しいものでもなく・・
裏めに出たり、望んだ通りの結果になったり・・
そんな繰り返しにより、彼女が出した答えは自分が自分らしくいきること・・それが彼女にとって、何にも変えがたく、得ることができたもの・・
それが彼女にとっての自由な生き方・・。
友達も、恋人も、家族も愛しているという心だけは捨てずに、最初から最後まで生き抜いた彼女が掴み取ったハッピーED~~♪
そう、自分の幸せは自分で掴む
泣き言いってたって人生は変わらない!
待っているだけじゃないシンデレラは自分の手で物語作り完結させたのです!
その時の、本当、ヒロインの幸せそうな笑顔が可愛くて無邪気でたまりません♪
そして、その王子様も又素的で・・♪
他の誰かを愛していたとしても、それでもいい・・いつかは自分に振り向かせてみせる・・
なんてなかなか言える発言ではありませんし・・♪
愛に絶対的な形はない・・て奴です♪
償いのために一生恋をしてはいけない・・なんてことも、誰かが誰かを咎める権利もなくて・・
自分の心に目を背けず、傷つく覚悟をもたなきゃ得られない恋がある・・
色んな優しさと愛と試練を描いてくれた、とってもハートフルで甘酸っぱい少女漫画です♪
結構、三角、四角関係~なハラハラドキドキの展開がメインですが・・
やはり、そこには家族愛~てやつがかかせない。
親への柵がとけなければ、本当の意味で幸せにはなれない・・。
そして、王子様の方も同じく・・
家族だからこそ感じる柵、憎しみや、嫉妬・・
そういったものが又、ヒロインを挟んで絡み付いて・・
その二人へと結論を抱いたのはヒロインであり・・
昔、友達に言われた気がします。
愛するにんげんよりも、愛してくれる人と一緒になれるほうが幸せだ・・
と・・
その意味ってのが、この物語にものせられているのかもしれません♪
幸せの形なんて、本当、何がどうなって辿りつくかは、わかりませんものね♪

本当、なかなかに面白い作品でしたよ~
絵柄が少女漫画でキラキラしちゃってますが・・
ヒロインの悩みながらの頑張り具合にエールあびせつつ、ヤキモキさせられつつ・・
だからこそ、最後のハッピーEDに胸が一杯になる~~
そんな感じの作品です♪
恋に家族愛にと、色々頑張り成長していく現代のシンデレラストーリーを楽しみたい方に是非オススメです♪
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

刻の聖獣 橘 裕 [漫画]

はなとゆめで連載されていた、橘 裕先生の懐かし作品!刻の聖獣 です!
NEC_4330.JPG
いや~やはり、本当に面白い本ってのは、今読んでももの凄~く面白いものです!
この頃の作家様の多くは、さりげなく題材~みたいな物を作品にちゃんと取り入れて物語を描いて下さるので、主人公や周りの登場キャラの心理と、妙にリンクしやすいのですよ・・・(笑)
この作品は、テーマは主人公がもう一度自分にとっての特別を作れる・・
そんな勇気を手に入れる物語・・とでもいうべきでしょうか・・
本当、この主人公の心の成長といいますか・・
勿論、それ以外にも沢山あります。
そんな彼女に寄せてはいけない好意を寄せてしまう少年の思いなど・・
大げさな訴えやテーマは、きっとないのでしょうけれど・・
そのぶん、本当にさりげない語りにはっとさせられる・・。
家族関係とか、義理の親故娘への思い・・
そんな複雑な家庭環境ゆえの人間関係の作り方が起用に見えて不器用な主人公とか心理とか・・
ことあるごとに、登場するキャラ達の心情に寄り添いやすくて、だからこそ、物語に入りやすい・・
そんな、ファンタジーながら、人物像の心理のリアルさが魅力の作品。

物語の内容は、元気で明るい女子高生、雪絵の前に突然現れた少年、蒼。 自分お同じく両親を亡くしたという彼。 新しい家族として共に生活を送ることになるが、彼の真の目的は、雪絵自身にあり・・ その目的と彼の招待とは・・ という、橘先生ならでは~のファンタジー作品

そうです、主人公雪絵は愛情を沢山注がれつつも親と特殊な死別を経験してしまった・・
それ故に、表面上は元気で明るくて、甘えたさんなのだけれど・・
本当に誰かが必要なときには、無理してでも頑張って頑張りすぎてしまう・・
そんな不器用ゆえの強さと弱さが、妙にひかれてやまないのです。
そう、弱くても強くても、基本的に頑張り屋さんなのが大好きです♪
そして、そんな彼女の弱さを一瞬で見抜いてしまえるのが、目の前に現れた蒼という少年・・。
やっぱ、男女の関係って、顔がいいから、お金あるから・・とか、そんな薄っぺらい関係で彩って惜しくはないのです♪
一番大事な心の奥を見つけてくれる・・・
その上で、色んな出来事があって、男女の関係は作られていく・・
命を助けてくれたり、支えてくれたり・・
けれど、守られてばかりのお荷物になるのはいや、自分でも彼のために何かしたい・・
時間を共にすごしていくうちに、そんな感情が芽生える・・。
そう、やっぱ、最初はキャラの登場の仕方によるインパクト~ですが、そこからの心の心理描写が本当~に物語には大事だと思います♪
カッコイイ~てだけじゃなく、嫌な奴だ~て意識が、いつの間にか好意になっていったり・・。
そうなるまでには、日常の何気ない生活から、とんでもない出来事にであったり・・そういう時間の積み重ねで人の心ってのは変化していくものです。
この作品では、蒼の過去と、雪絵の記憶・・が又キーパーソンになっていくのですが・・。
大切な人は沢山いても、その中から特別な人を作ることに怯えて出来ない雪絵・・。
又、家族を失ってしまう、あの悲しさを味会うのが嫌だから・・
そんな彼女の心境が、彼との出会い、そして、巻き込まれる争い・・
架空の生き物でしかなかった竜の存在・・など・・
少女漫画でありながら、そういったしがらみと共に、緻密に作られた人間模様~そして、アクション交えたラブストーリーが展開されるわけですよ~~♪
自分を守るため兄弟や仲間とも敵対することを厭わず戦っている彼を見ながら、ヒロイン雪絵は少しづつ逃げ腰だった自分を変えてゆきます♪
死ぬほど怖い思いをしながら・・でも、彼が傍にいてくれる・・
だったら自分も変わらなきゃいけない・
そんな風に心の変化を、ごく自然に絵がれていて・・
最後、何もかもまくいって、全てがハッピーED~というのではなく・・
何かを得るためには、何か犠牲にしなきゃいけない・・・
そんな切ない展開の中での、ハッピーED~~♪
やはり、何かの犠牲の上でなりたってしまった幸せ~というのは、出来ればないにこしたことはないのだけれど、そういうわけにもいかないことだってあるのです。
日本だって、過去に悲惨な戦争があり、だからこそ平和主義というものが存在しているのですから
人生ってそういうものです・・
失敗して、失って・・ だから、次は失敗しないように頑張って・・・
だからこそ、なんでもかんでもご都合主義~な、ハッピーEDって、場合によって、少し苦手なのですよ(笑)
世の中そんなに何でも官でも上手くわけじゃない。 上手くいくこともあれば、上手くいかないこともある・・
なんでもかんでも上手くいきすぎるなんて甘い蜜思考は危険です(笑)
そこに誰かに漬け込まれちゃいますよ~
上手い話には裏がある~
自分に都合の良いことしか言わなさすぎな人間には気をつけろ~てね(笑)
過酷な展開があればあるからこそ、物語は盛り上がるし、教わり、感じられるものがあって・・
この作品の主人公のように・・
最後は、自分の命とひきかえにしてでも育ての親を救いたい・
そんな思いに自ら自身の身を投げた彼女・・
その決意の強さに彼女の意志を尊重せざるおえなかった蒼・・
そして、母親の子供への無償の愛・・・
唯一無二と呼び合えるほど仲の良かった兄弟の結末・・・
最後は、何を失い何を得たのかは、作品を実際読んで見てからのお楽しみ~と、いった感じでしょうか♪
敵、見方関係なく、どのキャラも魅力的で、それぞれの意志や考え方による個性が上手く描かれていて凄く素的な作品でした♪
約一名、いかにもザコっぽく、無意味に消えていったキャラもいましたが・・(笑)
まあ、意味ない悪役~てのも、一人はいてくれた方がいいですよね。
物語を盛り上げ進めていくには、そういう存在もときには必要かと・・(笑)
結果、蒼と雪絵の絆を深める役割にもなったわけだし・・♪
そう思うと、ザコでも不必要なキャラはいなかった~~て、ことになるかもしれません♪
やはり、面白い物語構成ってのは、ソコがきっとポイントなんだろうな・・と・・♪
まあ、そういうキャラ作り~てのが難しいのでしょうけれどね~
何度もいってしまいますが、やはり、それは経験が物をいいますね!!
例えるならば~宮崎監督のように、少年、少女、家族向け~と、ジャンル問わず作品を描けるには、それだけの視野の広さがるからこそ~だと、本当に思います。
二次元が好きなだけでは面白い作品は作れない!
自分の心を、もっともっと磨いてこそ、面白い作品が出来る
日常に感じる小さな出来事を大切にすること・・
心を裕にしてこそ作品に命が芽吹きます~~

な~んてこと・・
昔の漫画読んでると、ついつい語ってしまいます。
基本的に語り癖~のある人間ですからね。
心の中に秘めた思いを沢山語りたいのです。
友達相手に言葉で伝えると、本当~にとまらなくなってしまうので、こうしてブログで語らせていただく~と~~
なので個人的には今流行りのラインとかツイッターは苦手です。
あんなに短い文章のやり取りでは私の思いは伝えきれないのです。
当たり障りない、ただの世間話なら日常生活における、近所おばちゃんや、お婆ちゃん、義母様だけで十分ですから~♪
折角だから、普段の日常では語れないことを、長文にどど~~んと、のせたい♪
もう、若い頃は1本の作品作りに、自身の思いの全てを詰め込んでいましたが、その活動も、もうやめてしまいましたからね・・
なので、こういう作品を読んで、自分の代わりに作者さんの語り部を読ませて頂くのが本当に楽しくて仕方がない・・♪
そんな感じで、個人的には、この漫画~
恋愛だけの少女漫画漫画では物足りない~~という方には俄然オススメですよ!
ラブ&アクションを交えたファンタジーが最高です♪


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

人形師の夜 橘裕 漫画文庫 [漫画]

ということで~~(笑)
昔懐かしの少女漫画な文庫
NEC_4319.JPG
橘裕先生による人形師の夜
そう、もしかしてヴァンプでお馴染みの作家様です♪
因みにお話は1話完結なので、1巻だけで十分に楽しめる本ですが・・
1冊読み出すととまらなくなるんですよ、題材の深さに夢中になってしまう・・
懐かしさに手にしてよんで、改めて思いました・・
この本は、人生を知らない子供時代に読むよりも、世間の荒波を多少なりとも知って大人になった今だからこそ、面白さがわかる本だったのかもしれない・・と、思える程問題定義を、さりげに詰め込ませたた作品なのでは・・と・・思います(笑)
だって、親父に老人に、老婆に~と、登場するキャラが結構年配も多く・・(笑)
子供の頃には社会がどうとか、親からの虐待親がいなくて(小遣い稼ぎで働いている子達とはわけが違います)中学生が兄弟をやしなうために夜の仕事をしたり、片親を亡くした少女の繊細な気持ちに・・
社会から爪弾きにされてしまっている行き場のないご老人達とか・・
他にもいろいろな家庭問題に、社会問題・・
恋愛物としては、亡き恋人の思い出を胸に抱いて新しい人生を歩む~など・・
当時の、まだまだ乙女で幼かった私には、きらびやかさがなく、ただひたすらシビアで悲しくて、小難しい作品だな~としか思えなかったんですよね(笑)
そう、まだ恋愛物語重視~の私にとっては、何かしら物足りなかった・・のですが・・
だがしか~し・・
歳を重ねて、成人になり、自分も家庭を持つようになり・・
子供の頃には見えていなかったものが多少なりとも見えるようになり・・
そこまでにいたるまでも色々ありましたからね・・(笑)
大人になるまでの多くの経験って、やはり何にも変えがたい価値があるような気がします
家族、友人、会社、親戚、お隣さん~等沢山の方とのお付き合いに・・。
そして、命の重み・・
社会問題・・
幼い頃には見えていなかったもの、今の年齢になったからこそ見えてくるもの・・
そういうのを改めて感じさせてくれる・・そんな作品のような気がします。
ここに登場してくる人物体は、けして楽な人生ばかり歩んできたキャラじゃない・・
主人公自ら重い病気と闘ったり家族を失い心の病にとりつかれた親だったり・・
子供を顧みず仕事にあけくれている両親・・
家を出ていったきり帰ってこない親だったり・・
恋人に裏切られて命をたった少女だったり・・
本来、法律は私達を守ってくれるものですが、その法律があるからこそ守ってくれなかったりすることもある・・
そんな感じのお話たち・・
中には可愛らしい話もありますが・・♪
殆どが命の重みを通して伝えてくれる作品ばかりです。
なので、基本は切ないハッピーED・・・

この世をさって成仏できない魂の願いをかなえるために、限られた時間だけ、現世にいられる肉体(人形)を与える・・・
それが人形師・・

そう、願いはかなえど、殆どが現世から旅立ってしまうのです。
というより、この世への未練をたちきるために人形師に会いにいくんですよね。
けれど、だからといってアンハッピーな話じゃない
切なく悲しいながらもハッピーED~て感じです。
だって、人は何時かこの世をさります
肉体を失った魂は、何時までも現世にとどまらず、あるべき所に返されるべきなんです。
勿論、命が終われば、それで終わりとなり、その後の世界なんて今生きている私達にはわからないけれど・・
でも、失った人を思い何時までも泣き続けるわけには・・囚われ続けるわけにはいかないのです。
だって、残された物は、今を生きていていかなきゃいけない・・。
どんなに辛くて、悲しくても、それが残された物の死者への唯一の弔いなのです。
だから、お葬式をして、大事な人の死を受け入れ、別れをつげるのです。
そう、別れなきゃいけない・・。
愛しい人を残して死んでしまった者は、その愛しい人の人生によりそい、共に心の中で生きていくのです・・。
そして同時に・・・
そう、残されたからといって、けして一人ではない・・
同じように悲しんでいる人がいて・・
共に生きようと手を伸ばし見守ってくれる人が他にもいる・・
今まで傍にいるのが当たり前すぎてなんとも思っていなかった存在が、その時初めてその存在に気付かされる・・なんてこともあるでしょうしね♪
それは又新しい人生のスタートでもあり、とても素的なことです♪
他界したら自分の体ゴミとして放置して欲しい・・なんていう人がいるみたいですが・・
それって、もの凄く寂しくないですか?
人の人徳って、亡くなった後の葬儀を見ればすぐわかる・・といいますし・・。
どんな人付き合いをされているのかわからないけれど・・
でも、ゴミとして捨てて欲しい~とか、誰も悲しんでくれる人なんかいないよ~と、いってるのと変わらないし、切なくなります・・。
命は死んだら確かに全て終わりではあるけれど、葬式って、ただの儀式ではないんですよね。
葬式は・・亡くなる人間よりも、残された人間の心の整理のために行なうものでもあります・・
お墓が存在するのだってそう・・
何かあった時・・
亡き人を思いだせる唯一の場所でもある・・。
人ってそんなに強くなくて、完璧ではないから、どうしても心弱くなるときがある。
だから、お墓にいって亡き人からほんの少しの勇気を貰ってみたり・・・
それが人の死であり、つながり・・とでもいいましょうか・・。
本能にて、大自然の中に生る野生の動物とは違うのですよ・・。
彼らは心に残す代わりに、大地と一つとなり新たな命へと繋ぐ・・それが自然を生きる野性の動物のあり方であり、心を持ち人間社会に生きる人の死とは又異なるものではないか・・と、思います。
なので、まあ・・風習とはいえ・・風葬鳥葬とかのような~野ざらしにされたり、鳥に食べさせて地に帰る~てのは理は適っていても、心ある人間としては抵抗あるのですよね’(苦笑)
個人的には、埋葬か、火葬にして欲しいです。
なんかヤじゃないですか?亡き後とはいえ自分の体野ざらしにされるのって・・(汗)
なんてことを思いつつ・・。
本当、今の人達は人付き合いだけでなく、風習や伝統・・までおも重んじる人が少なくなってきているのかな・・と思うと色々と寂しい気持ちになっちゃいますね。
そりゃ、確かに、伝統や風習ってのは色々と手間等かかるものですよ・・
葬式だけではなく職業としても日本の伝統を受け継いでくれる人がいなくなっているというのも、本当に切ない。
結局はそういう物に触れ合う機会もなければ、興味すら抱いてくれる日本人がいない・・ということなのでしょうか・・。
確かに厳しい世界ではありますが・・
個人的には、今時の若さと華やかだけが売りの芸能界よりもずっと素的かな~なんて思わなくもないです。
芸能界も、やはり歴史を持つ方の方が深い魅力をお持ちの方が沢山ですし、言うことや行動がカッコイイな~と、思います♪
厳しい時代や苦労を多く~そんな人生知っているからこそ無茶いえたりもするんですよね♪
そういう方々は尊敬も出来るし、こんな人達が日本の芸能界をひっぱってくれたのか~なんて思いつつ・・♪
でも、だからこそ大事なのでは・・・と思うのです。
別に若い俳優さんが嫌い~というわけではなく、演技派の俳優さんで苦労を知っている人なら若い人でも大好きです♪
て、話がそれましたが・・
風習を重んじ、そういう作業している時にだけ、感じられる気持ちとか色々あるとも思いますし・・・
そんな人の死を・・自分のこととはいえ適当に扱ってもらうのは~~やはり切ない!!
他界したらそれで終わりではなく・・
やはり、きっちりとしたケジメをつけるためにもお葬式とか、お墓とか・・
残されるべき人になるための配慮??というか、思い・・?
そういう気持ち、大事にしていきたい・・と思います。
自分を大事にしたいし、大好きな人も大事にしたい・・
やはり人付き合いを重んじて生きたいので・・
なんだろ・・
そう、自分を大事にできなければ他人に優しくすることも出来ない・・
でなければ、何を、どんな風に大切にすればいいか~てのわからないわけだし・・。
勿論、自分を大事にする~ていうのは自分を甘やかす~というのではなく・・
自分の体や命を大事にし、蔑ろにしない・・とか・・
そういうもので・・・
まあ、そういうのは他人に優しくしてもらうことで気付けるものでもあるし、やはり勇気を持って人の輪に飛び込んでいかなきゃいけないことなのかもしれないし~~
自分を甘やかす・・とうのと、自分に優しくなる・・ていう境界線を言葉で表現するのってなかなか難しいものですね
繊細な部分でもあるので、正しく捕らえられる人間性か、それとも誤って捕らえてしまう側の人間かで受け取り方は100㌫違ってくるでしょうしね。
本当、こういう内容は文章だけでは語りきれませんね。
それを、どう伝えるか~というのも学びの一つではありますが・・。
てか、い痛いことが沢山ありすぎて上手くまもめられなくなっちゃってますね~(苦笑)
そう、命も伝統も私にとってはどちらも大事というか重んじて生きたい存在だから・・
だからこそ・・
面倒とか、そういう言葉だけで、なんでも片付けすぎちゃう世の中には切なすぎます。
面倒だから~と、人同士の繋がりを簡単に断ち切っちゃうのは特にね・・
多少の面倒くらい背負っちゃったほうがいいよ、多分。
毎日毎日お墓のお手入れしなきゃいけない~てわけでもなし・・・
毎日数時間かけてお仏壇の前でお経唱えなきゃいけないわけでもなし・・・
ほんのちょっとしたことだと思います・・。
お金の問題もあるだろうけれど、そういう時のために日々貯金出来るときにするとか・・
子供食べさせるお金もなくて、本気で生きていくだけで精一杯だ~~~とかいうと、又違うのかもしれませんが・・・(悩)
と、漫画の感想から何時の間にやらスレまくっておりますが・・・(笑)
取りあえず、リアルに色々考えさせてくれる作品です。
個人的、この作者さん的には少女漫画よりも少年、青年漫画向けの作者様であり、内容に向いてそうなお方ですが・・(笑)
でも、そういう所が又嫌いじゃない♪
ご都合主義~な台詞はめったにいう方じゃないので、キャラの言葉も言動も、本当に、すんなりと心にしみてくる台詞が多く、感慨深い作品
今の世の中にも、そういう作品を描ける作者増えて欲しいですね♪
最近は、小、中学生向けものリボン、なかよしも、中、高校生向けの花ゆめも、対して物語の内容のレベル~変わらない雰囲気の物ばかりになりつつあって・・
後、少年漫画が成人漫画になりつつある~~てのも、色々、何かが違わなくないか・・なんて思えてしまいます。
作者が若ければ、今時の編集長さんも同じく若いのか、それと今の漫画は物語よりもキャラ重視になってきているのか・・・
最近の漫画業界どうなってるんだ~~~と、突っ込んでしまいます(笑)
本当、中には良作な本も紛れてたりするのが非情に勿体なく(だってライトな雰囲気の漫画多すぎて気付けないんですもの/汗)
しかし、何時から質はともかく漫画本の量だけは増殖してしまったのでしょうかね~
ネットで無料で読み放題~な環境になってしまってからでしょうか・・。
だとしたら、個人的にはネット配信の漫画は好きじゃないです。
勿論昔懐かしの絶版の本を無料で読める~~とかいうのなら無料読み放題も大歓迎ですが
そもそも、やはり小説も漫画も紙がいいです♪
紙でなきゃ、なんか本を手にした気分になりません(笑)
今は昔ながらの作家様の新作を新刊に購入する~ので手一杯~~~。
本当、漫画が好きで漫画をただ書きたい~のではなく・・
訴えたい物があるから作品にする~~みたいな作者様を今後も支持させ頂きたいです♪
そう、頑張って新刊購入して、連載中断せずに完結して次の新作を出して頂けるように~~て感じで是非貢献させて頂きたい♪
誰にでも書けるような似たり寄ったりな作品にお金は使うのは勿体ないと思うけれど(笑)、面白いと思える物にはお金は使っても構いません♪
そうやって、質の良い漫画が少しでも増えてくれるのならば・・
そして、そして~そんな作品を描いてくれる作者様の生活の糧になるのならば~~♪
と、思ったのでした~~♪






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

Fate/stay nigh Heaven's Feel 5巻 [漫画]

Fate/stay nigh Heaven's Feel 5巻です!!
NEC_4335.JPG
本当、サクラルートのサクラちゃんは~当たり前だけど、とってもヒロイン~て感じで ・・士郎君が少年漫画の主人公モードに煩悩に悶絶うってて面白いです(笑)
そして・・セイバーや、凛ルートより、かなり際どいシーンが多く見えるかな?
ダークというか、闇の部分もですが・・
血なまぐさいといいますか・・結構リアルな描写でびっくり~~(笑)
元々、こういうのなれてはいましたが、この作者さんが、こういう描写核とは思わなかったので、少し驚きつつ(笑)
そして何より~
濡れ場のシーンが~ふ・・不意打ちだ~少年漫画でここまで書かれるとは思わなかった・・(笑)
あとがきにて作者自身が、きちんと突っ込みを入れて下さっていたので、まあ、それならいっか~みたいに感じつつ・・時間がたつと、これはこれで美味しいのかも・・なんて思いつつ・・(笑)
しかも相手が桜ではなく、何故に~~~という展開!
本当、桜ルートは重々しいですね、そして色んな意味で予想外な展開になっていくといいますか・・・
そしって、同時にセイバーが圧倒的な強さで、これはこれで凄くカッコい良い!
あんなに華奢な美少女なのに~~このギャップが凄い好きなキャラ♪
そして、物語は謎というか、気になる部分が本当に強い雰囲気ですね~~。
そして、実は桜ルートが一番長いとか・・
あとがきによって、知れた内容とか、色々面白かったです♪
にしても気になるのは劇場版 Fate/stay nigh Heaven's Feelは本編のどのあたりまでしてくれるか~~ですよね。
結構、サクサクと物語は進んでいるようですが・・
出来ればTV放送みたく最後までやって欲しいのですが~~やはり3章では無理があるのかな?
この作者の想像通りほんの一部のみ~ていうのは、いささか寂しいかな~~とか思いつつ・・(笑)
1章が3時間くらいとか~~て、洋画じゃないし・・(笑)
しかし1章で5巻分をこしてくれたので・・・
想像よりは物語が進みでしょうか?
この最、コミカライズと映画の違いを比較してみると、それはそれで面白いかもしれません~
とか思います♪
タグ:Fate
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

フェアリーマスター 橘裕 [漫画]

はい、橘裕先生の作品です♪
NEC_4291.JPG
私が子供の頃からお慕いさせて頂いている作家様です。
今では新刊を見かけなくなり、どうされているのか・・と、思いつつ・・。
大人になって読み返しても、どの本も面白いのですよね♪
この本もその一つ・・気がついたら一度手放してしまった本を偶然中古で見つけて入手~!
今回は1巻完結のフェアリー マスター というコミックです♪
はい、この作者さんには珍しく、なかなか可愛らしさの色濃いファンタジ~な作品です♪
幸福の持ち主の主人公ミクルと、病弱な幼馴染な少年~ とっても仲良しの二人。幼い頃に行方不明になったが当時の記憶はなく・・て そんな二人に数奇な運命と導きの言葉・・ 妖精の祝福を受けし者・・とは・・ 優しさと勇気が詰まったファンタジー少女漫画!

てな感じで、とにかく出てくる登場が本当にちっちゃくって可愛い!
女の子以外にも可愛くて大人しい雰囲気の男の子に~ぷにぷにホッペの妖精ちゃん~(笑)
と・・とにかく、クリクリした瞳なキャラが多いです♪
普段手がけている、どこかシビアな雰囲気とは一味違った、数奇な運命にまきこまれていきます・・。
大切な人の突然の事故・・
そして目の前に現れた妖精・・
そして、彼女の中に秘められた力と真実・・
その力を引き金に物語が動いていきます。
何より、彼女の持つ真っ白で無垢な心が、この作品のキーワードといえるでしょうか・・。
そして、彼女は、事件の解決により、ほんの小さな強さと共に戦う勇気と諦めない心を育むのです・・。
なんだろ、この作品は、特に、もの凄く深いテーマがあるわけではないのだけれど・・
人が人を思う優しさや、諦めない強さとか・・
そんな、ささやかだけれど、大事なことをソフトに感じ教えてくれる・・そんな作品です。
主人公は、何処までも純真無垢で、誰かを恨んだり疑ったりすることのない子・・。
それはきっと、幼馴染である少年と、あらゆる災難をさける幸運の持ち主ゆえの人生だからかもしれない・・
幸せゆえに傲慢になる人も多いけれど、幸せゆえに何処までも優しくなれる人もいる。 結局、人ってやはり人生における環境が全てじゃない。
生まれ持った優しさを生かすも殺すも本人次第なんだろうな・・と、改めて思わされます。
自分を犠牲にしてでも大事な人を助けたい・・そんな純真な思い・・
それとは反対に、愛ゆえに歪んでしまう愛情もありますからね~
人間って不思議な生き物です。 同じ息も緒なのに、こうも間逆に育ってしまう・・
野生の動物では、なかなかありえないでしょうね・・
野生の動物には生きるか死ぬか~な本能だけで手一杯だから・・
本当に、そういう意味では人間は贅沢な生き物・・
その、出来る贅沢に感謝することを忘れずに生きていかなければ・・・ですね・・。
本当に・・。
こういうことを語れる作品だからこそ、何度でも読み返す価値があるし、読み返したくなっちゃうんですよね・・♪
私は、そういう作品だからこそ、心から愛せる作品の一つ♪
そういう作品を描いてくださる少女漫画家様~
お仕事大変でしょうけれど、どうぞ頑張って、そういった作品を増やして下さい。
私も貢献させて頂きます♪
中古ではなく、新刊購入~という形で・・♪
本当、何度読んでも面白い作品は新品で購入する価値あり~だと思っていますので♪
今では、そういう作品読めるのが貴重作品になりつつあるからこそ~
応援させて頂きます~~♪
渡瀬悠宇先生、山内直実先生、氷栗優先生、潮見 知佳先生等~♪
出来れば橘先生の新刊も読みたいのですけれどね~
色々噂があるようなので、なんともいえないのが切ないです!
本当、中身のある作品をもっと沢山読みたいな~♪てか、もっと増えて欲しい!
切実な思いです♪
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック