So-net無料ブログ作成
検索選択

最遊記 セレクション 過去編 [漫画]

はい、TVのCMで気になっていた最遊記の過去編のみを収録した本~
最遊記 セレクション 過去編~~!
NEC_4015.JPG
TVのCMに思い切り食いついて、どんな物かよく分からないまま本屋に問い合わせたが在庫はなく・・
仕方なく文庫本の無印を購入したのですが・・
なんと、うちの旦那が、仕事帰りに立ち寄ったコンビンニで、なんとなしに目が留まり、そのまま私へおお土産として購入してきてくれた物です~~(笑)
いや~最初は何だ?と、思っていたのですが・・
三蔵一行のそれぞれの過去編のみを、無印とリロードか引き抜き、一つの本にした~というだけあって、かなり読み応えあり~です♪
無印~しか読んでいないので、凄く嬉しいですね~♪
アニメではTVではなく、多分OVAの一つの物になると思われます~~
アマゾンではOVAのBOX~~一時的に在庫切れになっていたので、凄く嬉しいです♪
自分好みの話のみを終結してくれているので、読み応えはかなりあります
ただ、コンビニ本なので、長期保存には向いていないのかな~てのが難点(笑)
それにしても、これ読むと、今放送中のBLASTと関連づいてる内容なので、TVアニメの方がより一層面白く読めていいですね♪
アニメの方はリロードのみ全て視聴し、ガンロック~の方を見始めているところですが・・
面白いです、こんなにツボに入ったアニメは本当に久々な気がましす♪
最初は水戸黄門~のような1話完結の、ちょっとドタバタ人情話~な感じですが、後半からは一気に続き物の話になり・・
そう、世間で言われている、カミサマ編~て奴ですね。
別に今までだって、三蔵達は誰かのために戦ってきたわけじゃない・・
ただ、旅の途中で目の前で襲われている人間を柄にもなく、偶然助けていただけで・・
そのクールさがカッコイイんですよね。
冷たいのではなく、クールなんです。
そして、最後は自分自身との戦いに・・
そう、命をかけて戦うのではなく、きっと彼らが死に物狂いで戦うのは、勝つために戦うのだと・・
自由って、人によっては凄く放漫になってしまいがちだけど、でも、彼らは違う
彼らは独自の信念というか強さを持ちえた上での行動なので、放漫~にはならないのですよね。
上手くいえないけれど、無骨だけど男らしい自由な生き方~というか・・
今の時代、自分達の意志を貫き通す~ての難しいこと多いけど・・
そう彼らは自分達の中にある信念を曲げない強さがある・・ それがとてもカッコイイと思う。
みっともなくても、がむしゃらでも、自分達生きているんだ~て意志をけして曲げないし、諦めない。
欲しい物があるなら、求めるだけじゃなく自分の行動で示してみせろ・・
てな感じでしょうか・・(笑)
そして何より・・
三蔵も、子供の頃は勿論ですが・・
昔から身も心も強かったわけじゃない・・
人を殺めた時の恐怖や罪悪感・・
そして孤独・・
最後にそれらに、ある形で終止符を撃つことで、今の三蔵がいるんだな・・・と・・
そういう、人間臭い部分が読めたのは凄く良かったし・・
同時に、そういう人間臭い部分があるからこその今のように三蔵は強くなれたのかもしれない・・
命の重みを理解し、生きることえの執着も持っていて・・
結局、人間生きのこれるかどうかは、性への執着・・ともいいますからね。
その執着がなければ、人は強くはなれませんから・・
執着があれば、弱いながらにも強くなれる・・。
一人では無理でも、仲間と連携すれば勝てない敵にも勝てる・・・そういうものなのだろう・・と、おもいました。
まだ、三蔵編~しか読んでないので~
これから、残りをじっくり読ませて頂こ~と~♪
来週も新刊?セレクションが出るのですが、購入しようかどうしようか~とか思いつつ・・(笑)
放送中のアニメの感想も書かせていただかねば~♪
500年前の話凄く良いです、好きです~~♪
そして、あの過去の出来事があったからこそ、悟空と三蔵は出会えたのかな~なんて思うと・・♪
三蔵と悟空の出会いの詳細も、この本で読めたので、本当に満足、満足~て奴です♪
うん、良い作品です♪
過去作品を見れば見る程に面白みと同時に、最遊記熱がどんどん熱くなっていきます(笑)
タグ:最遊記
nice!(0)  コメント(0) 

郵便曲にて、らんま二分の一30周年記念セットが発売中~~! [漫画]

はい、郵便物の配達状況をチェックしているときに、らんま二分の一30周年記念セット偶然発見~~!
おお~~と、食いつきつつ・・
取りあえずペタっとアドのはりつけ~
http://www.shop.post.japanpost.jp/shop/pages/ranma.aspx

切手シート
特性切手ホルダー
日めくりカレンダー
イラストハガキ

4200円

ということで・・
もんの凄い悩んでおります・・
欲しい・・
凄い気になるけど、4200円か~~
独身の頃なら間違いなく購入していたかな~?
グッズ購入価格としては、主婦には安くない値段ですからね~~~な~んて、悩んでいたら、旦那に面白がられちゃいましたけど(笑)
ここの所お買い物多かったですし・・
他にも欲しい物あるし・・
というか、ディスク以外のグッズでお札出すのは厳しいな~~とか思いつつ・・。
因みに予約はただ今受け付け中~~丁度、窓口&ネット共に来月までが予約期間な模様です
取りあえず、告知だけしておきます(笑)
確か、ナルトの切手シートは購入したことはあったんですよね~
いや~切手なので、お友達限定で多分、ちょこちょこ~と、使っていた記憶が・・(笑)
nice!(0)  コメント(0) 

GS美神極楽大作戦 文庫漫画 12&13巻~~♪ [漫画]

はい、GS美神極楽大作戦~25周年記念による文庫化~
この作品の中でも、一番好きな物語の一つなので、思い切って文庫版にで購入させて頂きました♪NEC_4011.JPG
GS美神はアニメも原作も好きで・・
アニメは原作の最後までいけなかったのが本当に残念だったんですよね。
アニメの最終回後からが面白くなるのに~~て所で・・(笑)
そう、今回はユーレイのオキヌちゃんがユーレイになってしまった理由・・
語られる過去の出来事から知る事実。
与えられた大きな使命をまっとうするがゆえに・・
と、美神チームの絆と涙が色濃く描かれた、今まで以上に大きく壮大なスケールにより繰り広げられる物語です。
そして、美神さんの前世と、そこに語られる衝撃の事実・・・
という展開で、山場だらけの、非情に盛り上がった作りとなっています。
そして、その過去の出来事により、美神と横島の間に微妙な変化と・・
そして、予想外の人物との再開に~~~という、又新しい展開に~~~♪

と、本当に~アニメ復活して、続き描いて欲しい~というのが、願望の一つなんですけれどね~
本当に今でも大好きな作品なので・・
そう、リメイクではなく、続きを~
深夜アニメ放送枠とかでも無理なのでしょうか?
と、切実に思ってしまいます。

nice!(0)  コメント(0) 

だあ!だあ!だあ! 又昔懐かしの少女漫画♪ [漫画]

はい、だあ!だあ!だあ!講談社~確かなかよし連載~だったはず?
1冊100円という古本には弱いです(笑)
子供の頃の漫画だし・・恋愛でもアクションでもなく子育てに奮闘する中学生の主人公と、宇宙からやってきた赤ん坊のドタバタ漫画~という雰囲気だし・・どうしようかな~とか思いつつ、立ち読みしてみると・・
やっぱ、面白い~~♪
ちゃんと、中学生らしく恋愛ストーリーも子育ての中でちゃんと描けてるし・・
読み直してみると、宇宙人の赤ん坊、るぅ君のドタバタ具合が可愛くって楽しいんです。
それに、子育ての仕方というか、大事な物~というのも、何気に描かれているので、ただのコメディ作品ではないな・・というのが、さり気に感じさせてくれます。
最後は、本当の親子の下へ、無事帰っていくのですが・・
最初は嫌がりながら面倒みていたのに、いつの間にか二人にとって大事な本当の子供のような、家族の一員としてるぅ君の面倒を中学生ながらに奮闘している姿・・
最初は二人だけの問題だったけれど、気がつけばクラスの皆の秘密であり、皆一緒になって、るぅ君を守るようになっていきます
家族は、血の繋がりだけじゃない・・
本当の家族は何にも返ることのない親であるけれど、自分を育て育んでくれた親も立派な、大切な愛すべき親であり・・
るぅ君は、最後、育ての親と生みの親、二組の両親の愛情をしっかり受け止めてくれるんですよね。
その、さよならのシーンは、暖かくも、少し切なく悲しい別れだけれど・・
でも、その代わりに、ただのクラスメイト同士で顔をあわせば喧嘩ばかりだった二人には新しい芽生えが生まれていて・・
そうして~1シーズンが終わり、2シーズンでは、赤ちゃんのるぅ君が少年へと成長し・・
一人の少女である主人公と出会い、今度は小さな少年少女の宇宙の旅~ちょっとした冒険者へとなります。
そう、その少女は、あの二人の・・・なんですよね~♪
外伝だけど、ちゃんと物語は続いているのです~。
といった感じの楽しいお話なのですが~読めば読むほど、思いだしちゃいます・・
そう、ママは小学四年生を~(笑)
設定自体は凄く似てるんですよね~
といっても、こちらの作品も、詳しい物語展開は殆ど覚えてないのですが・・
懐かしいアニメは、やっぱ、何時見ても楽しいものです♪
だあ!だあ!だあ!の方もアニメあったらしいので見れるものなら見てみたいですが、今となっては難しそうですね~(笑)

nice!(0)  コメント(0) 

最遊記 漫画文庫本 全5巻ゲッド! [漫画]

はい、最遊記 の漫画~セレクション編~を購入する予定でしたが・・
中古にて、文庫版漫画が売られていたので・・お財布に余裕があるし~、取りあえずDVD持っていない無印のみのを全5巻セット購入~(笑)
NEC_3999.JPG
いや~やはり、も一度頭から、きちっと見直すのっていですね。
この人ならでは~の個性的だけど、凄く綺麗な絵・・♪
内容も、やはり、無印を見て復讐するといいですね。
そうそう、彼らが旅することの発端の詳細はこんな理由で・・
彼らが共に行動するきっかけもこんなで・・
そして、彼らが三蔵と出会うまでの過酷な暮らし・・・(涙)
これを読んで・・そう・・
悟浄は、大したことのない過去だ~とってのけるけれど、実際に考えれば物凄く大変な過去であり、そんな過去を、平然といってのけてみせる所が又カッコイイな~~と、思ってしまいます♪
本当、辛い出来事を笑って話せるってことは、その過去をある程度克服しなければなかなか出来ないことですからね♪
そして、寧ろ八戒の方が酷い過去だった・・
ていっていたけれど・・・
そう、確かに、悟浄以上に過酷な運命を背負っておりました・・。
まだ全部読み終わったわけではないのですけれど・・
多分、自身に害を及ぼされるよりも、大切な人に向けられる非道な行いの方が辛いと思う。
自身に向けられる痛みは自身が堪えればすむことだけれど・・
他人の悲しみや、体の痛みを変わってあげられることって出来ない・・
少しでも痛みを分かち合おうと、寄り添うことしか出来ない。
そんな、もどかしい気持ちって、やるせなくて・・
最も、八戒の場合は・・
自分はいいから、彼女のだけは助けて欲しい・・
何故彼女だけが・・
自分の知らぬうちに彼女の身に起こって閉まった出来事の憤りと、その結末の悲しみは、半端なものではなく・・。
三蔵は三蔵で目の前で大事な人を守れない過去を背負っている・・。
うん、キャラ全てのバックグラウンドが、しっかりしている~手のと、合間合間に女性人の登場キャラも出てくるので、いかにも女性向け~という作風になっていないのが本当にバランスのとれた作品です♪
勿論、メインのアクションシーンもばっちりだし・・
後、人情物~な部分も・・・♪
本当、人って出来る、出来ない~ではなく、行動することでスタートなんですよね
他人の悲しみを拭い去ることの出来ないもどかしさに悩むのだって・・
何も出来なくっても、取りあえず大事なのは相手を思う心
自分には何が出来るか、相手を思い、一緒の目線になろうとする気持ち・・
それからスタートしなきゃ何もできない。
その繰り返しで、もしかしたら何時か自分にも出来ることがあるかもしれないしね♪
傍にいるだけでも力になることだってあります。

な~んてこととか・・

本当の自由って、孤独に、好き勝手にやりたいことをするのではなく・・
必ず返る場所があるからこそ、成立するのかな・・と思う・・。
人間、一人きりでは出来ないことも、沢山の人とで出来ることもあるし・・
限られた範囲内で自由を探す方が、幸せな気がします
だって、自由気ままに過ごした後、ふと、振り返っても、誰もいないなんて、なんだか、少し虚しくなってします♪
私個人としては、楽しみは自分だけでなく、自分の好きな人と多かれ、少なかれ共有したり感じてもらえるほうが、凄く幸せだから~
と、私流に感じたことです♪
以上~~♪
もっと読み進めていけば、過酷な戦いへと発展していくのでしょうが・・
多分、アニメ見ながら、その当たりはポツポツと感想入れていくかも・・・
ああ、過去にこんなことがあって、今の彼らがあるんだろうな・・とか・・
じっくり、読み進めていきたいと思います♪
うん、本当、作者からのメッセージがちゃんとある本って、物語に奥行きが出てきていいですね
三蔵の、自分が信じるのは、自分だけ・・とか・・
これも、彼の過去の生い立ちゆえ・・
他人を信じられるようになるには、まず自分自身を信じられるようにならなきゃだめだし・・
他人も自分も信じられない~て人より、余程イイというか・・
自身を信じ、それを貫き通す~て、結構、言うより行動するのはなかなか難しいです(笑)
自分の中にある正義を貫き通す~てことで、自己中なわがまま~になる~てのとは全然違うので勘違いしちゃダメだよ~~
勇気と無謀の区別つかない人は、間違えないように気をつけて下さいね♪
後、意見交換と非難中傷とか~~

てな感じで~
ではでは・・♪




タグ:最遊記

お江戸はねむれない [漫画]

はい、お江戸はねむれない
NEC_3732.JPG
この漫画は、旦那が、偶然、古本屋にて、着物好きの私のために見つけてくれた漫画本なんですが・・
結構、読んでいくとじわじわと面白みが広がっていく作品です♪
物語は題名の通り江戸時代・・
勝気で負けん気が強くそして、情の熱い少女・・・
花魁なのに決して男に肌は許さず心と体で男達を満足させる、そんな彼女の身も心も物に出来るのはどんな男か・・
そんな噂さが広まる、売れっ子花魁・・
そんな華やいだ時代と場所が舞台。
そう、花魁なんて仕事には色んな事情の女達があり、そんな彼女らに恋焦がれる男達の間には、身分や政、過去の生い立ち、そして儚い恋・・色んなドラマがある・・
そんな、地に足をつけた作品なのは確かですが、やはり、生い立ちや政絡みだけでなく、好みのキャラによる恋愛話も欲しいな~と思いつつ読んでいくと、いい感じのキャラが登場してくるのですよ(笑)
主人公の命を狙う少年・・
傷をおった少年を偶然主人公が助けるのが出会いなんだけれど・・
彼女が運命に抗い、現実と戦い生きていくが故に彼女の命を狙う立場である二人は運命的な出会いをくりかえす・
そして、その度に、二人は結ばれない運命だと、彼女の目の前から、なんども立ち去っていく・・
そんな彼の背を引き止め、人情を持って話しあい、その度引き寄せられる心が深くなり・・
そんな思いはやがて、彼女を少女から大人の女へと変化させていきます。
そして、自身の生い立ち、出生に面と向かい、自分のあるべき戦いへと身をゆだねていきます・・・
ひょっこり現れた小娘の存在を否定するもの達をも、最後には屈服してしまう・・・と、最後は運命にも恋にも勝利し・という形になります。
そこに辿りつくには、沢山傷つき、苦しみ、悩み、別れを伴い・・ 政に、身分違いの恋に・・と、かなりドラマチックに、恋愛過程等、非情にキャラの心理描写を丁寧につくられた、面白い作品です。
主人公だけでなく、彼女を取りまく傍にいるキャラ達の恋や出生の話等・・
たった3冊という厚みの中に、ぎゅっとつまった物語が描かれております。
時代物の作品って、中途半端な知識で描いちゃうと、うすっぺらい作品になってしまうので・・
こうして、しっかりと描いて頂けるのは、本当に有難く思います。
なかなかの良作に出会って、ちょっぴりハッピー(笑)
いえ、本当いい漫画ですよ。
ストーリー重視の方に凄くお勧めです。
少女漫画で線が細い~という所に抵抗さえ感じなければ、女性だけでなく男性でも楽しむことは可能かもしれません♪
個人的意見ですけどね♪

Fate/stay nigh Heaven's Feel 4巻 [漫画]

Fate/stay nigh Heaven's Feel 4巻ゲッド~♪
NEC_3941.JPG
本当、週刊ジャンプと違い、この手の漫画コミックって、ヘタすると年単位なペースでの発売も多く~ついつい新刊見過ごしてしまいそうになるのですが、無事ゲッドできて安心です♪
も~内容としては、どういえばいいのでしょう・・
セイバールートとも凛ルートとも全然違う・・
一言でいえば、ヒロインなサクラが凄い可愛い
そして、思い切り彼女を女の子として一喜一憂しまくる司郎が又可愛い(笑)!
そして、そして~~何より、凛が、とんでもなく可愛いのですよ!!
俗にいうツンデレ~とは、多分こういう子のことをいのかしら・・♪
凛ちゃんルートでは、あ~いう展開になりましたが、サクラルートでは、同じ時と場所でも、その後の展開が細かに違うのが又面白いといいますか・・♪
そして、司郎&凛による壁ドンシーン(笑)
基本的に、少女漫画な、露骨な壁ドンは好きじゃないのですが、こういうのは嫌いじゃない♪
凛の反応も以外にうぶだが、更に司郎の反応が拍車かけて初心でなんともいえないのです♪
うん、恥じらう所は恥らって、凛とする所は凛とする・・そんな彼女が凄く好き♪
そして、司郎をお気に入り扱いで、遊んじゃう所が又、クールな小悪魔っぽくて可愛いぞ~~♪
とか、軽く思った回でした(笑)
はい、核心を得た部分よりも、一番印象に残ってしまったシーンとでもいいますか・・
だって、フェイトの世界観って奥が深いので、真剣に語るの難しいんですもの(笑)
そうそう~
この回のライダーの扱い~というか、セイバーちゃんのライダーの扱い~
面白いくらいに一発簡単、圧倒的な力でフルボッコにしてしまう姿に、セイバー強すぎ!!と、思わず突っ込みを入れてしまいました(笑)
ちょっと、あまりにも圧倒的シーンすぎて、思わずギャグに見えてきそうでしたわ(笑)
うん、やっぱこの二人の関係は、恋愛~ていうよりも、主人と騎士~そういう雰囲気の方が好みかもしれません・・と、この本読んで、じょじょに思い始めている私です(笑)
元々は、凛とセイバー両方派~だったもので・・てか、今もそうなんですけど・・
だって、綺麗で女の子らしいけど、頭の機転に戦闘能力にも程よく長けている凛は私の理想の女性像だし・・
見た目の可憐さとは打って変わっての腕っ節の強さ、騎士として誇り高く凛々しい女性~てのも、純粋にカッコイイと思うし~
そっちも好みだから決められない~~(笑)
なんてボヤきつつ・・(笑)
今回の日記はここまで~~
なんとも、しまりのない終わり方ですが・・
私の感想は、かなり薄いものですが、本作はかなり詰まった内容となりますのでご安心を~~
でなきゃ、わざわざ新刊で購入したりしないのさ(笑)♪
タグ:Fate

なんて素敵にジャパネクス 人妻編 漫画文庫 1~6巻 [漫画]

はい、なんて素敵にジャパネクス~子供の頃読んでいた漫画です~!
1冊100円にて中古で売られていたので・・懐かしさにかられて、文庫サイズのを等の昔にまとめ買いしていたのですが~~
なんと、人妻編~というものを中古にて発見!
絵柄も昔より可愛らしいし、100円だし取りあえず買えるときに買っておこう~と、1巻を入手したのは何ヶ月前だったか・・(笑)
そして、思い出したように探しているとき、偶然に2巻を発見~~~
残念ながら(笑)100円ではありませんでしたが、これも、今購入しとかなきゃ何時どこで出会えるか分からない~~~(基本的に文庫本って流通が薄いので、欲しいものを入手するのは基本困難ですからね~笑)
NEC_3903.JPG
そして、気がつけば懐も暖かい~てことで・・・
3~6巻を、なんと新刊購入~!
いや、だって、何ヶ月たっても、2巻以降が中古で出会えないんですもの・・・(笑)
たまたま、読みたい本もまったく発売されていないし~~てなことで、お買い物しちゃいました(笑)
NEC_3893.JPG
内容見てみれば~人妻になったというだけあって、少しは落ち着かれた瑠璃姫~
だけれど、やはり、根っこ部分の破天荒ぶりは抜け切れていないようすで・・
見え隠れする陰謀を食い止めたくって~でも、人妻だから旦那のこと考えると今までのように好き勝手に動くわけにもいかず~とウズウズ状態~(笑)
そう、若き頃はお姫様だ~という身分を忘れて、暗殺等の策略のために身分を偽って色んな所に忍び込んでは、証拠をつかもうと、ボヤを起こして煤だらけになったり、軒の下にもぐりこんだり、馬にのったり~と、おてんばもいい所でしたけれど・・(笑)
今回は、自由に出来ない分頭と部下を使って頑張っています
でも、根っこは凄くイイ娘なのですよね。
そう、姫というよりは町娘向きの、気の強さと行動力、そしてなにより、深い人情と正義感の持ち主
誰かの身に何かおこるかもしれないと思えば、立場を弁えることも出来ず、相手を守ろうと必死になっしまう。
そう、守られているだけのお姫様~じゃないんです♪
そういう所が好き♪
困ったお姫様だけど、何故か憎めない・・のが瑠璃姫という姫君なのです。
本当、姫ではなく男子として生まれていればどれほど勇ましい公達になれていたことか・・・と、ふと思ってしまうこともしばしば・・(笑)
そんな感じの主人公・・・。
恋愛面というよりは、陰謀を解き明かす為に姫が自由奔放に飛び間わる~といったお話です。
勿論、その中には、昔ならではの許されぬ身分さによる禁断の恋や恨み~という物が足りも入っております。
なので、恋話もいいけど、やっぱ、リアルな政な話も面白いし・・
元気でおてんばな新妻様も悪くないかな~的な方にはお勧めの作品です。
あ、勿論、前作のなんて素敵なジャパネクス~をご覧の上で、此方もお勧めいたします~て、感じですが♪
そちらには、若き頃の彼女の恋のお話も・・
勿論、今回の話にも、嫉妬による夫婦喧嘩や、公達から恋話など、少女漫画な恋話も少し見え隠れしますが、やはり、政がメインのお話かな~と・・
なので、案外男性にも読めなくない本なのかな??とか思いつつ・・♪
男性に媚び占い女の子が好き~な方には俄然お勧め本です♪

クロノクルセイド 新装版 [漫画]

はい~
最近、昔懐かしの本を、文庫や新装版であさりまくってる今日この頃ですが・・(笑)
今回は此方~
過去アニメ化もされていた、クロノクルセイドという作品。NEC_3902.JPG
なんと、カバーを外せば当時の表裏のカラー表紙が印刷されている~という、隠れた豪華版~です(笑)
あとがきの、書き下ろしもあって、当時の裏話とかも書かれていて、ファンとしてはなかなか美味しい作り♪
そう、この作品とであったのは何年前だったか・・
多分、まだ独身の頃・・
今ほど深夜アニメが豊富でもなく、レンタルで色んなアニメをあさっていた時代・・
そして、私がまだオタをしていた頃・・・(笑)
そう、声優さん目当てで見た~てのが、この作品との出会いでした(笑)
当時は速水奨と、石田章さんにゾッコンだったのですが・・(笑)
思った以上にアクションが華やかで物語もしっかりして面白くて・・
そして、ラストは大粒の涙をこぼして見終えた記憶があります。

「死にたくない・・まだ、やりたいこと沢山あったのに・・」

と・・
今まで、どんなことがあっても、この結末を覚悟して戦ってきたヒロインの、最初で最後の弱音が酷く印象的だったんですよね。
大好きな人を取り戻すために戦ってきた若干16歳
家族を、友を失い、奪われ・・
悲しみのどん底にながらも、諦めることをしなかったヒロイン、ロゼット・・。
家族を取り戻すためならと、自分の命を代償に悪魔と契約をし、いつしか弟を取り戻すための力をえようと、修行にあけくれた日々・・。
そして、その願いは最後叶えることが出来たのだけれど、その代償に失う物があった・・。
けれど、アニメ版と、原作で違うのは、その、ヒロインの失う物に対しての恐怖感・・といえばいいのかな。
原作版では、長い時を過ごし絆を育てていった悪魔であるクロノ・・彼との永遠の別れが最後の苦であり・・
TV版では、自身への命について・・
TV版は原作に追いついてしまったため、設定をかえ、粗オリジナルな物語になっており、悲恋度がかなりUPしていて・・
アニメ版も好きでしたが、原作をよんだことで、クロノクルセイドという作品を、より一層好きになれた・・そんな記憶もあります。

「一人で待つのも戦い方の術だと知りました」
そう、心強く成長した少女・・
だけれど、その後、一人きりになった時の発作に・・

「こうなることは覚悟していた・・でも、・・怖い・・誰か助けて・・一人きりで・・私の居場所・・」
この台詞とロゼットのの涙が印象的で忘れられないページとなりました。
誰だっていつか死は訪れる・・
でも、一人で最後を迎えることほど孤独にさいなまれるものはないのではないかな・・と、思います。
その後ロゼットの前に表した彼の姿を見て、二人は・・
と・・ある意味のハッピーEDといえるのかもしれません。
大人になった私だからこその感想かもしれませんが・・。
そして、アニメ、原作供に同じなのは・・人であるロゼットとと、悪魔であるクロノの絆の過程・・
その当たりの書き方は両者供に丁重に描かれているし、それぞれの面白さがあるな~と、思います。
原作の方が、更に奥行きを持って描かれているかな~と多少は感じますがね。
何せ、キャラクターの人生話が原作の方が、やはり大目です。
2クール内で収める~てのと、原作とアニメのスピードとか、大人の事情ゆえに~(笑)
上記の台詞以外にも印象深い台詞は沢山あって・・

考えて何もできないよりは、取りあえず行動してみることが大事。 子供で出来ないことがあるなら大人に頼っていいい、それで前を向いて頑張れればいい。 出来ないことを.、出来るようにほんの少しずつ頑張ればそれでいい 一人傷つかず前に進むよりも、傷だらけになってもいい、供に歩いていける人のいる人生の方がいい・・ 大人になって傷つくことも沢山あるかもしれない、でも、大人にならなきゃ出来ないこともあるから・・

等いった言葉、他にも沢山、沢山の語り部があって、語りだすと霧がないけれど、何一つ揺るがず、私の胸の中に、ストーンと落ちてきた言葉が沢山ある、素的作品でした。

本当、最近の漫画は、若い人が書かれているものが多く、死や老後・・そういったものを描いてくれる作品は少なく、どうしても内容が物足りなくなって、読まなくなりつつありますが・・・
おかげで、漫画文庫系の数が増えていきます(笑)

るろうに剣心 漫画文庫~♪ [漫画]

はい~ケーブルで放送中~のため再熱中なのですが・・
確か京都編以の、巴編~がみたくって・・
はい、OVAのBD購入したから余計に~なんでしょうね・・。
中古でも、ちと高かったのですが・・
奮発して購入しちゃいました~~
はい後編だけ~
京都変もですがこのお話しも凄く好きです♪
NEC_3862.JPG