So-net無料ブログ作成

ワンドオブフォーチュン R2 ユリウス クリア感想 後編 [ゲーム]

ワンドオブフォーチュン R2 ユリウスルート~
さあ、個々ルートまであと少し~~
という所で、とうとう、戦争が起こってしまうのです。
燃え盛る炎が、家を木々を燃やし、ん気惑う人々に遅いかかります。
そう、ついこの間まで、何も知らず幸せそうにしていた人々の笑顔は恐怖の叫びへとなり・・
その脅威を目の当たりにした主人公達は一歩も動けず、呆然としてしまうのです。
けれど、何時までも足をすくませてはいられないと、目の前に迫る恐怖と戦いながらも、今、この場で出来ることをしようと動きはじめます。
けれど、どんなに頑張ろうとも、問題は次々に起こっていきます。
炎がただの火ではなく対処が出来ないことと、その理由に愕然とし・・・
迫ってくる、殺意をむき出しに刃を向けてくる兵士・・・
そして・・・仲間の悲鳴と参上に駆けつけるものの・・
自分達の無力さを痛感するのです。
それでも、そんな状態でも、どうにかその場を切りぬけますが、分からない仲間の安否にぬぐえない不安はどんどん大きくなっていく・・。
色んな悩みや思いが彼女らの心を駆け抜けます。
魔法は人の幸せのためにあると信じてきた・・けれど、それは人の使い方により恐ろしい武器なってしまうこと・・
夢と希望の間で彼らの心は引き裂かれていきます。
綺麗ごとでしかない夢には、現実の過酷さを打ち消すほどの力は、今の彼らにはなくて・・
ここから物語は一揆に、深く、重くなっていきます。
逃げ場のない現実・・
人の命と、魔法の有り方について・・
それ故に厳しい決断を迫られざるおえなくなって行きます。
そう、10代の彼らが背負うには重すぎる題材だったのです。
愛し慈しみ育ててきたものを手放す・・いや、奪われてしまうかもしれないという事実・
その理由も意味もわからないままに、彼らの心は行き場のない不安だけが押し寄せ、悩み、苦しませます・・。
自分達が築き作りあげてきたものが過ちだったのか、否か・・
そう、苦しみ悩みぬいたすえに・・
信じたくない現実と同時に、真実と向き合い、ぶつかり合い・・そして、彼らなりに知っていくのです・・。
本当、力ある物を手にするには、それだけの大きな責任ものってくる
私達でいうなれば、大統領や総理大臣という権力を持つのなら、その名に恥じぬ行動と、冷静沈着に行動できる正しき決断力
車をのるなら、人を殺せてしまう凶器にのっている、それを認識した上でルルーを守り走ること・・
それらが出来ぬのならば・・
自分の身に余る力ならば、手にしちゃいけないんです。
なんでも力というものは間違った方向に使っちゃいけない・・
そう、思えないってことは、それだけ物事を考えていない。それは、責任感も持てていない・・てことなんですよね・・。
このゲームの世界では、それが魔法であり・・
彼らはまだ未成年で歳若い・・
それでも、目の当たりにした現実と自分達の持ちえる力の偉大さに恐怖し、悩むんです・・。
そうして、それ故に、それぞれの道というか、決断にいたってしまい・・。
それが、彼らは彼らなりに真剣に悩んでいる証拠・・
真剣だからこそ和解しあえないこともあるし、衝突もする・・
それらには時間と様々な解決策を見出さねばならない
そう、この苦しみは・・成長の証・・。
真剣に悩みを抱え考えている人には成長はつきもの・・と、私は思いますから♪
それは時には難しいことかもしれないけれど、でも、そこまで難しいことでもなかったり・・
どちらにせよ、とても大事なこと・・
現に、彼女達は、少しづつだけど、成長している。
ユリウス達だけじゃない、この国にすんでいる沢山の人達の字あわせのために・・
そして、彼女の、そんな純真な心と涙は、硬くなに心をと財手いた少女の心を、ほんの少しだけ広げさせたりして・・
本当、やっぱ、真心~ての届くものなんだな~~と・・思った1シーンです♪
そして・・
戦争への思いも・・
自分達が戦争に巻き込まれて・・という事実だけでなく、実際に直接一人の友人がそれに関わってしまったこと・・
不本意とはいえ、人を殺してしまった事実・・
だからこそ、危険な魔法は扱いに注意すべきであり身に余るものは持つべきではないという意見と、危険だから取り上げればそれで全て解決するわけではないという意見・・
私自身もどちらが正しく間違いかなんてのはわかりません・・
出てしまった結果により、その時々の決断って、きっと人ならば変化してしまうもので、もしもあのとき・・なんて考えも結果を見てみなければわからないこともあります。
そう、実際経験したものでなければ分からない痛みというものは存在していて・・
でも、感情論と現実をない交ぜにしていいべき時でないというのも事実・・
そして、問題はそれだけじゃない・・。
住人達の有り方・・
当たり前の幸せを当たり前に感じすぎて、大事な物を忘れている・・
誰かの力によって平和に暮らせている現場に甘んじ、自分達では何もしようとしない・・
彼がいるから、自分達は何をしてもいい、彼ならなんでもしてくれるから自分達の望みを全てかなえるべきだと・・・
恩恵というものを忘れすぎている・・
そう、今の現代社会にもとてもいえることでしょうね。
便利が当たり前で、不便を何でも官でも面倒ごとにして・・
凄く問題な気がします。
自分達で何もせずに望みをかなえたい~なんてのは、きっと、世間を知らなすぎる。
今の日本の政府は当たり前のことをしてくれないから、こんな風に文句でちゃう(笑)。
私達がこうして声に出さなきゃ、私達にはそれしか出来ないですからね。
私達から巻き上げている税金だって遊びでなく私達のためだけにちゃんと使ってくれれば問題ないのです!
というかお金たりないから税金上げるのではなく、税金の無駄遣いをやめる!
無駄遣いする議員をやめさせる!
議員に無駄使いさせないようにシステムを返る!
働かないものには活動費というお小遣いあげず、真面目に働く物にだけ活動費を与えるというシステムを作るべき!真面目に働いてる人間の懐ばかり資金へって、ぐ~たら遊んでる人間の懐ばかり豊かになるのおかしすぎます~~!!
国民よりも自分達の生活のゆとりばかり優先~なんて、言語道断!
お金って、あるにこしたことはないけれど、必要以上には持たない方がいい・・なんて、少し思ってしまいました。
あんまりお金持ちすぎると、税金無駄使いする人達のように、人としてのモラルを忘れてしまいそうになりそうで怖いです
本当、国会議員を見ていると、そんなことを思ってしまいます。
周りの人間にちやほやされて、自分が誰よりも偉いんだ~と、自分の実力だけでそこにたっているのだと、勘違い議員さんが目立って悲しい(汗)
人は便利になれば、それなくして生きていけなくなってしまう生き物なのだろうか?
でも、なければないで別の生き方があり・・今の生き方に慣れ親しんでいる人には、その生き方や選択肢が思い浮かばないだけではないだろうか・・。
物がなくても工夫すれば代わりに出来ることや方法はあるわけだし・・
そういうのを模索するのも大事かな・・と、思う。
ユリウスの場合は、魔法が便利だから好きになったのではなく、素晴らしい魔法がたまたま便利なものだった・・てだけで・・・
彼にとって、魔法という存在は・・私達の住む世界では科学の進化・・と、いえるのかもしれません。
けれど、それを求めなくても生きていける人も実際いるわけで・・・
贅沢を求めるから不満が出てくる・・・
ただ、それだけなのかもしれない・・
と、思えたりもして・・・。
魔法はあるべきものではなく・・
魔法はあったら便利なもの・・であるべきだと、魔法に固執しない物に言われて・・
魔法を愛するユリウスとルルは、その言葉に愕然としてしまうのです。
そうして・・その苛立ちと・・
戦争という過酷な現場を乗り切る方法が、問題を後回しにしようとする国の長の言葉に、ユリウスはいつもの冷静さを完全に失ってしまうのです。
無理もない、いろんなことが起こりすぎたのです。
幼い頃から信じ、傍にあるものが完全に否定され・・
自分の思いは間違っていない・・でも、魔法を否定する人の言葉も事実・・
そのことがわからないユリウスではない・・
だからこそ、苦しい・・・
魔法を愛していたがゆえに、魔法の素晴らしい力を理解して欲しい・・
けれど、その方法と言葉が上手く見つからない・・
ただ子供のように泣き叫ぶだけでは誰の心にも届かない・・・分かっている・・
それが分かっているから、悔しくて、悲しくて・・
二人は過ちを犯してしまうのです。
別に何か問題をおこしたとかじゃなく、問題なのは二人の心のあり方というか・・
そう、別に愛情表現の一つとしてなら構わない・・
けれど、彼らは目の前の現実から逃げるために男女の一線をこえてしまう。
同じ痛み、同じ思いを抱える・・その傷をなめあうだけの、弱さの重ねあいは、何の解決にもならない・・
それを理解していても・・互いに求める心をとめられなかった・・・
というか、2にしてようやくそこまでの関係にいきついたか~~~~と、思わず思った萌えシーンです♪
無印も含めて・・まだまだ幼いゆえの必死でキラキラした彼らの恋愛ですが・・
ここでいっきに大人の階段上ってしまうんですよね~。
もう、最初プレイしたときは驚いたのなんなの~~
この二人がこんな関係になるとは思いもよらなくて・・(笑)
いや~2は本当に内容が農耕~~です!
そして~その後の感想は・・
後編2で~~(笑)
まさか、感想がこんなに長くなる予定ではなかったので・・(笑)

タグ:オトメゲ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

ワンドオブフォーチュン R2 ユリウス クリア感想 中盤 [ゲーム]

ワンドオブフォーチュンr2 のプレイ感想の続きです~。
アニメと同時進行でまったりプレイ中~(笑)
ただ今、まだ30ターン目なのですが・・(笑)
この二人の関係は、まだまだ友達であり暖かい家族関係であり・・
大切な物同士~には違いないけれど・・恋にはまだまだ~でも、確実に心は通い合わせてきております
物語の展開も・・結構、シビア~な展開にはなりつつも・・
共通ルート以外は、まだ和やか~な感じですね♪
魔法に夢と希望をのせて・・
ユリウスはいつもの探究心で進んでいきますが・・・
て、彼の一つの物事に没頭すると周りが見えないくらいに熱中してしまう所みると、ふと思ってしまう・・
今の夢を抱く心を忘れてしまっている若い人達には是非持ち合わせても貰いたいくらいかな~なんて・・
そう、科学はどうやって発展するのか、意外とシンプルな物だったりするんですよね
何でも一つの物事に対して、どれだけ熱心にとりくめるか否か・・
それだけなんですよ、簡単にいえば・・・
努力すればするだけ進化していきます
情熱を注げば注ぐだけ、深く追求し新たな発見を見出していけるのです
最近の若い人は表面だけでいい~て人が、増えつつあるようですが・・
今があるならそれでいい・・過去なんてものは関係ない~ていうのは少し違う・・
多かれ、少なかれ過去があるから今があるのだ・・ていいたい・・。
ネット環境、パソコンやスマホは勿論、電気冷蔵庫、カラーTV,車~等~それら便利なものが生み出され、進化していくには全て過去があるからで、今の便利な環境は当たり前のように最初から存在していたわけじゃないんですよね。
そして、そういうことへの疑問や好奇心、追求~ていうのが、又未来へと繋がっていくのです。
そう、なんでも興味を抱き、それを解き明かすなり、何なり追求して自らの手で調べ考えていく・・ それが科学の発展なんです。
なので、何をすべきか~という点では、さほど難しい問題でもない・・。
そう、問題なのは、それらに取り組む姿勢~なのです。
そういうのは、今目の前のことに必死に出来なければできることじゃないし・・
過去を疎かに考えているようでは良い進化も生まれない・・
進化は過去から学び蓄積していくものでもある・・と私は思います。
まあ、何にせよ物事を知ろうとする行為が全て繋がっていきます。
それは、科学だけではなく人の心にもいえることですしね・・。
相手と仲良くなるためには相手のこと知ろうといなきゃ、なかなか仲良くはなれないものです。
何でも、ちゃんと考え物事を知っていく・・
考えなし~で行動はしちゃダメなんです。
勇気と無謀・・
決断力と、考えなし~
とは、天と地程の違いがあります
最近の人は本当に、衝動的行動に移す人って小さな子供と同じくらいに無知~な人が増えてしまっているようで・・。
体が悪いわけでもないのに薬を飲んだり・・
しかも、薬の性格な効果も知らず、自分の憶測だけで望みの効能がある~なんて思い込み、結果泣きを見る・・。
こういう行動は本当にやめた方が良いと思います。
というより、やめるべきでしょうね。
勢いで行動すべきときと、慎重に物事運ぶべきときとは、きっちりと見極めるべきでしょう・・
な~んて、最近のニュースを見て少し思いだしつつ・・。
本当、物事を追求していくっていうのは、進化と共に物事を知れるいい機会なので、物を考えるくせ~てのは大事だと思います。そして世間を、物事を知りましょう。
てな所で・・・物語は進みます(笑)
新しい二人の登場人物により・・
魔法の存在の現場を、ヒロインルルは目の当たりにすることになります。
そう、人は異端な存在を・・
自分とは違う力の物を脅威としてみなします。
昔の魔女狩り・・のようなものでしょうか・・
科学の発展だって、平和であるからこそ良い物へと日本は進化し続けましたが・・
平和でなければ化学の発展はどんな方向になっていたか・・
人の命を奪う物へと変わりかねないのです。
実際、とある国は国の発展ではなく武器の開発へと力を注いでしまっている所も存在しますしね。
同時に・・平和であるからこそ、その平和に甘んじすぎている・・そういう世の中も問題でもあるかな・・と、少し思うのです。
物語では、力ある魔法使いが国の平和のため魔法を使って守ってくれていますが・・
魔物が出なくなったり、水や土を耕しやすいように・・多くの魔法による援助を行なっています。
そう、人々は何の苦労もなく、全て魔法に頼り切って・・
個人的に、何かを守り維持し続けていくのを、他人に頼って甘えるばかりではいけない・・と、私は思うのです。
平和なのが当たり前・・
そういうのに慣れ親しんでしまいすぎると、人間大切な物を失ってしまう
一人で立ち上がり生きていく能力を失ってしまう・・。
私自身は、そういう堕落した世の中って好きじゃないのです。
そう、今の社会は物に溢れ、それが当たり前で・・
過去に戦争が起こった悲劇を多くの人は忘れ・・又知ることもなく、知ろうともしない若者がいて・・
遺物や遺跡を平気で壊す・・
又、いい年の大人が、これまたお寺等に落書きをする・・
こういう行いの罪深さというものを、もっと理解しなければいけない・・
過去を疎かにするからこんな軽率な行いが出来てしまうのではないか・・。
何より、物事を深く考え常識を持っていきなければならない・・そういう人として当たり前の認識がかけているからこそ、罪深い行いを罪と知らずに世の中に生きていく・・
本当に、恐ろしいことですね。
私が子供の頃でも最低限のことは理解していた気がします。
これはやっていいことか悪いことか・・
というか、怖くて出来ませんでしたね・・(苦笑)
バレたらとんでもないことになる~~くらいの認識程度には子供心にも持っていたと思います。
大人を怒らせると怖い~とか・・(笑)
そういうことを重んじる教育を母から・・
歴史を祖父母から教わってきたきがします。
あまり難しいことは子供の頃には理解せずとも、良い悪いくらいのことは、高校生になれば理解できて当たり前のはずなんですよね。
本当、そういう心無い行動をしてしまえる子は、きっと普段から物事を考えず、他人への思いやりもなく・・・
そんな風な大人、子供なのではないでしょうか・・・と、個人的には思います。
本当、教育と常識の学びってのは人間生きている間永遠に学び続ける必要のあるものかもしれません。
この作品に出てくる二次元のキャラの方が、ずっと深く死や死者への弔いについて考えているような気がします。
禁忌を犯してでも、行なってしまったルルの優しさ・・
未来の魔法を過去で見せてしまうことは、未来に影響を与えてしまうかもしれない・・
それでも、亡き人達を思う彼へと、彼女の誠意一杯の思い出使った魔法。
そう、ルルの魔法は過去の物とはくらべられない進化を持つ・・それ故に、彼は彼女の存在に疑問符を浮かべるけれど・・。
でも、問いただしたりはせず・・
それは、ルルの誠意が彼の心にしっかりと届いたから・・。
こういうシーンを見ると、やはり、人ってのは心の温かみが何より大切なのだ・・と思わされます。
そうして、物語は何時戦火がおきてもいいように、備えはじめるのです。
そう、魔法という便利な兵器にしようとする他国から・・
悪まで魔法は人の平和のために存在すべきものだと理想をかかげる魔法国と・・
命をかけてでも守るべきものだと、彼らは語りながら・・
けれど、彼らのそんな思いは一人の仲間の思いによって裏切られる・・。
信じ、差さえあってきたつもりの同士が・・
そして、その結果絶望的な現実が更に目の前につきつけられることになり・・
そうして、彼らはこの魔法の国のあり方に気付く。
そう、守るということは外部を拒みからに閉じこもるのがけしていい方法論だとは思えない。
確かにそれは一番楽でやりやすい方法かもしれないけれど・・国の発展には多くの情報が必要です。 他国の知恵や知識、物を交流させることにより、新しい刺激によって発展していく・・
勿論、他がしているから自分の国も~という単純な考えではなく、他者がこうしているなら自分達はどんな風にしていくべきか・・
そういう考え方で正しき国の有り方が出来るのだと思います。
工夫って必要です。他の人と同じように誰もが出来るわけじゃない、ならば自分はどうすればいいか・・という・・
そういう考えって本当、掛け替えのない大事な物のような気がしますね。
そう、人の心の成長と同じかもしれません。
自分の国だけがよければそれでいいわけじゃない。 それじゃ何時までたっても相手の気持ちだって理解できないし・・ 自分一人じゃ分からないことも、多くの知恵があればなんとかなる・・
そういうものなのです。
日本だって、輸入したり、されたり~それらがあるから国は成り立っているのですから・・
そう、閉鎖的な状況では何も変わらない・・
何も得られないのです・・
けれど・・と、ルルはいいます。
魔法は素的な物だけれど、悪用する人間がいるのも事実・・
だからこそ、他国に魔法を広めるには入念な準備と時間が必要なのでは・・と・・。
こういうとき、本当に、ルルとユリウスは正反対の考えと意見を持っているので・・
二人の意見が重なりあうことで、真実が見えてくる・・・
答えってのは何も一つじゃない・・
いくつかある答えの中から、もしかしたら新しい答えがみつかるかもしれない・・
そういう意味も含めて人付きあいってのは幅広く持つにこしたことがないな・・と、本当に思います♪
そうして、ユリウス自身もそれを感じるからこそ・・
そう、ここでようやく~のラブシーン~~て奴に入った~て所でしょうか♪
お互いに持っていない物を持ち合わせている二人だからこそ・・
傍にいてほしい、俺には君が必要なんだ・・と・・
そう、自身には持っていない感性があるルルだからこそ、自分には気付けないものを君は教えてくれる・・
そういう君と一緒だからこそ、やっていけることが・・
なんてことを、ユリウスは彼女の手をとっていうのです・・。
そう、まだ愛とか恋とか、そういう言葉で表現するにはお互いに、この気持ちが何なのかわからないから、この言葉が精一杯だ・・
何時か正しい言葉で伝えあいたい・・
と・・・
そう~~
こういう愛の形~というか育ち方がいいんですよ
頭からいきなり君が好きだ~~とか、いわれても・・
はい?いきなり貴方なに?私の何処が好きになったの?
的な突っ込みしちゃうような乙女ゲはもう、卒業したので・・
やはり、時間をかけて、ふとした瞬間に自分にとってのかけがえのない人を見つける・・
というか、絆を築きあげていった・・
そういう関係がイイのですよ~~!

興味ない→面白くて少し気になる→もっと知りたいから一緒にいたい→友達として共に支えあいたい→気がついたら特別な存在→コレが恋って奴なのか?

的な流れが最高に好きなんですよ~~~♪
もう、その後の二人の照れた顔~~♪
そして、ふと又真剣に戦争の話になるり・・

というところで、中篇の感想終わり~~
そして、ゲームのシステム~~としては・・
差っ用ゲーが終わり、会話による選択しのみ~~
て感じなので、後はシナリオをがんがん進めるだけです~~♪
そうなるとプレイも早くなるのか、どうかな?
結構、ここからが又シナリオ大ボリュームなので、じっくりプレイさせて頂こうかと思います~~♪

ではでは~~
タグ:オトメゲ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

セーラームーンドロップス 急遽イベント参加中(笑) [ゲーム]

セーラームーンドロップス ゲーセンイベント ルナ かぐや姫の恋人が開催中~
期間は29日までなので、今からでも頑張れば十分入手可能かとNEC_4293.JPG
そして、ガチャはこちら~
人間バージョンのルナちゃんです♪
NEC_4294.JPG
因みにゲームでゲッドできるのは、猫と人型のルナちゃんです~
ガチャのSRの方は入手困難そうなので・・
取りあえずイベントの方で頑張って入手できるところまでやってみようかと~(笑)
地道にキャラが増えてきております~~♪
セーラー戦士~キャラコンプリまで、何処までいくかな~~と・・
今後も欲しいキャライベントの時に、まったりプレイしていく予定です♪
やはり、なんだかんだでセーラームーンが好きなんですよね♪
タグ:アプリ SR
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

少女革命ウテナ プレイ日記 1 [ゲーム]

ということで、少しだけ少女革命ウテナプレイしてみました~

て、OPが凄いです!
何が~~て、ヤローが半脱ぎ状態で歌ってて、ちょいびっくり(笑)

このゲームは自分が学園に入学し、アニメで同じみの登場キャラ達と学園生活を送りながらヂュエルし、気高さの磨きによって物語が変化する~という作品~
わきキャラだけでなく主人公の声も含めて完全フルボイス~のようです!
これは凄い!今までプレイしてきたゲームでは、そうそうないですよ~~
ギャルゲとかでも、主人公フルボイスは凄くまれだし、オトメゲにいたってはヒロインの声なんてないに等しい~と、凄く残念なもので~
主人公ボイスあり派の私としてはかり嬉しいです♪
映像も静止画ながらアニメーションのように動いたりするし・・・
ディスク二枚使用なだけあります♪
アニメのワンシーンをみているように~
そう、懐かしのあのシーンを自分が主人公として入り込み物語の展開が見れるのです♪
因みにセーブは自動で、するかしないか選択肢が出てくるので・・・
取りあえず、日付が変わるごとにセーブしておくのが良いようです。
二週目からは粗セーブポイントからプレイしていくのが近道なようですね~~♪
本当、アニメの懐かしいシーンを自分目線でプレイできる~というのが面白いです♪
勿論、主人公の行動やキャラへの印象次第で物語は大きく変わるので・・
アニメとは違ったストーリーへとも物語りが大きく変化していきそう・・
本当、当たり障り内感想ですが、今日はここまで~♪
取りあえずワンドのプレイに戻ります(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ワンドオブフォーチュン R2 ユリウス クリア感想 前半 [ゲーム]

はい、ワンドオブフォーチュンのプレイ感想~
待ちに待った大本命ユリウスルートのプレイです!
いや~この子は本当に、怖いくらい、面白いくらいの完全無欠のマイペース(笑)!
それが、本当に可愛いんですよ・・
恋とか友情とか関係なく、母性本能と一緒に乙女心くすぐらせてくれて仕方ない子といいますか・・(笑)
本人にとっては、特別じゃない言葉も行動も全て、受け取り側の乙女心からすると破壊力満点の口説き文句を恥じらいもなくいっちゃいますからね~~(笑)
いわゆる天然といううべきなのでしょうか・・(笑)
普段自分のことに関してはてんで鈍いのに、変に乙女心には鋭いときもあり・・
ある意味罪作りな子であり、そこが魅力の子です♪
そして、当時プレイしていたときよりも、幾分私も歳を重ねたせいか、昔以上に世話の焼ける男の子感がして半端ないです(笑)
今では恋人対象としてのドキドキ感ではなく、なんだろ、この二人の恋の行方を見つめる・・てのは昔からあったけれど・・
姉というよりは、母親~な気分で見守っていたくなっちゃう二人・・♪
それぐらいに微笑ましい二人なのですよね~~♪
ユリウスは、ヒロインのルルを女の子として認識しているけれど、自分の趣味に没頭しすぎたり、純真に心配する気持ちが本当~~に、真っ直ぐで・・・自分達が男と女だ~てこと忘れてしまうくらいに夢中になってしまったり、恥ずかしげもない言葉を向けてきたり・・(笑)
そして、紅く頬を染める彼女の姿を見て、初めて自分の大胆な行動に慌てふためいたり・・
没頭すると周りと、目の前のことしか見えなくなっちゃいます♪
それが又、青春~て感じで、可愛いことこの上ないのです♪
そしてもう一人・・
ユリウス・・彼をライバルしする、ノエルの存在・・
この三人になると、又会話の雰囲気が広がるというか、仲間同士なやりとりで、又違った和みを得られます♪
一方的にライバル視して怒っている人間と、それを気にせず自分のペースを貫き続ける彼と、そんな二人を宥めつつ見守るルルちゃん・・
こういう、仲のいい物動詞のやりとりって、見ていて飽きないです♪ すっごい心が和んじゃいます(笑)
けれど、そんな和やかなムードの場面にも真面目なシーンはちゃんとあり・・
人には人それぞれの役割があること。 自分には出来ないことが他者には出来ること・・ 他の人に出来名ことが自分には出来ること・・ だから、そうやって出来ないことと出来ること、ないものと、あるものとで、双方で補い、協力しあう・・・ それが仲間であり、人同士の繋がり
なんでも全てにおいて、そつなくこなす人なんて草々いない・・
一つや二つ苦手な物があり、その分得意分野で補えればいいのです。
得意分野を磨きに磨くのも努力の一つ♪ その上で苦手な分野も、ある程度の範囲でいいから、克服できるなら服していければいいだろうし・・
そう、なんでも、まずは目の前の出来ることから、真剣にうちこむこと!
一番大事なこれが出来なければ、どんなに他のことを頑張ろうとしても、出来るものではない。
出来ることにすら真剣にうちこまずに、他のことにまで頭が回るはずもないでしょうci。
まずは基礎、お勉強も仕事も,大事なのは、技術の前に気持ちが一番、努力、頑張る~て心があってっこそ得られます!
人付き合いだって上手くやっていくには努力が当たり前。 それをやらずして、上手くいかない~なんて、文句いうのは論外
頑張る努力もしないで出来るはずなんてありません。
時には、先走りすぎればば空振ることもあるだろうけど、それも勉強。
そうして、3人でそれぞれ強力しあいながら、未来へと帰るために思案し、頑張っていきます。
しかし、その結果が、とんでもない事実にたどり着いてしまいます。
そう、それは、戦争・・
過去の記録として記されていた戦争・・もしかすれば、自分達はその歴史を目の当たりにしてしまうかもしれな・・そんな時代に飛んできてしまったことに、3人ともに真剣な顔で悩むのだけれど・・
でも、悩んでも後悔しても考えても仕方がない。
一国も早く未来へ帰るためにと、彼らは気持ちを切り替えて目の前の出来ることにうちこんでいきます。
そう、何時も通り賑やか~な感じに・・(笑)
もう、ユリウスと、何時ものワンドメンバーのやり取りがたまらなく笑えて仕方がないのです!
ギャルゲではよくある、ラッキースケベ~というヤツでしょうか・・(笑)
傍目から見ればイチャつくカップルでしかないのですが、一人は寝ぼけておきない・・一人はそんな彼を起こそうと必死で・・
でも、周りのみんんあがそれを邪魔しちゃいけないと、それぞれ色んな反応しながら立ち去っていく・・・(笑)
で、結局は、お決まりの展開にて、終止符はうつのですけれどね~~
うん、本当に、ユリスウスってば、美味しすぎる役どころにて、お決まりの台詞にルルちゃの怒りを更に買ってしまうあたり・・
やっぱ、このゲーム、乙女じゃなくギャルゲ?と、思ってしまう私です(笑)
でも、そんな二人のやりとりが可愛くて仕方ないのも事実で~♪
そんな風に癒されながらも、目の前でおきようとしている現実・・調べれば調べる程に戦争という過酷な現状へと近づいていくのです。
そう、目の前にいる人を救いたい・・そう思う気持ちは間違いではない・・
けれど、それを行うことは歴史をかえることで・・未来の人間が手を題していいわけじゃない・・
どちらの意見も正しくありながらも、間違っているのかもしれない・・
そういう問題ってありますよね。
片方だけ見ればどちらかが正しくて、間違っている・・
けれど、両サイドから見れば、どちらの意見が正しくて間違っているのか・・決定するのに難しいことがあります。
心と論理・・という奴です。
心に従い正しい行いをするか、論理に従い行動をすべきか・・
なんともやっかいな問題です。
どこまでも感受性豊かな人間と、どこまでも理性的なユリウスと・・
けれど、ユリウスもただ単に冷たいわけではないし、普段は周りのことが見えなくなる困ったちゃんだけれど・・
だからといって、友達のこと、仲間のこと、何も気にかけてないわけでもなく、ちゃんと察し行動することが出来る。
心根は凄くイイ子なんだよね。 ただ、二人が間逆な性格なだけで・・。
そう、、ユリウスは、一つの物事への集中力や好奇心が人一倍・・てだけで・・
男同士だからこそ、女の子のルルには理解できない部分もちゃんと理解できてもいるし・・
それゆえに、少年らし悩みも、しっかり抱えてしまう。
私も、ごくごくたま~にあるのですが・・
人間、何時でも誰に対しても同じように行動、判断できるわけでもなく・・
時と場合によっては、感情よりも論理的視点で物事を見据えてしまうときもある・・
全部が全部~てわけではないのですけどね(苦笑)
友達が泣き崩れる程悲しんでいたり、悩んでいれば同じ目線になって語りかけたいし・・
でも、私の中で、その行為はどうなの?と思うときは、冷静に物事を見て意見をいう時もある・・
そう、例えば、他者を傷つけ、その仕返しに相手にも同じような思いをさせてやろうとか・・
両者に対して問題があった場合な時とかは、ちょっとまてよ・・と、よ~く考えてから言葉にするのです。
結果、双方の意見をまとめ、目の前のことより一つ先の,解決方法や、互いの問題点を提示したりしてしまうのですが・・
そう、このユリウスと同じく、そういう、人の心は理論では計れない・・
そんな回答冷たい・・・と、いうより、今の自分には難易度が難しい~と、突っ込まれてしまうときが、たま~にあります・・(苦笑)
論理的になると、心より先に問題の解決策~にいってしまうのが難しい。
なまじ自分が打たれなれてるタイプだから余計難しいときもあって・・
基本、目の前におこった最、(命に関わらない範囲内での)窮地に陥れば陥るほどに冷静になっていくタイプなので・・(笑)
そういう時は、本当に言葉の一つひとつを考えて口にします。 同じ意味でも言葉のニュアンスで大きく変化することって、本当に多いですからね
一人で泣きながら悩んでじょじょに冷静になっていければ・・・
泣いててても解決しない~~
泣いて解決するならいくらでも涙流すわよ~~と・・・
てな感じにね~。
誰もが自分と同じような考えを持っているわけでも、出来るわけでもないですからね。
なかなか難しいです。
ユリウスの場合は、その論理的部分だけが突出しすぎてしまうので・・そこが、冷たい・・と言われてしまうこともあり・・
でも、それも人の見方なんですよね・・
それは相手が求めた答えじゃなかったから、相手にはそう感じただけで・・ということもあるし・
現に、傍で一緒に泣いて、笑って、怒って・・
心を共有しているルルからすれば、それは、ユリウスの個性であると・・
自分にはない、冷静沈着な部分は立派な長所だいってみとせるのです。
そう、なんだかんだで、人の心ってのは、通い合わせによるものなのです
親睦度が深ければ深い程に相手の目線になるし・・
親睦度が浅ければ浅いほどに冷静に、客観的に見えてしまう・・・
今回の戦争のことは・・
多分、ユリウスの家族や友人が直接、その戦争の被害者となるのならば・・・又、違う決断へとなっていたかもしれません。
本当、人の心理とは難しい物です。
今の若い人って、個人的に、同じことを同じようにして同じ物を共有する~て子が多く感じるけれど・・
人間、多少の個性はあった方がいいかな~と思います
同じことを分け合うにしても、それぞれの考えや価値観、意思表示があった方が、きっと友達関係深めていくのに凄くいいと思う。
何もかも同じすぎると、新しい発見もなければ、新しい自分探しだって出来ないし・・
そういうのって、少しだけ残念な気がするかな~なんて思いました♪
人とは違っても、自分は自分らしく・・は、なんだかんだで凄く大事な気がします♪
そして~二人の恋のお話は~といいますと・・
相変わらず、素で、何気ない言葉で大胆発言をしてしまうユリウス君・・(笑)
最初はお互いの大好きな魔法の話から・・
魔法をきっかけにした二人の出会いの思い出話・・
そして、いつの間にか魔法を通じて二人共にいることが、ごく自然で、楽しくて、幸せで・・
そんな風に、お互いがお互いを思いあう・・
そう、多分ユリウスにとって、ルルという存在は特別で・・でも恋かどうか、は無自覚で・・
それは、ルルにもいえること・・なのかな♪
二人して頬をそめて微笑みあう姿が可愛くもいじらしくてたまりません♪

と、どうにか中盤あたりまできたので~
精製をして、いったんセーブ~
続きの感想は、プレイが進み次第ということで、まったりお待ち下さると有り難いです♪

タグ:オトメゲ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

セーラームーンドロップス イベントプレイ状況♪ [ゲーム]

というわけで~(笑)
セーラームーンドロップス~
優美な天才のイベプレイ中~♪
今月一杯まで予定の模様です♪
NEC_4025.JPG
取りあえず地道のキャラレベルもUPしてきたせいか、キャラゲッド率も早くなってきた様で・・
気がつけば、2日そこらで、ウラヌスのスキルレベルが早くも2段階目に突破~♪
NEC_4024.JPG
ということなので~スキル7段階までど何日くらいでいけるかな~?
な~んて思いつつ、スキルUPできる範囲までやってみようかと思います~♪
そして、メインのキャラレベルを上げつつ~~
守備よりも攻めメインで他キャラの育成も進めていこうかな~とか思いつつ・・♪
キャラもそれとなく集まってきたので・・
今メインに使ってるキャラレベルあげながらボーナス様に使えそうなSRキャラの育成もしていこうか、どうしようかな~て所でしょうか(笑)
今のままでも、大分上位クラスまでなんとかクリアしてこれそうなので・・♪
後はキャラ集め~でしょうか~
月側のセーラー戦士達は集まってるので、あとは太陽系とか、セーラースターズのキャラとか・・
今現在、ログインボーナス時に出てくる原作版~特殊な超カッコイイ衣装~
マント&仮面セーラームーンとかも、ゲッドできれば良いですね~
後は、やはりタシード仮面エンディミオン、衛さん、ブラックレディ等~
ガチャでなく、ゲーセンイベントにてゲッドしたい!!
ということでしょうか~
後はやはり、SSRもゲーセンイベントにてゲッドしたいですね~~(笑)
なんて思いつつ~~♪
タグ:アプリ SR
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

セーラームーンドロップス 開催中ガチャ&イベント予告 [ゲーム]

セーラームーンドロップスの告知です♪

ただ今ガチャ開催中
8月31
天空の戦士 セーラーウラヌス
NEC_4014.JPG
イベント、海王みちる優美な天才によるボーナス効果あり
SRのみちるをゲッドしよう!
NEC_4013.JPG

ということで告知させて頂きました。
取りあえずお気に入りのキャラを地道に集めていきます~
出来ればSSRキャラもイベントによりゲッドできるようになれば嬉しいのですが~
出来ればガチャでなくイベントによりゲッドしたいかな~なんて・・・やっぱ思ってしまいます(笑)
今回も、取りあえずキャラをゲゥド出来るレベルまで頑張ります。
強化は程ほどに~て感じですが・・
そろそろエンディミオンタキシード仮面イベント等では出てこないのかしら♪
ガチャだとなかなか入手出来ませんので~(笑)


タグ:アプリ SR
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ゲーム

セーラームーンドロップス ガチャ告知 [ゲーム]

セーラームーンドロップス~
イベントというより、ガチャの告知です!
8月3日~10日
なんと~~エンディミオン&セレニティのガチャ~~~
しかも、SSR!!
NEC_4008.JPG
欲しい~
欲しくないあけがない~~
でも、なかなか入手は難しいのかな~~と、思いつつも、ブログにUP~~♪
一番好きキャラ&好きCPです♪

タグ:アプリ SR
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

セーラームーンドロップス イベントプレイ状況♪ [ゲーム]

というわけで~
サーラームーンドロップス~ゲーセンイベントにて、ネプチューン R+制服はるか SRをゲッドNEC_3991.JPG
はい、もう属性的にSRがそろいつつあるので・・
あとはもう、キャラ集めモード~て感じになりつつありますが・・
その上で、自分にあったスキルキャラにて育成しつつ、いいチームを作っていきたいかな~と・・
というか、出来れば、SSRキャラもイベントにてゲッド~させてくれると嬉しいのですが・・(笑)
と、思いつつ・・(笑)
スキル強化に向けて、まったり頑張ります(笑)
タグ:アプリ SR
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ワンドオブフォーチュン R2 ラギ クリア感想 2&コンプリ後の追加要素 [ゲーム]

はい、ワンドオブフォーチュンR2 ラギ編プレイ日記その2
こっちはハッピーEDではなく、悲恋ED~と、ラギルートコンプリ後の追加要素等の感想も入れちゃおうかと思います♪
はい、まずは悲恋ED
此方は、EDに向けてまでの展開が・・
そう、恋人ではなく、悪まで心通い合わせた友人~そういう関係に見えてそうじゃない・・
お互い特別な存在だけれど、恋人同士の関係にまで、思い切った行動が出来ない・・・
そして、ハッピーEDは互いに思いを告げあうはずのシーンが、すれ違い・・今気持ちを伝えなければ・・
互いの気持ちを確かめあうチャンスを逃してしまい・・・
その結果、ラギの選んだ答えは・・
そう、父親と同じ末路・・
愛する人を守るために・・ 愛するがゆえに辛い選択する・・ そう、彼女を守りきる覚悟と勇気が、彼には持てなかっったから・・ 互いの気持ちは同じはずなのに、本当は、思いを告げあうことで幸せになれた筈なのに、タイミングが遅すぎたのです・・
あの時、ルルが思いを告げることさえ出来ていれば・・
でも、何度悔やんでも、過去は変えられない・・
どんなに好きだと、離れたくないと泣いて叫んでも、ラギの決心は固く・・
そして、ラギはドラゴンへと・・
というEDです~~~
おお~~
ラストの二人のやりとりがたまりません!
こう、愛し合うのに、傍にられない~~
なんでしょ、ロミジュリ展開~~
こういうシチュエーションも切なくて燃えるのですよね~~(笑)
基本的に生涯ありき~な話大好きなので!

ということで~~
ここからは、攻略特典の鑑賞の感想を・・・(笑)
はい、まずはCGコメント~~~!
はい、最初はまだまだ共通ルート~~ヒロインとシーンというよりは、ラギのカッコイイ男らしい映像と台詞~そして、ルルの無防備さに鋭い突っ込みを入れつつ~けんか腰モードが面白い。
でも、ルルのことは、ちゃんと女の子扱いしてるのよね~
余程、露出の激しいあのカッコ、彼には刺激が強すぎて目の毒な様子です(笑)
そして、最後にはいつものバカの台詞(笑)
でも、やっぱり、イザって時は頼りになるのですよ!
何があっても、どしっと座って見せる、男の余裕~て奴! 女の子が不安になってれば、ちゃんと安心させられる言葉と心の器を持っている・・それらラギのカッコよさです!
普段は、個性の強いほかキャラに振り回されてるけど、男としての意志とか強さはちゃんとあるんだよね♪
そして、VITA版での追加イラストによる、追加のCGコメントその1
はい、本人弱みを見せてカッコ悪い~なんていってますけど、男の子です!
いつかは自分の人生に悩み立ち向かうべき時がくる~~そういう時の苦しみや葛藤がカッコ悪い~なんて全然思いません!
寧ろ悩める男の子が好きです!
だって、思い切り悩んで、答えを見つけた後は、一回りカッコ良く成長できてますからね
そして、またまた、追加CGコメントその2
もう、本当にこの子は~~
見た目は西洋風だけど、中身は日本男子そのもの~ですね。
優しいけど武器用で、ルルちゃんを怒らせるのが得意と見える・・
でも、その後のフォローも彼なりにしてくれる所が・・
その方法が、男の子~て感じで、カッコ可愛いです♪
そして、とうとう二人の心が、ぐっと迫っていくシーンの引き金の所ですね♪
恋愛じゃない、好きあってるからの抱擁シーンではないけれど、胸に秘める、お互いへの思いは、とても複雑・・。
これが、愛とか、恋とか、まだわからなくて・・
傍にいたい、離れたくない・・そんな思いと、大事な人を守れる力が欲しい・・そんな二人の思い
そして、そんな葛藤を乗り越えた二人がいる~~
大事な人を守るために必要なのは力ではなく想い! それに気づけたラギは、立派に愛する人を守ってますとも♪
く~~彼女に向けていうラギの言葉は、どれもカッコイイですね!
そして再び追加シーンその3!
力があってもなくても、大事な物は、ルルを何がああっても命がけで守る! ラギにとって一生変わらないこと。
そして、力の使い道ってのは、やっぱ、大きければ大きい程に慎重になるべきなんですよね。
ネットでの炎上とか、政治家の暴言とか・・ 自分達が思ってる以上に人に影響するのだから、も少し頭使おうね!
てか、頭使う人は、も少し理知的な言葉を大事にするぞ~!
そんな力を使うときってのは、本当によく考えるものです。
ラギのようにね~~そして、少しくらいは、その影響力に恐怖し、責任を持つ心が大事!
それが持てないなら、力を使っちゃダメです!NG!間違い!
そして、間違いを正して人間頭良くのなるのです!

なんて思いつつ~
ニヤニヤがとまらなくも、そんなことを感じてしまったCGコメントです♪
いや~本当、当時のことをアルバム見て感想を語り合う~そんな雰囲気のコメントが凄く聞いていて楽しいです♪

さて~次は誰を攻略しましょうか・・・
と、また、まったりプレイになりそうですが・・・(笑)
タグ:オトメゲ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム