So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

銀河英雄伝 Die Neue These 5話 [アニメ]

銀河英雄伝 Die Neue These 5話 感想

冒頭から、本当に、見た目よりもずっとプライベートはダメダメだんなヤンがちょっぴり可愛い・・
なんて思いつつ・・♪
色々と定番のオチをつけてくれるといいますか・・
そして、結局乾かす暇もなくあの濡れたまんま結局出勤したのか~~(笑)
なんてのも思いつつ・・・
世の中、今も昔も人の心って奴は、確かに、恵まれているときは何も欲しがらないものね
恵まれていないと思うからほしがっちゃう人間の心理・・
そうやって心を満たそうとするのが人間なんです
そして、大勢の目の前で大げさに語っている男がいるけれど・・
とっても、いっている内容が薄っぺらに聞こえて仕方ない・・
それはなぜか・・
だって、この男は表面でしか物後緒見えてなくって、本当の辛さや悲しみを知らない・・
立派な言葉にするのは誰にだっ簡単なんです。
そんな難しいものじゃないです。
何が一番難しいのかというと、物事を知り、その上で行動できる勇気なのです。
上辺だけの、自由や命、守るものを語っても仕方がない。
個人的にはヤンのダメな指揮官のせいで多くの命を落としたという突っ込みと・・
平和を口にすることは確かにたやすい・・そして、安全な場所に隠れて主戦論を唱えることも優しい・・
そう、どっちも状況によっては同じなんですよ。
皆が平和を望んでいる中で高らかに平和主義を掲げても反論する人がいなければ、これ以上になく自身に都合よ展開になり・・
逆に反論するものが怖いからと影で平和主義を唱えるのも簡単なこと・・
何が難しいかって・・
回りの間違いを正すときにこそ声をあげる・・
人と違うことを合えて出来ること・・
回りの人間が出来ることは誰にだって出来るんです・・
このことは理解出来ていたほうが、きっといい・・。
そう、人々が求める心地好い言葉で上辺だけを述べるだけなら誰にだって出来るんですよ。
自由、守る、戦うとか・・ね・・。
そして、そんな空気に負けずに自身の意志表示を素直にさらせるヤンは凄い心の器の人間であり・・
又、同時に不器用な生き方の人でもあるのかも・・
なんて・・
起用に生きられること程楽な人生ってないんですよね。
当たり障りなく、誰にでもイイ顔をしたり、まわりにあわせてるように見えて実は流されてるだけで・・・
でも、そういう生き方には何かを得るものもなくて・・・
この女性のように、勇気ある行動をとれることもないのだろうな・・と。
誰かを失った痛みを本当に知っているのなら、こんな簡単に、それは悲しいことを・・なんて、普通いえない。
普通だったら、ゴメン・・とか、返す言葉がなかったりとか・・
国の代表として公言する人間が、平和を、勝利を叫ぶ男が誰よりも命の尊さを知らないでどうするのだろう・・。
そう、戦死した夫を思い嘆き叫ぶ姿こそ、本当に人の心へと伝える何かがあるのでは・・
と、思うのです。
にしても、こんなに悲しい再会はないね・・・。
そして、彼女はいいます。
貴方は立派だけれど他の軍人達は自分達を恥じるべきだと・・
けれど、そんな彼女にヤンは更にいいます。
どっちが勝っても、負けても、そこから悲しみが生まれることは違いなくて・・
尊い命を奪う側か奪われる側になるかの違いにすぎない・・
その行為が称えるに値するべきとは思えない・・と・・・。
私もそれは凄く思います。
でも、それはきっと戦争を知らないからであって・・
戦争に負けた時代に生きていれば、ヤンではなく彼女側の意見になっていただろうと思うでしょうけれど・・・。
だって、大事な人を戦争で失えば奪った相手を憎まざる終えないだろうし・・ね・・。
でも、憎しみからは憎しみしか生まれない、だから、誰かがとめなきゃいけないんですよね・・。
ヤンという存在が、そうなってくれるといいのですけれどね・・。
そして、夜の夕食の時間でのこの大人と子供の会話が好き。
親の後を子供が必ずしも継がなきゃいけない決まりごとなんてない
子供はもっと大人を頼って利用して成長していくもの
そう、早くに大人になんてならなくていい
時がたてば何時か大人になるから、学生の間に出来ることを沢山するのが子供の仕事だろうしね。
子供の頃に人付き合いの仕方学べなきゃ社会に出て色んな意味で苦労しちゃいますからね~。
沢山の経験をして、何が間違いで正しいのかを学び、色々と心を豊かに育む時期でしょうから・・。
そして、多くの仲間が戦死し、着実に昇進していくヤン~
そして・・・
次回は、今度はヤンが頭から指揮官としての戦いに・・
なるのかな~♪
次回も楽しみです♪


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。