So-net無料ブログ作成

吉原彼岸花 朔夜 プレイ感想  [ゲーム]

オトメゲー、吉原彼岸花、朔夜プレイ感想です!!
第一印象は、世界観がとても丁寧に作られていて物語に入りやすい・・という印象でしょうか・・
短いながらに主人公の生い立ちをわかりやすく想像しやすい流れで作られているのも良いです・・
上手なシナリオの作りって、短い文章でも相手に想像力を自然と与えさせる文面ではないのではないかと、最近はよく思います♪説明文長ければいい~て、ものじゃないんえすよね、表現がヘタなら説明長いのがかえってわかりにくくもなったりしますし
攻略キャラへのヒロインの心のあり方や生き方・・思い人のことを思いながら、何時、何処であっても恥じた姿であわぬように、凛とし、誇り高く生きていく様はなんとも同じ女として凛々しく・・
そんな器量のよさは、言葉の運びや、ちょっとしたそぶりで感じ取れるのが又いい感じで・・♪
機転の利く女~てのも、客商売にはかかせない・・・
ぱっと身は色々完璧なのですが・・
それゆえに内に秘めた思いといいますか・・・
こんな彼女だからこそ・・
いえ、こんな生活だからこそ今の彼女があるのかもしれません。
おう、吉原でいきることの苦しみや悲しみを知っている故の立ち居振る舞いがなんとも切なくて・・。
けれどそれ以上に、何病気にかかり商品にならないからと、ゴミのように捨てられるかわからない身の上でもある場所・・
いつかここを出て生き延びたいという強い気持ちが生々しく・・
流石、子供向けのゲーム~ではなく、元大人向けのPCゲーだけの雰囲気はあるな~と、いった感じでしょうか・・。
ただ、このゲーム、選択肢が多い分プレイの順番~を考えてしないと、あれ?という展開になりそうなので、そのあたりは気をつけた方が良いかも~て、感じの所も・・・。
正確~なお勧め順~というのを色々とチェックされてからプレイするのがお勧めでしょう~♪
にしても、男と女のかけひきめいた会話が非常にそそられる作品で、思わず口元がにやけそうになります♪
やはり、最初からこびてくる男よりも何考えてるのかわからない~ラインの謎めくというか、クールな男性の方がタイプですね、個人的に・・(笑)
妙にチャライお侍さん~もいるようですが・・
一番気になるのは、ヒロイン凜を荒っぽい男たちから助けてくれた爽やか好青年~でしょうか・・♪
後、ただいま攻略中の寡黙だけれど仕事の出来る青年~~♪
どれもこれも、基本的にクールな装い~な雰囲気が私好みですね♪
男と女の裏表のかけひきだけではなく、商売においても同じこと。
素で何でも通らないのが世の中というもの、だかがらといって相手に媚びへつらうだけが接待ではなく・・
場を丸く上手に収める~~というのは誰でもできるわけでもなく・・
そして、部下を体ではって守ろうとしたり、助けを求めず自分で収めて見せようとした彼女をかばったり・・
普段、凛に対する態度は横暴だけれど、それだけの男じゃない・・そう思った瞬間相手へ向ける感情も変化していく・・♪
にしても~攻略対象なのに、登場回数~が少ないのは現状いたし方ないな~
一晩たって、髪結いの時刻になって朔夜が登場~♪
何気ない会話、微かな表情の変化、そぶり・・
多くは語らないけれど、ちゃんと親身になってくれる相手からの言葉なら一言二言で気持ちが伝わることもあり・・。
ちょっとした体調の変化だって見抜いてしまうあたり、思った以上に優しく、何気ない配慮を配れるのはいい男の一つ♪
変におしゃべり~な男よりも、やはり気持ちが落ちつく少年です♪
それにしても、このゲーム~せっかく名前変換せずにプレイしているので、ヒロインである凛の名前攻略キャラ達にも呼んでもらいたたかった・・なんてふと思いつつ・・(笑)
だって、彼女のことを、こんなにも親身になり心配してくれる人達がいる。
親元へ少しでも早く帰るために気丈にがんばる彼女を見守る存在。
けして優しい環境ではなく、むしろおきてを破れば厳しい処罰や、花魁として働けず病にふしてしまえば見捨てられても同然の世界だけれど・・
彼女の見た目はたおやかだけれど、真は強く努力家・・
そういう女性って凄く好きだし、共感できます♪
そう、不器用だからこそ頑張れるというのは本当に強く思うので・・
彼女は家のために、その身を売ることになった身だけれど消して親に見捨てられたわけでもなく、愛情を持って育てられたからこそ、彼女は生きることに必死になれるのかもしれない。
言葉なくとも定期的に送られる贈り物・・
愛情があるからこそ、言葉にできない両親の思い・・
そう、彼女には確かに帰るべき場所があるから・・
たとえ遠く離れた場所でも・・
そして、そんな彼女を厳しくも優しく指導し育ててくれた主。仕事には厳しいけれどプライベートでは酷く優しい・・
これこそ、理想のスパルタ教育~~というやつではないでしょうか・・
にしても花町で働く遊女達のあり方というか仕事のシステムといいますか・・
名前は知っていても床に入るまでにこんな色々な段取り~というものがあるとは・・
世の中お金を旨く扱うためのシステム~てのを改めて教わった気がします(笑)
立場や身分によっても色々で・・
やはり、日本ってこうしてみると格差社会~というのが根付いているのだな・・と、改めて思わされたりもして・・・(笑)
女は男の道具。けれど、花魁はお金はらってくれるのならどんな男でも相手にできる・・というわけでもないのだな・・
なんて・・・(笑)
本当、お客を途絶えさせては元も子もない~てのは今も昔も代わりませんね。
にしても、お金のもうけ方~というのも、今の時代はものにあふれすぎている分無駄な商法が多いというか・・
売ることばかりしか頭になく、食べきれない食べ物や食材を増やしてしまうと・・
なんとも贅沢極まりない時代になったものです。
と、いえば、女遊びにお金をかける~~てのも十分私には無駄使いだよ~~と思いえるのは現代を生きる私からの意見でしょうかね(笑)。
好きな人と好きに結ばれる今の世と昔は本当になにもかもが違いすぎるでしょうから・・
だからこそ、こういう時代めいた作品は好ましく思います♪
今の世しか味わえない私としては、こういう世界観を味わうことも一興の一つ
そうこうしている間に、物語は・・運命の出会い~とうやつでしょうか・・
私の本命さん~~との再会となりますが・・・
まさか~の凛の態度にハラハラドキドキさせられつつも・・・
心では拒みつつも、仕事上そういうわけにはいかない凛ちゃんの心情に複雑~な思いを抱きつつ・・・(笑)
気がつけば物語が半分程進み攻略キャラのルートに入った模様~♪
おお、久々の朔夜君の登場~~♪
しかも、凛の身を案じての不器用ながらのやさしさがたまらなく可愛い!
本当に心から凛のこと心配しているのがわかるのですが、以外と世間とは価値観というか感覚がズレている所が天然ボケ?で、想像以上に癒し系のキャラのようで・・(笑)
そんな彼の以外な一面を見るのは、凛の心にかすかな変化の兆しを見せていきます♪
けれど相手のほうは相変わらず~のようで・
本当に嘘のつけないまっすぐすぎる子・・・(笑)
そんな彼が珍しく怒ってみせる姿に驚かされたりしているうちに、徐々にそんな彼のことが気になり始め・・。
今まで見せられることのなかった彼自身の事情や複雑な内面、そして見たことない優しげな微笑みは、彼女の心に確かなものへとかえていくことになります・・
そうして、偶然拾った一匹の子猫をきっかけに二人の心の距離は縮まっていきます・・
相変わらずの無表情な朔夜の心は読めないままですが・・
少なくとも凛に好意や信頼は抱いている。ただ、その心情は恋慕という物に値するのかどうかは別として・・ですが♪
けれど凛の方はそういうわけにもいかず・・
気がつけば二人の関係は危ういものになっていきます。
花魁と同業者の恋はご法度。取り返しのつかないうちにと、凛のとる行動。それに戸惑う朔夜の心情が酷くもどかしくも切なくて・・
凛がただの町娘ならば、こんな思いをせずにすんだことでしょう・・
望んではいけない二人・・けれど、、ふと与えられた試練は、よりいっそう二人の思いを募らせるばかり・・
自分が被る罪は、どんなに怖くても自業自得。けれども、許されぬ恋に実をゆだねて朔夜の命を奪うということだけはしたくない・・
けれど、彼と深くつながりあいたい・・
そんな凛の痛々しくも切ない葛藤・・♪
そして、年齢指定のシーンに~~!
こういうの苦手だ~~という方・・
購入されるときは年齢制限が17歳以上~と表示されてる場合は手をだされませんように~~~!
個人的に、私などはリップサービスの塗ればの音~はPCゲでなれちゃってますからね~(笑)
反対に、ヒロインのつややかな甘い声ではなく、男性側によりリップ音~は、未だに新鮮です
いや~だって、基本的にはギャルゲがメインでオトメゲの年齢指定系のゲームは多分珍しいので・・(笑)
にしても、経験のないいたいけな少年という初心すぎる設定が心くすぐられちゃいましたね♪
すご~~くかわいい!!
そして、どこまでも純粋でいじらしくて・・
本当に凛のことを心から愛していたんだと・・
そして、こんなにも求め合う二人だからこそ辛い試練がやってくる。
遊女である凛にはさけられない運命・・
彼とこれからも共にあるために犠牲になる覚悟を抱く凜い・・
同時に、その思いは彼女一人のものではない。
互いが互いを愛するために、愛する人を守ろうと必死になる。
けれど、その行為は消して許されるものではなく二人の関係を更に深く泥沼へとひきずりこんでいく結果になる・・。
主にバレては命がない。かといってそれを守るために好いてもいない下賎なものに体を託したくせない恐怖。
いくら仕事でも、こんな下船な男ひっぱたいてやりたい衝動にかられるのが普通ですよ~
てか、それが許さぬなら舌を噛み切って死んだ方がきっとましでしょう・・
同じ女としては、そんな思いにかられます。
人間我慢の限界というものもあります
お客は神様だというけれど、そんな神を迎え入れるのは人なのですから・・。
客だからといって、何をしても言い訳じゃありませんからね
と、思える程にこの男は最低で・・
かといって、遊女として長く行き過ぎたがゆえにいまさに外に出て行ける勇気も凛にはない・・はずだったけれど・・
もう、自分の居場所は愛しい男の下以外にいないと、決断をします。
女の命とも、遊女としての商売道具である黒髪をすてて・・
そして、その結末は・・
という感じのハッピーEDです。
贅沢はできないけれど、つつましくも幸せな・・・と・・
途中まで半端ない程にハードな展開で、どうなることやら~ですが・・
正直にいえば、この二人のルートに関しては~~
遊郭にしてはEDだけは妙に生ぬるい感じではあったかな~~とは、正直思いますが・・(笑)
やはり、遊郭の中でこそ、この作品のエロテックさは生かされるのだろう~と、少し思いました・・
でも、まあ、オトメゲならこんなものか~~それまでのいきさつが面白かったので良しとします!
ということで~~バッドEDの回収が又楽しみだったり・・(笑)
後、他キャラがどんな感じになっていくかも気になりますし~~♪
少なくとも近年のオトメイトに比べると完成度は高めの方かな~
なんて思いつつ・・
バッドEDの回収と、次の攻略キャラを楽しみにしつつ~~♪

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。