So-net無料ブログ作成

吉原彼岸花 惣一郎 その2&真相&ノーマル プレイ感想 [ゲーム]

吉原彼岸花~他キャラのベストEDを全て見た後に開放されるという総一郎ベストEDでございます!
いや~ただひたすら素直な凛ちゃんが可愛いです♪
今まで、花魁という身の上にひけめを感じていた凛の心を、惣一郎によって解きほぐされていきます♪
そう、今まで花魁として模範生で通ってきた凛がにとっては初めての行動・・
女の喜びへと突き動かされるように求めていきます・・
そして・・他キャラルート含めてのバッドEDでは、散々の執愛っぷりをみえてくれた総一郎さん・・
裏切ると、もの凄く怖いけれど、その愛に応えれば、どこまでもお優しい人なんだな・・と・・
バッドEDの彼が強烈すぎて・・
むしろ、そういう彼をも好きになりつつあった私なので、少々の戸惑いを感じていたのですが・・
けれど、彼がこうまでして、凛を手にしようとしていたのは、たdの恋心だけではなく、むしろうそうなってしまったほうが自然だと、このルートをプレイして感じました。
そう、本当に残酷で穢れた行いをしていたのは彼ではなく・・・
今まで信じていたものが、崩れ落ちていく瞬間・・とはまさにこのことでしょう・・
知らないほうがきっと幸せだったのだろうけれど、知ってしまったからには忘れられない・・。
忘れるには、目の前につきつけられた真実はあまりにも残酷で・・
同時に、あるキャラに対しての印象が180度変わり・・
そう、私自身、気づいているようで気づかないふりをしながらプレイしちゃっていたので・・決行な衝撃展開です(笑)!
そして・・
その後の展開・・というか凛の行動も先読みができたからこそ同調できたといいますか・・
私だったら、愛する人に罪なんて被ってほしくない・・
こんな人の命で汚されて欲しくない・・そんな言葉を向けていただろうけれど、思い出の彼を知る凛にとっては・・
というよりも、自分よりも相手の気持ちが凛にとっては何より大事・・
そんな人柄を見せるような彼女の訴えが、心地よく心に響いてきます♪
そして、二人のこれからが始まる。
けして自由ではないし、気の休まる身ではないけれど・・
それでも、二人はこうして、ささやかな幸せを・・・
という、穏やかながら~の吉原EDでした~~♪
どんな理由であれ、罪を背負った人間はそれを背負い続けて生きていかなきゃいけない・・
それでも幸せになれる義務は誰にでもあるから・・・という雰囲気でしょうか。
もちろん、永遠に消えないと理解しながら、その罪を償うと同時に背負うことの出来る人間のみ~に許される行為でしょうけれど

ということで~
次は真相EDですね。
そして、新たなシナリオが追加され~
そう、例の謎のうめき声・・よもやまさか・・と、思っていた想像が、本当にあたってしまうとは!
だてに推理小説読んでいるだけのことはあるのでしょうか、私の空想~
と思っていましたが、物語の流れは、更に斜め上の方向に・・!
恍惚とした様子で暴力を振るう姿・・
かと思えば急に何かに怯え狂うその姿は、あまりにもおぞましく・・
そんな彼の一面を垣間見、怯えすくむ凛の前にあらわれた青年は、燐の心の隙間を縫うように入り込んでいく・・・。
ようやく訪れたような、穏やかな心をよせ、吉原から抜けだせる・・。
いや、あの男から離れられる・・・そんな気持ちがあったのかもしれなくて・・
そう、彼に対する疑念がふくらんで仕方なくなっていきます。
そのせいか、このルートはなんとも重苦しい雰囲気に・・
多分恋に焦がれる乙女心や、誰かを信じ、ただひたすらに頑張る~そういう姿があるのなら、どんなに苦しい状況下でも楽しめるのですが、このルートは、ただひたすら、ドロ~~と感が・・(汗)
けれどその分、惣一郎のたくましさや、素直に彼の腕の中で涙する凛の姿が見れたことわ悪くないかな・・と・・
にしても、明かされる驚愕の真相が・・
あの遊女失踪にもやはり・・と、色々思考がさらに深く、めぐってゆきます。
にしても、このルートでも凛は素直に見受けの話を受け入れないけれど、他ルートとは微妙に色々と心境が変化しています。
あるキャラのルートと、同じ道筋を通りながらも、すがり頼る相手、そして、身請けを嬉しく思いながらも拒む理由・・。
そして、彼女に執着する男の言動、行動が凄いことに・・(汗)
けれど、その行動の謎も、なんとなく浮かび上がらなくもない、彼の抱えるもの・・
そして、そんな彼を見捨てることも好意を抱くこともできなくなっていく凛の心・・
本当にどうかしてると思うけれど、どうにもならない、自分でも自分がわからなくなる気持ち・・そういうものが存在しているのも確かで・・・。
なんだか、彼女を純真に思ってくれる男が他にちゃんといるのに、その男の元にいけない凛が哀れでならなくて・・
にしても、私、こういう作品においての塗れ場のシーンって、甘やかな雰囲気よりも禁欲的~で、許されないひめやかな蜜の味・・
そんな雰囲気が好きのか・・
だから、ハッピーED後の塗ればシーンには興味持てないのかな・・・なんて、今ふと感じてしまいました(笑)
強姦が好き~~とか、そういうのではなくて・・ですよ、そこは誤解しないで下さい~(笑)
見えそうで見えない二人の距離感・・・
許されざる終えない恋の緊張感・・
愛しているわけでもない男との肌の重ねあい・・
同情と憎しみと肉親に近い信頼の心狭間と揺れ・・
過去の負い目・・
そういう禁欲的なものにこそ強く魅力を感じてしまうようで・・♪
そして、真相・・
次々に明かされていく真相・・
それはもしかして・・という思いととともに、まさか本当に!
そんな衝撃を与えられる展開が繰り広げられていく・・
なんとも切なくも苦しい話・・
ある意味他人の話のように思えないのが、又余計に切なくなってきて・・・。
自分がもし、その立場だったら・・と思うと、なんともいえない。
罪は罪だけれど、同情の余地がある・・という凛の言葉もうなずけるところはあって・・。
こういうのって、経験したり、それを目の当たりにした人間にしかなかなか理解できない心境でもあり・・。
何の苦労もなく生きてきた人には、理解に苦しむ出来事かもしれません・・
そう、つまらないことで腹を立てて殺人事件を犯すのとはわけが違う・・。
気に入らない、それだけで人の命を奪う人間ほどに浅はかでおろかで、見苦しいものはない・・・と、思います。
もちろん、だからといって、人としてやってはいけないことを行ってはいけません。
どんな理由があっても、犯罪は犯罪でしかないのです。
なぜ言葉で語りつくさないのだろう・・
なぜ人の命を奪うという大罪でしか自身の気持ちを伝えないのだろう・・
現代人は、本当に人の優しさを、人の命の重みを忘れている人が目立つ世の中が、なんとも悲しくていたし方ないです。
食べるだけで必死な、彼女達のように生きるために体をはっている人達に比べると、なんとも情けなくも無様な生き様なことでしょう・・
なんて思ってしまいます。
そんなこと、思いたくはないんですけれどね、世の中には綺麗な出来事もあるはずなのに、それらがかすんでしまうのが悲しいこと・・。
お酒を飲んで成人式で暴れる愚かな成人もいれば、成人式にいく途中に人助けできる立派な成人もいるわけで・・
天と地以上の差が出ています
なぜ同じ人なのに、こうも違ってしまうのか難しい生き物ですね、人間って(苦笑)
そして同時に怖い生き物です。
自分の身の上ならばどんな苦痛も憎しみも耐えられる。
守りたい人を守るためになら禁を犯すことも厭わない。
けして正しいといえる愛情表現ではないからこそ・・
その罪深さは、なんともいえない複雑なもの・・・
人は強いようで脆い生き物、何かの折にどこかがおかしくなるときもある。
それを支えるための精神力のあるなしでその症状は出てくるし、どんな精神力があろうとも抗えない程の負を担のしかけられたり、体を弱めているときだったり・・
人間は完璧ではない・・
だから、しっかりと生きていこうという意識が大事なのかもしれない・・。
でないと、些細なことですぐ折れてしまっていては、きりがないです。
自身にとっては大きな悩みでも、持ち方を変えれば、その悩みだって小さくする方法ってのはどこかにあるはずで・・
そんなことを思いながらも、物語は切なく重く、複雑に絡み合い進んでいきます。
そう、凄く切ない・・
人は怪我をすれば誰だって痛いんです。
見てるだけでも痛々しそうな姿に、本人はもっと痛いだろうに・・・
そういう感情って、人の心には大切。
子供の頃は、それらを素直に表現できるからこそ、凛の優しさが胸にしみてきて、なんだか切なくなけてきそうになる♪
それから、彼岸花の由来にも、いいものがあったんですね、火事になる~~とか縁起の悪いものばかりかと思っていましたが・・。
そして、この出会いから、彼の凛への執着が始まったのかもしれなくて・・
心弱ってるとき優しくされると、その相手へと心が傾いてしまうのもごく自然なことで・・
男女の愛の形は必ずしも異性同士のものとは限らず、友情、家族愛、又は母性愛・・というものがあって・・
凛にとって、凛を乱暴に組み敷く、この男への感情はいったい何なのか・・
そして、他ルートでも明かされていた真実を、今ここで明かされるのは凛としては一番辛いタイミングで・・
知らないほうが幸せで・
たとえそれが偽りの幸せだったとしても・・
そして、人ってやつは、愛情というものを与えられずに育つと、本当に一般常識にかける人間になってしまうのだと、改めて感じさせられます。
愛を知るからこそ人の痛みも苦しみも理解できる
愛をはぐくむ上で、やってはいけないことの良し悪しを学び・・
平気で他人を傷つけられる人は、そういったものを忘れた、壊れたブリキの人形のように私は感じます。
自分が手に入れたいものを手にするためなら、何でもするし、その過程で何があってもしったことじゃない、などといえる人間は、人の皮を被った悪魔・・としかいえません。
私自身、子供の頃は命に疎い子供でしたが、それは親から与えられない親の温もりが、自分をそうさせていたのかもしれず。
もちろん、人を殺めることや、動物虐待なんて、人の道から外れたことはしなかったし、できなかった・・。
けれども、命がなくなることの悲しみというのがどういうものか、命のともし火がつきるというものの意味は、よく理解していなかったような気がします。
泣いたり、笑ったり、怒ったり・・
当時の私はどんな風に過ごしていたんだろ・・
人前では無理でも、影で泣くことはいつしか覚えていったような気がします。
まあ、今では、怒ることも笑うこともできるようになったのですが・・・(笑)
本当に、哀れでなりません。
この男のした罪は消せないもの・・。
けれど、彼だけにすべての責任があるわけじゃない。
彼を愛し、いつくしんでくれる人がいれば、こんな結末はなかったでしょう・・。
ちゃんとした人の愛し方も知っていたでしょう・・。
もちろん、正しい義務教育を受けてもだめになる大人は大人でいますけれどね、それにいたっては庇うつもりは毛頭ありません。単純に根性なし~~て、だけの話です。
人間生きてれば辛いこと、多かれ少なかれあるんですから、人生の中で、そのあたりの根性は自分で育てないと・・。
そう、そういう環境があるのに、しようとしない人間を甘ったれ・・というのだろうと思います。
本当に、彼らの苦しみの100文の位置でも味合わせたくなるくらいで・・
当たり前のように愛情を与えられていた人間と、当たり前の愛情すら与えられなかった人間・・
どちらの方が厳しい社会を生きるのに苦しいかなんて、一目瞭然で・・
こんなにも悲しい結ばれ方なんえあるのだろうか・・
そう、思わずにはいられなかった真相ED。
そして、この作品がなぜ吉原彼岸花なのか、改めて感じたのでした。
そして、このEDがこれほど切なく思えるのは・・
このルートこそ、このEDに似合っていて・・・。
ということで、次のバッドEDにてED全てコンプリートです!
長いようで短かった彼岸花~~~!
最高に面白かったです!

ではでは・・・
あともうひとがんばり~です♪
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。