So-net無料ブログ作成

吉原彼岸花 おまけ感想 [ゲーム]

ということで、吉原彼岸花おまけの感想となります~
そして、次の感想~総合感想にて、吉原彼岸花のプレイ感想はあわります~
いえ~
おまけ感想と総合を、最初は一緒にしようかと思っていたのですが、思ったよりおまけ感想の分量が多くなったもので・・
まずは・・

朔夜
はい、バッドEDをクリアしたばかりなので、このおまけは、なんとも心温まるも、可愛い内容となり、癒されます・・・♪
ちゃんと本編に綴った話、時系列がわかりやすいし、あの話の合間にはこんな出来事が~~ていうのが改めてわかる作り~というのが又いいですね
そして、もうひとつは・・
また時系列が変わるのですが・・
本当にほほえましい・・
凛も朔夜も一途というか、謙虚というか・・
凛の予想外にそそっかしい、ドジっ子ぷりに、彼女の可愛らしさを再発見・・!
そして、朔夜は朔夜で天然っぷりをモロに発揮して・・
なんとな~く想像できたし、いいたいことはわかるけど、花魁の肌のたとえが餅かい~~と・・(笑)
と、彼の甘いもの好きを再認識させられたお話でした・・


影人
想像以上に可愛らしかったです♪
不器用ながらに愛する人のために頑張る姿は、普段の傲慢な姿からは想像も出来ませんでしたが、それがなんとも・・・♪
でも、あんまりにも執拗な嫉妬~は大人げなくてみっともないですよ~と、思わず突っ込み・・・(苦笑)



おまけの方は・・彼の場合は特に・・といった感じでしょうか・・うまくいえませんが、シビアな展開だからこそ魅力的に感じるキャラ・・でしたので・・。
なので、おまけの話も、もうひとつの方は凄くイイです。
二人だけの世界ではない話が凄く良い感じです・・。
しかも、時系列がまたよくて・・♪
ほのぼの~~とした兄弟のやりとりが・・
兄よりもしっかりものなところが・・なんて思いつつ・・♪


辰吉
本当に、この男は出会った当初から言葉すくなで不器用で、そのくせ妙に優しくて・・
と、二人の出会いと、凛の吉原一の花魁になるまでの厳しい風景が描かれているのですが・・
本当に、負けん気の強い娘さんは嫌いじゃないです♪
目先のことよりも、ちょっとした先を見ているというか、つらい境遇にあってるのは自分なのに、お世話になっている人のことを考え、ちゃんと改められる、とても賢い子です、凛という少女は・・♪
感情に流され爆発させるのはけして賢いといえる人間のすることではないですから・・。
本当、いじめたらいじめ返す・・それをしたらいじめっ子と同じレベルになる・・そんな考えを、まだ年はのいかない少女がが、そんなことを考えられるなんて・・
親の教育と、厳しい境遇にあるからこそ・・・なのでしょうか♪
私も、卑怯なことする人間と同じような人間にはなりたくない・・そういう思いも深く同感できて・・♪
そして、本当の自分をちゃんと見てくれる、そういう人のことだけを考えればいい・・
信じてくれる人のために頑張るし、頑張れる・・
甘やかされるよりも、厳しいのをちゃんとこらえて頑張ってほめられることの方がうれしい・・
と、どこまでも共感を得やすい凛ちゃんの考え・・
そんな彼女を優しく見守る辰吉の瞳がたまらなく・・♪
そして、もう一つは、辰吉視点の話で・・
そう、彼の見え隠れしていたあられもない凛への本音、葛藤が・・♪
そして、あのとき、あのころ・・辰吉は・・・そんなシーンを振り返らされ・・。
たまりません!


時雨
長いときをすごしていれば思い出も多くあるもの・・
そんなひとときを見させて頂ける、本編とは違った物語が凄くいいです♪
時雨の予想外な弱点とか、大人になって無邪気なそぶりをみせる凛の姿・・
そして、もう一つは、時雨の若かりし頃・・
親からのいわれのない行動に、心も体も痛みに鈍感に、麻痺していく様子がいたたまれなくて・・
心がこんなにも弱っていて・・打ちひしがれている状態では、凛の無邪気なまでの優しさは、こんなにもまぶしく暖かに感じられていたのだ・・と、改めて思わされる話・・。
子供の頃、愛情を注がれなかった子供が、一つのものに興味を持つと、激しい執着心を持ちやすい・・なんてのも聞いたことがりますし、そういう心境の表れの一つ・・なんでしょうね。
そんな切ない男心~なお話・・


惣一郎
ここでもまた、少し前の思い出話・・♪
本編にはない、本当の凛と惣一郎の再会はこんな所にあったのか~~と、内心驚きつつ・・
又、惣一郎の人のよさを改めて感じたりもして・・(笑)
惣一郎視点の話も堪能してゆきます♪
そう、凛を迎えにいくまでの話と、幼き頃の思い出・・
そして・・
と、こういう本編に係わり合いのある小話~てのはいいいですね~~


ということで、残るは~ドラマCDとかいう、学園物~のやつですね。
個人的には、和物による洋物パラレル~は興味ない(逆は興味あり)ですが・・
折り合えずプレイしてみたら~柚ちゃんが本編よりも可愛くおなりです~いえ、目元とか顔色とか、ほほの形の具合とか♪
しかも、惣一郎の学生スーツが想像以上に似合いすぎてて、ちょっと萌えを感じてしまったり・・(笑)
それに、凛だけがこの世界に放り込まれたような雰囲気とかも、予想していたよりは面白そう・・?
なんて思いつつ・・♪
辰吉の場合は・・・そうですね、ちょっと不良少年~~みたいな風貌・・に感じるのは目つきと髪型と口調ののせい・・・でしょうか(笑)
でも、どこか見せる目線が甘く優しいのは本編通りで・・♪
忍は相変わらず~陽気で呑気で、一番、ある意味違和感ないのはなぜ(笑)?
朔夜は・・・凄くいい意味で変化してるといいますか・・この時代の年頃の子にすうrと、こんな感じになっちゃうのか?
一途な片思いも度をすぎると・・・ですか・・(笑)
そして、一番不似合いなのが神楽屋~どう見ても、不良少年というか、ヤクザにしか見えなくて・・(笑)
そして、時雨は・・・
と、思った以上にショートストーリーすぎて、オチも定番~でしたが・・
まあ、本編がボリュームありすぎたので、これはこれでいいかな~~なんて・・
でも、それぞれのキャラに一つづつのイベント~的な話があってもいいのにな~
と、想像していたよりも、地味にはまってしまった学園バージョン~~でした~~
てことで、今度こそ、それぞれのシナリオについていの感想はこれで終わりです~~!
は~~
満足~~
後は、総合感想をUPして吉原彼岸花は完了です、神作品を有難う~~~
て、所でしょうか♪
よし、次のゲームのプレイにいきますぞ~~♪


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。